- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -ミルスペース 091216- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - [What’s New in Virtual Library?]
Defense News
ASCEND SIN
091123DN_Cover.jpg
ASCEND_0912_SIN.pdf, Cover.jpg
091116DN_Cover.jpg
AIAA Aerospace America
NASA MSFC Marshall Star
0912AeroAme_Cover_x2.jpg
091203MarshallStar_Cover.jpg
AFSPC High Frontier
AW&ST
HiFrontier_Vol.6_No.1_AFD-091207-037.pdf,
091130AWST_Cover.jpg, Contents.pdf
Aerospace Corporation
CSA California Space Authority SpotBeam
Crosslink_V10N1_Summer2009.pdf,
spot091207.pdf,
JAXA ISAS News
Cove.jpg
Space Intelligence News
spot091130_Cover.jpg
ISASnews344.pdf,
Milbank Space Business Review
ISASnews343.pdf
Cover.jpg,
Contents.pdf
Crosslink
Cover.jpg
Cover.jpg
0911_Space_Business_Review.pdf, Cover.jpg
------------------------------------------16:50 GMT, Thursday, 10 December 2009
英国が宇宙機関を創設予定
bbc.co.uk
By Jonathan Amos
UK to have dedicated space agency
Britain is to set up a dedicated agency to direct its space policy.
The new organisation is expected to have a budget and will
held to come up with a name and a logo for the new agency.
represent the UK in all its dealings with international partners.
Whereas Germany, France and Italy have national space agencies
The announcement, made by the Science Minister Lord Drayson,
that speak with single voices backed up by single budgets, the
follows a 12-week consultation held with academia, industry and
UK's approach has been to devolve space policy decisions to a
government departments. Britain spends about £270m a year on
club of "users" facilitated by a civil service unit called the
space, most of it via its membership of the European Space
British National Space Centre (BNSC). These users are the
Agency (Esa). But it also has a highly successful industry which
government departments and research councils that have
currently contributes some £6.5bn a year to the UK economy.
interests in space science or space-borne services.
"We have a real success story in our space research and space
Funding questions
industry, and we need to make sure we make the most of it,"
The arrangement was supposed to ensure that limited space
Lord Drayson told BBC News. "Having a central agency allows
funding chased "need" and "value". But critics complained the
us to much more effectively develop the policy that will build on
approach only promoted self-interest and made it hard for the
this fantastic asset. "People will notice a much higher profile for
UK to adopt coherent positions on big international programmes
space. It follows things that have happened this year, such as the
- where much space activity is now directed. The hope is that a
appointment of the first British astronaut, the launches we have
more top-down structure can overcome some of the perceived
seen [of the Herschel and Planck telescopes]; and it will enable
weaknesses of the past, and drive more and better co-operation
us to speed up great ideas like for example Virgin Galactic
among the different space-user groups. (後略)
looking to put a launch site here in Britain." A competition will be
1
Having a national agency will not
change the relationship with Esa
The UK acquired its first Esa astronaut - Tim Peake this year
The space sector is a major
employer and revenue earner
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8404213.stm
[編注]
Lord Drayson に関するミルスペースの過去の記事
ミルスペース 091101
VG 社 Whitehorn 社長は英国当局に宇宙法の修正を話合う
page16
ミルスペース 090619
ドレイソン氏の英閣僚への復帰は変革を再活性化し得る
page16-
ミルスペース 071122
page16
英国の防衛機器とサポートの閣僚が辞職
ミルスペース 070321
page4
英国の防衛閣僚は英の最も新しい装甲車両をイラクで査察する
ミルスペース 070307
page12
英国はもっと R&T(Research & Test)に予算をつけるべきと防衛当局は述べる
ミルスペース 061218
page3
英国防相は JSF を置換える Plan B をもつ
- - - - - - - - - - 関連ニュース- - - - - - - - - - - - 12/11/09 05:32 PM ET
spacenews.com
英国は BNSC を新しい英国宇宙庁に置換え
Britain Replacing BNSC with New National Space Agency
The British government on Dec. 10 announced it would create a
disadvantage as it negotiates work for its industry at the
national space agency to replace the British National Space
18-nation European Space Agency (ESA) and, increasingly, with
Centre (BNSC), which coordinates space investments made by a
the 27-nation European Union.(後略)
dozen government agencies but has had no program budget of its
own. BNSC Director General David Williams on Dec. 11 said the
new agency is expected to be operational before the end of 2010
following a broad government discussion of areas including how
the new agency handles military space work, and how far it
should
go
in
backing
programs
that
have
passed
the
research-and-development stage. The decision, announced by
Britain’s science minister, Lord Drayson, represents British
U.K. Science Minister Lord Drayson.
acknowledgement that the BNSC structure puts Britain at a
Credit: U.S. Department of Defense photo by Robert D. Ward
http://www.spacenews.com/civil/britain-replacing-bnsc-with-new-national-space-agency.html
------------------------------------------12/9/09 09:30 AM ET
spacenews.com
アリアンスペースは Helios 2B 偵察衛星打上げを延期
Arianespace Scrubs Launch of Helios 2B Satellite
By Peter B. de Selding
KOUROU, French Guiana — The launch of France’s Helios 2B
Launch officials said the helium tank and the valve in question
optical and infrared reconnaissance satellite was canceled
are identical to those used for the standard Ariane 5 ECA
several hours before liftoff Dec. 9 following the discovery of a
version for the vehicle, and that the necessary spare parts are
leak in the helium-pressurization system. Launch managers said
available at Europe’s Guiana Space Center spaceport here.
the suspect valve will be replaced and retested, with a fresh
Helium is used to maintain pressure in the liquid hydrogen/liquid
launch attempt likely to occur the week of Dec. 14. The
oxygen main-stage propellant reservoirs. The launch will be the
4,200-kilogram Helios 2B is the sole passenger on the flight,
seventh Ariane 5 flight for 2009 and will set a record for
which will be the last of the Ariane 5 GS models and the last of
calendar-year liftoffs of Europe’s heavy-lift rocket.
the first-generation Vulcain 1 main-stage cryogenic engines.
http://www.spacenews.com/launch/091209-arianespace-scrubs-launch-helios.html
------------------------------------------12 月 14 日
人民網日本語版
中国、近くリモートセンシング衛星 8 号打上げへ
2
太原衛星発射センタ責任者は 13 日、「長征 4 号丙」ロケットでリモセ
少年の宇宙技術体験向けに開発した小型衛星「希望 1 号」も搭載さ
ン衛星 8 号機が近く太原衛星発射センタから打上げられることを明ら
れる。現在、打上げ準備が順調に進められている。(編集 KA)
かに。13 日新華社ウェブサイト「新華網」伝。中国が初めて全国の青
http://j.people.com.cn/95952/6841577.html
または http://www.spc.jst.go.jp/news/091203/topic_1_03.html
------------------------------------------2009 年 12 月 10 日
人民網日本語版
中国、「遠隔探査衛星 7 号」の打上げに成功
「遠隔探査衛星 7 号」をのせたキャリアロケット「長征二号丁」が北京
回目の宇宙飛行。(編集 SN)
時間 12 月 9 日 16 時 42 分、酒泉衛星発射センタから打上げられ、
まもなく予定軌道に入った。同衛星は、中国航天科技集団公司に属
する中国宇宙技術研究院が中心となって開発したもので、主に科学
テスト、国土資源調査、農作物の生産予測、災害防止・減少の分
野に使われる。打上げに使われたキャリアロケット「長征二号丁」は、中
国航天科技集団公司に属する上海航天技術研究院が開発したもの
で、「長征」シリーズキャリアロケットにとって、今回の衛星打上げは 120
http://j.people.com.cn/95952/6838503.html
- - - - - - - - - - -関連ニュース- - - - - - - - - - - - Dec 9 8:46 PM ET
spacetoday.com
中国はリモセン衛星を打上げ
China launches remote sensing satellite
A Long March rocket placed a Chinese remote sensing satellite
for military applications.
into orbit on Wednesday. The Long March 2D rocket lifted off
from the Jiuquan Satellite Launch Center in northwestern China
at 5:42 am EST (1042 GMT, 4:42 pm Beijing time) and placed the
Yaogan 7 satellite into orbit. Chinese officials said the satellite,
whose launch was not announced in advance, is a remote sensing
satellite that will be used for scientific experiments and land
resources. Some Western observers believe the satellite is used
[関連ニュース]
Xinhua article: www.chinaview.cn 2009-12-09 21:01:16 China launches "Yaogan VII" remote-sensing satellite
http://news.xinhuanet.com/english/2009-12/09/content_12619464.htm
Spaceflight Now article: December 9, 2009 Chinese rocket launches with top secret spy satellite
BY STEPHEN CLARK
http://www.spaceflightnow.com/news/n0912/09longmarch/
------------------------------------------Dec 6, 2009
spacetoday.com
http://www.spacetoday.net/Summary/4799
デルタは軍事通信衛星 WGS-3 を打上げ
Delta launches military communications satellite
Cape Canaveral, Florida, at 8:47 pm EST Saturday (0147 GMT
Sunday) and placed the Wideband Global SATCOM 3 (WGS 3)
satellite into a supersynchronous transfer orbit 40 minutes later.
The launch took place at the end of a 85-minute launch window
as launch managers waited for upper level winds to subside to
A Delta 4 launched the third in a new series of military
acceptable levels. The satellite, built by Boeing and weighing
communications satellites on Saturday night. The Delta 4
about 6,000 kilograms, is the third of six planned WGS satellites
Medium=Plus (5,4) lifted off from Space Launch Complex-37 at
that will provide military communications services; it will operate
3
from 12 degrees west in GEO. The launch was the first for this
solid rocket strapon boosters.
variant of the Delta 4, using a five-meter payload fairing and four
[関連ニュース]
Florida Today article:
Satellite is a 'game changer' for US troops
http://www.floridatoday.com/article/20091206/NEWS02/912060313/1006/NEWS01/New+satellite+is+a++game+changer++for+US+troops
Spaceflight Now article: New communications craft launched for U.S. military http://www.spaceflightnow.com/delta/d346/
NASASpaceFlight.com article: ULA Delta IV launches with WGS-3 at second attempt
http://www.nasaspaceflight.com/2009/12/live-ula-delta-iv-launch-with-wgs-3/
Orlando Sentinel article: Souped up Delta IV rocket lifts new Pentagon satellite to orbit
http://blogs.orlandosentinel.com/news_space_thewritestuff/2009/12/souped-up-delta-iv-rocket-lifts-new-air-force-satellite-to-orbit.html?utm_source=feedburner&utm_medi
um=feed&utm_campaign=Feed%3A+news%2Fspace%2Fspace_blog+%28Space+Blog+The+Write+Stuff%29
United Launch Alliance press release: United Launch Alliance Successfully Launches 36th Mission in 36 Months
http://www.prnewswire.com/news-releases/united-launch-alliance-successfully-launches-36th-mission-in-36-months-78616117.html
------------------------------------------12 月 15 日 6 時 44 分
時事通信
危険な小惑星、リストアップ=宇宙の地図作り衛星打上げ-NASA
【ワシントン時事】NASA は米東部時間 14 日午前 9 時 9 分(日本時
知する。小惑星やすい星の大きさや組成、分布を調べ、地球に接近
間同日午後 11 時 9 分)、広域赤外線探査衛星「WISE」を搭載した
する危険度分析に役立てる。 また、恒星になり損ねた「褐色矮(わ
デルタ 2 ロケットをバンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)から打上
い)星」も探す。褐色矮星は星の中心部で核融合反応が続かず、
げ、衛星を軌道に乗せることに成功。地球に接近する恐れのある小惑
徐々に冷えて暗くなり、可視光線ではほとんど見えない。NASA は「何
星をリストアップする他、可視光線では見えない暗い天体や遠くの銀河
億もの天体を地図に落とし、惑星や星、銀河の起源の疑問を解くのに
を観測する。 「WISE」は高度 520km 上空で地球を周回しながら赤
役立てたい」としている。
外線望遠鏡で、約 9 カ月間にわたり天体が放出する赤外線や熱を探
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000019-jij-int
- - - - - - - - - - -関連ニュ-ス - - - - - - - - - - 12/14/09 05:07 PM ET
spacenews.com
NASA の小惑星捜索追跡用宇宙機の打上げ成功
NASA Asteroid-hunting Spacecraft Launched Successfully
By Amy Klamper
WASHINGTON — Following a nearly week-long delay, NASA’s
managed by NASA’s Jet Propulsion Laboratory in Pasadena,
new asteroid-hunting space telescope was launched Dec. 14
Calif., was competitively selected under NASA’s Explorers
from Vandenberg Air Force Base, Calif., atop a United Launch
Program, which is overseen by the agency’s Goddard Space
Alliance Delta 2 rocket. Known as the Wide-field Infrared Survey
Flight Center in Greenbelt, Md. The science instrument was built
Explorer (WISE), the spacecraft will spend the next 30 days in
by the Space Dynamics Laboratory in Logan, Utah, and the
on-orbit checkout and calibration before beginning a 10-month
spacecraft was built by Boulder, Colo.-based Ball Aerospace &
mission circling the Earth over the poles and scanning the
Technologies Corp.
complete sky at infrared wavelengths to uncover hidden cosmic
objects, including cool stars, dark asteroids and luminous galaxies.
WISE previously was slated for launch Dec. 9. An official at
NASA’s Kennedy Space Center, Fla., said Dec. 4 that the date
change was driven by a delay in launching the U.S. Air Force’s
Wideband Global Satcom-3 communications satellite, which lifted
off Dec. 5 atop a United Launch Alliance Delta 4 from nearby
NASA's Wide-field Infrared Survey Explorer (WISE) Space Telescope.
Cape Canaveral Air Force Station. The $320 million WISE project,
Credit: United Launch Alliance Photo
http://www.spacenews.com/launch/091214-nasa-asteroid-hunting-spacecraft-launched-successfully.html
-------------------------------------------
4
12/11/09 05:34 PM ET
12/7/09 12:12 PM ET
By Brian Berger
[編注]
spacenews.com
Orbital は分散型宇宙機の作業を継続するように指名された
いわゆる F6 と呼ばれているもの
Orbital Tapped To Continue Distributed Spacecraft Work By Turner Brinton
WASHINGTON — The U.S. Defense Advanced Research Projects
single
integrated
spacecraft.
Orbital
previously
received
Agency (DARPA) awarded Orbital Sciences Corp. a sole-source
contracts totaling $13.6 million for the program. Under the
contract worth $74.6 million to continue developing a distributed,
one-year, cost-plus-fixed-fee Phase 2 contract, Orbital will
or fractionated, satellite architecture, according to a Dec. 4
further define its concept and complete a critical design review
posting on the Federal Business Opportunities Web site. Dulles,
of the spacecraft architecture, the posting said. In a document
Va.-based Orbital in February 2008 beat out five competitors to
justifying the use of a sole-source contract, DARPA said Orbital
win a contract for the first phase of DARPA’s F6 satellite
is the only company with the requisite capabilities, facilities and
development program. The project aims to demonstrate the
experience to do the job, and choosing a new contractor would
ability to fly multiple satellites in a close formation that would
require at least $10 million to duplicate work that Orbital has
communicate wirelessly with one another, and perform like a
already done.
http://www.spacenews.com/contracts/orbital-tapped-continue-distributed-spacecraft-work.html
------------------------------------------08/12/2009
RIA Novosti
ヴァージン・ガラクティックは宇宙旅行機 初号機を公開
Virgin Galactic unveils its first space tourism craft
Virgin Galactic, a U.S. space tourism company, has unveiled to
Virgin Galactic plans to initially operate a fleet of five of these
the public its first SpaceShipTwo commercial six-passenger
craft. Branson, earlier said he and some of his family members
space vehicle. The ceremony was held at the Mojave Spaceport
would take a flight on SpaceShipTwo a year or so before
in California. "We want this program to be a whole new beginning
commercial flights are launched. Russia is currently the only
in a commercial era of space travel," the founder of the Virgin
country, which provides space flights for tourists on board its
Group, British billionaire Sir Richard Branson, said. Following up
Soyuz spacecraft. Flights blast off from the Baikonur space
to 100 test flights, the first customers are expected to start
center in Kazakhstan. The trip, which lasts around a week, costs
flying aboard the craft in 2011, paying $200,000 for a seat. A
around $30 million. NEW YORK, December 8 (RIA Novosti)
total of 300 people across the world, including at least 11
Russians, have booked tickets for suborbital flights with Virgin
Galactic. Another 85,000 people have filed flight applications on
the agency's website. According to designers, a SpaceShipTwo
vehicle will take the passengers to an altitude of 110 km (68.3
miles) during a 2.5-hour flight with a five-minute period of
weightlessness, when passengers will be able to release
themselves from their seats and float around the cabin. The
http://en.rian.ru/science/20091208/157149006.html
- - - - - - - - - - -関連ニュース - - - - - - - - - - Dec 8, 2009 11:56 GMT
technobahn.com
ヴァージン・ガラクティックは SpaceShip Two を公開
Virgin Galactic unveiles SpaceShipTwo
Virgin Galactic unveiled Monday, SpaceShipTwo to the world at
hard work and dedication have made this happen. Governors Bill
Mojave Spaceport, California. 800 press, future astronauts and
Richardson and Arnold Schwarzenegger both contributed at the
VIP guests gathered in the desert for a press conference and to
press conference, celebrating this huge milestone and also
view the roll out of the world’s first commercial spaceline. Sir
joining Holly, Richard’s daughter in naming the spaceship, VSS
Richard Branson and Burt Rutan led the press conference,
Enterprise. Despite gale force winds and stormy weather, guests
special recognition went to the team at Scaled Deposites whose
gathered on the runway after the press conference to see
5
SpaceShipTwo for the first time. The spaceship was carried
anticipation of her arrival and excitement and awe as she
down the runway by her mothership, VMS Eve, to a spectacular
appeared before the crowds.
