試
験
地
受
験
番
号
氏
名
ઃ電学(前)
⎧ 受験地変更者は上欄のほか亜本日の受験地と仮受験番号を記入してください。 ⎫
⎜
⎜
⎜
⎜
仮受験番号 仮−
⎩ 本日の受験地
⎭
平成 25 年度
ઃ級電気工事施工管理技術検定試験
学科試験問題(午前の部)
〔注
意
事
項〕
唖ページ数は亜表紙を入れて 22 ページです。
唖試験時間は亜 10 時から 12 時 20 分までです。
唖問題の解答の仕方は亜下記によってください。
イ唖
〔No 阿ઃ〕〜〔No 阿15〕までの 15 問題のうちから亜 10 問題を選択し亜解答してください。
ロ唖
〔No 阿16〕〜〔No 阿48〕までの 33 問題のうちから亜 15 問題を選択し亜解答してください。
ハ唖
〔No 阿49〕〜〔No 阿56〕までの 8 問題のうちから亜 5 問題を選択し亜解答してください。
唖選択問題の解答数が指定数を超えた場合は亜減点となります。
唖解答は亜別の解答用紙に亜HBで黒の鉛筆またはシャープペンシルで記入してください。
それ以外のボールペン茜サインペン茜色鉛筆などを使用した場合は亜採点されません。
唖問題は亜四肢択一式です。正解と思う肢の番号を次のマーク例にしたがってぬりつぶしてください。
マーク例
● ぬりつぶし
唖マークを訂正する場合は亜消しかたが十分でないと指定数を超えた解答となりますので亜消しゴム
できれいに消して訂正してください。
唖解答用紙は亜雑書きしたり亜よごしたり亜折り曲げたりしないでください。
唖この問題用紙の余白を亜計算などに使用することは自由です。
10唖この問題用紙は亜午前の部の試験終了時刻まで在席した方のうち亜希望者は持ち帰ることができ
ます。途中退席者や希望しない方の問題用紙は亜回収します。
A−1
※
問題番号〔No 阿ઃ〕〜〔No 阿15〕までの 15 問題のうちから亜10 問題を選択し亜解答してください。
〔No 阿〕 図に示す電極板の面積が 0.2 m 2 の平行板コンデンサに亜比誘電率がの誘電体を挿入
したとき亜このコンデンサの静電容量として亜正しいものはどれか。
ただし亜誘電体の厚さ d は 4 mm とし亜真空の誘電率は ε 0 とする。
電極板
1阿
10 ε 0〔F〕
2阿
25 ε 0〔F〕
3阿
40 ε 0〔F〕
4阿
100 ε 0〔F〕
誘電体
〔No 阿〕 静電界における電気力線に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
電気力線は亜等電位面と垂直に交わる。
2阿
電気力線は亜負電荷に始まり正電荷に終わる。
3阿
電気力線の密度は亜その点の電界の大きさを表す。
4阿
電気力線の向きは亜その点の電界の方向と一致する。
〔No 阿〕 交流回路に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
回路網の任意の接続点において亜流入する電流の和と流出する電流の和は等しい。
2阿
回路網の中で任意の閉回路を一巡するとき亜その閉回路中の起電力の和と電圧降下の
和は等しい。
3阿
電源に直列に接続されたコンデンサのそれぞれの電圧は亜各コンデンサの静電容量に
比例した大きさとなる。
4阿
電源に並列に接続された抵抗のそれぞれの電流は亜各抵抗の値に反比例した大きさと
なる。
A−2
〔No 阿
〕 整流形計器に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
熱電対と可動コイル形計器から構成されている。
2阿
指針の指示は実効値を示す。
3阿
波形が正弦波でないときには誤差を生じる。
4阿
電流力計形計器に比べて高い周波数まで使用できる。
〔No 阿〕 入力(A亜B) と出力(X) の状態が真理値表の関係となる場合の論理回路の名称として亜
適当なものはどれか。
入力
出力
A
B
X
AND 回路
OFF
OFF
ON
3阿
NOR 回路
OFF
ON
ON
4阿
NAND 回路
ON
OFF
ON
ON
ON
OFF
1阿
OR 回路
2阿
真理値表
〔No 阿〕 三相同期発電機の並行運転を行うための条件として亜必要のないものはどれか。
1阿
周波数を一致させる。
2阿
定格電流を一致させる。
3阿
起電力の大きさを一致させる。
4阿
起電力の位相を一致させる。
A−3
〔No 阿〕 変圧器の電圧変動率の近似値 ε〔%〕を求める式として亜正しいものはどれか。
ただし亜p は百分率抵抗降下亜q は百分率リアクタンス降下亜cos θ は力率とする。
1阿
ε = p cos θ+q sin θ〔%〕
2阿
ε = p sin θ+q cos θ〔%〕
3阿
ε =  3 ( p cos θ+q sin θ )〔%〕
4阿
ε =  3 ( p sin θ+q cos θ )〔%〕
〔No 阿〕 高圧進相コンデンサに関する記述として亜日本工業規格(JIS)上亜誤っているものは
どれか。
1阿
はく電極コンデンサは亜誘電体の一部が絶縁破壊しても自己回復することができる
コンデンサである。
2阿
油入コンデンサは亜コンデンサ内部に亜80 ℃ において流動性がある絶縁油又はこれと
同等以上の性能を持つ液体含浸剤を充てんしたコンデンサである。
3阿
乾式コンデンサは亜コンデンサ内部に亜80 ℃ において流動性のない固体含浸剤又は
気体を充てんしたコンデンサである。
4阿
集合形コンデンサは亜適切な個数の単器形コンデンサを個の共通容器又は枠に収めて
個の単器形コンデンサと同等に取り扱えるように構成したコンデンサである。
〔No 阿〕 水力発電所において亜最大出力 98 MW を発電するために必要な流量として亜適当なもの
はどれか。
ただし亜有効落差は 250 m とし亜水車効率と発電機効率を総合した効率を 80 % とする。
1阿
30 m 3/s
2阿
50 m 3/s
3阿
300 m 3/s
4阿
500 m 3/s
A−4
〔No 阿10〕 変電所の構成機器に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
酸化亜鉛形避雷器には亜常時使用電圧で電流が流れるので亜直列ギャップが必要である。
2阿
中性点接地抵抗器は亜電力系統の地絡故障電流を抑制するために設けられる。
3阿
架空送電線に用いられる遮断器は亜近距離線路故障に対する遮断性能が要求される。
4阿
負荷時タップ切換変圧器には亜切換時に短絡しないように限流抵抗が用いられる。
〔No 阿11〕 直流送電方式の特徴に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
