【研究題目】
視線不安からの脱却に
影響を与える要因について
A63073 原 美波
【背景①】
私達は日常生活において、大なり小なり人の目を
気にして生活している。そのような中で、他人からの
視線に過敏になり、それに不快感や不安を覚えるこ
とも少なくないのではないだろうか。
その状態から脱却するには、一体どのような要因が
あったのだろうか。本研究は脱却に焦点を当てるこ
とにする。なお、今回扱う視線不安とは他者からの
視線を気にする「他者視線不安」に限定する。
【背景②】
対人恐怖の重篤さの四段階
a.平均者(健常者)の青年期という発達段階において一時的に見
られるもの(一般レベル)。
b.純粋に恐怖段階に留まるもの(神経症レベル)。
c.関係妄想性を帯びているもの。
d.前分裂症状として、ないしは分裂病の回復期における後症状と
して見られるもの。
この定義のaとbは対人恐怖の軽度症状と考えられ、対人不安に
も当て嵌まるとされている。もちろん対人不安のひとつである視
線不安にも同じことが言えるだろう。このことから、bを視線不安
として、aの一般レベルないしは全く視線が気にならなくなる状
態に回復することを「視線不安からの脱却」とおくことにする。
【目的】
本研究では、他者視線不安からの脱却に焦点
を置き、以下のことを検討していくものである。
①脱却要因と対人不安意識尺度との間には関係性
があるのか。
②視線不安からの脱却において、その要因にはど
のようなものがあり、またまたどの要因に重きを
おいているのか。
③脱却群と未脱却群で考えている脱却要因に差異
はあるのか。
【調査方法】
質問紙調査を10/2、10/6、10/9に実施した。
《対象者》日本国憲法B、精神医学、女性発達。
心理学を履修している大学生281名。
《質問紙内容》
使用尺度:対人不安意識尺
脱却要因尺度(作成した11項目)
視線不安について過去と現在の状況を10段
階評価で答えてもらい、点数化して評定する。
【結果】
質問紙を集計した結果、配布数315部の
う ち 回 収 数 281 部 で 、 回 収 率 は 89 % で
あった。このうち、有効回答数は272部で、
有効回答率は97%であった。
【考察】
現在考察中である。
【参考文献】
永井徹 1994 対人恐怖の心理―対人関係の悩みの分析―
サイエンス社
福井康之 1984 まなざしの心理学 –視線と人間関係- 創元
社
調優子・高橋靖恵 2002 青年期における対人不安意識に関
する研究-自尊心、他者評価に対する反応との関連から九州大学心理学研究 第3巻 229-236頁
林洋一・小林捷之 1981 対人不安意識尺度構成の試み 横
浜国際大学保健管理センター年報 No.1 p.29-46
堀井俊章 2002 青年期における対人不安意識の発達的変化
山形大学紀要 Vol.13 No.1 p.79-94
ダウンロード

視線不安からの脱却に影響を与える要因について