display of lights, music and snow which only helped increase the
SpaceShipTwo Roll Out. Credit: Virgin Galactic
SpaceShipTwo- Unveils in Mojave,CA. Credit: Virgin Galactic/Mark
Greenberg
http://www.technobahn.com/article/200912081156
------------------------------------------ロシアが輸出を拒否しているプルトニウムは深宇宙探査用に NASA が必要
Russia Withholding Plutonium NASA Needs for Deep Space Exploration
WASHINGTON — Russia has reneged on an agreement to deliver
NASA’s planetary science-focused Jet Propulsion Laboratory,
a total of 10 kilograms of plutonium-238 to the United States in
told Space News that Russia’s decision to withhold the promised
2010 and 2011 and is insisting on a new deal for the costly
plutonium is “certainly a concern” considering that the United
material vital to NASA’s deep space exploration plans. The move
States now will not be spending any money before 2011 to
follows the U.S. Congress’ denial of President Barack Obama’s
restart its own production.(後略)
request for $30 million in 2010 to permit the Department of
Energy to begin the painstaking process of restarting domestic
production of plutonium-238. Bringing U.S. nuclear laboratories
back on line to produce the isotope is expected to cost at least
$150 million and take six years to seven years from the time
funding is approved. U.S. Rep. Adam Schiff (D-Calif.), a House
Credit: Courtesy of the U.S. Department of Energy
Appropriations Committee member whose district is home to
http://www.spacenews.com/civil/091211-russia-withholding-plutonium-needed-nasa.html
------------------------------------------Space News
November 30, 2009
http://www.space.com/spacenews/
フランスは軍事宇宙への投資のパートナを探している
[編注 ] 英文記事はミルスペース 091130MS.pdf page3-4 を参照
France Seeks Military Space Investment Partners
仏国防省幹部によれば、仏は 2014 年まで軍事宇宙予算を平均で年
責任者である仏空軍のジェラール・ラプロン将軍は、オメガとよばれる計
8%増やしているところであるが、プログラムと支出内容は他の欧州諸国
画の一部として、米の GPS 軍事コードのためにプログラムされたチップセ
が共同出資に同意するかどうかにかかっている。すでに電子諜報とミサ
ットにガリレオの PRS(公的規制サービス)を組込むためのさまざまな設計
イル早期警戒の実験機は軌道上にあるので、もしいくつかの欧州諸国
を検討していると語った。ガリレオ衛星群は、欧州政府の非軍事予算
からの拠出が得られれば、仏は実用機へと進む用意ができている。11
だけで予算づけられており、2015 年まで運用は始まりそうにない。PRS
月 25 日のブリーフィングで仏国防省幹部は、欧州が計画しているガリ
を軍事利用する財政的・法制的な条件はまだ明らかになっていない。
レオ航法・測時システムが提供する予定の政府用秘匿信号のサービ
にもかかわらず、仏政府幹部は、GPS 軍事コードを補完するために
スを、仏軍用機に、どのようにして米の GPS 軍事コードといっしょに使う
PRS を使用するとずっと以前から言っている。仏サルコジ大統領は、
のかという研究にも取り掛かったという。仏統合参謀本部宇宙部門の
2008 年 6 月に防衛政策を公表し、10 年間で防衛宇宙予算を倍増
6
すると打ち出した。予想どおり、国家の残りの年間軍事予算との競合
システムは、仏が達成したいと考えていることであり、宇宙における協力
もあって、この戦略的な方向づけは難しかった。仏の兵器調達機関で
の一例となるであろう。Helios 1 は 2 機が製造され、Helios 1A は 1995
ある DGA の宇宙・情報運用システム部長であるマルク・ルクレールは、
年に打上げられたが、スペインと伊政府が 21%出資した。しかし、初号
2008 年の軍事宇宙予算は 3 億 8000 万ユーロであるが、現計画によ
機を 2004 年に打上げた Helios 2 は 20 億ユーロかかったが、伊、ベル
れば、徐々に増加し 2014 年には 6 億ユーロ必要となるという。この予
ギー、スペイン、ギリシャからそれぞれ 2.5%ずつ計 10%しか財政的協力
算に加え、軍事と民用の両方の任務をもっている仏宇宙機関 CNES
を得ていない。伊・独は、自国レーダ偵察衛星データ提供によって
が行なっている両用宇宙技術のための予算 2 億ユーロがある。ルクレー
Helios データをもらうという二国間協定を仏と結んでいる。その結果、
ルによれば、議会が採択した多年度軍事支出計画によって裏づけされ
Helios 2 へのアクセスは 6 カ国がもつことになっており、2 号機である
た増加は、2008 年のサルコジ大統領の政策文書を踏まえたものである。
Helios 2B 衛星は 12 月 9 日にアリアン 5 型ロケットによって単独で打上
仏統合参謀本部は、仏の軍事宇宙資産の利用をうまく調整し、その
げられる。各国は独自の Helios センタをもっており、他の Helios パート
利用を望んでいる軍や部隊間での利用調整を行なうために、来年 7
ナの国に知られることなく、画像注文を衛星に送ることができるようにな
月をめどに統合宇宙部隊を設立しようとしている。仏は Essaim 信号諜
っている。伊・独は、Helios2 のために自国偵察画像受信施設を改修
報衛星を 2004 年に打上げ、4 機保有するが、2010 年まで運用を続け
し、仏は伊の Cosmo
る予定。別の信号諜報実証衛星である Elisa は 2010 年に打上が予
するためにアンテナを追加した。現協力体制とは別に、これらの六カ国
定されている。Essaim と Elisa はともに仏単独のミッション。仏は 2016
は Musis と呼ばれる共同地上設備を設立しようとしている。Musis 設
年までに Ceres と呼ばれる信号諜報システムを軌道上で運用しようと
立同意書は 2008 年 11 月に署名された。ルクレールによれば、Musis
している。ルクレールによれば、スウェーデンとギリシャが興味を示している
覚書が 2010 年に署名され、その後 Musis 設計契約が行なわれる予
ものの、両国も他の欧州政府もまだ正式コミットはしていない。一方、2
定。ラプロンによれば、仏は既に次世代光学偵察システムの作業にとり
機の Spirale ミサイル警戒実証衛星は 2009 年に打上げられ、仏は実
かかっているが、Musis の考えと適合しないシステム仕様については最
運用システムを 2019 年までに静止軌道に上げたいと考えている。これ
後の最後まで遅らせると語った。2010 年末までにそのような決定が行
についてもパートナは見つかっていない。仏の Helios 光学・赤外線偵察
なわれれば、次世代衛星のスケジュールに影響は出ないという。
[原文]
SkyMed 衛星と独の SAR-Lupe 衛星群を受信
http://www.spacenews.com/military/091127-france-seeks-military-space-investment-partners.html
November 27, 2009
CISCO は IRIS が宇宙ルータ市場を生み出すことを期待
Cisco Views IRIS Experiment as Market Primer for Space Routers
By Turner Brinton
CISCO システムは、11 月 23 日に商用通信衛星に搭載された初のイ
て、衛星は単なるデータの通り道でしかなかった。CISCO の IRIS プロジ
ンターネッ ト・ルータを打上げた。来年一年間、さまざまな政府や民間
ェクト責任者グレッグ・ペルトンによれば、衛星ネットワーク大部分が衛
の顧客に対し実証試験を行ない、ネットワーク技術の巨人は、ハードの
星本体に組込まれたことになる。ペルトンによれば、帯域のより効率的
追加注文 を期待している。カリフォルニア州サンノゼに本社のある
な割振りなど、機上処理にはたくさんの利点がある。「現在のところは、
CISCO は、米国防省の「宇宙におけるインターネット・ルーティング
衛星帯域を割振り、別目的に使うのは難しい。特にある地域において、
(IRIS)」実証試験のためのルータを製造した。米・戦略軍はインテルサッ
ある一つの利用者に割振られている帯域を別利用者に割振りたい時
トの子会社であるインテルサット・ジェネラル社に対して、インテルサット
には、時間もかかるし、難しい。利用者がビデオ映像をダウンロードして
14 衛星にペイロードを搭載する契約を結んだ。何度か遅れたものの、
いるとき、IRIS はそれを助けルータに、余っている帯域をもってくる。ミッシ
衛星は ULA のアトラス 5 ロケットによって西経 45 度に打上げられた。
ョンのため柔軟に衛星を動かすことは大変に重要であるが、現在の衛
IRIS は商用衛星によって打上げられた初の軍用ペイロードである。産
星では難しい。」実験は国防省の資金で行なわれるが、CISCO が
業界によれば、これは政府予算節約につながる。昨年、SES アメリコム
IRIS ルータの所有権を有しており、実験のためインテルサット 14 号機の
は、2011 年 1 月に打上予定の通信衛星上に実験的なミサイル早期
中継器を 3 本リースしている。国防省の実 証試験期間が終われば、
警戒センサをホストする契約を結んだ。国防省は、他にも UHF ペイロー
CISCO は他の潜在顧客のために追加試験を行い、サービスプロバイダ
ドや宇宙気象センサなどをホスト・ペイロードとして搭載することを計画
にも IRIS ペイロードを販売し、さらなる宇宙ルータ市場を育成したいと
している。実証試験は 1 月から 3 ヶ月かけて、宇宙でのインターネット・
考えていると、ペルトンは語った。潜在顧客には、政府関係もあれば民
ルーティングをやることに軍事的意味があるかの実証試験を行なう。歴
間もあるが、ペルトンはそれ以上の説明は控えた。「商用衛星運用事
史的には、衛星通信ネットワークは、地上のハードによって信号処理や
業者はこれに興味を示しています。彼らは軍関係者とはまた別の使い
データ配布を行なってきた。いわゆるベントパイプと呼ばれる設計におい
方とシナリオを考えていますので、この機会にできるだけたくさんの潜在
7
顧客に、認知してもらい、要求を作ってもらい、ビジネス事例を具体化
IRIS のような商用宇宙 ルータは TSAT よりもずっと早い時点でそれらの
してもらい、たくさんのお客様に商用製品を売れるようにしたいと考えて
ニーズに全て対応できると、ペル トンは言う。宇宙でのインターネット・ル
います。」インテルサットは、CISCO や軍に協力的であり、将来の衛星
ーティングという技術そのものには興味がある が、衛星寿命は 20 年以
にインターネッ ト・ルータを搭載することに興味をもっていると、インテル
上あるから、コンピュータやネット技術が比較的早い時点で時代遅れに
サット・ジェネラルホスト・ペイロード担当副社長のダン・ブラウンは語った。
なるのではないだろうかと、国防省の役人は言った。しかし、ペルトンに
(訳注:参考まで、このダン・ブラウンは、2~3年前まで CISCO にいた、
よれば、IRIS は完全にソフトによってプログラミングができるので、「未来
元・軍か諜報機関の方ではないかと思われます。)軍用になるか商用
も大丈夫」だという。 「それは長年考え続けてきてやっと実現したことで
になるか別として、CISCO が次につくるルータは IRIS よりも高速になるで
す。歴史的にネットワーク実現は純粋にハードによって行なわれてきまし
あろうとペルトンは語った。IRIS は中継器を 3 本使用し、300 までのユー
た。それを我々は IRIS によって 打破りました。IRIS は完全にプログラミ
ザに対し、90Mbps のスループットを提供するように設計されている。現
ングが可能なハー ドを使っているのです。」 「ネットワーク・ハードの進
在の設計でも 10~12 の中継器には対応できるだろうが、それ以上とな
化は、入出力の関数でもあります。通信衛 星の場合には、一定の帯
ると新たな構成部品が必要になるであろうと、ペルトンは述べた。宇宙
域(MHz)を処理する中継器がたくさん搭載されていますが、その数は衛
でのルータを提供する予定であった TSAT 計画が今年早々にキャンセ
星寿命が尽きるまで一定です。衛星ハードの点から考えて も、ルータ
ルされたこともあって、この技術に対する軍の関心は高いとペルトンは信
へのデータ入力が増えるということはありません。」
じる。TSAT が対応しようとしていたミッション要求はなくなっていないし、
[編注]
過去の関連ニュース http://www.space-library.com/090413MS.pdf
の page 22 に
ルータが軌道をめざす、米は帯域幅と衛星開発に利点を見いだす
Router Headed for Orbit, U.S. Sees Benefits for Bandwidth, Satellite-Development
キーワード: IRIS, Internet routing in Space, Cisco Systems,
November 23, 2009
サリーが最初の通信衛星をスリランカのために製造する
[編注 ] 英文記事はミルスペース 091125MS.pdf page12 を参照
小型衛星の製造会社である英国のサリー衛星技術(SSTL)社は、ス
議を経て、SSTL がハード製造に取掛かることができる契約をもらうのは
リランカ政府と静止軌道上の通信衛星を提供する暫定契約書を締結
2010 年半ばとなるだろうといった。 SSTL は 30 機以上の小型で安価
したと、SSTL のマット・パーキンス社長が 11 月 17 日に語った。衛星は
な衛星を製造してきた。それらの多くは、英ギルフォードに拠点のある
打上重量 2500kg、寿命到達時の発生電力 3KW で、通信ペイロード
SSTL で、少ない予算でどのように衛星を製造するかを訓練するパッケ
を搭載。 この契約が最終的なものになれば、SSTL が 2 年間求めてき
ージになっている。 しかし、SSTL は今年 1 月に欧州最大の宇宙企業
た通信衛星の初の顧客となる。同社のこれまでの主力製品は(極軌道
であるアストリウムの子会社になり、低価格の製造技術を利用して静
上の)超小型の科学・地球観測・技術実証ミッションだったので、それを
止軌道で 15 年間運用する商用通信衛星の市場参入を目指してきた。
大きく踏出すことになる。 この契約書には、地球観測データ受信と利
パーキンスによれば、SSTL の衛星は、アストリウムのユーロスター3000
用のための要員教育と、顧客国内に地上設備を設置することも含ま
通信衛星プラットフォームの下位市場を補完することになり、打上重量
れている。 スリランカの場合には、SSTL は、SSTL が運用している災
で 1000kg から 3000kg となる。また、スリランカの衛星のペイロードの仕
害監視衛星群(DMC)の一部として既に低軌道上を飛行している
様はまだ確定していないという。 3000kg 以下の商用通信衛星市場
UK-DMC2 衛星データ受信局設置をすることになっている。 SSTL とス
は、オービタルサイエンス社とタレス・アレニア・スペース社に寡占されてお
リランカ・テレコム規制委員会は 11 月 16 日に首都コロンボで、英のスリ
り、アストリウムはインドの ISRO と協力しプラットフォームの開発を行なっ
ランカ高等弁務官であるピータ・ヘイズも臨席し契約書に署名した。
たほか、独の OHB テクノロジーが ESA 資金で開発をしている。
11 月 17 日のインタヴューでヘイズ弁務官は、政府特別委員会での審
[原文]
http://www.spacenews.com/satellite_telecom/091117-surrey-signs-satellite-agreement-sri-lanka.html
------------------------------------------12/14/09 04:22 PM ET
spacenews.com
By Amy Klamper
Bart Gordon 民主党議員(科学技術委員会委員長)は任期の終了後に議員を退任予定
Gordon To Leave Congress at the End of Term
WASHINGTON — U.S. Rep. Bart Gordon (D-Tenn.), chairman of
retiring from Congress at the end of his term next year. “With
the House Science and Technology Committee, said he will make
the challenges our country faces, we have laid the foundation to
it a priority to pass a NASA authorization act in 2010 before
rebuild our economy based on innovation, investments in
8
research, and a sustained commitment to math and science
year,” Gordon said in a Dec. 14 statement announcing that he
education. For these reasons, I am committed to reauthorizing
will not seek re-election next year.(後略)
both the America COMPETES Act and NASA in the coming
Bart Gordon
Leslie Gordon Justin Smith, and Bart Gordon
後任希望者 Jerry Costello
http://www.spacenews.com/policy/091214-gordon-leave-congress-end-term.html
------------------------------------------2009-11-19
schriever-sentinel-weekly
page7
By Staff Sgt. Daylena Gonzalez
AFSPC Kehler 司令が missile wing に別れを告げる
Air Force Space Command Public Affairs
AFSPC commander bids farewell to missile wings
Gen. C. Robert Kehler, commander of Air Force Space Command,
consolidate strategic nuclear resources, including those from Air
traveled on a three-base tour Nov. 12 and 13 to say farewell to
Combat Command and Air Force Space Command, under a single
three missile wings and the strategic deterrent mission. General
commander. Space and missile wings have been part of AFSPC
Kehler met with wing leadership and held a Commander’s Call at
since 1993, but as part of the Air Force’s nuclear roadmap
his stops at Malmstrom, Minot, and F.E. Warren Air Force bases;
developed by Secretary of the Air Force Michael Donley and Air
as the wings work toward transitioning to the control of Air
Force Chief of Staff Gen. Norton Schwartz, combining strategic
Force Global Strike Command on Dec 1. During his visits,
nuclear deterrence and global strike capabilities under a single
General Kehler stressed the importance of the strategic
major-command-level organization will better serve the needs of
deterrence mission and the high standards it requires. He urged
combatant commanders worldwide.
the organizations to stay focused on meeting the challenges of
the transition to AFGSC. “Perfection is the standard...it is a
mindset that defines who you are and what you do. The mission
requires extraordinary adherence to this standard, which requires
hands-on leadership and constant commitment to accomplish it,”
said General Kehler. “We’ve come a long way, we’ve made
progress, but it’s not time for high fives. “I’m proud of all of you.
