3.「ニーズに応える在宅医療/療養」
<アウトライン>
1)高齢者のニーズに応える在宅医療/療養
症例からニーズを引出す(事例)
2)生活を支える。
在宅ならではの医療/療養の実際
3)在宅看取り
・エンド・オブ・ライフ・ケアの視点を有する
在宅医療/療養の重要性~
1)高齢者のニーズに応える
在宅医療/療養
<アウトライン>
1. 高齢者のニーズとは何か
2. 在宅医療に特有のニーズとは何か
3. 在宅医療において、高齢者医療ニーズに応えやすい点、
連携が必要な点
4. 実際の症例からニーズを引き出す ‐事例・Q&A‐
参考:長寿医療研究センター 鳥羽研二 資料
ADL低下に関連
する廃用症候群
ADL低下に関連
する廃用症候群
歯科衛生士・栄養士・言語聴覚士・看護師・介護福祉士
4.実際の症例からニーズを引き出す
【ねらい】
事例をもとに、9つの問いから、
患者・家族の状況の予測
関わるポイント(視点)
関わる専門職と連携の必要性
などについて考えてみる
「ごめんください・・・」
インターフォンで呼ぶが、返事がない・・・
問2)どのような状況が考えられるか?
庭をまわって、縁側から声をかけると、妻と思わしき夫人が出てきた。
「どなたでございますか?」
どうやら忘れているらしい・・・。
「こんにちは。Aさんの看護に来た、看護師のBと申します。
玄関から上がっていいですか?」
「あーそうでしたね。最近もの忘れがひどくてすみません・・・。
今すぐ鍵をあけます。」
玄関をあけていただき、家の中の様子をみる。
照明は暗く、空気は淀んでいる。
尿と汗の混ざったような臭いが、微かに感じられる。
問3) どのような状態が予想されるか?
患者、介護者それぞれについて述べよ。
座椅子を添え、起きた状態で、
「少し見せてくださいね」と言って、頭から観察する。フケが多く、一
部に湿疹も見られ、洗髪ができていないことが判明。
髪の毛を清拭しながら、目やに、耳垢などが溜まっていることも
確認し、清潔ケアを行う。
「お口を開けてください」
舌苔多く、歯と歯肉には、多量の歯垢と食物残渣がある。
問5)口腔ケアが出来ていない患者で、
次にチェックすべき観察項目をあげよ。
問6)肺炎の疑いがある時、どう指導するか?
幸い、熱もなく、肺の音も異常なしであった。
「どんな食事をされていますか?」
「最近は、料理も面倒で、うどんや親子丼を買って来たり、
出前してもらって、二人で分けています」
腕を見ると、筋肉は細っている。
「痩せてきていませんか?」
「そうね・・・小さくなったわね・・・歳のせいかしら・・・」
問7)栄養状態が悪そうであるが、
他にどんな点を観察するか?
問8)今後の栄養指導をどうするか?
腹部は膨満しており、お腹の音を聞くと、蠕動音は小さい。
「お通じは、どうですか?」
「たまにしか出ないね・・・出る時は、ドロドロした便を
漏らしてしまうがね・・・」
「下剤は飲まれていますか?」
「先生がくれたのを、毎日飲んでいるがね・・・
便のことはひどく気にしているから・・・」
問9)排便の状態をどう評価するか?
問1の回答
着眼点
想定されること
家事能力が十分
ではない
妻の独居機能(手段的ADL)
低下?
環境の影響
坂道を下って、指定のゴミ収集場まで出すのが困難?
移動能力の影響
妻の歩行不安定性
膝や腰などの疾患、転倒恐怖?
家事援助を入れない理由
要介護者の意思?
妻の意思?
子供の援助が
不十分
家族構成の状況は?
他の家族の訪問頻度は?
