都市文明の明日
2002
北村眞一
目次
• エコシティへ向けて
1.自然の概念をみる
2.環境倫理をみる
3.エコロジー都市論をみる
4.エコロジー都市論の基本思想を考
える
2
(前回)自然の二つの概念
自然
神
人間
神
自然
人間
キリスト教
アニミズム
3
自然と都市文明の概念
• 人間・都市・農林業は自然のうち
• どこまで自然を開発するかの作法論
自然
宇宙、地球
農山漁村
神はす
べてに
宿る
都市
人間
4
環境倫理の分類
テクノ中心主義
エコ中心主義
ディープ・
エコロジスト
自頼心
ソフトテ
クノロジー
順応型
環境主義者
コルヌ
コピアン
T.O’Riordan, 1981, Environmentalism,Pion London
(オリオーダン、環境主義)
宇都宮深志、環境理念と管理の研究、東海大学出版会*(*
文献1)
5
1.コルヌコピアン(豊饒の角)
• 進歩は科学、テクノロジー及び管理の
結果であり、コミットメントと政治的
支持があれば、克服できない様な障害
物は無いと信じる。
• 環境問題は科学とテクノロジーと人間
の知恵で解決できる。
• (持続可能な開発、アメニティ)
• (出典:文献1)
6
2.順応型環境主義者
• 再配分や環境保護に多少妥協しなけれ
ばならないことを認める一方では、ラ
ジカルな改革には反対であり、インク
リメンタル(漸変的)に対応する。
• エコ中心主義者の要求に順応すること
により妥協をはかる。
• (国、自治体、国連) (出典:文献1)
7
3.エコ中心主義
(ディープ・エコロジスト、自頼心ソフトテクノロジー)
• 地球の有限を信じ、技術的過信から離れて、
生態学的過程との調和に対し、よりつつまし
く、人間的なアプローチと地球との真の一体
の方向に基本的な態度の変化なしには、生息
可能な未来は可能でないことを受け入れる。
• 人間以外のすべての生物などにもそれ自身の
生存権を主張する。
• (ガイア仮説、環境の持続性) (出典:文献1)
8
エコ中心主義の最近
• エコ中心主義、人間生活も容認する。
• 健全な生態系の持続、生物多様性を目
標とする。将来世代と持続可能性。
• 「生態系管理」→人為と順応的管理
• 生態系が慣れ親しんだ攪乱の範囲なら
良い。(野焼き、狩猟採取)
• (鷲谷、生態系を蘇らせる、NHK出版)
9
環境を取り巻く思想の認識
• 1)人為による環境への影響はある。
• 2)影響は地域から地球環境へ及ぶ。
• 3)テクノ中心主義からエコ中心主
義環境へ環境イデオロギーがあり、
行動している。
• 4)自然と人間の認識は2種に分け
る。3)と関連
10
エコロジー都市論
• 過去から現在までのエコロジーを目標化した
都市計画を見る。
• 背景としてどんな思想がエコロジー都市には
あるのだろうか?
• 1コルヌコピアン 2順応型環境主義 3エ
コ中心主義
• 答えを見つけてください。
11
社会思想の転換期としての産業革命
ロマン主義・田園都市思想へ
出典:西山八重子2002 、イギリス田園都市の社会学、ミネルバ書房
12
エマソン1803-82超絶主義
• 感覚と悟性による経験に「超絶して」
直感によって心理をとらえる。
• 自然の法則と精神の法則はただ一つの
法則(神)によって貫かれている。
• →H.D. ソロー、
• ロマン生活、理想の村、菜食主義など
• →「新しき村」白樺派(武者小路)
13
田園都市思想1
3つの磁石
E.ハワード
都市農村の融合
個人の自由
貧富差から平等
へ
地域社会の協同
出典:西山八重子2002 、イギリス田園都市の
社会学、ミネルバ書房
14
田園
都市
2
土地共有
土地経営
田園都市
株式会社
出典:西山八重子2002 、イギリス田園都市
の社会学、ミネルバ書房
15
田園都市3
レッチワース1903
(アンウイン)
出典:西山八重子2002 、イギリス田園都
市の社会学、ミネルバ書房
出典:ロンドン空中散歩、朝日新聞
社1989
16
メドウズ他 成長の限界
限界を超えて 1972-1992
• 地球の資源は限界がある。
• 成長を管理し、持続可能な生態的・経
済的安定状態を確立することは不可能
でない。
• あらゆる人々の基本的物的ニーズを満
たし、すべての個人の潜在的可能性に
機会が平等に与えられ、均衡状態も設
計可能である。
出典:限界を超えて、ダイヤモンド社1992
17
成長と発展
• 「成長する」とは、物質を吸収し蓄積
して規模が増すこと。
• 「発展する」とは、広がるもしくは潜
在的な可能性を実現すること。
• 成長するときには量的に大きくなり、
発展するときには、質的に良くなるか
変化する。成長に限界はあっても発展
に限界はない。
参考文献:限界を超えて、ダイヤモンド社1992
18
世界モデル
出典:成長の限界、
ダイヤモンド社1972
19
スタン
ダード・
ラン
従来通り
に成長し
て限界に
来る
出典:限界を超えて、
ダイヤモンド社1992
20
シナリオ2
2倍の資源
を使い続け
ていく
出典:限界を超えて、
ダイヤモンド社1992
21
シナリオ1
2
持続性対応
政策が遅れ
た場合
出典:限界を超えて、
ダイヤモンド社1992
22
アン・W・スパーン1984
• 都市は「非自然的な」なものでというわけで
なく、ちょうど食糧や材木の生産のために農
地や森に手を加え、管理するのと同じように、