Thank you for what you’re doing. What an honor and privilege it
has been to have the ICBM force as part of Air Force Space
Command. Stay focused. Our country demands that of us...of
Gen. C. Robert Kehler, Air Force Space Command commander,
you.”The move of the 90th Missile Wing, 91st Missile Wing, and
addresses members of the 341st Missile Wing during an all-call Nov. 12,
341st Missile Wing to AFGSC is part of an Air Force plan to
2009
http://csmng.com/wp-files/schriever-sentinel-weekly-pdfs/sentinel_2009-11-19.pdf
------------------------------------------2009-11-12
schriever-sentinel-weekly
page7
AFSPC はスペース・キャンプ若者へ支援の後押し
By Staff Sgt. Daylena Gonzalez
Air Force Space Command Public Affairs
AFSPC Reaches out to Space Camp Youth
PETERSON AIR FORCE BASE, Colo. — Could a U.S. Space &
Rocket Center, Space Camp grad be the next U.S Air Force
9
F-16 Pilot or GPS System operator? The Air Force only hopes
U.S. Space and Rocket Center found 93% of the trainees take
so. The U.S. Space and Rocket Center is located in Huntsville,
more science, particularly Physics and Chemistry. 91% surveyed
Alabama. “Space Camp” is what the center is commonly known
reported their camp experience inspired them to take more math,
as and provides residential and day camp educational programs
particularly calculus. Nearly 50% said their camp experience
for children in various age groups and adults.
influenced their college major.(後略)
Space Camp is a series of educational programs developed to
motivate youth to study mathematics and the sciences while
educating them about the history of space. The programs include
space oriented, aircraft themed, and outdoor oriented programs.
The students/campers range from grades nine through twelve.
Most are focused on educational opportunities and careers with
math, science, engineering, and technology as the core.
Saturn V with Fireworks
http://csmng.com/wp-files/schriever-sentinel-weekly-pdfs/sentinel_2009-11-12.pdf
- - - - - - - - - - - page 9- - - - - - - - - - - [編注] 既に打上げ完了の衛星ですが、周辺と今後の状況のことが出ているので掲載。
米空軍、WGS 3 号機衛星を Delta IV ロケットに搭載するマイルストーンを通過
Encapsulation Milestone of Third WGS Satellite Moves Air Force
LOS ANGELES AIR FORCE BASE, EL “ Our first two WGS spacecrafts already
SEGUNDO, Calif. — The launch of the provide vital communications capacity to
U.S. Air Force’s third Wideband Global U.S. and Australian forces from the west
SATCOM spacecraft moved another step coast of North America across the Pacific
closer. On Oct. 30, engineers completed and Indian Oceans to eastern Africa,” said
the encapsulation procedure at the Col. Donald Robbins, Wideband Global
Astrotech Space Operations facility in SATCOM Group commander. “In addition,
Titusville, Fla. The encapsulation of the number of communication links available
WGS-3 in the Delta IV launch vehicle provides
the
warfighters
greater
payload fairing marks an important connectivity, flexibility and control over the
milestone for the spacecraft and launch DSCS satellites.” WGS-1 launched on Oct.
campaign. The event marks completion of 10, 2007, and U.S. Strategic Command
Air Force Satellite Control Network accepted WGS-1
compatibility testing, payload and bus for operational use April 14, 2008. WGS-2
functional testing and propellant load. The launched on April 3, 2009 and began
launch is scheduled for Nov. 19, 2009.
operational use Aug. 21, 2009. After the
WGS-3 launch, all Block I vehicles will be on
orbit and the Block I contract will move
towards closure. The WGS Block II program,
comprised of WGS-4, WGS-5 and WGS-6,
is scheduled to begin launching in 2011.
Media representatives who would like to
interview a subject matter expert or learn
more about the WGS-3 satellite should
send
an
e-mail
to:
smcpa.media@losangeles.af.mil
or call 310-653-2369/2368/2479 Get the
latest Los Angeles Air Force Base news at:
www.losangeles.af.mil
Space and Missile Systems Center —
Building the future of military space today
http://csmng.com/wp-files/schriever-sentinel-weekly-pdfs/sentinel_2009-11-12.pdf
------------------------------------------Lockheed Martin Press Releases
December 08, 2009
http://www.lockheedmartin.com/news/
ロッキード・マーチンは Trident II D5 ミサイル・システム量産とサポート契約を結ぶ
Lockheed Martin Receives Trident II D5 Missile System Production And Support Contract
FBM =Fleet Ballistic Missile
http://www.lockheedmartin.com/news/press_releases/2009/1208_ss_trident.html
December 02, 2009
ロッキード・マーチンはスマート・グリッド・プロジェクトに関するユーティリティのパートナに
Lockheed Martin Partners With Utilities On Smart Grid Projects
・・・upgrade the nation’s electric grid - making it more efficient, reliable, interoperable and secure against cyber attacks.・・・
http://www.lockheedmartin.com/news/press_releases/2009/122isgs-smart-grid.html
December 01, 2009
ロッキード・マーチンは地上配備ミッドコース・ディフェンスの開発と維持に関する能力をてこ入れすることに
Lockheed Martin To Leverage Its Capabilities For Ground-Based Midcourse Defense Development And Sustainment
http://www.lockheedmartin.com/news/press_releases/2009/1201_ss_gmd.html
10
------------------------------------------Boeing News Releases
Dec. 6, 2009
http://www.boeing.com/news/releases/index.html
ボーイングの WGS 衛星 3 号機は宇宙から最初の信号を送ってきた
Boeing's 3rd WGS Satellite Sends 1st Signals From Space
http://boeing.mediaroom.com/index.php?s=43&item=981
Dec. 3, 2009
ボーイングは米エネルギー省からスマートグリッド助成金を受領
Boeing Receives 'Smart Grid' Grants From US Department of Energy
Dec. 3, 2009
ボーイングはシミュレーションへの応用向けの新しいビジュアル・ディスプレイを公表
Boeing Unveils New Visual Display for Simulation Applications CRVS=Constant Resolution Visual System
http://boeing.mediaroom.com/index.php?s=43&item=975
------------------------------------------Dec 10, 2009 12:23 GMT
technobahn
磁気パワーがガンマー線バースト・ジェットを暴露
Magnetic power revealed in gamma-ray burst jet
A specialized camera on a telescope operated by U.K.
Internet. When it received the trigger from Swift, the robotic
astronomers from Liverpool has made the first measurement of
Liverpool Telescope on the island of La Palma in the Canary
magnetic fields in the afterglow of a gamma-ray burst (GRB).
Islands automatically swung to observe the burst. Its special
The result is reported in the Dec.10 issue of Nature magazine by
camera employs a spinning disk of Polaroid -- similar to the
the team of Liverpool John Moores University (LJMU)
material used in sunglasses. "By observing how the brightness of
astronomers who built and operate the telescope and its unique
the GRB varied as we spun the Polaroid, we could measure the
scientific camera, named RINGO. The burst occurred January 2,
magnetic field in the burst," explained Iain Steele, Director of the
2009. NASA’s Swift satellite observed its position and
Liverpool Telescope.(後略)
immediately notified telescopes all over the world via the
Swift's Hard X-ray Survey offers the first unbiased census of active galactic nuclei in decades. Dense clouds of dust and
gas, illustrated here, can obscure less energetic radiation from an active galaxy's central black hole. High-energy X-rays,
11
however, easily pass through. Credit: ESA/NASA/AVO/Paolo Padovani
http://www.technobahn.com/article/200912101223
------------------------------------------04/12/2009
RIA Novosti
ロシアは来年 ISS に宇宙機を 10 機送る計画
Russia plans to send 10 spacecraft to ISS next year
Russia will launch four manned and six cargo supply missions to
MRM-1 (Rassvet) module to the ISS next May, to provide
the International Space Station in 2010, space agency
additional cargo storage and docking facilities for the Russian
Roscosmos said on Friday. The first two Soyuz carrier rockets
segment. Russia plans to add a multipurpose scientific module
have been delivered to the Baikonur space center in Kazakhstan
and two energy modules to the ISS in the next three years and
in preparation for next year's launches. "The Soyuz-U rocket will
continue rotating at least two cosmonauts as part of the
deliver a Progress space freighter into orbit, and the Soyuz-FG
station's six-member crew. MOSCOW, December 4 (RIA Novosti)
will be used to launch a manned spacecraft," Roscosmos said.
The Russian segment of the ISS currently consists of the
Zvezda and Zarya modules, and the Pirs and the Poisk docking
stations. A NASA space shuttle is scheduled to deliver Russia's
http://en.rian.ru/russia/20091204/157102053.html
------------------------------------------Dec 16, 2009 01:08 GMT
technobahn
ボーイング 787 Dreamliner 初飛行完了
Boeing 787 Dreamliner completes first flight
Boeing 787 Dreamliner took to the sky for the first time
of the Boeing family of commercial jetliners took off from Paine
Tuesday, ushering a new era in air travel as it departed before
Field in Everett, Wash. at 10:27 a.m. local time. After
an estimated crowd of more than 12,000 employees and guests
approximately three hours, it landed at 1:33 p.m. at Seattle's
from Paine Field in Everett, Wash. The flight marks the beginning
Boeing Field. 787 Chief Pilot Mike Carriker and Capt. Randy
of a flight test program that will see six airplanes flying nearly
Neville tested some of the airplane's systems and structures, as
around the clock and around the globe, with the airplane's first
on-board equipment recorded and transmitted real-time data to
delivery scheduled for fourth quarter 2010. The newest member
a flight-test team at Boeing Field.(後略)
Credit: Boeing
Credit: Boeing
http://www.technobahn.com/article/200912160108
- - - - - - - - - - - 関連ニュース- - - - - - - - - - - Dec 11, 2009 15:56 GMT
technobahn
ボーイング 787 は静加重試験を完了、初飛行への準備完了
Boeing completes 787 static test: Ready for the first flight
Boeing completed Thursday, the review and analysis of the static
president and general manager of the 787 program.
test that was conducted Nov. 30 to validate the side-of-body
Fancher also reported that the 787 team has completed final
modification made to the 787 Dreamliner.
gauntlet testing on the first airplane. Testing lasted for just two
"I am happy to report that the program has validated the airplane
days because only improvements made earlier this year during
structure for the 787 Dreamliner," said Scott Fancher, vice
previous testing had to be examined. "We are very pleased with
12
the results of this final functional testing. With the successful
now moves to first flight."(後略)
completion of static testing and this functional testing, our focus
Boeing 787 Dreamliner. Credit: Boeing
http://www.technobahn.com/article/200912111556
[編注]
Boeing Frontiers 2009.12 月号から page12 と page 3 を組合せて編集合成したものです。
Boeing Frontiers 2009.12 月号原文は http://www.boeing.com/news/frontiers/dec09frontiers_singles.pdf
[編注]
これは Space Shuttle Atlantis のコクピットです。B787 とかなり似た雰囲気です。B787 は正面中心の表示が少ないですが手前にキーボー
13
ドのついた FMS?が 2 台見えるので、それなりに複雑です。
http://www51.honeywell.com/aero/common/images/Cockpit_Displays_in_the_Atlantis_Space_Shuttle_Large.jpg
------------------------------------------中国・韓国 関連
------------------------------------------2009 年 12 月 15 日
人民網日本語版
「ナノテクノロジー統計科学連合実験室」が北京に設立
国家ナノメートル科学センタと中国科学院数学システム科学研究院
フォーム構築を目指し、統計科学を利用した数学方法や模型、原理
は 13 日、「ナノテク統計科学連合実験室」を北京に共同で設立。米
を奨励、尺度を越えた、定量化した研究による不確定性の影響要因
国立工学アカデミーのアカデミー会員でジョージア工科大学教授の呉
や規則を割出し、nm 科学の発展やナノテク応用に統計科学の手法を
建福(Jeff Wu)氏は、米で「ナノテクと統計科学」の学術シンポを何度
提供する。 連合実験室学術委員会主任は中国科学院の白春礼
も主催してきたが、「ナノテク」と「統計科学」関連の連合実験室が設
常務副院長、海外主任は米国立工学アカデミー呉建福教授が担当。
立されるのは世界でも革新的だと紹介。連合実験室設立によって数
双方から多くの研究者が参加し、国内外から同分野の専門家を招聘
学と統計科学の理論研究とナノテク実験研究に携わる研究者が密に
し共同研究を行うとともに、幅広く学術交流や人材育成を展開してい
協力・交流できる学術プラットフォームが提供される。15 日科学時報
く。(編集 KA)
伝。ナノテク統計科学連合実験室は学科にとらわれない交流プラット
http://j.people.com.cn/95952/6843144.html
------------------------------------------2009/12/15 11:44
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
趙虎鎮(チョ・ホジン)記者
「今年の韓国科学技術 10 大ニュース」 1 位は?
