医の倫理
第8回
バイオエシックスの誕生
~70年代アメリカの「医療思想革命」~
1.バイオエシックス誕生のきっかけ
(1)人体実験の告発
Henry Beecher, “Ethics and Clinical Research,”
New England Journal of Medicine, 1966.
⇩
50年代・60年代に行われた22の人体実験を公表
⇩
医師・医学研究者をみる眼に変化
かれらはかならずしも〈患者の権利〉を守らない
⇒ ヒポクラテスの誓いだけではもはや不十分
Reference
タスキギー事件(1970年代に発覚)
30年代中頃から70年代はじめにかけ、公衆衛生
局がアラバマ州メイコンで行った梅毒研究。
被害者399人の全員が黒人男性であった。
プルトニウム人体実験(1980年代に発覚)
マンハッタン計画の一環として1945-47年に各地
で行われた人体実験。
4歳から69歳までの18人の被験者に規定致死量
のプルトニウムが数度にわたって注射された。
(2)心臓移植の開始
1967年12月3日 「ケープタウンの奇跡」
南アフリカのバーナードが世界初の心臓移植
レシピエントは54歳の男性、18日後に死亡
→ アメリカには「第二のスプートニク・ショック」
1967年12月6日
カントロヴィッツがアメリカ初の心臓移植
レシピエントは6時間後に死亡
ドナーは「無脳症」の新生児
⇩
第一次心臓移植ブームはじまる
第一次心臓移植ブームのなりゆき
1968年
・ ハーバード大学脳死問題特別委員会が JAMA
(Journal of American Medical Association) に
“A Definition of Irreversible Coma” を 発表
・ 統一死体提供法(Uniform Anatomical Act) が
制定される
⇩
22カ国101例の心臓移植。しかし結果は芳しく
なく、ブームは終息。やがて「実験性」が問題に。
⇒ 83年のシクロスポリン開発で第二次ブームが
Reference
和田移植
1968年8月、札幌医大の和田寿郎教授(当時)が
日本初(世界で30例目)の心臓移植手術を実施。
日本中が沸くも、レシピエントは83日後に死亡。
⇩
ドナーはいわゆる「脳死状態」ではなかった?
レシピエントに心臓移植の必要はなかった?
など数々の疑惑が明るみに出て一転、刑事告訴。
⇒ 70年に不起訴になるも、以後、移植は凍結状態に
(3)さまざまな社会運動
① 公民権運動
→ 市民の権利意識、平等意識の高揚
② 消費者運動
→ 企業と消費者との対等な関係を追求
③ フェミニズム運動、学生運動、etc.
→ 男性中心主義、技術至上主義への批判
⇩
医療における「専門家支配」「パターナリズム」批判
cf. Paul Ramsey, The Patient as Person (1970)
The Patient’s Bill of Rights (1972)
(4)アメリカの科学政策の転換
1969年 ニクソン政権発足(共和党)
従来の科学政策(民主党)
ニュー・フロンティア政策/NASA中心
⇩
ガン、心臓病、遺伝病の克服に研究費を配分
NIH(National Institute of Health)が中心に
⇩
「先端医療」が実験段階から実用段階へ移行
⇒ それまでにはないジレンマや人権侵害の恐れ
バイオエシックス誕生の理由
ⅰ)先端医療のもたらす問題にどう対処するか?
ⅱ)医学研究は必要。しかし規制も必要。ところが
研究者はあてにならない。ではどうやって?
ⅲ)医師も「患者の権利」を守るとはかぎらない。
ではいったい誰が医療の倫理を担うのか?
⇩
「ヒポクラテスの誓い」ではもはや限界
何が「患者のため」なのか再定義を!
2.バイオエシックスを担った人びと
(1)神学者
→ 医師-患者関係の平等性、人間の尊厳
(2)哲学者・倫理学者
→ 個人の自由と自律、自己決定権
(3)法学者
→ 手続の正しさ、法の支配(rule of law)
(4)医師・医学研究者
→ 「研究の自由」と「裁量権」の確保
バイオエシックス誕生の意義
二種類の ‘stranger’ たち
①患者にとって ‘strange’ になってしまった
医師・医学研究者たち
②従来の医療・医学研究にとって ‘strange’
な神学者、哲学者、倫理学者、法学者たち
⇩
insiders only の「医療倫理」から
insiders and outsiders の「バイオエシックス」へ
ダウンロード

医の倫理