『200万都市が有機野菜で自給でき
るわけ』
Ⅲ 緑の都市を目指して
3.キューバの交通革命
4.原発から自然エネルギーへ
5.経済危機を逆手に取った環境教育へ
06A2066A 小林佑子
3.キューバの交通革命
<自動車天国だった首都ハバナ>
首都ハバナは観光用タクシーが、郊外などは
無数の馬車など
野菜食のように自転車に乗る習慣は無かっ
た
地下鉄・市電はなく車が主流で自転車禁止の
動きさえあった
1960年代にソ連製の自動車輸入も、燃費が
悪く排気ガスが市内に蔓延し健康を害した
<中国から100万台の自転車を緊急
輸入>
1990年に経済危機対策としてエネルギー備蓄のた
めの規制を行う→ガソリン配給量カットでバスが減り
交通麻痺に(通勤通学の足が無い)
代わりとして中国から120万台自転車を購入
1991年5月に軍が自転車に乗るパレード開催
1995年レポート「車の台数が4年前の3分の2に。自
転車工場が国内に5つ。自転車の数は40倍に。」
1997年レポート「通勤・物資の輸送に自転車が使用
されている。」
<工員や市民のアイデアで乗りやすく
改良>
◎キューバの交通革命の経過
1991年から97年までで自転車の数は200万台
増加した
制限速度引き下げ、標識除去など自動車道
路を自転車のために整備
部品を国産化し自転車の軽量化を図る→そ
のために工場工員に自転車支給
自転車での事故や自転車の盗難を防止する
ために対策も行う
93年には首都の全交通量の30%を占めるよ
うに
積荷用のトラックの代わりにオート三輪を輸
入
こうした交通の転換で年間計5億5千万ドルの
経費節減と推計
市民が自転車に乗ることを楽しむ
<景気回復しても自転車は捨てない
>
景気回復後も政府は自転車を重視し、1996
年に「自転車委員会」を設置
今も年間10万台のペースで国内生産が続く
自転車走行のための排気ガス対策が必要→
古い米製車を将来的には廃車に
自転車通勤の負担を減らすために通勤圏内
を狭める、またバスを改良し自転車専用の乗
り合いバスを考案
カストロ「自転車使用は暮らしの質を改善」
<完成しなかった幻の原発>
◎キューバ原子力開発の歴史
革命以前はアメリカから原発建設援助の提
案→1960年に革命のため破談
1976年ソ連と核動力炉建設の協定締結
→1993年に稼動予定だったがソ連崩壊により
計画頓挫
◎計画頓挫までの流れ
脅威と感じたアメリカが各国からの資金援助を阻止
(キューバ原発の安全性への不安を喧伝など)
1992年9月に建設中止
国内の電力のほとんどを輸入石油でまかなってい
◎計画頓挫までの流れ
たため、経済危機の際は電力不足に
92年7月からは1日10時間の停電が→しかし病院に
は電力を集中させた
94年にはほぼ一年中停電状態に→医療機関でもろ
うそくの使用
<自然エネルギーへの方向転換>
カストロは自然エネルギー開発を選択
バイオマス…サトウキビが原料、国内エネル
ギー需要の30%をまかなう
水力…小河川を利用、93年から発電所建設、
受益者3万人のうち2万5千人は電線が引けな
い集落に在住
風力…海岸地域の風力利用、揚水用の風車
も再利用、現在9000台が稼動
<ソーラーで動く村の診療所>
ソーラーエネルギーを電化されていない世帯
の診療所、農家等に利用
<山村の2,000校をソーラーパネルで
電化に成功>
山村の小学校3000校のうち約2,000校が電化
達成
2000年に計画は始動し1年間で1,994校に
ソーラーパネル設置
システムの導入や使用方法の普及はNPOと
太陽電池企業がチームを組み指導
2002年からはソーラーパネル新設による学校
へのコンピューター設置を目標に掲げた
現在ソーラーパネルは2400個以上
<太陽は経済封鎖できない>
ソ連の衛星技術導入、1984年の工場設立が
ソーラー技術の始まり
ソーラーセルの技術は石油系の多国籍企業
に独占→高価格に
キューバでは、こうした先進国のエネルギー
独占による覇権に対抗するため、
ソーラーセル等の自国生産にこだわりそれを
武器にしようとしている
<持続可能な開発の実験場>
◎他国からの声
資金不足の中、技術や知識を蓄え、再生可
能なエネルギーに関しては驚くほど進展して
いる
キューバの人は他国のエネルギー源に依存
することの危険性を理解している
5.経済危機を逆手に取った環境教育へ
<ラブレターを書くために―識字運動の展開>
キューバは教育を受ける権利が憲法にも明
記され、幼稚園~博士課程まで無料
かつては国民の四割が読み書きが出来な
かった
1959年、カストロは革命後に「教育改革法」を
制定
1960年12月から「識字運動」…職のない教師
や有志学生が指導
その結果、非識字率は25%→4%まで下がる
識字運動で歌われた歌「読み書きを習って、
愛の言葉を書きましょう」
<障害者教育から生涯教育まで、恵まれ
た教育環境>
現在は識字率約100%、人口1100万人のうち
50万人以上が大卒
働く女性のために幼児をデイケアセンターで
預かる→勉強、食事、医療が無料で提供され
ている
義務教育は中学まで、高校は自ら選んだ専
門分野の技術を学ぶことが出来る
大学は各州ごとに50存在、医学校含め大学
も無料
成人向けの生涯学習も無料
障害者教育も幼児期から専門家から受けら
れるなど充実している
しかし経済危機により教育予算の大幅な減
少
<経済危機を逆手に環境教育へシフ
ト>
ソ連崩壊後も学校を1つも閉鎖させなかった
逆境を逆手に取り、教育科目に有機農業・自
然エネルギーなどを取り上げた
1961年から行われていた学校菜園等の農業
教育に環境教育を加えた。
リオの環境サミット以前から環境教育に取り
組んでいた
世界的な環境教育の始動は1974年の会議か
ら
<子供の創造性を引き出す環境クラ
ブ>
小学校の授業に植林活動
キューバ教育の特色は、学習と労働を結びつ
ける点
学内に環境クラブが存在、活動は意見交換
や、自然保護の歌を作って環境番組で紹介
など
<省エネ運動も環境教育に生かす>
節電も授業に取り入れる
環境クラブの子供たちによる節電の運動…余
計な電気を消して回るなど
環境教育のテキストには、挿絵などで子供た
ちが参加している
<感想>
現在の日本のエネルギー問題と比較したときに、
「キューバの人は他国のエネルギー源に依存するこ
との危険性を理解している」という意見が印象に
残った。日本ではエネルギー資源を十分に輸入でき
る状態だからこそ、枯渇性資源をめぐって今後ます
ます激しくなりそうな各国間の争いに危機感を感じ
にくいのかもしれないと考えた。
また、小学校低学年からの環境教育の導入は日本
でも取り入れるべきではないかと思う。
ダウンロード

3.3-5