韓国初の宇宙ロケット「羅老号」の打上げと衛星の軌道進入失敗が、
ワクチン独自開発は第 6 位、ポステックのキム・グァンス教授のチームに
今年韓国科学技術ニュース第 1 位に選ばれた。韓国科学技術団体
よるナノレンズ開発は 7 位、ソウル大イ・ビョンチョン教授のチームによる
総連合会(科総)は 14 日、3400 人余りの実名によるインターネット投
犬のクローンニングは 8 位に選ばれた。続いて、韓国科学技術研究院
票結果を基に集計した「2009 年 10 大科学技術ニュース」を発表。今
(KIST)のチャン・ジュンヨン、グ・ヒョンチョル博士のチームが開発した世
年 8 月 25 日打上げられた羅老号は、衛星保護用カバー「フェアリング」
界初のスピン・トランジスタは第 9 位に、現代自が独自開発したタウエ
の片方が正常分離せず、衛星を軌道進入できなかった。フェアリングが
ンジンは第 10 位にランクイン。今回の 10 大ニュース選定は、まず理工
分離しなかった原因は、まだ明らかになっていない。韓国政府は、来年
系教授と科学記者で構成される選定委員会が 22 項目の候補を選
上半期に羅老号 2 回目打上げを計画している。第 2 位は、2000 億ウ
出後に、先月 23 日から今月 4 日までインターネット投票を実施すると
ォン(約 153 億円)台の研究用原子炉のヨルダン輸出。50 年前に米か
いう方法で進められた。科総は、インターネット投票と専門家による討
ら研究用原子炉を導入して以来、初めて海外への原子炉輸出に成
論の結果を合わせ、最終的に 1 位から 10 位までを選定。
功。研究用原子炉輸出は、本格的な発電用原子炉輸出に向けた
信号弾になると期待。第 3 位には、成均館大ホン・ビョンヒ教授とサム
スン電子チェ・ジェヨン博士のチームが開発したグラフェン大量合成技術
が選ばれた。グラフェンとは、炭素原子がハチの巣状に結合した板状物
質で、強度が高く、透明かつ電気をよく通すことから、すぐにタッチスクリ
ーンタイプ携帯電話に活用できる。第 4 位は、ソウル大医学部ソ・ジョ
ンソン教授のチームと嘉泉医科大キム・ソンジン教授のチームがそれぞ
韓国初の宇宙ロケット「羅老号」の打上げと正常な軌道投入の失敗が、今年
れ発表した「韓国人ゲノム地図」。第 5 位には、科学ビジネスベルトの
の科学技術ニュース第 1 位となった。写真は今年 8 月 25 日、羅老号が全羅
世宗市誘致をめぐる議論がランクインした。緑十字による新型インフル
南道高興の羅老宇宙センタから打上げられたときの様子。
http://www.chosunonline.com/news/20091215000051
------------------------------------------12 月 14 日
人民網日本語版
中国 パンダの精密な遺伝子配列マップを初めて作成
14
国家林業局が 13 日に明らかにしたところによると、ジャイアントパンダの
究所、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地、中国ジャイアントパンダ
遺伝子配列研究プロジェクトがこのほど正式に完了し、パンダの精密
保護研究センタが協力して行った。研究結果からはさらに、パンダの遺
な遺伝子配列マップが制作された。中国科学者がパンダの全面的な
伝子のヘテロ接合率が非常に高いこと、遺伝子多型性が比較的高い
遺伝子配列研究を行ったのは今回が初。13 日新華網伝。研究結果
ことがわかった。パンダの遺伝子は、すでに全遺伝子配列解析が行わ
によると、パンダの染色体は 21 組、ゲノムサイズは 2.4G、反復配列割
れた生物種の中では、犬の遺伝子と最も近いことも分かった。分析結
合は 36%、遺伝子数は 2 万以上。同研究は深セン華大遺伝子研
果からはさらに、「パンダはクマ科の亜種だ」という、多くの科学者が持つ
究院を筆頭に、中国科学院昆明動物研究所、中国科学院動物研
観点をさらに支持するデータが明らかと。(編集 SN)
http://j.people.com.cn/95952/6841114.html
または
http://www.spc.jst.go.jp/news/091203/topic_1_01.html
------------------------------------------12 月 14 日
人民網日本語版
「神舟七号」の宇宙飛行士が南寧で中学生と交流
広西壮(チワン)族自治区南寧で「2009 年飛天壮歌 中国初の宇宙
遊泳展」活動に参加している「神舟七号」の宇宙飛行士・チャイ志剛
氏、劉伯明氏、景海鵬氏の 3 人が 13 日、南寧市第 36 中学を訪れ、
同校の学生と交流を行った。(編集 YH)
http://j.people.com.cn/94475/6841799.html
------------------------------------------2009 年 12 月 11 日
人民網日本語版
国産大型旅客機「C919」機首の試作機がお目見え
国産大型旅客機「C919」機首の試作機が 10 日、成都で検収を通過。
型旅客機が一日も早く青空に飛立つのを後押しするだろう。この半年
中国航空工業成飛工業集団担当者によると、C919 機首の設計・製
の試作機完成までのスケジュールを追ってみると、今年 6 月に試作機
造には半年しかかかっていないという。10 日中国新聞社伝。中国航空
製造技術総計画の論証と業務内容を発表。8 月に試作機の 3D デジ
工業戦略計画部商用飛行機プロジェクト弁公室の葉木生主任によ
タル模型完成、9 月に試作機部品製造が始まった。11 月に機首上部
ると、試作機主体構造の検収合格によって大型旅客機「C919」の開
と下部の組立評価を通過し、上下部が結合、12 月 10 日に検収に合
発は実質的な一歩を踏み出した。中国航空工業成飛工業集団と成
格。(編集 KA)
飛民機公司が C919 開発において作成した各部試作機は中国の大
http://j.people.com.cn/95952/6839935.html
------------------------------------------2009/12/11 12:03
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 パク・スチャン記者
日本企業買収に動く韓国の中小企業(上)
京畿道安養市の液晶パネル生産設備メーカ、東亜エルテックは、特許
業買収を進めている。液晶パネル関連の基礎技術を保有する企業と
13 件を保有しており、大企業にも製品を納入している。液晶パネルの
グリーンエネルギー関連企業が対象。朴代表の投資コンサルタントを務
好況で、今年の売上高を前年比倍増の 320 億ウォン(約 24 億 2000
めるベクストン投資諮問のパク・サンヒョン理事は「家業を継ぐ人がなく、
万円)と見込んでいる。1987 年会社設立以来、一度も営業赤字を出
優秀な技術力がありながらも廃業する日本企業が毎年 7 万社以上あ
したことがない同社だが、朴宰圭(パク・ジェギュ)代表は「創業時よりも
る。日本企業を買収、合併し、新成長源を探そうとする韓国企業から
最近は悩みの種が多い」と話す。「今後 2-3 年は液晶パネルでやって
の問合わせが多い」と話した。
いけるだろうが、5-10 年後に会社を維持できる分野を見つけなければ、
■4 社が新技術を共同開発
一気に崖っぷちに追込まれることもあり得る」このため、同社は今年 4
中小企業が新成長源を探るため、高技術力を持つ日本企業を買収
月に未来アセット・グループが保有していた有機発光ダイオード
しようという試みが増えている。異分野中小企業が協力し、技術開発
(OLED)設備メーカを買収。さらに、投資会社を通じ、日本の中小企
に取組むケースも見られる。大邱市にある空気圧縮機メーカのメガコム
15
は昨年、地元の中小企業 2 社、大学 2 校と共同でエネルギー節約型
製品化にこぎ着けた。新製品は従来の空気圧縮機の 4 分の 1 のサイ
空気圧縮機を開発し、特許を取得した。2005 年から技術開発を進め
ズで、設置空間を節約できる上、高エネルギー効率が特長で、今年ベ
てきたが、社内研究要員が 5 人しかおらず、開発は遅々として進まな
トナムに 10 台を輸出。メガコムのソン・ミヒャン社長は「共同開発製品
かった。そこで、中小企業異業種中央会を通じ、設計業者の創業産
の反応は良好で、今年の売上高は昨年の 2 倍前後が見込まれる」と
業、部品メーカの勝利 ENG と共同開発を開始し、わずか 1 年足らずで
自信を見せた。
http://www.chosunonline.com/news/20091211000044
-----------------------日本企業買収に動く韓国の中小企業(下)
SFC など仁川地区の中小企業 4 社は、元は光センサ、ソフト開発、
ている。
回路組立などそれぞれ別分野の事業を行ってきたが、このほど自動車
■中小企業の 77%「将来の収益源なし」
用レインセンサを共同開発した。雨が降ると自動でワイパーが作動する
しかし、さまざまな取組みにもかかわらず、新成長源を確保できた中小
仕組みの製品で、これまではボシュ、TRW など大手メーカの独壇場だっ
企業は 5 社に 1 社にとどまっている。大韓商工会議所が全国の企業
た。合併・買収(M&A)で事業多角化を図る中小企業も増えている。
606 社を対象に実施調査の結果、将来の収益源を確保したと答えた
中小企業庁が今年 9 月に開設した中小ベンチャ M&A 支援センタに
企業は 43%にとどまり、52%は確保できていないと答えた。また、中小
は、先月末までに相談 76 件が寄せられ、うち M&A 11 件が成立。貿
企業では 77%が将来の収益源はないと答えた。回答企業は新成長
易会社 A 社の場合、利益率低下に加え、注文と同時に納品を求め
源として、新再生エネルギー(32%)、温室ガス低減産業(12%)、環
る海外バイヤーが増えたことを受け、関連メーカを買収。製薬会社 B
境配慮型輸送システム(9%)などを挙げたが、新成長源に対する投
社は新薬開発技術を保有しているが、資金不足で倒産の危機に直
資額が全体の 20%を超える企業は 5 社に 1 社にとどまった。大韓商
面した中小企業を買収。中小企業庁関係者は「M&A は中小企業
議所のソン・セウォン産業政策チーム長は「韓国産業界を内面から強
が事業を多角化する手段として、最近大きな注目を集めている」と述
化していくためには、中小企業が事業多角化、技術開発などを通じ、
べた。中小ベンチャ M&A 支援センタは、中小企業振興公団、技術
収益源を多様化すべきで、政府はそれを積極的に支援しなければな
信用保証基金、三逸会計法人、ベンチャ企業協会が共同で運営し
らない」と指摘。
http://www.chosunonline.com/news/20091211000045
------------------------------------------2009 年 12 月 10 日
人民網日本語版
中国の水中ロボット、水深 3500m で科学調査
中国の水中ロボット(ROV)「海竜号」はこのほど、海洋調査船「大洋
噴出する煙突状穴)」を観察し、サンプル採取に初成功。この発見に
一号」の第 21 回航海において、深海熱水調査を担当。このことは、中
より、中国は水中ロボットを用い熱水調査・サンプル採取研究ができる
国 ROV 技術が性能からコントロール方法にいたるまで、世界の同タイ
世界的にも数少ない国の一つとなった。「海竜号」は現在中国で最も
プの水準を超越し、全体的な性能が世界トップ水準に達したことを意
深い水深まで潜ることができ、最も優れた機能を持つ ROV。このロボッ
味する。10 日「科技日報」伝。「海竜号」は、上海交通大学水中プロ
トの空気中での重量は 3.45 トン、全長は 3.17m、幅は 1.81m。水中ロ
ジェクト研究所の朱継懋教授率いる研究チームが中心となって進めて
ボット本体、中継器、アンビリカルケーブル、ウインチ、コントロールプレー
きた中国の重大科学技術特定プロジェクト。研究チームは今回の調
ト、動力ステーションなど、多くのシステムから構成。(編集 SN)
査で、ROV を用い東太平洋エリアで巨大な「ブラックスモーカ(熱水を
http://j.people.com.cn/95952/6838013.html
または
http://www.spc.jst.go.jp/news/091202/topic_4_02.html
------------------------------------------2009 年 12 月 10 日
人民網日本語版
「中国科学院蘇州ナノメートル研究所」が審査通過
3 年の月日をかけて建設されてきた「中国科学院蘇州ナノメートル技
研究所の共同建設に関わる協議を締結。同研究所建設によって蘇
術・ナノメートル生体工学研究所」が 8 日、正式に審査を通過。蘇州
州は中国のナノメートル技術産業の最前線に立ち、江蘇省と長江デ
研究所は蘇州初の国家レベルの応用型研究機関で、江蘇省初の中
ルタ地域の経済・社会の発展に有力な技術的支援を提供することに
国科学院の技術系研究所でもある。9 日中国新聞網伝。中国科学
なる。この 3 年間、同研究所は優秀な研究者 470 人の育成や引抜き
院と江蘇省、蘇州市は 2006 年 9 月、中国科学院蘇州ナノメートル
を行い、各分野の科学技術プロジェクト 83 項目を受持った。国家ナノ
16
メートル技術国際革新パークには現在、医薬や新素材、新エネルギー、
入居している。(編集 KA)
半導体照明など多岐にわたるナノメートル技術関連企業が 30 社近く
http://j.people.com.cn/95952/6838311.html
または
http://www.spc.jst.go.jp/news/091202/topic_4_04.html
------------------------------------------2009 年 12 月 10 日
人民網日本語版
無線検索市場の競争激化 2 番手企業やや増
中国の市場調査会社・易観国際が 9 日に発表した「2009 年第 3 四
で、トップ集団の座を守っている。2 番手としてその後を追う検索エンジ
半期中国無線検索市場四半期監測」によると、第 3 四半期(7-9
ン各社シェア争いはかなり熾烈。宜捜(easou.com)と易査(Yicha.cn)
月)の中国無線検索回数は 2 億 9600 万回に達した。検索エンジンの
は、第 3 四半期検索件数で 3GYY 検索(3gyy.net.cn)をややリードし
上位 2 位を占めたのは百度とグーグルで、その後を追う 2 番手企業各
た。これら 3 社検索総数の全体に占める割合は 36.38%と、第 2 四半
社の競争がかなり激化している。北京日刊紙「京華時報」伝。検索
期の 35.33%に比べやや増加。(編集 KM)
件数で見ると、百度とグーグルの市場シェアは 4 分の 1 ずつとほぼ同じ
http://j.people.com.cn/94476/6838339.html
------------------------------------------2009/12/10 08:41
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
【社説】「リベートなくせば兵器予算 20%削減可能」(上)
李明博(イ・ミョンバク)大統領は 8 日の閣議で、「兵器の購入や調達、
仁川大橋も 16 基建設できる。軍での汚職や横領といえば、過去には
さらに兵務関連の業務ではどうしても汚職が行われやすい。そのため、
コメやみそなどといった兵士の食糧や油などを横流しする程度だった。と
大胆な改善策を準備せねばならない」と発言。李大統領は今年 7 月
ころが最近はその性質が、巨額ハイテク機器購入の際のリベートへと変
に来年度予算案について報告を受けた際、「リベートをなくすだけでも、
わった。最近になって軍や警察が捜査を行っている汚職は、1000 億ウ
戦車などの購入費を 20%は削減できる」と述べた。大統領府は、軍関
ォン(約 80 億円)以上もする空軍訓練機器導入にまつわる汚職、K9
係者や OB などによる兵器購入の際の独占的権限をなくし、監視機
自走砲の部品価格の水増し、海軍高速艇の発電機器納品汚職な
能強化するため、兵器購入体系再編案について検討する作業を行っ
ど、30 件以上にもなる。兵器やそれ以外の物資の購入や開発に関す
ているという。国防部が最近まとめた「国防改革 2020」修正案によると、
る問題は、軍事機密という理由でその意思決定プロセスや、予算執行
1 兆ウォン(約 800 億円)のイージス艦、5500 億ウォン(約 420 億円)
が我々の見えないところで行われている。高価なハイテク兵器の性能や
の F15K 戦闘機などといったハイテク兵器整備のため、2020 年までに
原価に関する情報は、軍内部の一部の関係者しか知ることができない。
209 兆ウォン(約 16 億円)が投入されるという。この中から 20%無駄を
軍の指揮官や数人の実務担当者が国内外の防衛産業関連業者と
省くことができれば、40 兆ウォン(約 3 兆円)を節約できることになる。こ
結託すれば、数十億ウォン(10 億ウォン=約 8000 万円)、時には数百
れだけあれば、22 兆ウォン(約 1 兆 7000 億円)を要するとされる 4 大
億ウォン(100 億ウォン=約 8 億円)もの税金が無駄遣いされ、それがリ
河川事業を 2 回行うことができ、2 兆 4000 億ウォン(約 1800 億円)の
ベートという形で担当者の懐に入ってしまう。
http://www.chosunonline.com/news/20091210000013
【社説】「リベートなくせば兵器予算 20%削減可能」(下)
過去に政権担当者や軍関係者は、軍関連物資や兵器にまつわる汚
円)で納品されることもある。専門知識をもって納品業務を監視できる
職が表面化するたびに、これら業務を担当する組織を細分割し、その
人材も不足している。さらに軍内部の担当者数人が長期にわたりこの
後再び集約するという作業を繰返してきた。あるときは専門的知識が
業務を担当するようになると、彼らの間で談合が行われたり、業者との
必要ということで、担当者を同部署で長期にわたり勤務させたり、また
癒着が生じる可能性も高い。現在、国防部内部には専門的知識を
あるときはその反対に、業者との癒着をなくすため、担当者を定期的に
持った機務司令部(軍の捜査機関)や、憲兵組織など監視業務を行
交代させることもあった。2005 年に制定された防衛事業法では、軍内
う部署は存在するが、それでも身内のため、軍関係者の汚職は見て見
部担当者に対し「汚職は絶対にやらない」という制約書([編注]誓約
ぬふりをしてしまいやすい。軍への納品や兵器購入にまつわる汚職を根
書?)を書かせるという制度も導入された。このように組織や制度に何
本解決するには、それ以外の部処(省庁)に勤務する専門家がこれら
度も手を加え、担当者を交代させても、汚職はなくならない。防衛関
の業務を監視し、互いにチェックし合うことができるようにしなければなら
連業界では「兵器原価は神のみぞ知る」という言葉があるという。戦闘
ない。国会や監査院も、これらの予算やその実際の用途について監視
機に用いられる 5 ドル(約 440 円)の部品が、時には 100 ドル(約 8800
できる専門家を育てる必要がある。また兵器購入の際の意思決定や
17
予算執行には誰が関与し、どのような協議を経ていかなる決定が下さ
っても最終的には必ず明らかになるようにすることも大切。
れたのかといったことに関する詳しい資料もしっかりと保管し、汚職を行
http://www.chosunonline.com/news/20091210000014
------------------------------------------2009 年 12 月 7 日
人民網日本語版
長春市に光学科学技術館を建設へ 来年 10 月に開館
吉林省長春市委員会の高広濱書記は 7 日、中国光学科学技術館
月に開館予定。同技術館は中国で初の光学科学技術専門展示館
を長春市に建設することを発表。来年 10 月開館予定。7 日新華社ウ
で、5 展示ホールと 2 歴史ホールが設置される。南開大学の母国光院
ェブサイト「新華網」伝。同館は同市の浄月経済開発区に位置し、建
士によると、同館建設目的は、展示・検索・イベント・実践などを通じ
設面積は 3 万平方 m 以上、光学科学普及教育をはじめ、光学科学
て、参観者に光の知識に触れてもらい、触発を受けることで光への探
技術史や科学技術成果の展示、光学科技情報交流などマルチ機能
索とイノベーションにつなげると同時に、光学科学技術研究者に国際
が一体化した国家級専門展示館。既に屋根が完成し、2010 年 10
的な交流プラットフォームを構築すること。(編集 KA)
http://j.people.com.cn/95952/6835727.html
または http://www.spc.jst.go.jp/news/091202/topic_2_04.html
------------------------------------------2009 年 12 月 7 日
人民網日本語版
中国 「モノのインターネット」核心技術の開発に成功
中国のインターネット専門家はこのほど、知的所有権を有するインター
ク・インターネットの 3 ネットワークが相互に関連し、互換性を持つことを
ネット統合技術「乙太ビデオネットワーク情報サービスシステム」の開発
指す。「インターネット統合」は現在、インターネット業界が研究に力を
に成功。6 日「科技日報」伝。同システムは 12 月上旬、オンラインテレ
入れる先端技術。乙太通訊網絡有限公司は、データ・音声・ビデオの
ビ中継、ビデオカラオケ、ビデオ商品チャンネル、ビデオ宝くじ、ビデオ電
統合に関するソリューションを提示し、専門家、業界関係者から高い
話広告、マルチメディア通信など、「モノのインターネット」による 8 システ
注目を集めた。この核心技術の発明者である李宗霖研究員によると、
ムを実現。同システムは、データ・音声・ビデオの 3 つを統合させる基礎
このシステムは、ビデオ通信、ビデオ会議、ビデオ録画、モニタ、オンライ
モジュールであり、「モノのインターネット」の構造の核心となる。同システ
ンビデオ再生、ファイル転送、ファイルストレージ、セキュリティシステムな
ムのうち、多くの核心技術は中国オリジナルのもので、幅広い応用価
どが一体となった、新型マルチメディア・オフィス・ビジネス・プラットフォー
値がある。「インターネット統合」とは、通信ネットワーク・テレビネットワー
ムという。(編集 SN)
http://j.people.com.cn/95952/6833984.html
または http://www.spc.jst.go.jp/news/091202/topic_1_01.html
-------------------------------------------
18
------------------------------------------宇宙ニュースの小部屋
2009-12-15-Tue
http://d.hatena.ne.jp/t-naka/200912
Spaceflightnow(12/14)
http://www.spaceflightnow.com/delta/d347/
Universe mapper with infrared eyes launched
■[ロケット] ULA 社、Delta 2 による赤外線天文衛星 WISE の打上げに成功
2009-12-12-Sat
BBC News(12/10)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8404213.stm
UK to have dedicated space agency
■[機関] 英国、宇宙機関を創設へ
2009-12-11-Fri
Comspacewatch(12/10)
http://www.comspacewatch.com/news/viewpr.rss.html?pid=29787
Second Stage Rocket Motor of Orbital's Taurus II Launcher Successfully Ground Tested
■[ロケット] ATK 社、Taurus2 の 2 段モータ Castor 30 の地上燃焼試験に成功
2009-12-10-Thu
asahi.com(12/10)
http://www.asahi.com/science/update/1210/TKY200912100109.html?ref=rss
■[機関] 宇宙開発戦略本部の月探査懇談会、ロボットによる月面探査拠点建設に 2000 億円と試算
(1)月面で採取した石を無人宇宙船で地球に持ち帰る(2)そのまま
り、試算では(1)は1900億円(2)は2千億円とされる。
ロボットが半年ほど月に滞在して月探査拠点を建設する、の2案があ
Commercial Space Watch(12/9)
http://www.comspacewatch.com/news/viewpr.rss.html?pid=29774
Safer space vehicles thanks to optic fibre sensors
■[機関] ESA、光ファイバ温度センサを開発、再突入機の耐熱材温度モニタ用
SpaceNews(12/9)
http://www.spacenews.com/launch/091209-arianespace-scrubs-launch-helios.html
Arianespace Scrubs Launch of Helios 2B Satellite
■[ロケット] Arianespace 社、Ariane 5 GS 最終号機の打上げを 7 時間前に延期。バルブの漏洩が原因。
偵察衛星 Helios 2B (4.2ton)を搭載した Ariane 5 は打上げ 7 時間
の最終号機で、問題バルブ類は ECA と共通部品のため、予備品が射
前に LOX/LH2 のタンク加圧に用いるヘリウム系に漏れが判明し、打上
場に準備してある。
げは延期された。漏洩が疑われるバルブ交換後、機能点検を実施し
今回の打上げは 2009 年の Ariane 5 の 7 機目の打上げで、2009 年
再度カウントダウンに移行予定で、打上げは来週にずれる見通し。今
はカレンダー年の Ariane 5 年間最多打上げ記録。
回の機体は 1 段のメインに Valcain 1 エンジンを使った Ariane 5 GS
Spaceflightnow(12/9)
http://www.spaceflightnow.com/news/n0912/09longmarch/
Chinese rocket launches with top secret spy satellite
■[ロケット] 中国、長征 2D ロケットで地球観測衛星を打上げ
2009-12-07-Mon
Spaceflightnow(12/5)
http://www.spaceflightnow.com/delta/d346/
New communications craft launched for U.S. military
■[ロケット] ULA 社、Delta 4 M+(5,4)による軍用通信衛星 WGS3 の打上げに成功
------------------------------------------今週の軍事関連ニュース
http://www.kojii.net/news/index.html
-------------------------------------------
19
09.12.07 upiasia.com
By Mitsuo Takai
Guest commentary
北朝鮮の核を後ろ盾にした大戦略 Pyongyang's nuclear-backed grand strategy
Tokyo, Japan — As North Korea continues its nuclear adventure,
where the U.S.-led NATO built up nuclear forces and obliged the
there are growing voices within Japan's establishment about the
Soviets to remove their SS-20 intermediate-range ballistic
imminent danger it poses. To avert the crisis, they believe, Japan
missiles
should apply pressure on Pyongyang by introducing U.S. nuclear
environment in Cold-War Europe and the current one in East
weapons into Japanese territory. In this way they hope to force
Asia, as well as the nature and intentions of the Soviets in those
North Korea to abandon its nuclear development program. Their
days and those of North Korea today, are so starkly different
scenario is based on lessons from Cold-War Europe in the 1980s,
that the European example cannot be a good precedent. (後略)
from
Eastern
Europe.
