08A2175C
芳川大輝
・1980年代
電子辞書(CD-R)
・1990年
初の電子書籍端末登場
・1990年代半ば 電子辞書(端末)
インターネットの普及によって
電子書籍の配信が始まる
・1999年
携帯電話を媒体とした電子書籍
市場が生まれる
・2010年
電子書籍元年
・普及のきっかけ
2007年のキンドルの発売。キンドルは当時、初
の3G回線による通信機能を持った電子書籍端
末であった。
・電子書籍普及の原因
①書店が少ない
②本を通販で買う習慣があった
③本の装丁にはこだわらない
・紙の書籍の限界
①本が十分書店に行き渡らない
②高い返本率
③新刊書籍増加による本の寿命の短期化
・電子書籍の利点
①品切れが発生しない
②在庫が発生しない
③コストがかからない
・ファイル形式の違い
電子書籍端末や配信サイトごとにコンテンツの
ファイル形式が異なっており、互換性が無い為
普及の妨げになる。
・著作権の問題
既に紙の書籍として出ているものは、電子化の
際にもう一度利権関係の調整が必要
・海賊版の問題
電子コンテンツはコピーが容易であり不正利用
されやすい
・液晶タイプ(iPad、ガラパゴスなど)
タブレットPCなど、電子書籍端末以外の用途
を持つのに多いタイプ。多機能であるため高価
カラー画像を表示出来る。
・電子ペーパータイプ(Kindle、Readerなど)
電子書籍専用端末に多いタイプ。基本的に白黒
しか表現できないが、ディスプレイに表示され
る文字は紙の書籍に近い質感。機能が限定的で
あるため安価。
・日本電子書籍出版社協会
昨今の電子書籍普及に対応する為、2010年大手
出版社を含む21社が設立。各社合同の電子書籍
配信サイト等を作る
・出版社に期待される役割
①編集としての役割
②権利問題への対応
③ブランドの創造
・トーハン
書店を巻き込み、電子書籍業界でも出版取次と
しての地位を確立を狙う。
・日本出版販売
書店や出版社に情報提供は行うが、直接的には
関わらない。
・印刷会社の台頭
書籍の電子化に関するノウハウがあり、市場理
解も深い。
・音楽市場の推移
市場規模は年々縮小しているが、音楽配信サー
ビスの占める割合は年々増えている。
・出版と音楽業界の今後
音楽では配信サービスがCDの上位互換として
成り立ったため、CD廃れたが、電子書籍は紙
の書籍のそれとしては成り立たないため、電子
書籍の普及に伴い廃れる事はない。
・電子書籍は普及するのか
①普及に必要な環境と技術と環境は整ってい
る
②出版業界の窮状を救う鍵となりうる。
⇒よって今後、普及していく
・今後電子書籍が普及していく上で必要な事
①ファイル形式の統一
②出版社による市場牽引
・電子書籍は紙の書籍と共存できるか
可能。電子書籍は紙の書籍の上位互換ではなく
ダウンロード

日本における電子書籍の普及とその展望