一口メモ
手段的ADL
(Lawton & Brody:1969)
• 独居機能に関連:買い物、金銭管理、交通機関の利用、
服薬管理、電話の利用、料理、家事、洗濯
• 男女共有のもの:電話、買い物、金銭管理、交通機関の利用、
服薬管理
• 独居機能
: 男女とも重要であるが、個体間で比較する
場合、性差を考慮する必要がある。炊事、
家事、洗濯の合計8項目に分類。
• 集団で比較する場合には、男性では料理、家事、洗濯をしな
いもしくは、出来ない場合があり、注意する。
• 認知症で早期から脱落しやすい機能は男女共通に買い物、
服薬管理であり、女性では料理である。
問2の回答
考えられる状況
不在
想定される理由
①偶然かやむを得ない事情
②約束時間を忘れている
③妻の記銘力低下による約束時間忘れ
声が届いていない
①インターフォンの位置が 聞こえる場所にない
②難聴により、インターフォンの音が聞こえない状況にある。
(聴力の問題)
一口メモ
認知機能の低下を
不自然なく感知する方法
1:同じ事を話す
訪問時に数回同じ事を話せば、ほぼ軽度の認知症が疑われる。
しかし、うつ状態でも同様の反応の場合があり注意。
※うつは物忘れを強く訴える。
2:昨日の夕食を尋ねる
しっかりした目撃者が必要だが、すらすら言えれば、大丈夫。
3:料理が出来ない
店屋物、弁当の空が多い。
4:買い物が出来ない
冷蔵庫の中をみせていただくと、同じ物が多く買ってある。
上手な口実は、「期限切れの食材がないか、チェック致しますね」
問3の回答
問題の着眼点
対象者
発生が想定される問題点・課題
空気が淀んでいるので
窓や戸の開放が少ない
患者
家族(介護者)
・来客が少ない
・二人で閉じこもっている
電気が暗い
患者
家族(介護者)
(公共料金が未払いで)経済的困窮の可能
性がある
尿と汗が混ざったような
臭い
患者
・排泄機能が不十分
(トイレ歩行困難、自力排泄困難)
〃
患者
・(おむつ交換頻度等の随伴)褥そう発生
・(おむつ使用による)
二次的湿疹
〃
家族(介護者)
・排泄介助が不十分
(おむつ交換頻度の問題、トイレ歩行や排泄
動作の介助が困難)
問4の解答
【ポイント:「呼びかけへの反応状況」】
・呼びかけに反応して挨拶がある:高度の低下ではない。
呼びかけに反応がない場合 :起床意欲、排泄意欲、
活動意欲、食事の意欲など
全般的な低下が考えられる。
・低下している場合に想定される原因
①脳血管障害後遺症:脳血管障害後無力(Post Stroke Apathy)
→【測定方法】Apathy Scale(やる気スコア):高値、意欲の指標:定値。
②ねたきり
寝かせきり状態では刺激が入らず、脳血流の低下により、
廃用性の脳萎縮を起し、意欲の低下、植物状態に至る。
(実施者:医師、歯科医師、歯科衛生士、言語療法士)
問6の解答
• 意識障害や高熱があれば、入院加療を考える。
• 単純な少量の痰などの誤嚥では、一日で解熱することも多い
ので、医師に連絡し、経口の抗生物質で様子を見ても良い。
• 点滴をする場合は、肺炎では低ナトリウム血症になりやすいの
で、1号輸液が無難である。
• 口腔ケアを実践し、家族にできることを教える。
• ベッドのギャッジアップ(背面傾斜30°程度)で就寝し、不可能
なら高い枕にして胃食道逆流を防ぐ。