However,
the
strategic
http://upiasia.com/Security/2009/12/04/pyongyangs_nuclear-backed_grand_strategy/4235/
[和文版 寄稿]
核を背景にするピョンヤンの大戦略
UPI091207 高井三郎
北朝鮮が核の冒険に挑むに伴い、日本の体制派の中には危機
感を抱く声が強くなる傾向が認められ、彼らは日本の領域に米の核を
な廃棄を迫るだけでなく、自らのパ-シング及びGLCMの廃棄も受入
れたのである。
持込んで、ピョンヤン当局に圧力をかけ、核開発計画放棄を実現させ
以上の史実と現情勢を見るに、ピョンヤンに強圧をかけるため、米の
る事を期待する。このシナリオは、1980年代の冷戦期の欧州におい
核兵器の日本への持込みを主張する向きは、安易ないし単純な見方
て、米主導のNATOがソ連のIRBM(中距離弾道ミサイル)、SS-2
に終始する。すなわち、彼らは、米が、パ-シング及ぶGLCMを展開し
0を東欧から撤去させた教訓に基いている。
た結果だけが、INF交渉に臨むソ連を納得させたと見ている。
しかしながら、冷戦期の欧州と現在の東アジアの戦略環境及び当
しかしながら、先に述べたとおり、当時の米ソを取巻く戦略環境は、
時のソ連と今の北朝鮮の意図は非常に異なっている。したがって、先の
決して単純な様相ではなかった。従って、交渉開始からINFの全てを
欧州の事例を模範的事例として、そのまま適用する訳には行かない。
廃棄させるまでに実に10年を超える歳月を費やしている。米ソ両国と
かつての西欧では、東欧に配備されたSS-20、405基の脅威を
も、自らの核戦力削減による相対戦闘力低下を懸念したからである。
感ずるに及んで1980年に米政府は、ソ連の核戦力の削減交渉に乗
以前のソ連と異なり、今の北朝鮮は自らの核兵器が戦力化しても、
出した。このため米軍は、IRBM、パ-シング108基を西独、GLCM
世界の軍事超大国、米相手に単独では戦えない。このため、6ヵ国協
(地上発射巡航ミサイル)、トマホーク465基を西欧に配備し、外交
議の経過に見るとおり、ピョンヤン当局は、賢い外交戦略のもとに複雑
政策の強要に努めたのである。交渉開始から1987年に米ソ両国は、
巧妙な交渉戦術を如何なく発揮している。その手筋は、まさに永い歴
INF条約と略称されている中距離核戦力全廃条約に合意した。その
史を通じて培われた東洋の伝統的な兵学原理の反映である。
結果、射程500km から5500km までの核・通常弾頭の弾道・巡航
北朝鮮リーダは、彼らが東京・大阪をまともに核打撃すれば、人類の
ミサイルが、全て破棄された。これらの破棄されたミサイルは、米のパ-
敵と見做され報復に遭い、破滅の運命を辿ると認識しているに違いな
シング及びGLCM計846基に加え、ソ連のSS-20、SS-4、S-
い。ところが、目下、空想的な存在の核に支えられるピョンヤンの外交・
12、SS-23及びAS-15計1864基、合計2710基から成る。
心理攻勢は、予想を超える効果を収めている。日本のリーダ始め国民
然るに、INF条約の交渉の背景として、当時、進行中であった戦
略兵器制限交渉、略称、STARTの存在に注目すべきである。STA
の世論動向は、必ずしも冷静かつ合理的な思考に基づいていないか
らである。
RTは、際限のない核軍核競争の末、1970年代には両国を合わせ
現在の米軍は、米本国のICBM及び戦略爆撃機に加え、太平洋
た核兵器が2万発という戦慄的な結果を招いた事態が契機を成して
沿岸のミサイル原潜から核打撃する態勢を採っている。要するに戦略
いる。したがって、ライバル達は、使用は容易でないにも関わらず、巨額
核兵器が、以前のINF及び戦術核兵器の肩代りになったのである。し
な維持費を要する戦略核兵器の削減を余儀なくされ、1991年にST
たがって、一般の主張と異なる現実は、今では日本領域に核を持込む
ARTを締結したのである。一方、ワルシャワ条約軍は、INF交渉中に
必要性は殆ど認められない。然るに、米の戦略核兵器を伴うプレゼン
恐るべき規模の通常戦力の軍隊を展開し、明日にでも西欧の侵攻す
スは、核を欲するピョンヤンを説得するには至っていない。即ち、ピョンヤ
る態勢を採っていた。これとは別に、ソ連リーダは、西欧にとり緊要なイ
ンは、莫大な量のフオ-ルアウト(放射性降下物)が生ずる環境汚染
ランの原油を狙うため、地上部隊をアフガニスタンに侵攻させた。
及び各種要因から朝鮮半島に対する米の核打撃は不可能に近いと
それ故に、米リーダは、軍事情勢を含む戦略全般を真剣に分析検
見ているようである。■
討せざるを得なかった。かくして米政府は、ソ連のSS-20の一方的
20
------------------------------------------20091208
nikkei.co.jp
米戦略国際問題研所長「同盟、再び強固に」 日米関係シンポ
日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)が共催する第6
訴えた。「日米間には確固たる基盤があり、議論を恐れることはない」と
回シンポジウム「オバマ政権のアジア政策と新時代の日米関係」が8日、
も語った。 (11:40)
東京・大手町の日経ホールで開幕した。ジョン・ハムレCSIS所長は
「日米とも新しい政権が誕生した今、日米関係を抜本的にアセスメン
ト(再評価)すべきだ」と指摘。率直かつ忍耐力ある意見交換を通じ、
沖縄米軍基地問題などで揺れる日米同盟を再び強固にすべきだと強
調した。 ハムレ所長は「日米関係は今、若い恋人同士のように躍動
感がある関係にあり、一方が相手に自分の考えを押しつけたりしやすい。
忍耐力がないとけんか別れしてしまう」と指摘。同盟再強化に向け、安
全保障面での日米の役割分担や、日本による多国間協力ネットワー
シンポジウム「オバマ政権のアジア政策と新時代の日米関係」で概要を説明す
クづくりとそれへの米の寄与などに関し、意見交換を緊密にすべきだと
るハムレCSIS所長=8日、東京・大手町
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091208AT2M0800508122009.html
------------------------------------------DefenseNews.com
10 Dec 2009 19:26
http://www.defensenews.com/
仏は Syracuse 軍事通信衛星地上局の製造を早める計画
France To Speed Production Of Syracuse Sat Ground Station
By pierre tran
Paris - The Direction Générale pour l'Armement (DGA) has
rates of new ground stations for very high bandwidth and medium
signed two contracts totaling 42.2 million euros ($62.2 million) to
bandwidth transmission, and upgrade an overseas site for
accelerate production of ground stations for the Syracuse 3
handling Syracuse traffic. The DGA is prime contractor on
military telecommunications satellite system, the procurement
Syracuse, with Thales Alenia Space handling the space segment
office said Dec. 10. Of the total amount, 27.3 million euros comes
and Thales Communications for the ground stations and uplinks.
from the defense stimulus budget, the DGA said in a statement.
The Syracuse satellite system is designed to give high-speed
The government signed the contracts Nov. 24 and Dec. 3 with
secure links between France and troops deployed in foreign
Thales Communications. The orders are intended to help sustain
theaters. The defense stimulus package totals 2.4 billion euros,
activities of specialist small and medium-sized companies in
consists of funds brought forward in the defense budget, and is
Brittany, Normandy and the Ile de France region around the
intended to help support the supply chain.
capital, the DGA said. The contracts will permit raised production
http://www.defensenews.com/story.php?i=4415043&c=EUR&s=AIR
7 December 2009
レーザによるウラン濃縮計画が批判を呼ぶ
Laser Enrichment Plan Draws Critics
By william matthews
Using infrared lasers and uranium gas, a division of General
99 percent U-238 and less than 1 percent U-235. To make
Electric hopes to commercialize a cheaper method of enriching
uranium usable in reactors or weapons, it must be enriched -
uranium to run power plants. But some nuclear experts worry
that is, the percentage of U-235 must be increased. Nuclear
that if GE succeeds, it may speed the delivery of dangerous
reactors require uranium that has been enriched to 3 percent to
technology to nations around the world that yearn to have
5 percent U-235. Nuclear weapons need uranium that is 80
nuclear weapons. For five months, GE has been testing a process
percent to 90 percent U-235. It is uncertain yet whether the
called laser isotope separation. It uses specifically tuned lasers
same process can also produce the highly enriched uranium
to separate uranium 238, which is not fissile, from uranium 235,
needed for nuclear weapons. But the possibility worries some
which is. When it is dug out of the ground, uranium is more than
nuclear policy experts.
21
'Easy To Conceal'
process "poses significant proliferation risks due to difficulties in
In October, two dozen of them wrote to the U.S. Senate
detecting facilities using this technology."(後略)
expressing concern that the laser isotope separation (LIS)
http://www.defensenews.com/story.php?i=4406853&c=FEA&s=TEC
------------------------------------------C4ISR Journal
http://www.C4ISRJournal.com/
------------------------------------------JDW,
Jane’s Defence Weekly http://jdw.janes.com/public/jdw/index.shtml
10-Dec-2009
米軍は新しい Shadow 無人機の武装化を追求
US military seeks to weaponise new Shadow variant
The US Army has begun testing an onboard munition for the
theatre, as part...
RQ-7 Shadow, an unmanned aircraft widely used by the army in
10-Dec-2009
仏空軍は Paveway の導入を詳述
French Air Force details Paveway deal
The French Air Force has released more details regarding its
Global
recent acquisition of Raytheon GBU-49 Enhanced Paveway II
munitions. ...
10-Dec-2009
ロシアは Mistral 級の強襲揚陸艦購入有無の年末期限を設定
Russia will decide whether to acquire a Mistral-class amphibious
Positioning
System/laser-guided
air-to-ground
Russia sets end of year deadline for Mistral purchase
General Staff ...
assault ship from France before the end of 2009, the chief of its
10-Dec-2009
インドの Su-30MKI は墜落の後、飛行再開
Indian Su-30MKIs resume flying after crash
The Indian Air Force's (IAF's) Sukhoi Su-30MKI fleet resumed
wake of a crash involving ...
flying on 7 December after being grounded immediately in the
10-Dec-2009
ベネズエラは数千のロシアのミサイルとロケットを受領予定
Venezuela's armed forces are acquiring thousands of missiles
Venezuela to receive 'thousands' of Russian missiles and rockets
8 December. It is believed the systems...
and rockets from Russia, President Hugo Chavez announced on
10-Dec-2009 分析:イスラエルの訪問はインドの戦略的同盟の拡大を強調 Analysis: Israeli visit highlights India's growing strategic alliances
A visit to New Delhi on 8 December by Israel Defence Force
unspecified matters with Indian...
Chief of Staff Lieutenant General Gabi Ashkenazi to discuss
10-Dec-2009
米空軍はステルス UAV の存在を追認
USAF confirms existence of stealthy UAV
The US Air Force (USAF) has officially confirmed the existence
reconnaissance and surveillance support to ...
of "a stealthy unmanned aircraft system [UAS] to provide
------------------------------------------[平山ニュース]
バックナンバ
http://backno.mini.mag2.com/M0000575
------------------------------------------[NEWS]
12/9 0842GMT 打上成功:地球観測衛星 遥感 7 号,長征 2D,酒泉
12/7 民間宇宙船 SpaceShipTwo 公開(共,CNN,時,読,朝)
12/6 0147GMT 打上成功:軍事通信衛星 WGS3,Delta4,Cape Canaveral
12/3 サッポロ 宇宙ビールを限定発売(共,経,時,読,朝,毎)
22
[予定]
12/14 1038GMT 打上:測位衛星 Glonass(3 基),Proton,Baikonur
12/11 1409-1424GMT 打上:赤外線天文衛星 WISE, Delta2, Vandenberg
12/9 1626GMT 打上:光学偵察衛星 Helios 2B(仏),Ariane5,Kourou
[EVENT]
全天周映像「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」
・1/16- 相模原市立博物館 // ・12/19- とよた科学体験館
人類の宇宙進出 その可能性と課題,神奈川大学
・12/13 第 2 回宇宙エレベーター会議(JpSEC2009)
・12/12 神奈川大学文化講演会
[学会]
1/8 申込締切:第 24 回大気圏シンポジウム,2/18-19,ISAS 相模原
1/7-8 第 10 回宇宙科学シンポ,ISAS 相模原
1/4-7 48th AIAA Aerospace Sciences Meeting Including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition,Orlando,Florida
12/18(延長) 申込締切:JSASS 北部支部講演会ならびに 第 11 回再使用型宇宙推進系シンポ,3/10-11,東北大学
12/11 JSME 宇宙工学講座「宇宙工学の最前線を肌で感じよう!」,北九州国際会議場
12/10-11 宇宙航行の力学シンポ,ISAS 相模原
12/10 JSASS 西部支部講演会,北九州国際会議場
[etc.]
