標準模型のその先へ
ゲテモノ探し
セッションⅤ:ナビゲーショントーク
名古屋大学 中 竜大
ゲテモノ発見と技術
例)
Reines&Cowan :ニュートリノの発見(1956)
⇒Kamland , Double Chooz etc.
小柴昌俊:陽子崩壊の探索→ニュートリノ(1987)
⇒SK etc
丹生潔:宇宙線の精密解析→Charm粒子の発見(1971)
Emulsion Cloud Chamber(ECC)
⇒OPERA etc.
当時の常識を越えようとする(もしくは偶然超えた)チャレン
ジが新たな手法に新風を吹き込んだ!!
宇宙線実験
加速器実験
・超対称性粒子
・ステライルニュートリノ
・余剰次元
・
・
・
・暗黒物質
・太陽アキシオン
・モノポール
・ストレンジクォークマター
・Q-ball
・
・
・
標準模型の先を目指す
実験室レベル
・ポジトロ二ウム
・g-2
・電子-陽電子転換
・二重ベータ崩壊
・
・
・
宇宙観測
・暗黒物質
・暗黒エネルギー
・背景放射
・X線
・
・
・
ポジトロ二ウムによる超微細構造の精密測定
標準理論を越えた新たな物理の可能性!
測定器の高いオリジナリティ
暗黒物質の探索
Rotation curve of Milkyway Galaxy
Local dark matter energy density
ρdark matter =0.3GeV/cm3
only visible
100GeV/c2のmassを仮定すると…
Flux~10000/cm2/sec
太陽系周辺にも暗黒物質は満ちている
暗黒物質の直接探索
地球に到来する暗黒物質による反跳
を検出する
第1世代:季節変動を測定
[email protected] Sasso , Italy
[email protected], USA
など
Standard な暗黒物質のモデルでは、互いの結果は食
い違う!
第2世代:到来方向を検出
方向検出でより高い信頼性で存在証拠を示す!
ダウンロード

標準模型のその先へ