社会福祉施設等の耐震化等の
整備について
社会・援護局福祉基盤課
社会福祉施設等の耐震化等の整備
火災発生や地震発生時に自力で避難することが困難な方が多く入所される
社会福祉施設等の安全・安心を確保するため、都道府県に基金を造成するな
どによって、耐震化及びスプリンクラー等の整備を促進する。
耐震化整備
昭和56年以前の建物は、大きな地震に耐えられない可能性が高いと言わ
れており、従来、老朽施設等の耐震化整備の優先採択を行うなど、その整備
の促進を図ってきたが、入所者の防災対策を一層進める観点から、耐震化整
備を図る。
スプリンクラー
整備
消防法施行令の一部改正に伴い、主として要介護状態にある方又は重度の
障害者等が入所される施設で延べ275㎡以上の施設は、スプリンクラーの設
置が義務づけられたこと等を踏まえ、防火安全対策の観点から、スプリンク
ラー整備を図る。
地上デジタル
放送への対応
地上アナログ放送から地上デジタルへの移行にあたって、地上デジタル放
送が生活に不可欠な地震・火災などの緊急情報を提供しており、自力で避難
することが困難な方々が多く生活される社会福祉施設等の防火・防災対策に
万全を期するため、地上デジタル放送を視聴するために新たに必要となる機
器整備に要する費用を補助する。
※補助率1/2のほか、耐震化及びスプリンクラー整備については、地方負担の軽減措置(地域活性化・公共投資臨
時交付金(内閣府)を活用)、(独)福祉医療機構融資の融資率及び貸付利率の優遇等を図る。
社会福祉施設等耐震化等臨時特例交付金の概要
1
目 的
火災発生や地震発生時に自力で避難することが困難な方々が多く入所する社会福祉施設等
の安全・安心を確保するため、社会福祉施設等の耐震化及びスプリンクラー整備を促進する
ことを目的とする。
2
交付金の規模
平成21年度補正予算額(案)
約1,062億円
3
交付金の交付先
申請に基づき、都道府県に対し交付する。
なお、交付金は、補助金等適正化法の適用の対象とする。
4
基金の設置主体
都道府県(政令指定都市、中核市を含まない)
5
交付金事業の実施
交付金は、平成21年度中に基金を造成することを目的として交付し、造成された基金を
活用して、平成23年度末まで支出することができるものとする。
6
対象施設
・保護施設、障害児者関係施設は公立を除く
・児童関係施設(障害児施設を除く)は公立を含む
7
交付対象事業
国から交付された交付金の財源を活用し、都道府県に基金を造成し、以下の事業を実施
する。
ア
耐震化整備事業
地震発生時に自力で避難することが困難な方々が多く入所する社会福祉施設等の
安全・安心を確保するため、耐震化整備を促進する。
(注)保育所の耐震化整備は、「安心こども基金」での対応となる。
イ
スプリンクラー整備事業
消防法施行令の一部改正に伴い、火災発生時自力で避難することが困難な人が多く入
所する社会福祉施設等について、スプリンクラーの設置が義務づけられたこと等から、
社会福祉施設等に入所している方々の安全を確保するため、スプリンクラー整備を図る。
9 配分の考え方
ア 耐震化整備事業分
施設割分
当該都道府県の非耐震化施設棟数
615億円 ×
615億円
全都道府県の非耐震化施設棟数
申請配分
申請に基づき配分
153億円
イ スプリンクラー整備事業分
当該都道府県(延べ面積275㎡以上1,000㎡
未満の施設の延べ面積+1,000㎡以上の平屋
建施設の延べ面積)
施設割分
235億円
235億円 ×
全都道府県(延べ面積275㎡以上1,000㎡
未満の施設の延べ面積+1,000㎡以上の平屋
建施設の延べ面積)
申請配分
申請に基づき配分
59億円
10 補助率
国
民立
1/2
都道府県・指定都市
・中核市・市町村
1/4
設置者
1/4
国
都道府県
指定都市・
中核市・市町村
1/2
1/2
-
1/2
-
1/2
公立
※公立は、児童関係施設のみ
社会福祉施設等耐震化等臨時特例
交付金による特別対策事業の実施
について
※本資料は現時点での案であり、今後、変更もあり得るものである。
耐震化整備事業
1
目 的
地震発生時に自力で避難することが困難な人が多く入所する社会福祉施設等の安全
を確保するため、耐震化整備を図ることを目的とする。
2
事業内容
施設入所者の安全・安心を確保し、地震防災上倒壊等の危険性のある建物の耐震化を