問7の解答
・ 上腕周囲径や下腿周囲径が栄養の指標とされる。
・ 上腕を握って指がつきそうなほど痩せていれば、
まちがいなく低栄養、筋肉減少症である。
・ その他、くるぶしや仙骨部の浮腫も、※低蛋白血症を伴う
低栄養の兆候である。( ※血液検査必要→医師対応)
問8の解答
・ 栄養指導(訪問による栄養指導)等、栄養士の協力も得て、
調理習慣、調理機能(身体・判断力等)の有無の見極めが
必要である。
・ 介護保険による訪問介護の家事援助、宅配サービス、
ボランティアによる調理援助など、多彩な支援が必要である。
※支援調整、実施者:栄養士、医療ソーシャルワーカー、行政担当者
問9の解答
・ ねたきり高齢者特有の症状で、腹圧がかからないため
泥状便が一杯になると、失禁する状態。
・ 腹臥位療法が第一選択である。
一口メモ
腹臥位療法
• 有働尚子医師により開発された療法
• ベッド上で腹臥位で寝かせることによって、活動の向上など
を期待する。
• 1日に何回かうつ伏せになるだけのことで、排便が良くなり、
痰が排泄され、気分が爽快になる。
• 腹臥位が窒息など危険が予想される場合は、車椅子で腹圧
をかけることでも効果がある。
• 腹臥位は実際、生活意欲の向上に役立つ
出典:生ある限りいきいきと腹臥位療法のすすめ
医学書院(1999/12)
2)生活を支える、
在宅ならではの医療/療養の実際
<アウトライン>
・在宅医療/療養推進の背景
・病院医療の役割と変化
・在宅医療/療養の実際
参考資料:おやま城北クリニック 太田秀樹
なぜ、生活を支える医療・介護が必要か
 人口構造の変化(少子高齢社会、騎馬戦型から肩車型)
 社会保障制度改革
医療の効率化、社会的入院の是正
 疾病構造の変化、慢性疾患の増加
ロコモティブ症候群(足腰の衰え)、認知症、老衰
 医学の進歩と限界、臓器移植と遺伝子解明
救命できても障害を残す、 超低体重児
がん治療の限界(緩和ケアの普及)
 国民の終末期医療に対する期待の変化(長寿より天寿)
延命治療の果て病院で死ぬ文化への疑問
病院医療と在宅療養
キュア(疾病の治癒) ⇒
根治療法(原因を取り除く) ⇒
急性期医療(救命) ⇒
臓器(専門医) ⇒
長寿(命の量) ⇒
ケア(暮らしに寄り添う)
緩和医療(苦痛を除く)
終末期医療(看取り)
人間(総合医)
天寿(命の質)
医療介入の妥当性の尺度
Data ⇒ QOL
3)在宅看取り
〝エンド・オブ・ライフ・ケア″の視点を有する
在宅医療/療養の重要性
参考資料: 東京ふれあい医療生活協同組合
梶原診療所 在宅サポートセンター 平原佐斗司
持続する高度な障害(N=84)
身
体
機
能
の
障
害
度
合
進行性の変化
急激な変化(N=76)
加速的な変化
変化なし(N=65)
亡くなる前の月数
エンド・オブ・ライフ・ケアは
ほとんどの人が受けるケア
障害
(長期ケア&リハビリテーション)
• 運動器の障害
• 四肢の麻痺
-脳卒中による片麻痺
• 認知機能の障害
• 内部障害
-呼吸機能障害
-腎機能障害、心不全
• 嚥下障害
• 排泄機能の障害
• 栄養障害
• 感覚器の障害・・・
苦痛(緩和ケア)
•
•
•
•
•
•
•
•
疼痛
呼吸困難
咳・痰
嘔気・嘔吐
食思不振
口渇
せん妄
スピリチュアル・ペイン
本来の緩和ケアとは?
