文学部日本文学科
オリエンテーションゼミナール
魯迅の詩
「無題」を読む
於
無
声
処
聴
驚
雷
心
事
浩
茫
連
広
宇
敢
有
歌
吟
動
地
哀
万
家
墨
面
没
蒿
莱
無
題
魯
迅




地
を
〔
敢蒿没墨万 語
有莱 面家 注
〕
歌
吟
動
地
哀 ②①荒①土多
どあれ埋やく
うえ草もほの
大 して。れこ人
地 て~ るり々
。
を ~す 。で
黒
揺 ある 隠く
れ
る ろ。
(
う
強 るま
が
み
す かい 。れ
意
哀 。
(
②た
反
志
し
死顔
語
)
い
ぬ。
歌 )
。
。
―
―
―
―
―
晩
唐
李
商
隠
の
「
瑤
池
」
詩
の
句
「
黄
竹
の
歌
声
―
動
か
し
て
哀
し
」
(
黄
竹
の
歌
声
は
大
地
を
揺
る
が
し
て
哀
し


く
響
く
)
に
基
づ
く
。
「
黄
竹
詩
」
と
は
、
周
の
穆
王
が
黄
台
の
・
※
うた上
。めに
に立
人ち
③ ② ① 「 々、
民 王 魯 歌 が北
吟 凍風
衆 (
迅
死が
上
」
す し吹
に
る てき
立
い雪
の
つ
くの
は の降
者
誰 をり
)
か 哀し
き
? し
んる
でな
詠か
っ、
た寒
詩さ
をの
い



る が 地か
、 、 中み
啓 そ にな
蟄 の かり
の 音 く。
春 を れこ
雷 聞 てこ
。 い 冬で
て をは
地 春
上 過雷
を
にご
し
出 たい
て 虫う
く 。
―
―
―
①
春
の
訪
れ
。
―
②
新
し
い
時
代
の
幕
開
け
。
―
③
迫
り
く
る
革
命
の
足
音
。
「
驚
雷
」
の
示
す
も
の
は
?


※
※
な
ぜ
「
声
無
き
処
」
で
聴
く
の
か
?
〔
驚聴広浩心 語
雷
宇茫事 注
〕
き
く
。
耳
を
傾
け
て
聴
く
。
天
地
。
世
界
。
広
々
と
大
き
い
さ
ま
。
心
。
心
持
ち
。
の
雷
鳴
を
聴
い
て
い
る
の
だ
。
全
く
人
の
声
の
し
な
い
場
所
で
、
じ
っ
と
迫
り
く
る
革
命
我
が
心
は
広
々
と
し
て
こ
の
天
地
と
一
体
と
な
り
、
こ
と
な
ど
あ
ろ
う
か
。
そ
の
民
衆
が
、
大
地
を
揺
る
が
す
哀
し
み
の
歌
を
歌
う
で
、
荒
れ
草
の
な
か
に
身
を
潜
め
て
い
る
。
多
く
の
人
々
は
、
土
や
ほ
こ
り
に
ま
み
れ
て
黒
く
汚
れ
た
顔
〔
訳
A
〕
声
無
き
処
に
於
い
て
驚
雷
を
聴
く
心 敢 万
事 て 家
歌
浩 吟 墨
茫 の 面
と 地 し
し を て
て 動
か 蒿
広 す 莱
宇 哀 に
に し 没
連 み す
な 有
り ら
ん
や
〔
書
き
下
し
〕
幕
開
け
を
示
す
雷
鳴
を
聴
い
て
い
る
の
だ
。
全
く
人
の
声
の
し
な
い
場
所
で
、
じ
っ
と
新
た
な
時
代
の
我
が
心
は
広
々
と
し
て
こ
の
天
地
と
一
体
と
な
り
、
の
な
ど
誰
も
い
な
い
。
古
の
よ
う
に
大
地
を
揺
る
が
す
哀
し
み
の
歌
を
歌
う
も
顔
で
、
荒
れ
草
の
な
か
に
身
を
潜
め
て
い
る
。
多
く
の
人
々
は
、
土
や
ほ
こ
り
に
ま
み
れ
て
黒
く
汚
れ
た
〔
訳
C
〕
の
雷
鳴
を
聴
い
て
い
る
の
だ
。
全
く
人
の
声
の
し
な
い
場
所
で
、
じ
っ
と
迫
り
く
る
革
命
我
が
心
は
広
々
と
し
て
こ
の
天
地
と
一
体
と
な
り
、
し
み
の
歌
を
歌
う
こ
と
な
ど
あ
ろ
う
か
。
今
の
王
(
為
政
者
)
が
、
民
を
思
い
大
地
を
揺
る
が
す
哀
顔
で
、
荒
れ
草
の
な
か
に
死
ん
で
い
く
。
多
く
の
人
々
は
、
土
や
ほ
こ
り
に
ま
み
れ
て
黒
く
汚
れ
た
〔
訳
B
〕
ダウンロード

魯迅の詩「無題」