周波数の異なる交流系統間の連系が可能である。
2阿
交直変換所での高調波の防止対策が不要である。
3阿
交流送電方式に比べて亜大電力の長距離送電に適している。
4阿
交流送電方式に比べて亜送電損失が少ない。
〔No 阿12〕 電力系統の安定度向上対策に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
上位電圧階級の導入を行う。
2阿
中間開閉所を設置する。
3阿
高速保護リレー方式を採用する。
4阿
高リアクタンスの変圧器を採用する。
A−5
〔No 阿13〕 床面P点の水平面照度 E h〔lx〕を求める式として亜正しいものはどれか。
ただし亜L は点光源とし亜P 方向に向かう光度を I〔cd〕亜LP の距離を R〔m〕亜
∠PLO を θ とする。
1阿
I
cos θ〔lx〕
Eh =
R
2阿
Eh =
I
sin θ〔lx〕
R
3阿
Eh =
I
cos θ〔lx〕
R2
4阿
Eh =
I
sin θ〔lx〕
R2
L
床面
O
P
〔No 阿14〕 金属の電解析出に関する次の文章に該当する用語として亜最も適当なものはどれか。
金属の表面に他の金属を電着し亜金属表面の装飾や腐食防止亜耐摩耗性を与えることを
目的に行う。
1阿
電解精錬
2阿
電鋳
3阿
電気めっき
4阿
電解研磨
〔No 阿15〕 巻上装置にて 12 kNの巻上荷重を 10 m/min の速度で巻き上げるときの電動機の所要
出力として亜正しいものはどれか。
ただし亜巻上装置の総合効率は 80 % とする。
1阿
0.4 kW
2阿
0.6 kW
3阿
1.6 kW
4阿
2.5 kW
A−6
※
問題番号〔No 阿16〕〜〔No 阿48〕までの 33 問題のうちから亜15 問題を選択し亜解答してください。
〔No 阿16〕 汽力発電所の機器に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
節炭器は亜石炭を粉末にしてバーナから炉内に吹き込み浮遊燃焼させる。
2阿
空気予熱器は亜煙道排ガスで燃焼用空気を加熱し燃焼効率を向上させる。
3阿
復水器は亜タービンの排気蒸気を冷却凝縮するとともに水として回収する。
4阿
給水加熱器は亜タービンの抽気又はそのほかの蒸気でボイラへの給水を加熱する。
〔No 阿17〕 水力発電におけるダム水路式の水圧管に発生する水撃圧を抑制する対策として亜不適当な
ものはどれか。
1阿
圧力水路と水圧管の間にサージタンクを設ける。
2阿
水車の入口弁の閉鎖に要する時間を短くする。
3阿
水圧管の流速を遅くする。
4阿
水圧管を短くする。
〔No 阿18〕 変電所の設備等に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
負荷時タップ切換変圧器は亜電流が流れている状態でタップを段階的に切換え亜無効
電力を調整する。
2阿
消弧リアクトル接地方式は亜一線地絡時の対地充電電流を自動的に消弧でき亜停電及び
異常電圧の発生を防止する。
3阿
二重母線は亜単母線と比べて断路器等が増え亜所要面積が増えるが亜機器の点検等で
必要となる母線の停止が容易になる。
4阿
負荷開閉器は亜定格電流までの負荷電流やループ電流の開閉能力を持つが亜短絡時の
事故電流の遮断はできない。
A−7
〔No 阿19〕 送電線の保護継電方式に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
過電流継電方式は亜送電線が故障し常時の負荷電流より大きな電流が流れたとき亜これ
を検出し遮断する方式である。
2阿
距離継電方式は亜送電線故障時の電流値と位相により故障点までの線路インピーダンス
を測定し亜その値により保護範囲の内外を判断し遮断する方式である。
3阿
回線選択継電方式は亜平行回線のうち回線のみが故障した場合に亜両回線の電流
又は電力を比較して亜故障回線を選択し遮断する方式である。
4阿
パイロット継電方式は亜保護区間の両端の電流情報を比較判断して亜高速度で確実に
選択遮断する方式である。
〔No 阿20〕 各種発電方式の出力分担を適切に行い亜経済的な運用を行うために考慮すべき事項の記述
として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
太陽光発電や風力発電は亜季節や気象条件などに左右されるため亜出力変動が大きい。
2阿
調整池式水力発電は亜電力需要の少ない夜間に貯水し亜電力需要の多い昼間に発電する。
3阿
流込式水力発電所の点検や作業のための停止は亜河川流量の少ない渇水期に行う。
4阿
火力発電では使用燃料や発電効率などの違いがあり亜比較的効率の低い石炭火力発電
はピーク時に用いる。
〔No 阿21〕 架空送電線におけるスリートジャンプによる事故防止の対策として亜最も不適当なものは
どれか。
1阿
電線への張力を大きくする。
2阿
長径間になることを避ける。
3阿
電線相互のオフセットを大きくとる。
4阿
単位重量の小さい電線を使用する。
A−8
〔No 阿22〕 架空電線路の架空地線に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
直撃雷に対しては亜遮へい角が大きいほど遮へい効果が高い。
2阿
直撃雷に対しては亜条より条施設した方が遮へい効果が高い。
3阿
誘導雷により電力線に発生する異常電圧を低減する効果がある。
4阿
電力線への直撃雷を防止する効果がある。
〔No 阿23〕 交流の地中送電線路に用いられるケーブルの充電電流の算出に亜最も影響のないものは
どれか。
1阿
線路こう長
2阿
線間電圧
3阿
静電容量
4阿
インダクタンス
〔No 阿24〕 送配電系統における電力ケーブルの常時許容電流を増大させる方法に関する記述として亜
不適当なものはどれか。
1阿
導体の交流抵抗を小さくする。
2阿
誘電正接(tan δ ) の小さい絶縁材料を使用する。
3阿
比誘電率(ε r) の大きい絶縁材料を使用する。
4阿
常時最高許容温度が高い絶縁材料を使用する。
A−9
〔No 阿25〕 電力系統の保護に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
保護リレーシステムは亜主保護リレーと後備保護リレーによって構成される。
2阿
保護リレーシステムは亜検出の盲点をなくすために亜保護範囲を重複しないように
構成する。
3阿
