一日しっかりと働いて、一人で疲れて帰宅する時間を午後
17.15 と予定してください。
あなたは、とても疲れてぐったりしています……
あなたは興奮して、とてもストレスを感じてい
ます….
急に胸にとても強く痛みを感じました。その痛みは胸から上
へと、そして喉元まで感じ息苦しくなりました。
一番近い病院まで、家から10キロメートル以上も遠くにあり
ます。あなたは、そんなに遠くまで、痛みを持ちこたえられる
か自信がありません。
そんなとき、あなたは何をしますか ???
あなたは救急の時に助ける講習を受けて
います。しかし、誰もあなた自身を助ける
方法を教えてはくれませんでした。
あなたが一人の時、もしも心筋梗塞の発作を起こしたら、どの
ように生き延びることが出来ますか?
多くの人が心筋梗塞の発作をした時、ほとんどの場合一人で、
助けを求めることも出来ません。心臓の脈拍は不規則となり、
気分が悪くなり目眩を感じるようになると、10秒ほどで気を失
ってしまいます。
何をしたらよいのでしょうか ??
答え:
パニックにならないで、意識的に何回も続けて、強く咳をしてく
ださい。
毎回咳をする前に、大きく深く息を吸ってください。咳をする時
には、丁度痰が喉に詰まった時に吐き出すように、可能な限り
深く長くするようにしてください。
息を吸い、咳をする時には、一秒置きくらいに休むことなく、心
臓が普通に活動を始めたと感じ、楽になるまで続けてください。
肺に深く酸素が入り、咳をすることは、心臓に刺激を与え血
液の流れを促進します。
何回も心臓に刺激を与えることで、心臓が普通の活動が出来
ることを助けます。
その後で病院で診察を受けてください。
心臓画面 BY:JOURNAL OF GENERAL HOSPITAL ROCHESTER
たくさんの人に、この話をしてください。
これで多くの人の命を救うことが出来ます !!!
自分がまだ30歳前だから、心筋梗塞には縁がないと、過
信しないようにしてください。
現在の仕事や生活環境の変化は、年齢とは関係なく、全て
の人に発作が起きる状況にあるからです・・・。
この資料は多くの人に配布してください。
ストックホルムのホームページ
ダウンロード

Power Point