「21世紀型コミュニケーション力の育成」研修モジュール
C-5:バズセッション
一般財団法人 コンピュータ教育推進センター
1
バズセッションとは・・・・・・・
何だろう・・・・・・?
2
1948年(アメリカ)
ヒルスディル大学
ドナルド・フィリプス学長が
考案した
話し合いの手法(思考法)
3
「バズ」とは・・・・・・
巣の周りを飛ぶ蜂の羽音を
意味する
4
「セッション」とは・・・・・
小グループによる集まりを
意味する
5
つまり・・・・・
• 小人数のグループで
• 蜂の羽音のように活発に話し合い
• 考えを出し合う
このような、話し合いの手法である。
6
バズセッションは別名・・・・・・
「6・6討議法」
とも呼ばれます
7
基本的には・・・・・・
6人のメンバーで
6分間、話し合う
8
バズセッション(6・6討議法)のねらい
A 多くの人に発言をしてもらう
B 共通のテーマをもとに意見を出し合う
C 意見を出し合うことで、さらに新しい考えを
引き出す
D テーマに対する見解の概要(方向性)を
まとめる
9
では、
バズセッションを体験しましょう
10
バズセッション(6・6討議法)のやり方
① 共通のテーマを用意します
本日の共通テーマ
「バズセッションの実践プラン」
バズセッションを活用できる実践場面に
ついて、より多くの意見を出し合います
11
② 各自で考えを持ちます
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
バズセッションのねらい
A 多くの人に発言をしてもらう
B 共通のテーマをもとに意見を出し合う
C 意見を出し合うことで、さらに新しい考えを
引き出す
D テーマに対する見解の概要(方向性)を
まとめる
6人で、6分間、話しあう
12
バズセッション(6・6討議法)のやり方
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
③ 6人を上限として
グループを作ります
13
バズセッション(6・6討議法)のやり方
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
④ 各グループごとで意見をたくさ
ん出し合う
一人一人が多く発言できるようにし、
出された意見の批判をしないのが留意点
14
バズセッション(6・6討議法)のやり方
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
⑤ 6分間の話し合い終了後
グループの代表者により
話し合いの概要を発表
発表者は意見を1つに
まとめる必要はない
15
6分間の話し合いスタート
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
バズセッションのねらい
A 多くの人に発言をしてもらう
B 共通のテーマをもとに意見を出し合う
C 意見を出し合うことで、さらに新しい考えを
引き出す
D テーマに対する見解の概要(方向性)を
まとめる
6人で、6分間、話しあう
16
話し合い 終了
17
バズセッション(6・6討議法)のやり方
共通テーマ「バズセッションの実践プラン」
⑥ グループごとに順番に
発表し、共通理解を図る
18
グループ毎に1分間で発表
19
こんな時に
バズセッションは有効です
20
・新しいグループで
お互いを知り合う時
・多様なアイデアを出し合う時
・考えの方向性を捉える時
・全体討議を活性化する時
21
子どもたちの学習場面では
6人の人数にこだわらず
2人のペアから6人までで
実態に応じた人数で行う
ことが大切です
22
製作
CEC
21世紀型コミュニケーション力
の育成プロジェクト委員会
23
ダウンロード

発表用データ(powerpoint)