図るため、改築又は補強等の整備を図るものである。
3
対象施設
区
救護施設、更生施設
分
設 置
社会福祉法人又は日本赤十字社
者
(生活保護法38条)
障害者支援施設
(障害者自立支援法第5条第12項)
身体障害者更生施設
身体障害者療護施設
身体障害者授産施設(入所)
(障害者自立支援法附則第41条第1項)
知的障害者更生施設(入所)
知的障害者授産施設(入所)
知的障害者通勤寮
(障害者自立支援法附則第58条第1項)
精神障害者生活訓練施設
精神障害者授産施設(入所)
(障害者自立支援法附則第48条)
知的障害児施設
盲ろうあ児施設(入所)
肢体不自由児施設(入所)
重症心身障害児施設
(児童福祉法第7条)
精神障害者退院支援施設
(平成18年9月29日厚生労働省告示第551号)
地方税法第348条第2項第10の4号及び第10の6号の規定によ
り固定資産税を課されないこととされている法人
(社会福祉法人、日本赤十字社、公益社団・財団法人、特例民
法法人等)
社会福祉法人
社会福祉法人又は医療法人
社会福祉法人、日本赤十字社、公益社団・財団法人、特例民
法法人
地方税法第348条第2項第10の4号及び第10の6号の規定によ
り固定資産税を課されないこととされている法人
(社会福祉法人、医療法人、日本赤十字社、特例社団・財団法
人、特例民法法人等)
区
分
設
助産施設、乳児院、母子生活支援施設、
児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、
児童自立支援施設
置
者
都道府県・指定都市・中核市・市町村、社会福祉法人、日
本赤十字社、特例社団・財団法人、公益社団・財団法人
(児童福祉法第7条)
児童相談所一時保護施設
都道府県・指定都市・中核市・市
(児童福祉法第12条の4)
婦人保護施設
都道府県、社会福祉法人
(売春防止法第36条)
婦人相談所一時保護施設
都道府県
(売春防止法第34条第4項)
4 補助の要件
(1)対象施設のうち、対象となる整備区分は次のとおりとする。
区
分
対象整備区分
救護施設、更生施設
改 築
助産施設、乳児院、母子生活支援施設
増改築
児童養護施設、情緒障害児短期治療施設
大規模修繕
児童自立支援施設、児童相談所一時保護施設
老朽民間社会福祉施設整備
婦人保護施設、婦人相談所一時保護施設
障害者支援施設、知的障害児施設
改 築
盲ろうあ児施設(入所)、肢体不自由児施設(入所)
大規模修繕
重症心身障害児施設
老朽民間社会福祉施設整備
身体障害者更生施設、身体障害者療護施設
大規模修繕
身体障害者授産施設(入所)、知的障害者更生施設(入所)
知的障害者授産施設(入所)
(2)整備区分の定義は次のとおりとする。
整備区分
整備内容
改築
既存の施設の現在定員の増員を行わないで改築整備(一部改築を含む。)をすること。
増改築
耐震化改築整備に併せ、現在定員の増員を図ること。
大規模修繕
既存施設の防災対策上、必要な補強改修工事や付帯設備の改造等を行う次の整備をすること。
・耐震補強のために必要な補強改修工事
・給排水設備、電気設備、ガス設備、冷暖房設備、消防用設備等付帯設備の改造工事
・その他必要と認められる上記に準ずる工事
老朽民間社会福祉施設整備
社会福祉法人が設置する施設について平成17年10月5日社援発第1005005号厚生労働省社会・援護
局長通知「老朽民間社会福祉施設の整備について」及び平成20年6月12日雇児発第612001号厚生労
働省雇用均等・児童家庭局長通知「老朽民間社会福祉施設等の整備について」を準用し、改築整備
(一部改築を含む。)をすること。
5
補助基準
(1)次により算出した額
○改築、増改築、老朽民間社会福祉施設整備
種 目
① 本体工事費
② 解体撤去工事費及び
仮設施設整備工事費
事業費 ①+②
基
準
額
基
準
額
定員1人当たり基準単価×定員
1施設当たり基準単価
定員1人当たり基準単価×定員
1施設当たり基準単価
①+②の合計
○大規模修繕
種
本体工事費
目
大規模修繕については、次のいずれかで最も低い方の価格を基準とすること。
(1)公的機関(都道府県又は市町村の建築課等)の見積り
(2)民間工事請負業者2社の見積りを比較して、低い方の見積り
