ペパースラッジを用いた
ポーラスコンクリートの植生試験
指導教員 増田理子准教授
社会開発工学科
19214020 竹下真由
目 次
背景・目的
実験方法
結果
考察
まとめ
背 景 ・ 目 的
製紙工場
再資源化
ペパースラッジ(PS)
焼却処理
セメント原料・土壌改良材
路盤材・埋め戻し材
減容化
再資源化の確保、用途開発が重要
ペパースラッジ焼却灰
埋立処分
適地不足
環境保全
処分場の逼迫
背 景 ・ 目 的
PS
保水性
ポーラスコンクリート
根の伸入できる
連続した空隙がある
PS混入のコンクリートは生育によい
PSを土壌に混ぜると成長にプラスの効果
背 景 ・ 目 的
施工後の発芽・生育にどのような効果があるのか
基層ポーラス配合は1条件のみとし、以下の条件
で植生差を確認すること。
①人工的な潅水の有無
②表層客土種類
肥料の有無
ペパースラッジ(PS)の有無
実験方法
調査期間
6月1日~8月8日
週に1回の頻度で人工的な潅水,栄養剤を撒
き、個体数,葉の長さ,根の長さを計測する。
断面構造
層:ケンタッキーブルーグラス
層:サバ土をベースにPS有無
肥料有無の4種類
ブロック層
20mm
高さ調整層
10mm ブロック層:PS混入
ポーラスコンクリート
調 整 層:サバ土
基層
基
層:現地地盤
表層
30mm
芝
表
施工平面図および各種条件
A-1
B-1
A-2
B-2
A-3
B-3
A-4
B-4
A:潅水
B:非潅水
1
2
3
4
サバ土
サバ土+肥料
サバ土+PS
サバ土+PS+肥料
結 果
潅水の有無による植生差(t検定)
P値 0.501
P値 0.497
すべての項目で、水の影響は認められない。
P値 0.742
結 果(個体数)
600
潅水
A-1
500
A-2
A-3
400
調査区間
A-4
個体数
101.44
A-1
300
200
100
164.67
A-2
19.44
A-3
97
A-4
0
06月07日
07月07日
08月07日
0
100
調査日
非潅水
300
400
平均個体数
500
B-1
400
153.11
B-1
B-2
300
B-4
200
調査区間
B-3
個体数
200
161.56
B-2
28.11
B-3
100
105
B-4
0
06月07日
07月07日
調査日
08月07日
0
100
200
平均個体数
300
400
結 果(葉の長さ)
20
A-1
葉の長さ (cm)
15
3.38
A-1
A-2
A-3
調査区間
潅水
A-4
10
6.61
A-2
3.82
A-3
5
9.78
A-4
0
06月07日
07月07日
08月07日
0
5
調査期間
10
15
20
葉の長さの平均 (cm)
非潅水
25
B-1
5.5
B-1
B-2
B-3
15
B-4
調査区間
葉の長さ (cm)
20
10
6.96
B-2
2.17
B-3
5
5.32
B-4
0
06月07日
07月07日
調査期間
08月07日
0
5
10
葉の長さの平均 (cm)
15
結 果(根の長さ)
10
A-1
根の長さ (cm)
8
6
2.11
A-1
A-2
A-3
A-4
調査区間
潅水
4
3.72
A-2
2.34
A-3
2
3.9
A-4
0
06月07日
07月07日
0
08月07日
6
8
8
B-1
6
3.03
B-1
B-2
3.98
B-3
調査区間
根の長さ (cm)
4
根の長さの平均 (cm)
調査期間
非潅水
2
B-4
4
B-2
2.04
B-3
2
3.7
B-4
0
06月07日
07月07日
調査期間
08月07日
0
2
4
6
根の長さの平均 (cm)
8
結 果
PSと肥料について分散分析
300
14
PSあり
12
PSなし
10
葉の長さ(cm)
250
150
100
50
0
肥料あり
肥料なし
PS P<0.01
肥料 P<0.001
PS×肥料 N.S
PSなし
8
6
4
2
0
肥料あり
肥料なし
7
根の長さ(cm)
個体数
200
PSあり
6
PSあり
5
PSなし
4
3
2
PS N.S
肥料 P<0.01
PS×肥料 N.S
1
0
肥料あり
肥料なし
PS N.S
肥料 P<0.01
PS×肥料 N.S
考 察
潅水の有無で植生差がなかった
100
降水量(mm)
80
60
6月1日から8月8日の69日間のうち36日、約40%
40
20
0
06月01日
07月01日
08月01日
考 察
PSのみ混合すると成長が悪くなる。
PSのアルカリ性は生育に良くない。
20
450
B-1
400
A-1
16
A-2
14
A-3
B-2
350
B-4
葉の長さ (cm)
B-3
300
個体数
18
PSを混ぜてしばらく時間を置くことで土壌が安定する。
250
200
150
12
A-4
10
8
6
100
4
50
0
06月07日
2
07月07日
調査日
08月07日
0
06月07日
07月07日
調査期間
08月07日
考 察
ペーパースラッジと肥料の交互作用
200
PSによる効果
個体数
150
100
PSを混ぜるときは肥料も混ぜると効果的である。
50
0
1
3
2
サバ土
PS
肥料
4'
肥料-
4
肥料とPS
まとめ
PSのみを混ぜると植生の成長が悪くなる。
時間を置くことで土壌が安定する。
PSと肥料を組み合わせると効果的である。
潅水の頻度を増やすと植生に差がでる
可能性もある。
ご清聴ありがとうございます。
ダウンロード

製紙スラッジ焼却灰を用いた コンクリート製品の開発 その2.緑化基盤用