後備保護リレーは亜主保護リレーのバックアップとして設置される。
4阿
再閉路用リレーは亜停電時間の短縮などを目的に設置する。
〔No 阿26〕 地中電線路における高圧ケーブルの絶縁劣化測定法として亜不適当なものはどれか。
1阿
パルス法
2阿
直流分法
3阿
誘電正接法
4阿
直流高圧法
〔No 阿27〕 架空送配電線路の塩害対策に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
沿面距離を長くとり耐電圧性能を向上させた深溝がいしを用いる。
2阿
耐トラッキング性能の高い材料を使用したポリマがいしを用いる。
3阿
高圧耐張がいしの連結個数を増加させ過絶縁とする。
4阿
アークホーンを取り付けた懸垂がいしを用いる。
A − 10
〔No 阿28〕 屋外スポーツ照明に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
HID ランプ等のストロボスコープ現象を低減するためには亜電源を三相交流より単相
交流にすることが有効である。
2阿
テレビカメラは人間の目の機能と比較して不十分なところがあるため亜テレビ撮影時
の照度は肉眼で見るよりは高い照度が必要である。
3阿
球技等の場合は競技空間全体に亜水平面照度だけでなく鉛直面照度の分布も均一に
することが必要である。
4阿
競技者等に対しグレアを少なくするとともに影が長くならないように亜被照射面から
見た光源の仰角を十分に高くする必要がある。
〔No 阿29〕 事務室に設けるコンセント専用の分岐回路に関する記述として亜内線規程上亜不適当な
ものはどれか。
1阿
20 A 配線用遮断器分岐回路に亜定格電流 15 A のコンセントを 10 個施設した。
2阿
30 A 分岐回路に亜定格電流 15 A茜20 A 兼用コンセントを個施設した。
3阿
30 A 分岐回路に亜定格電流 30 A のコンセントを個施設した。
4阿
40 A 分岐回路に亜定格電流 40 A のコンセントを個施設した。
A − 11
〔No 阿30〕 図に示す電動機回路の保護協調曲線において亜機器等の特性曲線の組合せとして亜適当な
ものはどれか。
イ
ロ
時
ハ
間
ニ
電動機電流
電 流
イ
ロ
1阿
保護継電器特性
電動機の熱特性
配線用遮断器
動作特性
電線の熱特性
2阿
配線用遮断器
動作特性
電線の熱特性
保護継電器特性
電動機の熱特性
3阿
保護継電器特性
電線の熱特性
配線用遮断器
動作特性
電動機の熱特性
4阿
配線用遮断器
動作特性
電動機の熱特性
保護継電器特性
電線の熱特性
A − 12
ハ
ニ
〔No 阿31〕 図に示す電動機を接続しない分岐幹線において亜分岐幹線保護用過電流遮断器を省略できる
分岐幹線の長さと分岐幹線の許容電流の組合せとして亜電気設備の技術基準とその解釈上亜
適当なものはどれか。
低圧幹線
幹線保護用
過電流遮断器
分岐幹線
定格電流 150 A
過電流遮断器
分岐幹線の長さ
分岐幹線の許容電流
1阿
5 m
30 A
2阿
7 m
50 A
3阿
9 m
70 A
4阿
11 m
90 A
〔No 阿32〕 高圧受電設備に用いる変圧器において亜油入変圧器と比較したモールド変圧器の特徴に
関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
騒音が小さい。
2阿
小型で軽量である。
3阿
保守点検が容易である。
4阿
難燃性で自己消火性に優れている。
A − 13
〔No 阿33〕 高圧変圧器の過負荷保護のために用いる機器として亜不適当なものはどれか。
1阿
警報接点付ダイヤル温度計
2阿
過電流継電器
3阿
過電圧継電器
4阿
熱動過負荷継電器(サーマルリレー)
〔No 阿34〕 図に示す需要家の受電方式の名称として亜適当なものはどれか。
需要家
電力会社変電所
CB
CB
CB
CB
CB
CB
需要家
1阿
平行回線受電方式
2阿
ループ受電方式
3阿
常用茜予備受電方式
4阿
スポットネットワーク受電方式
〔No 阿35〕 自家用発電設備におけるガスタービンに関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
液体又は気体の燃料が使用できる。
2阿
ガスタービン本体を冷却するための水が必要である。
3阿
ディーゼルエンジンに比べて振動が少ない。
4阿
ガスタービン本体の騒音は高周波音である。
A − 14
〔No 阿36〕 コージェネレーションシステムに関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
系統連系運転とは亜コージェネレーションシステムを商用電力系統と接続して運転する
ことである。
2阿
ピークカット運転とは亜電力負荷の多い時間帯に電力を供給する発電機の運転方式で
ある。
3阿
施設の熱電比とは亜消費される熱需要を電力需要で除した値である。
4阿
省エネルギー率とは亜発電出力と回収した熱の合計を投入エネルギーで除した値である。
〔No 阿37〕 据置ニッケル茜カドミウムアルカリ蓄電池に関する記述として亜日本工業規格(JIS)上亜
不適当なものはどれか。
1阿
極板には亜ポケット式極板と焼結式極板がある。
2阿
蓄電池の公称電圧は亜単電池当たり 1.2 V である。
3阿
正極にはカドミウムを亜負極にはニッケル酸化物を用いる。
4阿
電解液には亜水酸化カリウムなどの水溶液を用いる。
〔No 阿38〕 A 種接地工事を施す箇所として亜電気設備の技術基準とその解釈上亜不適当なものは
どれか。
1阿
人が触れるおそれがある高圧電路に施設する機械器具の金属製の外箱
2阿
屋内の接触防護措置を施していない高圧ケーブルを収める金属製の電線接続箱
3阿
特別高圧計器用変成器の二次側電路
4阿
特別高圧電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の中性点
A − 15
〔No 阿39〕 ビルの中央監視制御設備に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
ビルのエネルギー管理を行うために BEMS を採用した。
2阿
異なる製造者の装置間を接続するための基幹のプロトコルとして亜BACnet を採用した。
3阿
信号線は亜電源による静電誘導を防止するためシールドケーブルを使用し亜両端を接地
した。
4阿
信号線は亜電源による電磁誘導を防止するためツイストペアケーブルを使用し亜鉄製
パイプで保護した。
〔No 阿40〕 自動火災報知設備に関する記述として亜消防法上亜誤っているものはどれか。