(2)対象経費の実支出額の合計額と総事業費から寄付金その他の収入(社会福祉法人の場合は、寄付金
収入額を除く。)を控除した額とを比較していずれか少ない方の額
(3)(1)と(2)を比較していずれか少ない方の額に負担割合を乗じて得た額の範囲内の額を交付額
とする。
6
基準単価(事業費ベース)
【保護施設】(定員一人当たり単価)
耐震化 本体基準単価
(単位:千円)
A地域
施
設
の
種
B地域
C地域
D地域
栃木県、群馬県、
埼玉県、千葉県、
北海道、宮城県、秋田県、
福井県、愛知県、
山形県、茨城県、神奈川県、
青森県、岩手県、福島県、
滋賀県、兵庫県、
新潟県、石川県、岐阜県、
徳島県、愛媛県、
東京都、富山県、山梨県、
和歌山県、島根県、
静岡県、三重県、京都府、
福岡県、大分県
長野県、沖縄県
岡山県、山口県、
大阪府、奈良県、鳥取県、
香川県、高知県、
広島県、熊本県、鹿児島県
佐賀県、長崎県、
宮崎県
類
救護施設
更生施設
都市部
8,207
7,819
7,431
7,043
標準
7,819
7,452
7,074
6,707
都市部
8,207
7,819
7,431
7,043
標準
7,819
7,452
7,074
6,707
(注)1 上段書きは、「社会福祉施設等施設整備費における都市部特例割増単価の取扱いについて(平成17年10月5日
社援発第1005012号)」により、都市部特例割増加算後の単価であること。
2 特別豪雪地域に所在する場合は、A地域単価を適用すること。
3 救護施設にサテライト型救護施設を設置する場合には、救護施設の基準を適用する。
耐震化 一人当たり解体撤去工事費直接補助基準単価
施
設
の
種
類
標
救護施設
更生施設
(注) 都市部は、都市部特例割増加算対象施設の解体撤去工事費基準単価であること。
(単位:千円)
市
部
準都
380
380
399
399
耐震化 一人当たり仮設施設整備工事費直接補助基準単価
施
設
の
種
類
標
救護施設
更生施設
(注) 都市部は、都市部特例割増加算対象施設の仮設施設整備工事費基準単価であること。
(単位:千円)
市
部
準都
688
688
722
722
耐震化 積雪寒冷地域体育施設に係る直接補助基準単価
施
設
の
(単位:千円)
準
額
68,800
種
類
基
種
類
地 域 交 流 ス ペ ー ス防
27,120
救護施設、更生施設
耐震化 地域交流スペース基準単価(定額)
施
救護施設、更生施設
設
の
災
(単位:千円)
拠
点
型
37,390
【障害関係施設】(1施設当たり単価)
単位:千円
事業名
定員区分
標準
都市部
~40
140,600
147,600
41~60
234,000
245,700
生活介護、自立訓練、就労移 61~80
行支援、就労継続支援
81~100
328,700
345,000
423,400
444,500
101~120
517,000
542,800
121~
611,600
642,100
30~40
113,500
119,200
41~60
189,400
198,800
61~80
266,400
279,700
81~100
342,200
359,200
101~120
419,400
440,300
121~
495,100
519,800
短期入所加算
-
12,500
13,200
発達障害者支援センター加算
-
17,200
18,000
就労・訓練事業等加算
-
54,000
56,700
30~40
254,300
267,000
41~60
423,400
444,500
61~80
595,400
625,100
81~100
765,900
804,100
101~120
936,600
983,300
1,107,000
1,162,300
施設入所支援加算
障害児施設(入所)
121~
短期入所加算
-
12,500
13,200
発達障害者支援センター加算
-
17,200
18,000
就労・訓練事業等加算
-
54,000
56,700
解体撤去(入所系)
-
16,400
17,200
仮設施設(入所系)
-
29,500
30,900
【児童関係施設】(定員一人当たり単価)
1.社会福祉施設の耐震化整備
<本体工事>
下の単価に定員数を乗じて算出した額
単位:千円
基準額(定員1人当たり)
