日本医薬・博物著述年表の編纂
真柳 誠(茨城大学人文学部)

かつて医薬学は博物学と相当に近い関係に
あり、かなり共通する対象を研究してきた。

幕末までに日本人が著した医薬関連の文献
も、現存するだけで一万種をはるかに越える。

それら医薬学や博物学の著述年表はこれま
でも個々に編纂されてきたが、代表的コレク
ションや著名な書だけに依拠する場合が多く、
全てが網羅されているわけではない。

一方、日本国内の現存本を中心とする日本人の著
述は『国書総目録』と『古典籍総合目録』におよそ網
羅されている。しかしながら、その厖大さと50音配
列のため、これまで年表化することはきわめて困難
だった。

ところが国文学研究資料館が両書から所在情報だ
けを除いて統合し、新たな情報も追加して作成した
「国書基本データベース(著作編)」が2004年4月か
ら一般にウェブ公開されたため、大量の書誌情報を
電子データとして利用できるようになった。

さらに2006年12月27日には所在情報も加えた「日
本古典籍総合目録」に改訂して一般公開された。
日本古典籍総合目録 凡例
日本古典籍総合目録 トップページ
当データベースには著作約447,000件、著者
約67,000件が収録される。
 このデータを基本に医薬学・博物学に関連す
る文献を総集成するならば年表の編纂も可能
となり、医学史や科学史のみならず、史学全体
の研究進展にも必ずや多くの意義があるに違
いない。
 そこで当データベース分類で、およそ医薬・博
物に関連すると考えられる分類項目、すなわち
医学・鍼灸・本草・薬物・獣医・蘭学・洋学・博
物・植物・動物・魚介・生物・鉱物・物産・飲食・
度量衡・化学・農業について、データ検索を
行った 。


2006年4月時点で検索された書は以下の件数
で、うち成立に関連する何らかの年代が分か
る件数を( )内に記す。

医学10,720(2,428)、鍼灸478(146)、本草
1,816(471)、薬物1,876(328)、獣医180(30)、
蘭学7(2)、洋学6(2)、博物206(64)、植物
665(171)、動物538(127)、魚介208(51)、生
物16(2)、鉱物14(5)、物産368(121)、飲食
195(68)、度量衡190(30)、化学95(25)。

なお農業では698件あったが、救荒・本草・薬
物・博物・洋学・蘭学に関連すると判断された
27(9)件の書のみ採録した。
以上の総計は17,650件で、これらより年表に必要な
情報を最大限抽出した。
 うち成立年代が分かる4,080件は年表化できるが、
約77%の年代未詳書13,570件は年表の中に入れる
ことができない。
 年代未詳書のうち著者名・訳者名等が分かる書はそ
の50音順、著者名・訳者名等もない書は書名の50音
順で配列し、付録として学術公開することにした。
 当データベースの記述等に不審点がある場合は『国
書総目録』『古典籍総合目録』で再確認し、混入して
いる漢籍にはその旨を注記、管見範囲の各種年表・
先行研究等の知見により書名・著者名・年代等を訂
正・補足した。

「日本の医薬・博物著述年表」
『茨城大学人文学部紀要』1号掲載

しかし本年表は当データベースの情報を浅
学な管見に基づき加工し、いささかの知見を
補足しようとするに過ぎない。

注意を払うつもりではあるが、書式の不統一
や書名・年代の混乱および重複などが予想さ
れる。またデータ情報を見落としたり、補訂す
べき情報がもれる可能性もあろう。

これら以外にも不備は多々ありうると思われ
るが、諸賢のご叱正を賜り、改訂と増補を続
けたいと考えている。

本年表の作成と学術公開については、国文
学研究資料館に申請してご許可をいただい
た。ここに記して国文学研究資料館のご厚意
に深謝申し上げる。

本報告は日本学術振興会科学研究費平成
十八年度基盤研究(B)「中国古医籍が日・
韓・越の伝統医学形成史に与えた影響の書
誌学的研究」の一環である 。
ダウンロード

Power Pointファイル