1阿
P 型級発信機は亜受信機との間で相互に電話連絡をすることができる装置を有する
こと。
2阿
一の防火対象物に以上の受信機が設けられているときは亜受信機のある場所相互間
で同時に通話することができる設備を設けること。
3阿
配線の線に地絡が生じたときは亜受信機に火災が発生した旨の表示を行うこと。
4阿
信号式受信機とは亜同一の警戒区域からの異なる二の火災信号を受信したときに亜
火災表示を行うことができる機能を有するものをいう。
〔No 阿41〕 非常用の照明装置に関する記述として亜建築基準法上亜誤っているものはどれか。
1阿
照明器具は亜耐熱性及び即時点灯性を有し亜定められた材料を使用した白熱灯又は
蛍光灯としなければならない。
2阿
常用の電源及び予備電源の開閉器には亜非常用の照明装置用である旨の表示をしなけ
ればならない。
3阿
予備電源は亜充電を行うことなく 30 分間継続して非常用の照明装置を点灯させる
ことができるものとしなければならない。
4阿
蛍光灯を用いる場合は亜常温下で床面において水平面照度で 1 lx 以上を確保できる
ものとしなければならない。
A − 16
〔No 阿42〕 図に示すテレビ共同受信設備において亜増幅器出口から末端Aの直列ユニットのテレビ
受信機接続端子までの総合損失として亜正しいものはどれか。
ただし亜増幅器出口から末端Aまでの同軸ケーブルの長さ:20 m
同軸ケーブルの損失:0.2 dB/m
分配器の分配損失
:4.0 dB
直列ユニット単体の挿入損失: 2.0 dB
直列ユニット単体の結合損失:12.0 dB
1阿
22.0 dB
2阿
24.0 dB
3阿
26.0 dB
4阿
28.0 dB
〔No 阿43〕 構内交換設備における局線応答方式に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
ダイヤルイン方式は亜局線からの着信により直接内線電話機を呼び出す方式である。
2阿
分散中継台方式は亜局線からの着信応答や転送を任意の電話機から行う方式である。
3阿
ダイレクトインダイヤル方式は亜局線からの着信を専任の交換手が中継台で応答し亜
該当する内線に転送する方式である。
4阿
ダイレクトインライン方式は亜局線から交換装置に着信し亜あらかじめ指定された内線
を直接呼び出す方式である。
A − 17
〔No 阿44〕 カテナリ式電車線のちょう架線に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
シンプル架線では亜ハンガを介してトロリ線をちょう架する。
2阿
支持点におけるちょう架線とトロリ線との垂直中心間隔を亜偏位という。
3阿
ちょう架線とトロリ線との電位差発生防止のためにコネクタを増設する。
4阿
き電線とちょう架線を兼用した電線を亜き電ちょう架線という。
〔No 阿45〕 交流電気鉄道のき電用変圧器に採用される三相二相変換変圧器として亜不適当なものは
どれか。
1阿
スコット結線変圧器
2阿
ルーフ茜デルタ結線変圧器
3阿
スター茜スター茜デルタ結線変圧器
4阿
変形ウッドブリッジ結線変圧器
〔No 阿46〕 鉄道信号保安に関する用語の定義として亜日本工業規格(JIS)上亜不適当なものは
どれか。
1阿
現示とは亜一定区間を列車だけの運転に専用させることをいう。
2阿
表示とは亜合図亜標識などで条件茜状態を表すことをいう。
3阿
連鎖とは亜二つ以上の信号機亜転てつ器などの相互間で亜その取扱いについて一定の
順序及び制限をつけることをいう。
4阿
鎖錠とは亜信号機亜転てつ器などを電気的又は機械的に操作できないようにすること
をいう。
A − 18
〔No 阿47〕 道路の照明方式に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
ポール照明方式は亜道路の線形の変化に応じた灯具の配置が可能なので亜誘導性が
得やすい。
2阿
構造物取付照明方式は亜構造物に灯具を取付けるので亜照明器具の選定や取付位置が
制限される。
3阿
高欄照明方式は亜灯具の取付け高さが低いので亜グレアに十分な注意が必要である。
4阿
ハイマスト照明方式は亜光源が高所にあるので亜路面上の輝度均斉度が得にくい。
〔No 阿48〕 光ファイバケーブルに関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
光ファイバケーブルには許容される布設張力があり亜これを超えると伝送特性及び長期
信頼性が低下する。
2阿
高圧電線からの電磁誘導や誘導雷サージの対策には亜ノンメタリック型の光ファイバ
ケーブルが有効である。
3阿
光ファイバケーブルの損失測定方法には亜ファイバ内の屈折率のゆらぎによるフレネル
反射を利用する方法がある。
4阿
光ファイバケーブルの接続損失の要因には亜光ファイバの心線間の間隙や端面の傾斜
がある。
A − 19
※
問題番号〔No 阿49〕〜〔No 阿56〕までの 8 問題のうちから亜5 問題を選択し亜解答してください。
〔No 阿49〕 空気調和方式に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
蓄熱方式を用いた場合は亜深夜電力の利用やピーク負荷カットができる。
2阿
変風量単一ダクト方式は亜熱負荷の異なる室が混在しても亜各室ごとに送風量を適切
に制御できる。
3阿
空気熱源ヒートポンプパッケージ方式は亜冷媒配管が長く高低差が大きいほど能力は
低下する。
4阿
定風量単一ダクト方式は亜熱負荷の異なる室が混在しても亜各室間の温度や湿度の
アンバランスが生じにくい。
〔No 阿50〕 建物内の給水方式に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
高置水槽方式は亜最も高い位置にある水栓又は器具の必要圧力が確保できる高さに
高置水槽を設置する。
2阿
ポンプ直送方式は亜断水になると受水槽内に残っている水を利用できない。
3阿
水道直結直圧方式は亜逆流事故により水道本管に汚染が広がる危険がある。
4阿
水道直結増圧方式は亜停電時には給水ができない。
〔No 阿51〕 軟弱地盤の改良工法として亜不適当なものはどれか。
1阿
グルービング工法
2阿
サンドドレーン工法
3阿
バイブロフローテーション工法
4阿
サンドコンパクションパイル工法
A − 20
〔No 阿52〕 建設工事に使用する締固め機械に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