• 疾患・年齢を問わず受けられるケア
・非がん疾患、小児の緩和ケア
• ほとんどの人が一生に一度は受けるケア
・GOLD PATIENT(優待患者)
• どこでも受けられるケア
・在宅・地域が中心としつつ、あらゆる場へ届けるケア
(施設、急性期)
• 特別なケアではなく、だれもが提供するケア
・専門的医療からプライマリ・ケア・モデルへ
・全ての専門職がチームで関わるもの(看護師、介護職)
がん末期の苦痛の出現率
ホスピス入院中の主な症状・徴候
1. 全身倦怠
2. 食欲不振
3. 痛み
4. 発熱
5. 便秘
6. 咳嗽
7. 呼吸困難
8. 不眠
9. 浮腫
10. 口渇
97%
88%
88%
76%
64%
62%
61%
58%
58%
56%
11. 悪心・嘔吐
12. 口内炎
13. 不安・いらだち
14. 混乱・不穏
15. 褥そう
16. 腹水
17. 吐血・下血
18. 胸水
19. うつ状態
20. 認知症
50%
44%
37%
34%
29%
29%
25%
23%
12%
11%
淀川キリスト病院
PEG,PTEG
1.がん患者の高齢化
2.治療と並行した在宅緩和ケアと連携のあり方
3.介護基盤の脆弱化
非がん疾患の緩和ケアの対象




非がん疾患在宅死例 242例(男性101例、女性141例)
死亡時平均年齢 84.5±11.3歳(mean±SD)
在宅日数 平均744±970.4日(mean±SD) 中央値318.5日
基礎疾患
・ 脳血管障害
23%
・ 認知症
19%
・ 神経難病
12%
・ 老衰
11%
・ 呼吸器疾患
10%
・ 慢性心不全
6%
・ 慢性腎不全
5%
・ 整形疾患
3%
・ リウマチ膠原病 2%
・ 肝不全
1%
平原佐斗司ら 非がん疾患の在宅ホスピスケアの方法の確立のための研究
2006年度後期在宅医療助成・勇美記念財団助成
非がん疾患の終末期に
緩和すべき苦痛
 在宅で死亡した非がん疾患患者242名のうち、主治医が
死を予測しえた159例の終末期の症状について調査した
ところ、78%に緩和すべき症状を認めた。
 最期の一週間に出現する19の症状についてその出現率
を検討したところ、全体では食思不振(83%)、嚥下障害
(72%)、呼吸困難(71%)の3つが多かった。
 終末期に主治医が最も緩和すべき症状について聞くと、
呼吸困難(46%)、食思不振(13%)、嚥下障害(12%)、
喀痰(9%)、疼痛(6%)、褥瘡(5%)、譫妄(2%)の順で、
呼吸苦と飲みこめないこと、食べられないことが多かった。
平原佐斗司ら 非がん疾患の在宅ホスピスケアの方法の確立のための研究
2006年度後期在宅医療助成・勇美記念財団助成
望む場所で最期まで過ごせる社会にむけて
~需要爆発を、労働力危機、財政危機の中で支える~
• 供給側へのアプローチ
-優れた専門職を必要な数、計画的に育成すること
-学際的チームアプローチが実践できるようにすること
• 需要側へのアプローチ
-自立した市民をつくること
-患者や家族のセルフケア能力を高めること
-協働の精神や形(互助)を地域につくっていくこと。
コミュニティの再生
• システム・制度面へのアプローチ
-最後の時間を手厚く支援する地域のホスピス制度
-すまい
-専門職が対患者に集中できる効率的で、シンプルなシステム
ま と め
• 緩和ケアはほとんどの人が人生の最期に受けるケアであり、
疾患や年齢をとわず、すべての人に対して、どこにでも優先
的に届けられなくてはならない。
• 緩和ケアの中心は在宅である。在宅緩和ケアは患者のQO
Lを高め、家族の満足度を高める。
• がんと非がんのillness trajectory(終末期の軌道)を理解する
ことが重要である。
• 自宅でもがんの苦痛のほとんどを緩和できる。がんの在宅
緩和ケアの新たな課題として、高齢化、治療に平行した緩和
ケア、介護基盤の脆弱化が挙げられる。
• 非がんの緩和ケアの特徴について解説した。
• 望む場所で最期まで過ごせる社会の実現は国民的課題で
あり、医療・福祉の専門職、行政、国民が協力して取り組む
必要がある。
ダウンロード

Document