3/14 申込締切:「君も太陽系をヨットに乗って旅しよう!」 小型ソーラ電力セイル実証機 IKAROS 相互国際協力応援キャンペ>JAXA
12/17 応募締切:第 14 回国際宇宙大学(ISU)年次シンポジウム 学生派遣プログラム>JAXA,2/15-18,Strasbourg,France
12/17 新刊:長谷川洋一「花伝説・宙へ! 宇宙を旅した桜たち」 ランダムハウス講談社
12/16 応募締切:準天頂衛星初号機の愛称募集>JAXA
12/12 新刊:オカダケイコ,SOHLA「たいようさん まいど!」まいどスペース
------------------------------------------[中国宇宙開発-1]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/china_space_exploration/
------------------------------------------------------------------------------------[宇宙開発]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/space_exploration/
------------------------------------------NASA、広域赤外線探査衛星の打上げに成功(ロイター)15 日 - 16 時 24 分 *S09
*S09
*S10
危険な小惑星、リストアップ=宇宙の地図作り衛星打上げ NASA(時事通信)15 日 - 6 時 44 分
野口さん、宇宙長期滞在へ=ロシア(時事通信)12 日 - 10 時 22 分 *S10
野口さん、宇宙長期滞在へ=ソユーズ搭乗、21 日打上げバイコヌール基地(時事通信)12 日 - 5 時 35 分
青い太陽(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)9 日 - 14 時 19 分 *S11
23
英ヴァージン、スペースシップ 2 を公開(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)9 日 - 12 時 45 分 *S12
若田光一さん、NEC訪問 「きぼう」の技術協力に感謝(フジサンケイ ビジネスアイ)9 日 - 8 時 16 分
2011年宇宙の旅「スペースシップ2」公開(スポーツ報知)9 日 - 8 時 1 分
宇宙旅客機エンタープライズ、ロールアウト…ヴァージン(レスポンス)8 日 - 23 時 45 分
*S13
*S14
*S12
商業宇宙飛行シャトル公開=英社(時事通信)8 日 - 15 時 40 分
*S13
*S14
初の商業宇宙飛行シャトル公開=日本人客ら 300 人予約-英社(時事通信)8 日 - 14 時 47 分
民間宇宙船初披露、2011 年宇宙の旅へ 英ヴァージン社(CNN.co.jp)8 日 - 14 時 42 分
宇宙飛行士の若田さん NEC本社で成果報告(産経新聞)8 日 - 14 時 3 分 *S15
*S11
*S15
------------------------------------------[月探査]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/lunar_exploration/?1256274287
------------------------------------------2009 年 12 月 10 日 11 時 21
asahi.com
月探査、拠点建設に2000億円 政府が試算
政府の宇宙開発戦略本部(本部長・鳩山首相)の「月探査に関する懇談会」
2千億円ほどかかる。 政府の宇宙開発年間予算は今年度約3500億円。
が9日開かれ、無人宇宙船で運んだロボットによる月探査の拠点建設に2千億
有人宇宙飛行実現には兆単位の費用が必要とみられ、慎重論が根強いが、
円かかるという試算が、初めて示された。 6月の宇宙基本計画で「2020年ご
無人探査は1けた少ない額でできることになる。ただ、鳩山政権は月探査への
ろに無人月探査を目指す」との目標が示され、8月以降、そのあり方を検討し
姿勢をまだ明らかにしておらず、この日も政治家出席はゼロだった。委員からは
ている。(1)月面で採取した石を無人宇宙船で地球に持ち帰る(2)そのままロ
「熱意をもって議論しないと事業仕分けでまたばっさり切られる」といった意見が
ボットが半年ほど月に滞在して月探査拠点を建設する、の2案があり、試算で
出た。
は(1)は1900億円(2)は2千億円とされ、探査を続けると25年までにさらに
http://www.asahi.com/science/update/1210/TKY200912100109.html?ref=rss
12 月 9 日 22 時 25 分配信 読売新聞 2020年、月に無人基地を…政府懇談会が目標
政府の「月探査に関する懇談会」が9日開かれ、座長の白井克彦・早稲田大
略本部(本部長・鳩山首相)に報告書を提出する。座長案では、まず15年ご
総長が「2020年ごろまでに月の南極にロボット用無人基地を建設し、25年を
ろに日本独自の探査機を月表側に着陸させる。20年ごろまでに造る南極無
めどに月の裏側の石を地球へ持ち帰る」という探査目標を、座長案として示した。
人基地は、ロボットに電力を補給する。さらに25年ごろ、ロボットが月裏側で収
この計画実施には総額約4000億円かかるという試算も、内閣府が公表。同
集した石を地球に持ち帰る。科学研究や資源利用を目指す。
懇談会は、この座長案を軸に議論を進め、来年6月ごろ、政府の宇宙開発戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00001274-yom-sci
24
11年後、月に無人基地を…実現には4千億(読売新聞)9 日 - 22 時 25 分
------------------------------------------[北朝鮮ミサイル開発問題]
[ミサイル防衛]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korean_missiles/
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/missile_defense_system/?1181274734
[北朝鮮核問題]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korea_nuclear_program/?1220428632
[核兵器]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/nuclear_weapons/
[北朝鮮]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korea/?1230275551
------------------------------------------イランのミサイル想定、迎撃試験へ=来年 1 月、太平洋上で-米国防総省
12 月 15 日 14 時 15 分配信 時事通信
【ワシントン時事】米国防総省オライリー・ミサイル防衛局長は 14 日、米を狙っ
施しているが、イラン長距離ミサイル攻撃を念頭に置くのは初。イランミサイルと
たイラン長距離弾道ミサイルを想定した迎撃試験を来年 1 月に実施することを
核兵器開発への懸念が高まる中で、同国をけん制する狙いもあるとみられる。
明らかに。ロイター通信報。これまで、北朝鮮弾道ミサイルを想定した試験は実
PAC3追加配備を見送り 平成22年度予算の閣僚委で(産経新聞)15 日 - 13 時 22 分
<10年度防衛予算>PAC3追加配備、一部先送りの方針(毎日新聞)15 日 - 12 時 19 分
北製武器輸送で貨物機乗員の拘留延長(産経新聞)14 日 - 19 時 50 分
イランが核兵器用の機材開発=西側・IAEA も資料入手-英紙(時事通信)14 日 - 17 時 56 分
<米国>戦術核の役割見直しでNATO加盟国と協議へ(毎日新聞)13 日 - 2 時 30 分
ピーク過ぎたとは言えない―新型インフルで厚労省・中嶋室長(医療介護 CB ニュース)11 日 - 22 時 22 分
半島有事の密約裏付け=調査で文書確認-外務省(時事通信)11 日 - 20 時 15 分
<ロシア>対MD新型ミサイルの実験失敗 12回中7回目(毎日新聞)11 日 - 11 時 11 分
「核廃絶、道は険しい」 ゴルバチョフ氏、明大で講演(産経新聞)11 日 - 7 時 56 分
国際平和主導の決意表明=アフガン戦争の正当性強調-ノーベル受賞演説で米大統領(時事通信)11 日 - 1 時 32 分
アフガン戦争の正当性主張=平和追求で現実訴え(時事通信)11 日 - 1 時 11 分
「核なき世界追求」オバマ米大統領がノーベル平和賞授賞式に出席(産経新聞)10 日 - 23 時 29 分
ノーベル賞授賞式 米大統領、核軍縮「私の外交の中心」(毎日新聞)10 日 - 21 時 40 分
米大統領、ノーベル平和賞受賞へ=核廃絶、外交変革に評価(時事通信)10 日 - 14 時 5 分
「核なき世界」訴えへ=オバマ米大統領(時事通信)10 日 - 10 時 50 分
「核なき世界」訴えへ=平和賞授賞式に出発-米大統領(時事通信)10 日 - 9 時 58 分
同盟協議延期 「唯一の成果」も頓挫 首相が提案した信頼の礎(産経新聞)9 日 - 7 時 56 分
------------------------------------------[米軍動向]
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/us_armed_forces/
------------------------------------------朝鮮半島有事の国防指針、韓米が来年の制定を推進(聯合ニュース)15 日 - 17 時 53 分
アルカイダ網の根絶もアフガン新戦略の目標と、米統参本部議長(CNN.co.jp)15 日 - 17 時 9 分
イランのミサイル想定、迎撃試験へ=来年 1 月、太平洋上で-米国防総省(時事通信)15 日 - 14 時 15 分
普天間先送り政府方針、自民「国を誤る決定」(読売新聞)15 日 - 13 時 54 分
「解決に新しい一歩」=普天間問題で宜野湾市長(時事通信)15 日 - 13 時 10 分
普天間先送り、沖縄に波紋…知事には14日連絡(読売新聞)15 日 - 12 時 51 分
米国、年内に台湾への新たな武器売却を発表か?―台湾紙(Record China)15 日 - 11 時 32 分 *M11
米国務省報道官「普天間」再協議に否定的(読売新聞)15 日 - 11 時 5 分
普天間移設で政府方針決定 移設先決定は当面先送り、関連経費は来年度予算計上へ(産経新聞)15 日 - 11 時 1 分
政府、普天間「先送り」を正式決定(読売新聞)15 日 - 10 時 53 分
25
シャープ司令官「在韓米軍海外配置の準備が必要」(聯合ニュース)15 日 - 10 時 18 分
グアム移転費 3 億ドルを可決=オバマ大統領に提出-米上下両院(時事通信)15 日 - 5 時 52 分
日米合意の修正提起へ=普天間移設先は先送り-15 日、政府方針決定(時事通信)15 日 - 0 時 7 分
アフガン増派は最も困難な決断だった=オバマ米大統領(ロイター)14 日 - 16 時 40 分
独の新鋭潜水艦 4 隻、台湾の入手が可能に?財政危機ギリシャの購入拒否の“おかげ”―台湾メディア(Record China)14 日 - 16 時 16 分 *M12
*M11
普天間問題、結論5か月先送り案浮上(読売新聞)14 日 - 12 時 9 分
米主要2紙論評、「日米同盟は重要」(読売新聞)13 日 - 15 時 50 分
東富士へ一部訓練移転 現行案同意条件に負担軽減策 普天間移設(琉球新報)13 日 - 9 時 45 分
普天間問題 米、18日期限 がけっ縁首相「聞いてない」(産経新聞)13 日 - 7 時 56 分
【新・民主党解剖】第2部 覇者の憂鬱(6)「首相は小沢が決める」(産経新聞)13 日 - 7 時 56 分
普天間問題 米、18日期限 現行案同意なら一部移転(産経新聞)13 日 - 7 時 56 分
普天間含め米軍再編見直し要求へ…与党3党首合意(読売新聞)13 日 - 3 時 8 分
<沖縄密約>文書現存せず 外務省廃棄か 元局長証言と矛盾(毎日新聞)13 日 - 2 時 30 分
普天間決断は18日まで…米の「最後通告」(読売新聞)12 日 - 22 時 36 分
<沖縄ヘリパッド移設>決定に不服 住民側、本裁判で係争へ(毎日新聞)12 日 - 19 時 32 分
首相、コメントせず=米高官の要求に-普天間移設(時事通信)12 日 - 18 時 17 分
米海兵隊員が警官殴る 公務執行妨害容疑で逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)12 日 - 17 時 50 分
これ以上の増派はもうなしと駐留米軍司令官、アフガン情勢(CNN.co.jp)12 日 - 17 時 9 分
普天間「18日までに回答を」…米国務次官補(読売新聞)12 日 - 12 時 22 分
<ポーランド>米国と地位協定締結 東欧新MD始動(毎日新聞)12 日 - 12 時 10 分
普天間問題、18 日までの結論要請=一部ヘリ訓練を静岡に移転-米高官(時事通信)12 日 - 10 時 36 分
「人々の気持ち酌んで」 ゴルバチョフ氏、米側の自制求める(琉球新報)12 日 - 10 時 25 分
オスプレイ普天間配備可能性認める(琉球新報)12 日 - 10 時 20 分
米海兵隊 日出生台で射撃訓練 来年2月、4年ぶり(西日本新聞)12 日 - 7 時 7 分
普天間、岡田外相の焦燥感紹介=同盟関係重要と指摘-米紙(時事通信)11 日 - 23 時 39 分
米国防長官イラク訪問、予定通りの撤退強調(読売新聞)11 日 - 21 時 56 分
「閣内不一致」に「首脳会談断念」 「迷走普天間」はもう理解不能だ(J-CAST ニュース)11 日 - 20 時 15 分
半島有事の密約裏付け=調査で文書確認-外務省(時事通信)11 日 - 20 時 15 分
普天間問題で広がる混乱 乱れる与党足並み、長期化も(産経新聞)11 日 - 19 時 55 分
日米合意、全面履行困難=普天間めぐり外相らと協議-鳩山首相(時事通信)11 日 - 19 時 36 分
普天間のグアム移設検討を=与党議連(時事通信)11 日 - 17 時 4 分
日出生台で4年ぶり訓練へ 米海兵隊 来年(西日本新聞)11 日 - 15 時 7 分
沖縄知事、米軍基地従業員の給与維持を要請(読売新聞)11 日 - 12 時 58 分
首相、普天間問題で「米国は何も変わらないのがベスト」(産経新聞)11 日 - 12 時 54 分
米の本音は普天間存続=「変化なしがベスト」-鳩山首相が認識(時事通信)11 日 - 11 時 39 分
26
*M12
オバマ氏「米軍犠牲で韓国に平和」ノーベル受賞演説(聯合ニュース)11 日 - 11 時 33 分
イラク首相、米国防長官との会談中止 連続テロで議会証言(CNN.co.jp)11 日 - 11 時 30 分
<普天間移設>問題長期化は日米関係に影響…藤崎駐米大使(毎日新聞)11 日 - 11 時 28 分
日米関係は「普天間」だけ?=航空協議の質問に早とちり-国務省高官(時事通信)11 日 - 11 時 13 分
沖縄知事、思いやり予算見直し撤回を要請=外相は「聖域」設けず(時事通信)11 日 - 11 時 6 分
沖縄知事、米軍基地従業員の給与維持を要請(読売新聞)11 日 - 10 時 35 分
オバマ氏「米軍犠牲で韓国に平和」ノーベル受賞演説(聯合ニュース)11 日 - 10 時 31 分
普天間問題、米で不満拡大=「懸念重く受け止める」-駐米大使(時事通信)11 日 - 10 時 28 分
普天間問題 当事者能力なき首相 理念示せず交渉頓挫(産経新聞)11 日 - 7 時 56 分
「日米首脳会談は困難」 首相、普天間の結論は年内(産経新聞)11 日 - 7 時 56 分
半島有事文書、核黙認の討論記録…密約調査で発見(読売新聞)11 日 - 3 時 3 分
米議会がグアム関連予算を復活 来年以降は???懸念強まる(産経新聞)10 日 - 22 時 14 分
ノーベル賞授賞式 米大統領、核軍縮「私の外交の中心」(毎日新聞)10 日 - 21 時 40 分
<普天間移設>「結論急がず」一貫しつつあいまい発言(毎日新聞)10 日 - 21 時 31 分
11 年夏の移譲開始は不変=アフガン新戦略で米大統領(時事通信)10 日 - 20 時 58 分
<米朝協議>ボスワース氏「探索的な対話だった」と総括(毎日新聞)10 日 - 20 時 55 分
グアム移転検討に消極的=防衛相(時事通信)10 日 - 19 時 27 分
アフガン駐留米軍、実際の撤収開始は治安情勢次第か 国防長官(CNN.co.jp)10 日 - 17 時 36 分
首相、日米会談を断念 普天間 年内に方針決定(産経新聞)10 日 - 15 時 27 分
タリバーン戦闘員は疲労している 米司令官が指摘(CNN.co.jp)10 日 - 14 時 21 分
「ちょろっと見て駄目」重野氏、防衛相批判(読売新聞)10 日 - 13 時 19 分
<米朝直接協議>米特別代表、韓国に到着 「訪朝は有益」(毎日新聞)10 日 - 13 時 15 分
日米作業グループの議題変更を 平野官房長官が普天間問題で意向示す(産経新聞)10 日 - 13 時 2 分
アフガン軍事行動、成否判断は「来年 12 月に」と米軍司令官(CNN.co.jp)10 日 - 12 時 3 分
来週の日米首脳会談断念=普天間「年内に方針決めたい」-鳩山首相(時事通信)10 日 - 11 時 37 分
基地従業員給与、見直し撤回を=「事業仕分け」で意見書採択-沖縄県議会(時事通信)10 日 - 11 時 32 分
<米議会>海兵隊のグアム移転経費、全額認める 両院が合意(毎日新聞)10 日 - 11 時 24 分
日米首脳会談、米側が事実上の拒否(読売新聞)10 日 - 11 時 19 分
日米首脳会談に消極姿勢=閣僚級協議「最善の道」-普天間問題でホワイトハウス(時事通信)10 日 - 10 時 24 分
「核なき世界」訴えへ=平和賞授賞式に出発-米大統領(時事通信)10 日 - 9 時 58 分
日米首脳会談に消極的 米大統領報道官「作業グループが最善だ」(産経新聞)10 日 - 9 時 45 分
グアム移転費復活、3 億ドルで合意=普天間、次期予算に影響も-米上下両院(時事通信)10 日 - 9 時 29 分
米朝協議が終了=韓国で会見へ-米特別代表(時事通信)10 日 - 8 時 38 分
【新・民主党解剖】第2部 覇者の憂鬱(3)日米同盟より中国重視(産経新聞)10 日 - 7 時 57 分
普天間受け入れの見返り 沖縄振興策継続へ 政府、移設見直しと矛盾(産経新聞)10 日 - 7 時 57 分
イノウエ米上院議員 普天間「誤解招く言明」 議会側初、日本に懸念(産経新聞)10 日 - 7 時 56 分
沖縄海兵隊グアム移転予算、米議会が満額復活(読売新聞)10 日 - 3 時 3 分
日米首脳会談、要請もできず…米側も消極的(読売新聞)9 日 - 21 時 22 分
<普天間移設>民主・輿石氏、米の首席公使と意見交換(毎日新聞)9 日 - 21 時 3 分
<与党>11日に3党首会談 普天間、予算めぐり(毎日新聞)9 日 - 20 時 53 分
北沢防衛相、グアム移設を否定 「日米合意にはずれる」(産経新聞)9 日 - 19 時 48 分
普天間のグアム移転要望=宜野湾市長(時事通信)9 日 - 18 時 9 分
日米首脳会談は未調整=鳩山首相(時事通信)9 日 - 16 時 59 分
27
アフガン治安部隊要員の給与引き上げ タリバーンとの格差是正(CNN.co.jp)9 日 - 16 時 51 分
11 日に与党 3 党首会談=結束再確認、「喫緊の課題」協議(時事通信)9 日 - 15 時 42 分
ロイター・コラム:オバマ米大統領の「戦争と平和」(ロイター)9 日 - 14 時 53 分
普天間移設で鳩山首相「だいぶ詰まってきた」(読売新聞)9 日 - 13 時 58 分
<アフガン新戦略>成功に自信 米公聴会で駐留司令官が証言(毎日新聞)9 日 - 13 時 31 分
普天間飛行場、危険除去を最優先=平野官房長官(時事通信)9 日 - 12 時 31 分
<イラク>連邦議会選挙ようやく決定、10年3月7日に実施(毎日新聞)9 日 - 10 時 59 分
<在日米軍再編>普天間移設 混迷深まる日米関係 移設先「決定せず」伝達へ(毎日新聞)9 日 - 10 時 56 分
党首の連立離脱論に苦言=阿部社民政審会長(時事通信)9 日 - 10 時 44 分
在韓米軍のアフガン派遣はない、米統合参謀本部議長(聯合ニュース)9 日 - 10 時 38 分
アフガン駐留米軍司令官、新戦略について議会証言(CNN.co.jp)9 日 - 10 時 27 分
------------------------------------------[ASAGUMO NEWS]
朝雲新聞社
http://www.asagumo-news.com/