ロードローラは亜平滑車輪により締固めを行うもので亜路床の仕上げ転圧に適している。
2阿
タイヤローラは亜空気入りタイヤの特性を利用して締固めを行うもので亜土やアスファ
ルト混合物などの締固めに適している。
3阿
振動ローラは亜ローラの表面に突起をつけたもので亜土塊や岩塊などの締固めに適して
いる。
4阿
振動コンパクタは亜起振機を平板の上に直接装備したもので亜ローラが走行できない
のり面やみぞ内の締固めに適している。
〔No 阿53〕 土留め壁を設けて行う掘削工事に関する次の文章に該当する現象として亜適当なものは
どれか。
軟弱な粘土質地盤で掘削を行うとき亜矢板背面の鉛直土圧によって掘削底面が盛り上がる
現象
1阿
スカラップ
2阿
ヒービング
3阿
ボイリング
4阿
パイピング
〔No 阿54〕 鉄道線路に関する用語の定義として亜日本工業規格(JIS)上亜不適当なものはどれか。
1阿
路盤とは亜軌道を支えるための構造物をいう。
2阿
狭軌とは亜標準軌より狭い軌間をいう。
3阿
スラックとは亜曲線部における亜外側レールと内側レールとの高低差をいう。
4阿
軌きょうとは亜レールとまくらぎとを亜はしご状に組み立てたものをいう。
A − 21
〔No 阿55〕 鉄筋コンクリート構造に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
引張力に強い鉄筋の特性を利用している。
2阿
鉄筋とコンクリートの線膨張係数は亜ほぼ等しい。
3阿
コンクリートのアルカリ性により亜鉄筋の錆を防止する。
4阿
コンクリートの水セメント比を小さくすると亜圧縮強度は小さくなる。
〔No 阿56〕 鉄骨構造に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
ラーメン構造は亜部材と部材を剛接合した構造である。
2阿
ラーメン構造は亜トラス構造に比べて部材の断面は小さくなる。
3阿
トラス構造は亜三角形をひとつの単位として部材を組み立てた構造である。
4阿
トラス構造には亜平面トラス構造と立体トラス構造がある。
A − 22
試
験
地
受
験
番
号
氏
名
ઃ電学(後)
⎧ 受験地変更者は上欄のほか亜本日の受験地と仮受験番号を記入してください。 ⎫
⎜
⎜
⎜
⎜
仮受験番号 仮−
⎩ 本日の受験地
⎭
平成 25 年度
ઃ級電気工事施工管理技術検定試験
学科試験問題(午後の部)
〔注
意
事
項〕
唖ページ数は亜表紙を入れて 17 ページです。
唖試験時間は亜 13 時 30 分から 15 時 40 分までです。
唖問題の解答の仕方は亜下記によってください。
イ唖
〔No 阿57〕亜
〔No 阿58〕の 2 問題は亜全問解答してください。
ロ唖
〔No 阿59〕〜〔No 阿67〕までの 9 問題のうちから亜 6 問題を選択し亜解答してください。
ハ唖
〔No 阿68〕〜〔No 阿79〕までの 12 問題は亜全問解答してください。
ニ唖
〔No 阿80〕〜〔No 阿92〕までの 13 問題のうちから亜 10 問題を選択し亜解答してください。
唖選択問題の解答数が指定数を超えた場合は亜減点となります。
唖解答は亜別の解答用紙に亜HBで黒の鉛筆またはシャープペンシルで記入してください。
それ以外のボールペン茜サインペン茜色鉛筆などを使用した場合は亜採点されません。
唖問題は亜四肢択一式です。正解と思う肢の番号を次のマーク例にしたがってぬりつぶしてください。
マーク例
● ぬりつぶし
唖マークを訂正する場合は亜消しかたが十分でないと指定数を超えた解答となりますので亜消しゴム
できれいに消して訂正してください。
唖解答用紙は亜雑書きしたり亜よごしたり亜折り曲げたりしないでください。
唖この問題用紙の余白を亜計算などに使用することは自由です。
10唖この問題用紙は亜午後の部の試験終了時刻まで在席した方のうち亜希望者は持ち帰ることができ
ます。途中退席者や希望しない方の問題用紙は亜回収します。
B−1
※
問題番号〔No 阿57〕亜〔No 阿58〕の 2 問題は亜全問解答してください。
〔No 阿57〕 制御装置の器具名称に対応する基本器具番号として亜日本電機工業会規格(JEM)上亜
誤っているものはどれか。
器具名称
基本器具番号
1阿
交流遮断器
52
2阿
交流不足電圧継電器
55
3阿
地絡方向継電器
67
4阿
直流不足電圧継電器
80
〔No 阿58〕 請負契約に関する記述として亜公共工事標準請負契約約款上亜誤っているものは
どれか。
ただし亜請負契約には前金払及び部分払に関する規定があり亜完成の検査は定められた
期間内に行われたものとする。
1阿
発注者は亜前払金の支払いの請求があったときは亜請求を受けた日から 14 日以内に
前払金を支払わなければならない。
2阿
発注者は亜部分払の請求に係る出来形部分の確認を行った後亜部分払の請求があった
ときは亜請求を受けた日から 40 日以内に部分払金を支払わなければならない。
3阿
発注者は亜工事を完成した旨の通知を受けたときは亜通知を受けた日から 14 日以内に
工事の完成を確認するための検査を完了しなければならない。
4阿
発注者は亜工事が完成の検査に合格し亜請負代金の支払の請求があったときは亜請求
を受けた日から 40 日以内に請負代金を支払わなければならない。
B−2
※
問題番号〔No 阿59〕〜〔No 阿67〕までの 9 問題のうちから亜6 問題を選択し亜解答してください。
〔No 阿59〕 自家用発電設備の耐震施工に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
防振ゴムを用いたので亜発電装置の移動又は転倒防止のため亜ストッパを設けた。
2阿
発電装置に接続する部分の燃料管には亜振動による変位に耐え得るように可とう性を
もたせた。
3阿
燃料管の壁貫通部には可とう管を用い亜可とう管と接続する直管部は二方向拘束支持
とした。
4阿
燃料小出槽の架台頂部に振止め措置を施した。
〔No 阿60〕 屋内に施設する高圧受電設備に関する記述として亜高圧受電設備規程上亜誤っている
ものはどれか。
ただし亜設備容量は 300 kV・A とし亜主遮断装置は定格遮断電流 12.5 kA の遮断器とする。
1阿
高圧配電盤の操作面の保有距離を 1 m とした。
2阿
高圧母線には亜38 mm 2 の高圧機器内配線用電線(KIP) を使用した。
3阿
容量 50 kvar の高圧進相コンデンサの開閉装置として亜高圧交流真空電磁接触器を