A地域
B地域
北海道・宮城県・秋田県・山
形県・茨城県・神奈川県・新
青森県・岩手県・福島県・東
潟県・石川県・岐阜県・静岡
京都・富山県・山梨県・長野
県・三重県・京都府・大阪府・
県・沖縄県
奈良県・鳥取県・広島県・熊
本県・鹿児島県
児童相談所一時保護所
助産施設
乳児院
母子生活支援施設
児童養護施設
情緒障害児短期治療施設
(通所部加算)
児童自立支援施設
(通所部加算)
婦人相談所一時保護所
婦人保護施設
4,830
7,260
5,950
18,180
7,490
9,640
3,370
10,560
3,370
7,600
10,130
C地域
D地域
栃木県・群馬県・埼玉県・千
葉県・福井県・愛知県・滋賀
県・兵庫県・和歌山県・島根 徳島県・愛媛県・福岡県・大
県・岡山県・山口県・香川県・ 分県
高知県・佐賀県・長崎県・宮
崎県
4,620
6,930
5,690
17,310
7,130
9,180
3,200
10,070
3,200
7,220
9,670
4,370
6,610
5,400
16,460
6,770
8,720
3,040
9,560
3,040
6,860
9,180
4,160
6,280
5,110
15,580
6,440
8,260
2,880
9,070
2,880
6,500
8,690
※豪雪地帯対策特別措置法(昭和37年法律第73号)第2条第2項の規定に基づき指定された特別豪雪地域に所在する場合は、A地域基準額を適用し、
さらにその定める方法により算定された基準額に対して、0.08を乗じて得られた基準額を加算すること。(小数点以下切捨て)
※一部改築のように定員のすべてが工事にかからない場合、総定員数を工事にかかる定員で除した基準額とすること。工事に係る定員数が算定でき
ない場合は、「定員数=総定員数×改築面積/既存施設の総面積」で算定すること。(いずれも、小数点以下切捨て)
※大規模修繕については、次のいずれかで最も低い方の価格を基準とすること。
(1)公的機関(都道府県又は市町村の建築課等)の見積り
(2)民間工事請負業者2社の見積りを比較して、低い方の見積り
<解体撤去工事、仮設施設整備工事>
下の単価に定員数を乗じて算出した額
単位:千円
基準額(定員1人当たり)
解体撤去工事
児童相談所一時保護所
助産施設
乳児院
母子生活支援施設
児童養護施設
情緒障害児短期治療施設
(入所、通所)
児童自立支援施設
(入所、通所)
婦人相談所一時保護所
婦人保護施設
仮設施設整備工事
220
360
210
760
320
400
660
370
1,370
580
370
690
460
820
210
440
390
790
※豪雪地帯対策特別措置法(昭和37年法律第73号)第2条第2項の規定に基づき指定された特別豪雪地域に所在する場合は、その定める方法により
算定された基準額に対して、0.08を乗じて得られた基準額を加算すること。(小数点以下切捨て)
※一部改築のように定員のすべてが工事にかからない場合、総定員数を工事にかかる定員で除した基準額とすること。工事に係る定員数が算定でき
ない場合は、「定員数=総定員数×改築面積/既存施設の総面積」で算定すること。(いずれも、小数点以下切捨て)
財政上の特別措置
補助率
区分
対象施設の種類
公立施設
の場合
民立施設の場合
基金
基金
都道府県・指
定都市、中核
市
-
2/3
1/6
乳児院
2/3
2/3
1/6
助産施設、母子生活支援施設
3/4
3/4
1/8
-
8/10
1/10
5.5/10
5.5/10
2.5/10
-
2/3
1/6
2/3
2/3
1/6
-
2/3
1/6
2/3
2/3
1/6
沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号)第4
条第1項に規定する沖縄振興計画に基づく事業とし 救護施設、 更生施設、宿所提供施設、障害者支援
施設、身体障害者更生施設、身体障害者療護施設、
て行う場合
身体障害者授産施設(入所)、知的障害者更生施設
(入所)、知的障害者授産施設(入所)
重症心身障害児施設
公害の防止に関する事業に係る国の財政上の特別 知的障害児施設、盲ろうあ児施設(入所)、
措置に関する法律(昭和46年法律第70号)第2条