12/14 「ニュース」更新
難航する普天間移設 //
予算編成を目前に 北沢大臣、グアム視察
海賊対処航空部隊 3次隊に2空群など
統幕長 ジブチで隊員を激励 //
北沢大臣、防大で初講演 //
関係国とも意見交換
「戦争防ぐ軍事力に」
那覇基地(5空)に “黄色いハンカチ” //
客船船長 海賊対処指揮官と再会 //
家族のメッセージを書き込み //
海賊監視 P-3C の無事を祈る
「海自護衛艦に感謝」
陸自広報センタ //
“仕分け効果”で人気急上昇 //
歴代2位の入館者数を記録
技術が消える! //
窮地に立つ防衛産業<5> //
課題は「選択と集中」 //
評価も庇護もなく //
安全保障脅かす産業構造
東京・永田町の参議院議員会館第1会議室。さる11月22日、ここで22年
向けなければと判断した。現在使われている製品については、できる限りアフタ・
度予算概算要求を見直す政府の行政刷新会議を前に、防衛省の要求内容
フォローを続けたい」と広報担当者。
を与党議員に説明する政策会議が開かれた。席上、長島政務官の説明に耳
戦闘機レドーム製造技術を有しているのは、国内では同社だけで、今後、国産
を傾けていた与党議員から意外にも防衛産業の先行きに懸念を示す発言が
戦闘機を開発・生産する場合、プライムメーカは代替製品が必要だ。長年培っ
相次いだ。
た技術がものを言うだけに、国産を断念して海外からの調達も考慮しなければ
「装備品の大半は大企業の下請けとして熟練工を持つ中小零細企業が担って
ならない。
いる。こういう中小零細企業が防衛産業の基盤を支えているわけだから、高い
今年3月26日に首相官邸で開かれた「安全保障と防衛力に関する懇談会」
安い、効率の良し悪しでばっさり切っていいものか」「こういう基盤の維持の観点
では、「厳しい財政事情の中で防衛産業を維持するには、全ての分野をまんべ
を忘れてはいけない。事業の当否について政治判断すべきだ」。
んなく維持するのではなく、選択と集中が必要」という意見が民間委員から出さ
しかし、防衛産業の窮状に関心を示す議員が現れる一方で、肝心の受注環
れた。
境悪化には歯止めがかからないのが現状だ。今年3月には戦前から約70年に
この懇談会には大学教授や財界関係者、統幕議長経験者ら、政府側からは
わたり航空機用タイヤを作り続け、自衛隊にも納入してきた横浜ゴム(本社・東
内閣官房副長官、防衛省や経済産業省の幹部らが出席。防衛省と経産省
京都港区)が「売上げ規模が小さく、将来の成長も見込めない」と撤退を表
が防衛生産と技術基盤について説明したところ、「具体的にどのような形で選
明。
択と集中を行うのか、自衛隊のニーズやメーカの対応の両面からしっかり考えて、
既に納入先や関連会社への説明を進めており、今年中に段階的に納入を停
その手法を早急に確立する必要がある」などと、調達見直しにまで踏み込んだ
止、アフタ・フォローも来年内で全て終了予定で、航空機の着陸に耐えられるタ
意見も出た。
イヤの骨格部分の強度設計や、磨耗した部分の修復など長年培ってきた技術
懇談会に出席した経団連防衛生産委員会の佃和夫委員長は席上、企業内
の散逸は避けられない状況だ。
に占める防衛産業の比率が低いこと、供給先は防衛省のみという防衛産業の
F2戦闘機のレーダを覆うレドームを作ってきた住友電工(本社・大阪市)も新
特性を示した上で、調達数量の減少や、それによって技術基盤が大きく揺らい
規調達には応じられないという意向を示している。「防衛産業は高い技術力が
でいることを強調。さらに装備品の国際共同開発の重要性を訴えた。
必要とされるが成長性に乏しい。限られた人材と生産設備を成長分野に振り
これに対し、欧米防衛産業では装備品の国際共同開発がトレンドになっている
28
として、「日本企業が国際共同開発に参加できるよう、武器輸出三原則を見
対応を強く求めている。
× × ×
直す必要がある」という委員もいた。
ミサイル防衛システムという大型装備導入等で、従来にも増して「選択と集
2年後には新規生産が止まる戦闘機関連業界では、今回、なぜか婉曲に取
中」が求められる中、防衛産業政策の目指すべき方向性について経団連は今
材を辞退する中小企業が多かった。防衛関連装備品を手がけていることを余り
年7月、「安全保障上必要な装備品を取得し、技術力を維持できる適正なレ
知られたくないという。今夏、日本航空宇宙工業会が行った関連企業へのヒア
ベルの予算確保が不可欠。限られた予算の中で円滑な装備品の運用支援等
リング調査に対し、「防衛産業は国家に必要不可欠なのだという世間の論調を
を行っていくために、最先端装備のシステム・インテグレーション技術等重点技術
導き出してほしい」という回答があった。誇るべき技術で国家の防衛に貢献しな
分野への集中投資も必要。今後予想される多国間の装備品共同開発・生産
がらも、正当な評価も庇護も受けられずに撤退していくという産業構造には、わ
が可能となるようなスキーム構築、宇宙基本法の制定を受けた安全保障にお
が国の安全保障を不確かなものにする本質的問題がひそんでいる、と言えそう
ける宇宙利用への対応も欠かせない」とする提言を発表、さし迫った課題への
だ。 (終)
12/9 「コラム」更新
・朝雲寸言 // ・普天間問題の見送り // ・実現性なき国外移設
12/7 「ニュース」更新
災害救助や人道支援 日中で共同訓練へ //
将官級異動を発令 12 月7日付 //
陸の部隊交流も開始 防衛首脳会談で合意
宮島即応集団司令官 渡辺統幕校長 中川1師団長
防衛省関連事業仕分け 増員要求は「見送り」 //
防衛省関連事業仕分け
新規装備の調達 大綱・中期防待ちに
17 項目の判定結果
海賊対処2次隊 「はるさめ」など帰国
国際海事機関 海賊対処に「勇敢賞」 //
自衛隊など23カ国派遣部隊受賞
防衛省組織令の一部を改正
日米5700人参加してYS57 東千歳駐など
露原潜など確認
露原潜など確認 11月27日午後8時ごろ、北海道宗谷岬の北東約170
キロのオホーツク海を浮上して西進するロシア海軍の「アクラ」級原子力潜水艦
(浮上時排水量7500トン=写真)と、随伴する「ルドゥニツキー」級サルベー
ジ救難艦(1万700トン)を、海自2空群(八戸)のP3C哨戒機が確認した。
2艦は28日、宗谷海峡を西航して日本海に入った。
11月30日午前7時ごろ、長崎県下対馬の南東約28キロの対馬海峡を北東進
するロシア海軍の「スラバ」級ミサイル巡洋艦(満載排水量1万1490トン、艦番号
011)と「ドゥブナ」級補給艦(同1万1500トン)、艦級不明のサルベージ曳船(5
250トン)の3隻を、海自16護衛隊(佐世保)の護衛艦「せんだい」が確認した。3
艦はその後、対馬海峡を北上した。
------------------------------------------[kokunews]
航空ニュース社
http://www.kokunews.jp/
------------------------------------------[民間航空機関連 (ex-SJAC 三輪さん)]
DL(1210)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ユナイテッド航空 狭胴機の調達決定を来年に控えて、エンブレアも入札対象に
UAL eyes Embraer for next round of aircraft bids
Fresh off its purchase of 50 new wide-body jets, United Airlines says it plans to add to its narrow-body fleet next year -- and Boeing
Co. and Airbus won't be the only suppliers under consideration. "We are going to go into the narrow-bodied (plane) market next year,"
CEO Glenn Tilton told Reuters. "We are going to invite Embraer into that competition." Reuters (12/9)
エアライン 来年は航空需要が成長期に入ると期待
29
Airlines see stronger business travel demand in 2010
Premium ticket sales are beginning to improve, leading many airline executives to predict a much-needed recovery in business travel
next year. Speaking to an investors conference in New York, officials from Delta Air Lines, American Airlines, United Airlines and US
Airways all noted an increase in ticket sales for their first- and business-class cabins. The return of lucrative corporate fliers raised
hope for a broad-based turnaround at many carriers. "I don't want to give a specific date or guidance, but clearly it's going to be in 2010,
and likely it's going to be in the front half of 2010," said Delta CFO Hank Halter. Reuters (12/9) , Chicago Tribune/The Associated Press
(12/9) , Bloomberg (12/9) , Air Transport World (12/10)
FAA 関連予算 上院・下院連合委員会で来週中に結論
FAA funding measure heads to vote in House, Senate
A House-Senate conference committee has hammered out differences on an umbrella appropriations bill that includes 2010 funding for
the FAA. The compromise bill includes $9.35 billion for FAA operations, $3.5 billion for airport improvement projects and $2.9 billion for
facilities and equipment. Another $190.5 million is earmarked for research and development. The measure is expected to pass both
chambers by the end of next week. AviationWeek.com (12/9)
SmartQuote
"Knowledge is a treasure but practice is the key to it."
知識は宝だが、実践が知識へ至るカギである。
--Thomas Fuller,
English clergyman and historian
英国聖職者・歴史家: トーマス・フラー
DL(1209)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ボーイングの不況対策の一環として輸出入(EXIM)銀行 融資保証にのリーダす
Export-Import Bank helps Boeing ride out recession
The Export-Import Bank is "signing deals at a dizzying pace," The Wall Street Journal reports, helping Boeing Co. avoid layoffs and
production cuts. The Ex-Im's loan guarantees, backed by the U.S. Treasury, have made banks comfortable with aircraft loans, enabling
foreign sales that might not otherwise occur. In fact, the Journal reports, "more than one in four airliners Boeing delivers this year will
be funded thanks to" guarantees from Ex-Im. But although the bank preserves U.S. jobs at no cost to taxpayers, some critics say the
loan guarantees help create excess capacity in the airline market. The Wall Street Journal (12/9)
ボーイング Q4期 引渡繰延のリクエスト件数が減って落ち着いてきたと発表
Fewer deferrals requested in Q4, Boeing says
Fewer airlines are deferring orders for new jets, adding to the evidence that the air transport industry may be pulling out of its prolonged
slump. James Bell, president and CFO of Boeing Co., says his company received 215 deferral requests in the first nine months of the
year, but only a few since then. "The good news is we have not seen a significant number of new deferral requests since the third
quarter," he said, adding that Boeing expects to hit the low end of delivery forecasts for 2009. Chicago Tribune/The Associated Press (12/8)
ガルフストリーム 2011 年には成長期が期待されると
Gulfstream expects "growth year" in 2011
General Dynamics expects improved results next year at its Gulfstream business jet division, while revenue from two new models will
make "2011 a growth year for Gulfstream," according to CEO Jay Johnson. Though aerospace sales are expected to be flat in 2010,
Johnson said margins should show improvement. Rubber & Plastics News (Akron, Ohio) (subscription required) (12/8)
FAA長官 次世代航空管制のメリットを強調
Babbitt sees "dramatic" benefits from NextGen stimulus
Federal stimulus funds could still be used to help airlines upgrade their cockpits with NextGen avionics, FAA Administrator Randy
Babbitt said Tuesday. If TARP funds were to help shave three to four years off the implementation of NextGen, "the benefits would be
pretty dramatic," Babbitt said, while stressing that no such decision has been made by the administration. Air Transport World (12/9)
FAA通信関連信頼性検討委員会を設置発足
FAA panel to review telecommunications reliability
The FAA will convene a panel to review the agency's telecommunications system following an outage last month that delayed more than
800 flights. "We have an extremely reliable system, but we need to have the confidence that problems can be solved quickly and
efficiently so our air traffic controllers and aircraft operators have the tools they need and travelers aren't inconvenienced," said FAA
Administrator Randy Babbitt in announcing the formation of the review committee. Google/The Associated Press (12/8)
30
トライデント・ミサイル 海軍がロッキード・マーチンへ発注
Lockheed Martin wins $851M missile contract
The U.S. Navy has awarded a contract to Lockheed Martin Space Systems Co., based in Sunnyvale, Calif., for work on the Trident II
nuclear missile that is launched from submarines. The contract, worth up to $851 million, is for the production of missile hardware and
hardware for the missile's reentry system. American City Business Journals/San Francisco (12/8)
ロシア
最新ミサイル・システムを 2016 年までに完了配備
Russia expects completion of advanced missile systems by 2016
Russia's commander of Strategic Missile Forces says the country will complete its development of advanced missile systems by 2016,
with the stockpile then including 80% new missiles and 20% of existing missile systems with extended service life. The missile group will
be made up of two components -- long-endurance missile systems and standby stationary missile systems with a high level of combat
readiness. Xinhuanet.com (China) (12/9)
ブラジル大統領 戦闘機調達に関連して国防上の必要性を強調
Brazilian president cites defense needs in fighter jet buy
"Every country has to prepare for potential threats," says Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva, explaining his government's
negotiations for 36 Rafale fighter jets built by Dassault of France. Lula delayed a fin
SmartQuote
"To find new things, take the path you took yesterday."