使用した。
4阿
建物の鉄骨と大地との電気抵抗値が 10 Ω であったので亜変圧器の低圧電路に施す
B 種接地工事の接地極として使用した。
B−3
〔No 阿61〕 A 及び B を支持点とした図のような架線工事において亜次の近似式を用いて弛度 d を
測定する方法として亜適当なものはどれか。
 a + b = 2  d
1阿
角度法
2阿
等長法
3阿
異長法
4阿
水平弛度法
b
d
a
〔No 阿62〕 構内情報通信網(LAN) に使用する UTP ケーブルの施工に関する記述として亜最も不適当
なものはどれか。
1阿
対ケーブルの固定時の曲げ半径を仕上がり外径の
倍とした。
2阿
フロア配線盤から通信アウトレットまでの配線長を 100 m とした。
3阿
垂直のケーブルラックに布設するケーブルの支持間隔を 1.5 m とした。
4阿
カテゴリーの成端時の対のより戻し長を 6 mm とした。
B−4
〔No 阿63〕 高圧ケーブルの地絡事故を検出するシールド接地工事を示す図として亜不適当なものは
どれか。
1阿
引出用ケーブル
2阿
高圧ケーブル
高圧ケーブル
引出用ケーブル
4阿
引込用ケーブル
高圧ケーブル
高圧ケーブル
ZCT
電源側
電源側
ZCT
CB
CB
シールド接地
シールド接地
3阿
ZCT
電源側
電源側
ZCT
CB
引込用ケーブル
CB
シールド接地
シールド接地
〔No 阿64〕 低圧屋内配線における鋼製ケーブルラックの施工に関する記述として亜最も不適当なもの
はどれか。
1阿
支持間隔は亜水平では 2 m 以下亜垂直では 3 m 以下とし亜EPS では 6 m 以下で各階
支持とした。
2阿
温度変化が著しい場所では亜30 m ごとに伸縮継手金具を用いた。
3阿
電気的に接続された上下自在継手を使用したので亜ボンディングを省略し亜ボルト
ナットを製造者の指定するトルク値で締付け亜締付確認シールを貼付した。
4阿
防火区画を貫通する箇所は亜消防庁長官の認定を受けた工法で施工し亜防火措置工法
の完了標識を貼付した。
B−5
〔No 阿65〕 架空単線式の電車線及び支持物に関する記述として亜鉄道に関する技術上の基準を
定める省令及び同省令等の解釈基準上亜誤っているものはどれか。
1阿
コンクリート柱の安全率は亜破壊荷重に対しとした。
2阿
シンプルカテナリちょう架式の支持物相互間の距離は 60 m とした。
3阿
列車が 90 km/h 以下の速度で走行する区間なので亜剛体ちょう架式とした。
4阿
カテナリちょう架式の電車線のハンガ間隔は 5 m とした。
〔No 阿66〕 有線電気通信設備に関する記述として亜有線電気通信法上亜誤っているものはどれか。
ただし亜光ファイバは除くものとする。
1阿
第一種保護網の特別保安接地工事の接地抵抗値が 100 Ω であったので亜良好と判断
した。
2阿
屋内電線と大地との間の絶縁抵抗を亜直流 100 V の電圧で測定した値が 1 MΩ で
あったので亜良好と判断した。
3阿
架空電線が低圧の強電流ケーブルと交差するので亜架空電線を下に設置し亜その離隔
距離を 30 cm とした。
4阿
屋内電線が高圧の屋内強電流電線と交差するので亜その離隔距離を 15 cm とした。
〔No 阿67〕 需要場所に施設する高圧地中電線路の管路工事に関する記述として亜最も不適当なものは
どれか。
1阿
管路に硬質塩化ビニル電線管(VE) を使用した。
2阿
軟弱地盤なので亜ボビン(管路通過試験器) を通しながら配管した。
3阿
防水鋳鉄管と波付硬質合成樹脂管(FEP) の接続に亜ねじ切りの鋼管継手を使用した。
4阿
舗装面の埋設表示に亜金属製の 鋲 を使用した。
びょう
B−6
※
問題番号〔No 阿68〕〜〔No 阿79〕までの 12 問題は亜全問解答してください。
〔No 阿68〕 施工計画書の作成に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
発注者により指示された期間内で亜最適な工法を検討した。
2阿
現場担当者だけで検討することなく亜会社内の組織を活用して行った。
3阿
ひとつの計画のみでなく亜いくつかの案を作り長所茜短所を比較検討した。
4阿
新工法や新技術の採用を検討することなく亜過去の経験や実績を重視した。
〔No 阿69〕 施工要領書の作成における留意事項として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
品質の向上を図り亜安全かつ経済的な施工方法を考慮する。
2阿
他の現場においても共通に利用できるようにする。
3阿
部分詳細や図表などを用いて分かりやすくする。
4阿
工事の着手前に作成して亜工事監理者の承諾を得る。
〔No 阿70〕 法令に基づく申請書等とその提出先等の組合せとして亜誤っているものはどれか。
申請書等
提出先等
1阿
消防法に基づく危険物貯蔵所設置許可申請書
消防長又は消防署長
2阿
道路法に基づく道路占用許可申請書
道路管理者
3阿
労働基準法に基づく適用事業報告
所轄労働基準監督署長
4阿
電気事業法に基づく自家用電気工作物使用開始届出書
経済産業大臣又は
所轄産業保安監督部長
B−7
〔No 阿71〕 アロー形ネットワーク工程表に関する記述として亜不適当なものはどれか。
1阿
アクティビティは亜作業活動や材料入手など時間を必要とする諸活動を示す。
2阿
イベントは亜作業と作業を結合する点であり亜対象作業の開始点又は終了点である。
3阿
最早完了時刻は亜対象作業の工期に影響のない範囲で作業を最も遅く終了しても良い
時刻である。
4阿
フリーフロートは亜最早開始時刻で始め亜後続する作業も最早開始時刻で始めても亜
なお存在する余裕時間である。
〔No 阿72〕 ネットワーク工程表を利用した山積み図に関する記述として亜最も不適当なものは
どれか。
ただし亜図は山崩し後の参考例である。
0
5
B(3)
4
1
3
A(4)
1
2
C(4)
10
15
F(2)
3
E(2)
H(5)
2
D(4)
6
2
G(2)
4
J(3)
6
3
5
5
7
I(4)
2
3
8
人 6
A
4
2
0
C
B
0
F
G
D
H
J
E
5
I
10
15
日
1阿
山積み図は亜各作業の開始や完了の時点に縦線を入れ亜縦線間の各作業の使用人員を
集計して作成する。
2阿
山積み図は亜クリティカルパス上の作業を底辺に置いて作成する。
3阿
山崩しは亜最早開始時刻による山積み図を作り亜その範囲内で行う。
4阿
山崩しは亜各作業の作業開始日を調整し亜作業者数を平均化するために行う。