人類が自分たちの必要性から「野生」の自然
を改変したものだ。。。人類の欲望によって
引き起こされる環境問題は、最古の都市の出
現と同じぐらい古い数千年の歴史をもつ。
• 都市は自然である→都市のエコシステム解明
出典:アン・W・スパーン1984、アーバンエコシステム、公害対策技術同友会
23
アーバンエコシステム
アン・W・スパーン
自然と共生する都市
1984
24
リチャード・レジスター 1987
• エコシティとは生態学的に健全な都市である。
• こぢんまりとして活気に満ち、土地やエネル
ギーの消費も少ない。地元の建材を用い、何
世代にも渡り徐々にしか変化しなかった。
• (例)古いヨーロッパの都市や町
• (例)インディアンのプエブロという部落
出典:リチャード・レジスター1987(訳1993)、エコシティ、工作舎
25
エコシティの原則
•
•
•
•
•
•
•
地球上の生命を守り、共存する。
美しく建設し生活する
人々の間の公正
生命地域
生物学
都市
(リチャード・レジスター 1987)
出典:リチャード・レジスター1987(訳1993)、エコシティ、工作舎
26
生命地域
多様性
自然地
収容力
出典:リチャード・レジスター
1987(訳1993)、エコシティ、
工作舎
27
都市
中密度住宅
商店街活性化
道狭く庭広く
省エネ交通
屋上庭園
都市アート
快適な生活
事例
バークリー
出典:リチャード・レジスター1987(訳1993)、エコシティ、工作舎
28
品田穣1992文明の生態学
• 文明化(機械道具で効率便利化)
・食料入手の効率化:家畜・耕作→農耕
・食品の多様化:数百種
・家庭用道具や刃物の効率化・便利化
• 文明の行きすぎの証拠
・分散・流出(都市・行動の拡大)
・総合性回復(エコアップ)
・自然保護・回復運動
出典:品田穣1992、文明の生態学、海游社
29
エコポリスのまとめ(内藤)
近年のエコポリスの一般的特徴
・環境負荷の低減 ・適正なメタボリズム
・資源利用の適正化 ・自然との共生、保全
・豊かなアメニティ ・アイデンティティ
(出典:内藤正明1992、エコトピア、日刊工業新
聞)
30
環境調和型都市 内藤1992
•
•
•
•
•
•
パラダイムシフト
生活様式:自足・節約・質素
都市社会基盤:適正エネ、開発、処理
技術体系:安定、適量、多様
法制度:保全・節約制度
経済:ストック重視、環境資源有料化
•
(出典:内藤正明1992、エコトピア、日刊工業新聞)
31
サスティナブル・
コミュニティ
川村・小門 1995
アイデンティティ・自
然との共生・自動車の
削減・職住近接・オー
プンスペース・個性的
住宅・省エネ省資源
出典:川村健一、小門裕幸1995、サスティナブル・コミュニティ、学芸出版社
32
エコシティ・モデル(環境白書1998 )
自然と人間の共存の歴史、地域内資源循環の適切な
組み込み、人、機能、土地利用の多様性、身の丈に
あった地域づくり
33
持続する都市
ライトマン 1999
1)1人あたりのエコロジカルな影響が少ないか減少させ
ている都市
2)1人あたりの富を減少させず生み出している都市
3)日との健康の危険性を減少させ、汚染を最小化し、再
生可能な資源を最大限に利用している創造的な都市
持続する都市ー都市デザインにおける環境計画の運用
Leitmann,J(1999) Sustaining Cities - Environmental Planning
Management in Urban Design, McGraw-Hill
(出典:海道清信2001、コンパクトシティ、学芸出版)
34
持続可能な経済発展
宇沢弘文
• 経済発展が持続可能であるというのは、
自然環境の状態が年々一定水準に保た
れ、自然資源の利用は一定のパターン
のもとに行われ、しかも、消費、生活
のパターンが動学的な観点から見て最
適、かつ世代間を通じて公平な経路を
形成している時であると定義される。
(出典:宇沢弘文2000、社会的共通資本、岩波新書)
35
持続可能性は、経済開発、社会開発、環境に配
慮した開発の3つの開発からなる。
Newman,P and Kenworthy,J.1999:Sustainability and Cities - Overcoming Automobile
Dependence,Island Press (出典:海道清信2001、コンパクトシティ、学芸出版)
36
エコシティの背景のまとめ
精神主義:生活レベルを下げて精神的満足と環境を達成
技術理想主義:効率よい技術、豊かな生活と環境を達成
37
再び自然の二つの概念
自然
神
人間
神
自然
人間
キリスト教
アニミズム
38
自然と都市文明の概念
• 人間・都市・農林業は自然のうち
• どこまで自然を開発するかの作法論
自然
農山漁村
宇宙、地球
持続可能な範囲
の合意形成
都市
人間
39
作法論:
我々は世界を知り得るか?
生活を変えられるか?
どこまで我慢できるか?
• どこまで生活を変えられるか?
持続?何年持続させるか、何を資源として?
• 地下資源の利用は控えられるか?
• 環境をクリーンにするのにエネルギーがか
かる→結局CO2へ帰着しないか?
40
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション - 環境都市計画3