第3項に規定する公害防止対策事業として行う場合 肢体不自由児施設(入所)、重症心身障害児施設、
助産施設、乳児院、母子生活支援施設、児童養護
施設、
情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設
地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備 救護施設、
事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律 障害者支援施設(生活介護又は自立訓練を行うも
(昭和55年法律第63号)第2条第1項に規定する のに限る)、
地震対策緊急整備事業計画に基づいて実施される
事業のうち、同法別表第1に掲げる社会福祉施設 知的障害児施設、盲ろうあ児施設(入所)、
(木造施設の改築として行う場合)
肢体不自由児施設(入所)、重症心身障害児施設
乳児院、情緒障害児短期治療施設
地震防災対策特別措置法(平成7年法律第111号) 救護施設、
第2条第1項に規定する地震防災緊急事業五箇年 障害者支援施設(生活介護又は自立訓練を行うも
計画に基づいて実施される事業のうち、同法別表第 のに限る)、
1に掲げる社会福祉施設(木造施設の改築として行
知的障害児施設、盲ろうあ児施設(入所)、
う場合)
肢体不自由児施設(入所)、重症心身障害児施設
乳児院、情緒障害児短期治療施設
7 その他
(1)耐震改修又は耐震補強のための整備は、施設入所者の安全性を確保する
観点から、建築後の経過年数、老朽度等を重視した整備に努めること。
(2)財産処分の承認の取扱い
「厚生労働省所管一般会計補助金に係る財産処分について」(平成
20年4月17日社援発0417001号により行うこと。
スプリンクラー整備事業
1
目 的
消防法施行令の一部改正に伴い、火災発生時に自力で避難することが困難な人が多く入所
する社会福祉施設について、スプリンクラーの設置が義務づけられたこと等に伴い、社会
福祉施設等に入所している方々の安全を確保するため、スプリンクラー整備を図ることを
目的とする。
2
事業内容
既存施設のうち、延べ面積275㎡以上1,000㎡未満の対象施設及び延べ面積1,000㎡以上の
平屋建の施設に対しスプリンクラー整備を図るものである。
3 対象施設
(1)延べ面積275㎡以上1,000㎡未満の施設及び延べ面積1,000㎡以上の平屋建の施設
救護施設、乳児院、知的障害児施設、盲ろうあ児施設(通所施設を除く。)、肢体不自由児
施設(通所施設を除く。)、重症心身障害児施設、障害者支援施設、肢体不自由者更生施設、
視覚障害者更生施設、聴覚・言語障害者更生施設、内部障害者更生施設、身体障害者療護
施設、身体障害者授産施設(通所施設を除く。)、知的障害者更生施設(通所施設を除く。)、
知的障害者授産施設(通所施設を除く。)、知的障害者通勤寮、短期入所事業所
(2)延べ面積275㎡以上の施設で障害者自立支援法に定める「障害程度区分」4以上の者
が利用する施設
共同生活援助(グループホーム)、共同生活介護(ケアホーム)、福祉ホーム、
精神障害者福祉ホームB型(「障害程度区分」4以上と同等の者)
4 補助要件
(1)消防法施行令及び同法施行規則に定める設備、設備基準及びこれらに準じた措置に基づ
いて設置すること。
(2)スプリンクラー整備が設置困難で、その代替としての性格を有するパッケージ型屋内
消火栓設備が整備されている場合を除く。
5 補助基準(事業費ベース)
(1)延べ面積275㎡以上1,000㎡未満の施設
1㎡あたり 18,000円以内
(2)延べ面積1,000㎡以上の平屋建の施設
1㎡あたり 34,000円以内
6
7
補助対象面積
施設の延べ面積を上限として都道府県が必要と認めた面積とする。
その他
スプリンクラー整備が以下の理由により困難な場合は、パッケージ型屋内消火栓設備を
設置することを認め、同様の取り扱いとすること。
ア 水源やポンプ室等の設置が土地の制約上困難な場合
イ 建物の構造上配管工事が困難である場合
ウ スプリンクラー整備の設置工事により、入所者処遇等に相当な困難が生じることが
認められる場合
エ その他上記以外にスプリンクラー設備の設置が相当困難と認められる場合
ダウンロード

20090528_1shiryou6