B−8
〔No 阿73〕 図に示す施工速度と施工費用の関係において亜イ〜ハに当てはまる語句の組合せとして亜
適当なものはどれか。
高い
総費用
施 工 費 用
イ
ロ
安い
遅い
施 工 速 度
イ
ロ
ハ
1阿
直接費
間接費
採算速度
2阿
直接費
間接費
経済速度
3阿
間接費
直接費
採算速度
4阿
間接費
直接費
経済速度
ハ
速い
〔No 阿74〕 工場立会検査に関する記述として亜最も不適当なものはどれか。
1阿
現場代理人は亜工場立会検査に必ず立会わなければならない。
2阿
製作者が事前に行った社内検査の試験成績書をもとに亜工場立会検査を行った。
3阿
照明器具などの標準品については亜工場立会検査を実施しなかった。
4阿
キュービクル式高圧受電設備の動作試験として亜継電器で遮断器が動作することを
確認した。
B−9
〔No 阿75〕 ISO 9000 の品質マネジメントシステムの適合性に関する次の文章に該当する用語として亜
日本工業規格(JIS)上亜正しいものはどれか。
当初の要求とは異なる要求事項に適合するように亜不適合製品の等級を変更すること。
1阿
再格付け
2阿
手直し
3阿
是正処置
4阿
特別採用
〔No 阿76〕 事務室における照度測定方法に関する記述として亜日本工業規格(JIS)上亜最も不適当
なものはどれか。
1阿
蛍光灯は 30 分間点灯させたのち照度測定を開始した。
2阿
机等がなく特に指定もなかったので亜床上 70 cm の位置を測定面とした。
3阿
実用的な照度値が要求される照度測定なので亜一般形 A 級照度計を使用した。
4阿
測定対象以外の外光の影響があったので亜その影響を除外して照度測定を行った。
〔No 阿77〕 建設現場において亜特別教育を修了した者が就業できる業務として亜労働安全衛生法上亜
誤っているものはどれか。
ただし亜道路上を走行する運転を除く。
1阿
ゴンドラの操作の業務
2阿
吊り上げ荷重が 0.5 t のデリックの玉掛けの業務
3阿
エックス線装置を用いて行う透過写真の撮影の業務
4阿
吊り上げ荷重が 1 t の移動式クレーンの運転の業務
B − 10
〔No 阿78〕 作業主任者を選任すべき作業として亜労働安全衛生法上亜誤っているものはどれか。
1阿
掘削面の高さが 2 m の地山の掘削の作業
2阿
高さが 3 m の構造の足場の組立ての作業
3阿
型わく支保工の解体の作業
4阿
ケーブルを収容するための地下ピット内部での作業
〔No 阿79〕 墜落等による危険を防止するための措置に関する記述として亜労働安全衛生法上亜誤って
いるものはどれか。
1阿
踏み抜きの危険性のある屋根上には亜幅が 30 cm の歩み板を設けた。
2阿
高さが 2 m の作業床には亜安全帯を取り付けるための親綱を設けた。
3阿
脚立は亜脚と水平面との角度が 80 度 のものを使用した。
4阿
移動はしごは亜幅が 30 cm のものを使用した。
B − 11
※ 問題番号〔No 阿80〕〜〔No 阿92〕までの 13 問題のうちから亜10 問題を選択し亜解答してください。
〔No 阿80〕 建設業の許可に関する記述として亜建設業法上亜誤っているものはどれか。
1阿
建設業者は亜二以上の建設工事の種類について亜建設業の許可を受けることができる。
2阿
電気工事業を営もうとする者が亜二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業
しようとする場合は亜それぞれの所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。
3阿
電気工事業に係る一般建設業の許可を受けた者が亜電気工事業に係る特定建設業の
許可を受けたときは亜その一般建設業の許可は効力を失う。
4阿
建設業の許可を受けた電気工事業者は亜許可申請書に添付した書面に記載した使用
人数に変更を生じたときは亜毎事業年度経過後四月以内にその旨を届け出なければなら
ない。
〔No 阿81〕 建設工事の請負契約に関する記述として亜建設業法上亜定められていないものは
どれか。
1阿
元請負人は亜その請け負った建設工事を施工するために必要な工程の細目亜作業方法
を定めようとするときは亜あらかじめ亜注文者の意見をきかなければならない。
2阿
請負契約の当事者は亜工事完成後における請負代金の支払いの時期及び方法を契約の
書面に記載しなければならない。
3阿
注文者は亜自己の取引上の地位を不当に利用して亜建設工事を施工するために通常必要
と認められる原価に満たない金額を請負代金の額とする請負契約を締結してはならない。
4阿
請負契約の当事者は亜契約に関する紛争の解決方法を契約の書面に記載しなければ
ならない。
B − 12
〔No 阿82〕 建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者に関する記述として亜建設業法上亜
誤っているものはどれか。
1阿
特定建設業者は亜発注者から直接 5 000 万円で請け負った電気工事を下請に出さず
自ら施工する場合亜当該工事現場に監理技術者を置かなければならない。
2阿
病院の建設工事において亜請け負った電気工事が 2 500 万円の場合亜当該工事現場に
置く主任技術者は専任の者でなければならない。
3阿
監理技術者資格者証を必要とする建設工事の監理技術者は亜発注者から請求があった
ときは亜その資格者証を提示しなければならない。
4阿
工事現場における建設工事の施工に従事する者は亜主任技術者又は監理技術者がその
職務として行う指導に従わなければならない。
〔No 阿83〕 事業用電気工作物に関する記述として亜電気事業法上亜誤っているものはどれか。
ただし亜災害その他の場合で亜やむを得ない一時的な工事を除く。
1阿
事業用電気工作物を設置する者は亜経済産業省令で定める技術基準に適合するように
維持しなければならない。
2阿
公共の安全の確保上特に重要なものとして経済産業省令で定める事業用電気工作物の
設置の工事をする者は亜その工事の計画について経済産業大臣又は所轄産業保安監督部
長の認可を受けなければならない。
3阿
事業用電気工作物を設置する者は亜事業用電気工作物の使用開始後速やかに保安規程を
経済産業大臣又は所轄産業保安監督部長に届け出なければならない。
4阿
受電電圧一万ボルト以上の需要設備を設置しようとする者は亜その工事の計画を経済
産業大臣又は所轄産業保安監督部長に届け出なければならない。
B − 13
〔No 阿84〕 電気用品に関する記述について亜電気用品安全法上亜誤っているものはどれか。
