EGS5 の概要
(Electron Gamma Shower Version 5)
平山 英夫、波戸 芳仁
KEK, High Energy Accelerator
Research Organization
EGS以前の電磁カスケードモンテカルロコード
• Butcher and Messel, Varfolomeev and Svetlolobov
– 最初の計算機によるモンテカルロ法による高エネル
ギーカスケード計算
– “Shower book” (Pergamon Press, Oxford 1970)と呼ば
れている詳細なシャワー関数を提供
– コードは非公開
• Zerby and Moran
– SLACの2マイル線型加速器建設に関連した多くの物
理的工学的問題に対応することを目的に作られた。
– コードは、ORNL外部には非公開
Nagelのコード
• 対象は、1000MeV以下の高エネルギー電子
• 形状は、円筒形状のみで、物質は鉛のみ
• Nagelのプログラム (SHOWER1) は、様々な所に
持ち込まれた。
• MITのNicoli が SHOWER1を拡張した。
(SHOWER2)
• Nicoli バージョンのコード (SHOWER2) がNagel
により SLAC に持ち込まれた (1966)。
• SLACでの拡張が始まった EGS
EGS システムの歴史
Period
Program
Language
Authors
1963~1965 SHOWER1
Fortran
Nagel
SHOWER2
Fortran
Nicoli
1967~1972 SHOWER3/PREPRO
Fortran
Ryder, Talwar, Nelson
1970~1972 SHOWER4/SHINP
Fortran
Ford
Ford, Nelson
1966
1974
EGS1/PEGS1
Fortran
1975
EGS2/PEGS2
Mortran 2 Ford, Nelson
1976~1977 EGS3/PEGS3(SLAC-210)
Mortran 2 Ford, Nelson
1982~1985 EGS4/PEGS4(SLAC-265)
Mortran 3 Nelson, Hirayama, Rogers
2005
EGS5(SLAC-R-730 and
KEK Report 2005-8)
Fortran
Hirayama, Namito, Bielajew,
Wilderman and Nelson
EGS4ーー>EGS5
•
EGS (Electron-Gamma Shower) コードシステムは、1 keVから数百GeVまでのエ
ネルギー範囲での電子・光子輸送計算のモンテカルロシミュレーションを、任意
のジオメトリー内でおこなう汎用コードパッケージ。
• EGS バージョン4がリリースされて以来20年にわたり、多くの応用分野で用いられ
てきた。特に多いのは、医学物理や放射線測定研究、産業面での開発など。
EGS4ユーザー推定数は3000。
• コードの改良やバグFixが増え、保守が困難。→EGS5プロジェクトがスタート。
2006年3月にEGS5betaを公開。
EGS4
EGS5
ユーザーフレンドリー化
• 言語をFORTRAN 77に変更。
– EGS4のMORTRAN3 言語は「使い勝手がよい」、
「不可解」と評判が二分
• ジオメトリーセットアップを容易にするために、
CG(組み合わせジオメトリー)を提供。
• ジオメトリーチェックモジュールも備えており、モンテカルロ
計算開始前に問題のジオメトリーの一貫性を確認するこ
とができる。
→ジオメトリーセットアップとそれ以外の計算
の準備を分離。
組み合わせジオメトリーCG
1. パラメータを用いて BODY を指定
2. Body の演算 (AND, OR,
OUTSIDE)によりZoneを指定
3. 各 ZONE に物質を指定
追加作業中:
平行六面体
楕円柱
惰円錐
楕円球
くさび型
平面
六角柱
User
Control data
USER CODE
MAIN
PEGS5
HATCH
HOWFAR
SHOWER
BLOCK
SET
EGS CODE
BLOCK
DATA
BLOCK
DATA
ATOM
Information
Extracted
from Shower
AUSGAB
ELECTR
PHOTON
MSCAT
COMPT
ANNIH
PAIR
BHABHA
PHOTO
MOLLER
BREMS
UPHI
AUSGABが呼ばれる場合
• 粒子がある距離移動する場合 (IARG=0)
• 粒子が、 PEGS設定したカットオフエネルギーAE又はAPよりは大き
いが、EGSで設定したカットポフエネルギーECUT又はPCUT以下に
なり追跡を終了する場合 (IARG=1, EGS cutoff)
• 粒子が、ECUT と AE 又は PCUT と APのいずれよりもエネルギーが
小さくなって追跡を終了する場合. (IARG=2, PEGS cutoff)
• 粒子が、計算対象外の領域で出た場合など、ユーザーが追跡終了
を設定した場合 (通常 HOWFAR で設定) (IARG=3)
• 光電吸収が生じた場合 (IARG=4)
• 上記以外に、IAUSFLフラグを設定することにより、任意の反応の前
又は後で “AUSGAB” を呼ぶことができる。 (詳細は、 テキストの
Table B.18 と Table B.19 を参照).
カスケードの追跡方法
• 電磁カスケードでは、反応毎に粒子の数は2倍に
なる。EGS5では、スタック番号NPを用いて、どの
粒子を先に追跡するかを決めている。
– 線源のスタック番号を1とする。
– 反応後、全エネルギーの小さい粒子のスタック番号を
NP+1にする。
– NPの大きい粒子から先に追跡する。
– 粒子の追跡が終了した場合には、NP-1の粒子を追跡
する。
– NP=1の粒子の追跡終了で、ヒストリーが終了する。
NP:Stack number
Electron
Photon
NP=4
Positron
NP=3
NP=3
NP=3
NP=3
NP=2
NP=2
NP=2
NP=2
NP=1
NP=1
NP=1
NP=1
NP=2
NP=2
NP=2
NP=3
Flow control of cascade in EGS5
ダウンロード

PPT