妊娠糖尿病
(gestational diabetes
mellitus:GDM)
定義:妊娠中に発症もしくははじめて発見された耐糖能低下
妊娠中は、各種ホルモンの影響により母体末梢組織にイ
ンスリン抵抗性が生じる。軽度の耐糖能異常を潜在的に
有する女性が妊娠した場合には、インスリン分泌とインス
リン抵抗性のバランスが崩れ、GDMを発症する。
頻度:“妊娠糖尿病のスクリーニングに関する多施設共同研
究”によればGDMの頻度は全妊娠の3.5%と増加傾向に
ある。
問題点:
①先天奇形および流産のリスクの増加
②分娩時の問題(肩甲難産の頻度増加)
③分娩後にIGTや糖尿病を発症する割合が多い
(一旦正常化しても、約半数がDMまたはIGTに移行し
ている。)
などがある。
今まで、GDMの既往をもつPtにおけるIGTや糖尿病等の発
症危険度については検討されている。しかし、GDMの既往と
Cardiovascular Diseaseのリスクを検討したものはない。
Gestional Diabetes Mellitus Increases
the Risk of Cardiovascular Disease in
Women With a Family History of
Type 2 Diabetes
Diabetes Care29:2078-2083,2006
目的:2型糖尿病の家族歴をもつ経産婦にお
いて、GDMの既往はCVD発症危険因子と
なるのか検討した。
対象:2型糖尿病の家族歴をもち、Genetics of NonInsulin dependent Diabetes (GENNID) study
に参加した経産婦994人を対象とした。
GENNID study:1993年から2001年にかけてアメリカでされた2型糖尿
病の臨床試験。
詳細は、表1・2に示している。
表1:GDM既往があるグループの方が年齢が有意に若かっ
た。
表2:どちらのグループも肥満体型であるが、GDMの既往が
あるグループの方が、脂質・FPG・FIRIの値が高値である。
CVDの危険因子について
GDMの既往があるグループは、ないグループと比較し
①高血圧と診断されている割合が多く、(46.8 vs 37.0%)
降圧剤を処方されている割合が多く、(44.5 vs 35.4%)
高血圧と診断された年齢も低かった。
(40.0±1.0 vs 47.8±0.9歳)
②高脂血症と診断されている割合が多く、(33.9 vs
26.3%)
内服薬を処方されている割合が多く、(18.4% vs
13.7%)
診断された年齢も低かった。(47.6±1.3vs 51.9±1.0
歳)
またスタチンを内服している割合も多かった。
③2型糖尿病の割合も多く、(93.4 vs63.3%)
経口血糖降下薬・インスリンで治療している割合も
多く、(59.7vs35.9%, 40.3vs19.2%)
診断された年齢も低かった。
(37.2±0.7vs46.6±0.6)
Metabolic synについて(表3)
・全体の89.2%の人がMetabolic synの基準を満た
していた。
・年齢・人種・生理の状態を一致させてもGDMの既
往があるグループではMetabolic synになりやす
い。(adjusted OR:3.28)
CVDの既往(アンケートで調査)表4
• GDMの既往がある人の方がCVDが有意に起こり
やすく、発症年齢も有意に若かった。
• 人種・年齢・生理の状態を一致させても、その関係
は変わりなかった。(Adjusted OR:1.85)
GDMの既往とCVD発症の関係
GDMの既往があると、糖尿病(OR:1.74)や
Metabolic syn(OR:1.56)の有無に関係なく、
CVDの発症が高まっていた。
まとめ
• GDMの既往がある人では、ない人と比較し、糖
尿病や脂質代謝異常の有無に関係なく、CVDの
発症率が高く、発症年齢が若いことが分かった。
• GDMの既往がある人では、糖尿病およびCVDの
発症抑制のために厳格な管理が必要である。
ダウンロード

20060928GestDMvsCAD (47616bytes)