1阿
電気用品とは亜自家用電気工作物の部分となり亜又はこれに接続して用いられる機械亜
器具又は材料であって亜政令で定めるものをいう。
2阿
特定電気用品とは亜構造又は使用方法その他の使用状況からみて特に危険又は障害の
発生するおそれが多い電気用品であって亜政令で定めるものをいう。
3阿
電気用品の製造の事業を行う者は亜電気用品の区分に従い亜必要な事項を経済産業
大臣又は所轄経済産業局長に届け出なければならない。
4阿
届出事業者は亜届出に係る型式の電気用品を製造する場合においては亜電気用品の
技術上の基準に適合しなければならない。
〔No 阿85〕 電気工事業に関する記述として亜電気工事業の業務の適正化に関する法律上亜誤って
いるものはどれか。
1阿
登録電気工事業者の登録の有効期間は亜年である。
2阿
電気工事業者には亜登録電気工事業者と通知電気工事業者がある。
3阿
電気工事業者は亜営業所ごとに省令で定める事項を記載した標識を掲げなければなら
ない。
4阿
電気工事業者は亜営業所ごとに帳簿を備え亜省令で定める事項を記載し亜記載の日から
年間保存しなければならない。
B − 14
〔No 阿86〕 次の記述のうち亜建築基準法上亜誤っているものはどれか。
1阿
モルタルは亜不燃材料である。
2阿
鉄筋コンクリート造の建築物は亜すべて耐火建築物である。
3阿
特殊建築物は亜用途亜規模などが所定の条件に該当する場合亜耐火建築物又は準耐火
建築物としなければならない。
4阿
居室とは亜居住亜執務亜作業亜集会亜娯楽その他これらに類する目的のために継続的に
使用する室をいう。
〔No 阿87〕 次の記述のうち亜建築士法上亜誤っているものはどれか。
1阿
一級建築士でなければ亜新築の延べ面積が 1 000 m 2 の病院の用途に供する建築物の
設計又は工事監理をしてはならない。
2阿
二級建築士は亜新築の延べ面積が 700 m 2 の学校の用途に供する建築物の設計又は
工事監理を行うことができる。
3阿
建築士は亜工事監理を行う場合において亜工事が設計図書のとおりに実施されていない
と認めるときは亜工事施工者に亜当該工事を設計図書のとおりに実施するよう求めなけ
ればならない。
4阿
建築士は亜建築物に関する調査又は鑑定を行うことができる。
〔No 阿88〕 特定防火対象物に該当するものとして亜消防法上亜定められていないものはどれか。
1阿
中学校
2阿
病院
3阿
映画館
4阿
百貨店
B − 15
〔No 阿89〕 安全衛生管理体制に関する記述として亜労働安全衛生法上亜定められていないものは
どれか。
1阿
事業者は亜元方安全衛生管理者が旅行亜疾病亜事故その他やむを得ない事由によって
職務を行うことができないときは亜代理者を選任しなければならない。
2阿
安全衛生責任者を選任した請負人は亜同一の場所において作業を行う統括安全衛生
責任者を選任すべき事業者に対し亜遅滞なく亜その旨を通報しなければならない。
3阿
労働基準監督署長は亜労働災害を防止するため必要があると認めるときは亜事業者に
対し亜衛生管理者の増員を命ずることができる。
4阿
都道府県労働局長は亜労働災害を防止するため必要があると認めるときは亜事業者に
対し亜安全管理者の解任を命ずることができる。
〔No 阿90〕 建設業に係る届出に関する次の文章中亜
内の日数として亜労働安全衛生法上亜
定められているものはどれか。
事業者は亜計画の届出を要する仮設足場を設置しようとするときは亜当該工事の開始の日
の
前までに亜労働基準監督署長に届け出なければならない。
1阿
7日
2阿
10 日
3阿
14 日
4阿
30 日
B − 16
〔No 阿91〕 使用者が労働契約の締結に際し亜労働者に対して書面の交付により明示しなければなら
ない労働条件として亜労働基準法上亜定められていないものはどれか。
1阿
就業の場所及び従事すべき業務に関する事項
2阿
労働契約の期間に関する事項
3阿
福利厚生施設の利用に関する事項
4阿
退職に関する事項
〔No 阿92〕 産業廃棄物の処分が終了した旨の記載された管理票の写しを受けた管理票交付者が亜送付
を受けた日から保存しなければならない期間として亜廃棄物の処理及び清掃に関する法律
上亜定められているものはどれか。
ただし亜電子情報処理組織使用事業者を除く。
1阿
1年
2阿
3年
3阿
5年
4阿
10 年
B − 17
平成25年度 1級電気工事施工管理技術検定試験(学科試験)
正答肢
問題No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
正答肢
4
2
3
1
4
2
1
1
2
1
問題No.
11
12
13
14
15
正答肢
2
4
3
3
4
問題No.
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
正答肢
1
2
1
2
4
4
1
4
3
2
問題No.
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
正答肢
1
4
1
2
1
4
1
3
2
2
問題No.
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
正答肢
4
3
4
3
3
4
3
3
2
3
問題No.
46
47
48
正答肢
1
4
3
問題No.
49
50
51
52
53
54
55
56
正答肢
4
2
1
3
2
3
4
2
問題No.
57
58
正答肢
2
2
問題No.
59
60
61
62
63
64
65
66
67
正答肢
3
4
3
2
3
4
1
1
3
15問題のうち10問題を選択し解答
33問題のうち15問題を選択し解答
8問題のうち
5問題を選択し
解答
2問題は、全問解答
9問題のうち6問題を選択し解答
問題No.
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
正答肢
4
2
1
3
3
4
1
1
2
4
問題No.
78
79
正答肢
2
3
問題No.
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
正答肢
2
1
1
3
1
4
2
2
1
4
問題No.
90
91
92
正答肢
4
3
3
12問題は、全問解答
13問題のうち10問題を選択し解答
配点:92問出題し,そのうち60問解答を要する試験であり,各問題1点,60点満点です。
ダウンロード

級電気工事施工管理技術検定試験