新しいものを発見したければ、昨日と同じ道を通ってごらん。
--John Burroughs,
American naturalist and essayist
ジョン・バローズ(アメリカ博物学者エッセイスト)
DL(1208)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ボンバルディア Q3期 新規がキャンセルを上回り受注が落ち着く
Bombardier Q3 orders reflect industry stabilization
Bombardier Inc. says it received 26 orders for business jets in the third quarter and 24 cancellations, representing the first time in a
year that it had more orders than cancellations. The orders are seen as the latest sign of stabilization in the business jet market, and,
though small, the net order for jets puts the book-to-bill ratio for corporate aircraft at 0.1, higher than the ratio for commercial, which
remained at nil. The Wall Street Journal/Dow Jones Newswires (12/3)
アメリカン航空 11月乗客数 本選では現象したがアメリカンイーグル(地域路線)では上昇
November traffic down at American, up at American Eagle
November traffic slipped 0.5% at American Airlines, while load factor rose 3 percentage points on a 4.2% reduction in capacity. AMR's
regional unit fared well across the board, with traffic up 11.7% and capacity rising 6.8%. Beginning in June, American Eagle will start to
take delivery of 22 new CRJ700 regional jets built by Bombardier in a deal valued at $779 million. The Wall Street Journal (12/3) , Chicago
Tribune/The Associated Press (12/3)
ボーイング 777のエンジン回りのリトロフィット をアメリカン航空・デルタ航空で実施
Boeing calls for engine retrofits on 777 jets
American Airlines and Delta Air Lines are among the carriers expected to be most affected by a Boeing Co. service bulletin urging
engine overhauls for more than 220 wide-body 777 jets worldwide. Within weeks, Boeing plans to begin retrofitting the jets with a new
thermal-protection system designed to correct a recurring problem with thrust reversers, including an incident last December at Tokyo
Narita, in which a reverser broke off shortly after takeoff. No crashes have ever been blamed on the issue. The Wall Street Journal (12/4)
エアバス ドバイ・エアショウでの受注で2009年受注高を伸ばす
Deal for 52 aircraft boosts Airbus sales for '09
Airbus reports that it had a total of 74 new sales in November, including 15 sold at the Dubai air show and a deal with an unnamed
airline for 52 A320 single-aisle jetliners worth $4 billion. The company sold a total of 225 aircraft in the first 11 months of the year,
minus 31 airplane cancellations, compared to Boeing's sales of 91 aircraft in the same period. Reuters (12/3)
FAA記者会見:空港の抱える課題を当局、空港、エアラインで3者共同で詳細検証すべき
FAA: More detailed information on airfield risks needed
Regulators, airports and airlines need to work proactively to gather detailed information to identify airfield risks, according to Federal
Aviation Administration Administrator Randy Babbitt. Babbitt said the fact that U.S. airports saw a 50% reduction in serious runway
incursions over a year was encouraging, and he called for a "shift away from the forensic investigation of what happened and instead
start chipping away at the precursors." Air Transport World (12/4)
31
ミサイル・無人機の輸出規制ルールの見直しが急がれる
AIA urges reforms to encourage foreign sales of UAVs
To spur the lucrative export of unmanned aerial vehicles, President Barack Obama is being urged by aerospace executives to rewrite
22-year-old limits on the transfer of missile technology. "Subjecting slow, unarmed UAS (unmanned aerial systems) with limited
maneuverability and performance capability to the same restrictions as cruise missiles is unnecessary and inappropriate," said the
Aerospace Industries Association in a statement accompanying its letter to the president, which was signed by more than 100 industry
CEOs. Over the course of a decade, total spending on UAVs is expected to reach some $55 billion. Presently, Israel, Japan and
Australia are all "clamoring" to buy the technology, according to Marion Blakey, AIA's president and CEO. Reuters (12/3)
F-35 開発日程遵守のために試験機を追加で製造
Lockheed may build extra F-35 test plane to stay on schedule
To ensure it meets flight-testing deadlines, Lockheed Martin Corp. may spend part of its own development fees to build a second F-35
test aircraft. CFO Bruce Tanner said that foregoing fees in the development phase could make financial sense if it helps keep the
deliveries of 2,400 jets on schedule. A company spokesman said two short-takeoff-vertical-landing aircraft are scheduled to resume
flight tests next week. Fort Worth Star-Telegram (Texas)/Bloomberg (12/3)
A400M の将来がかかる 初フライト(4年遅れで)来週に予定
Future of A400M could hinge on test flight
At four years behind schedule and $10 billion over budget, the A400M has more than usual riding on its first test flight, which is
expected to take place next week. Airbus has already written off more than $3.5 billion in development costs, and canceling the project
now would force the return of nearly $8.5 billion in deposits. "A first flight gives the program a lot more security," says an aerospace
consultant in London. "It's a lot easier to kill something if it hasn't flown yet." The New York Times (12/3)
SmartQuote
"I have always admired the ability to bite off more than one can chew and then chew it."
人が飲み下せる以上のものをかじりとって、しかもちゃんと噛みくだけるのをみると 僕はびっくりする。
--William C. deMille,
American screenwriter and film director
アメリカ映画監督脚本家:ウィリアム・C・デミル
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2009 年航空宇宙10大ニュース(AIA)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - Looking Back at the Year
2009.09.16 Wings of Liberty Award
AIA Chairman Bob Stevens, Senator
Daniel Inoue, AIA President & CEO
Marion Blakey
·AIA CEO: Challenge and Change
As with most sectors of our economy, the
aerospace and defense industry has found the
business climate in 2009 very challenging. But it
is fair to say that A&D has proved its mettle by
delivering generally positive results each
quarter, with a year-end sales increase still
projected. Industry leaders can take credit for
applying hard-learned lessons of the past to
build a solid foundation that is helping us
weather a difficult period.
Many analysts believe we will be faced by flat
or declining defense aerospace R&D and
procurement funding in the coming year,
despite the new Defense Department team's
recognition of industry's increasing concerns
about the defense industrial base. Obtaining
adequate funding for the Next Generation Air
Transportation System and our manned space
program are important, yet uncompleted,
priorities.
However, long overdue initiatives to
modernize the export control system will
enhance interoperability with our allies and
make us more competitive. And the first-ever
National Aerospace Day Sept. 16 successfully
highlighted the contributions of our industry
to our economy and national security and put
a face on the 844,000 workers who contribute
day-in and day-out to make us strong. The
tagline of our advocacy outreach says it all
simply, but eloquently: Aerospace and
Defense – the Strength to Lift America.
2009.06.14 Paris Air Show
AIA_Blakey, SJAC_Mori, exAIA_Clay,
SJAC_Iwashimizu
http://www.aia-aerospace.org/newsroom/features/national_aerospace_day/national_aerospace_day_blog/
http://www.aia-aerospace.org/newsroom/features/aia_at_the_paris_airshow/blog
The Year's Top Ten
Top 10 news stories clicked by SmartBrief readers in the past year.
US Airways jetliner plunges into Hudson; all 155 aboard survive (1/16)
Obama to delay tanker, cancel bomber, sources say (3/9)
US エアウェイズ旅客機、 ハドソン川へ突っ込む
オバマは給油機を遅らせ、爆撃機を中止、その筋は述べる
32
Lockheed Martin reveals Navy's new stealth fighter (7/28)
Blakey applauds proposed NASA budget increase (2/26)
Gates shifts priorities with proposed budget (4/7)
ロッキード・マーチンは海軍の新しいステルス戦闘機を公表
AIA CEO Blakey は提案された予算増額を歓迎
Gates 国防長官は提案予算の優先順位を変更
エアフランスの機体は 228 人の旅客を乗せたまま大西洋で消息を絶つ
Air France plane with 228 people disappears over Atlantic (6/1)
787 timetable looks uncertain following latest setback (6/23)
787 の工程線表は最近の景気後退に伴い不確かに
Senate subcommittee passes 2010 defense appropriations bill (9/9)
上院議員小委員会は 2010 年防衛予算歳出法案を可決
南カロライナはボーイング 787 組立ラインの誘致に勝つ
South Carolina wins contest for Boeing 787 assembly line (10/28)
Boeing, Lockheed designing nuclear-capable bomber for 2018 delivery (2/17)
ボーイング、ロッキードは 2018 年納入の核搭載可能な爆撃機を設計中
*************
SmartQuote (2009 年の好評だったもの)
"If you don't go after what you want, you'll never have it. If you don't ask, the answer is always no. If you don't step forward, you're
always in the same place."
欲しいものは求めよさらば与えられん。質問なければ答え常にノーだ。踏み出す一歩がなければ常におなじところに留まるだけ。
--Nora Roberts,
American author
*************
"If you're walking down the right path and you're willing to keep walking, eventually you'll make progress."
正しい道筋を歩いており、歩き続ける意志があるなら、最終的に前進できる
--Barack Obama
*************
"He who has the fastest golf cart never has a bad lie."
ゴルフ・カートで一番乗りする人の ボールが悪いライのはずがない。
--Mickey Mantle,
National Baseball Hall of Famer
*************
"It is our responsibilities, not ourselves, that we should take seriously."
その人自身ではなくてその人の責任、それこそ問題にされるべきである。
--Peter Ustinov,
British actor and writer
*************
"Success is to be measured not so much by the position that one has reached in life as by the obstacles which he has overcome while
trying to succeed."
人生の成功は到達した地位によってではなく、成功しようと努力する間どれだけ障害を克服したかで測られるべきである。
--Booker T. Washington,
American author, educator and black leader
DL(1208)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ユナイテッド航空 ボーイングとエアバスから 787 と A350 それぞれ25機を購入
United splits wide-body order: 25 jets each from Boeing, Airbus
United Airlines on Tuesday announced a long-awaited order for new wide-body jets, splitting the contract evenly between Boeing Co.'s
787 Dreamliner and the forthcoming Airbus A350. United plans to take delivery of the 50 jets between 2016 and 2019 as it retires older
747 and 767 models. In addition to the firm orders, United arranged for options on 50 more jets from each manufacturer. At list price,
33
the deal was worth about $9 billion, but the company said it was able to negotiate the best possible deal by shopping during a downturn.
The Wall Street Journal (12/8) , ABC News/The Associated Press (12/8)
デルタ航空の787発注分の将来さらに不透明に
Delta's Dreamliner order looking more uncertain
Delta Air Lines' 1,400 aircraft "clearly meet the needs of our network," according to CFO Hank Halter, and the company is looking to
update existing planes rather than order new ones. Halter's comments added to uncertainty about an order for 18 Dreamliners that
Delta inherited following its merger with Northwest Airlines. FlightGlobal.com (12/7)
環境庁(EPA)の二酸化炭素規制ルールだとエネルギーコスト上昇につながる
EPA carbon ruling could increase energy costs, industry groups say
The Environmental Protection Agency's declaration of carbon dioxide as a health hazard could burden businesses with higher expenses,
said industry groups. The EPA's endangerment finding allows it to issue new regulations that might lead to higher costs, job reduction
and project delays. Instead of EPA-issued regulation, industry groups prefer Congress to pass climate-change legislation to curb carbon
emissions, in line with suggestions made by the White House and the EPA itself. USA TODAY (12/8)
エアラインのプレミアム・シート特別料金の案
Experts say premium-seat charge is a fee that makes sense
Airlines increasingly are charging premium prices for premium seats, and experts say the new system only makes sense. "Why should
someone who sits in an exit row aisle seat pay the same as someone who sits in the last row in the middle?" asks Brett Snyder, who
writes the crankyflier.com blog. Airline analyst Michael Derchin agrees. "Consumers understand that when you go to the theater or a
concert, you pay for location; there's one price for sitting in the orchestra, another for the back of the mezzanine," he says. Widespread
acceptance is good news for cash-strapped airlines: JetBlue Airways estimates it will collect $65 million this year from travelers willing
to pay for extra legroom. The New York Times (12/7)
タンカー機入札からノースロップ・グラマンは離脱
Northrop Grumman may drop out of tanker competition
Northrop Grumman, claiming that the Pentagon has changed bidding rules in favor of rival Boeing, is threatening to pull out of the
competition for a new fleet of Air Force tankers. A Northrop Grumman official said the company likely cannot compete if the Pentagon
is asking for a smaller tanker. The contract could be worth $35 billion and increase to $100 billion over time. National Public Radio (12/7) SmartQuote
"A moment's insight is sometimes worth a life's experience."
一瞬のひらめきが一生かかっての経験に匹敵することもある。
--Oliver Wendell Holmes,
U.S. Supreme Court justice
連邦最高裁判所判事 O.W.ホームズ
DL(1207)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ボーイング787飛行試験が始まったとして、安全性確認に 1 年はかかる
Boeing gears up for year-long 787 testing marathon
If Boeing Co. succeeds in getting its much-delayed Dreamliner off the ground next week, the company still faces 12 months of testing
to ensure that the plane's high-tech composites are safe for extreme weather conditions and emergency situations. A half-dozen test
planes will be put through their paces around the globe, according to The Wall Street Journal, and even the slightest problem could
further delay initial deliveries scheduled for late 2010. The Wall Street Journal (12/7)
空軍は、ステルスの無人機の存在を認める
Air Force confirms existence of unmanned stealth jet
The Air Force has confirmed that a stealth-like, remotely piloted jet, dubbed the "Beast of Kandahar" UAV, exists. The jet, seen flying
out of Afghanistan in 2007, which is believed to feature a tailless flying wing design, was developed by Lockheed Martin's Advanced
Development Programs. AviationWeek.com (12/4)
ロシアのミサイル工場をモニターするアメリカの部署廃止
U.S. inspection of Russian missile plant ends
U.S. inspectors quit their post in monitoring Russia's main missile plant on Friday as a nuclear arms treaty that put them there expired.
34
The U.S. had urged a continuation of inspections under the START treaty, but Moscow refused, dismissing the monitoring as part of
concessions made by a weak Soviet Union in its final days. Google/Agence France-Presse (12/4)
FAA 次世代航空管制システム開発業者へ入札要求始まる
FAA to award $7B for NextGen development contracts
The FAA on Friday said it was soliciting bids for up to five separate support contracts "that will help the agency deliver NextGen." The
contracts, for R&D and systems engineering, represent the biggest award in the FAA's history, with a total value estimated at $7 billion.
"The agency is looking for the best and the brightest, regardless of size," according to the announcement. Air Transport World (12/7)
大韓航空 747-8 を 5 機発注
Korean Air orders five 747-8 Intercontinental jets
Korean Air placed an order for five Boeing 747-8 Intercontinental passenger jets last week, becoming only the second airline, after
Lufthansa, to order the new aircraft. Delivery of the new aircraft, estimated to be worth $1.5 billion at list prices, is expected between
April 2013 and May 2015. Air Transport World (12/7)
昨 11 月はここ 18 月間でベスト エアライン 6 社の集計で Big 6 airlines see best traffic in 18 months
In November, the six biggest U.S. airlines reported their best traffic numbers in 18 months, fueling hope that the long downturn in air
travel has reached its end. Helped by gains at Southwest Airlines and Continental Airlines, the six big carriers saw net traffic ease by
just 1% for the month, sparking widespread talk of recovery. Bloomberg (12/4)
航空需要が落ち目のこの時期 リージョナル機の新しいビジネスモデルを模索
Regionals eye new business models amid travel downturn
Pinched by a severe downturn in flying, regional airlines are toying with new strategies for survival. For years, the regionals prospered
through partnerships with legacy airlines, flying smaller planes to smaller airports that could not be profitably served by big jets. But as
the recession forced legacy carriers to scale back service to secondary markets, the regionals found their business model increasingly
tenuous, BusinessWeek reports. Republic Airways responded most dramatically, buying up branded carriers to compete directly with
major airlines. It's an experiment that other regional carriers are watching closely. "It entails risk, but I think they took a look at the
future and decided it made sense," says Jonathan Ornstein, CEO of Mesa Air Group. BusinessWeek (12/7)
SmartQuote
"We must welcome the future, remembering that soon it will be the past; and we must respect the past, remembering that it was once
all that was humanly possible."
将来といえども必ず過去になるという意味で、将来は喜んで受け入れなければならない。一方、それが人間にとって可能だったという意味で過去に敬
意を払わねばならない。
--George Santayana,
philosopher, poet
哲学者・詩人:ジョージ・サンタヤナ
------------------------------------------[新刊紹介]
Aerospace China
09autumn
SATELLITE TECHNOLOGY AND APPLICATIONS
China's FY-3 Polar Orbit Meteorological Satellite
And Its Applications------------------------------------2
China Land Observation Satellite Third User Conference
Promotes The Applications Of Domestic Satellite Data -------8
Development Of Space Breeding in China------------------11
Progress Of The SJ - 8 Space Seed Breeding Program-------16
LAUNCH VEHICLE TECHNOLOGY
Development Of China's Space Telemetry Technology------- 17
Flight Record Of The Long March Series Of Launch Vehicles --20
NEWS IN BRIEF
LM-2F Launch Vehicle Successfully Upgraded ------------- 22
Development Of LM-6 Launch Vehicle Initiated ------------ 22
Engine Of The New Generation Of Launch Vehicle
Complete 10 1st Test Firing -----------------------------22
Palapa-D Satellite Positioned In Geostationary Orbit---------23
Academy Of Satellite Applications Established ------------- 23
Hainan Spaceport Is Expected To Be Put Into Use In 2013 ----24
First Project Of Tianjin Aerospace Base Put into Operation ---24
COVER
China's FY-3A Satellite -------------------------- Front cover
SOm-diameter Radio Telescope --------------------Back cover
-------------------------------------------
35
Globalsecurity.com
http://www.globalsecurity.org/space/index.html
http://www.globalsecurity.org/intell/index.html
National Security
SAIC & $235 Million NASA Contract Extension Sikorsky 09 Dec
USAF launch satellite to enhance military comms AFNS 10 Dec
2009
2009
ATK Plays Key Roles in Successful Launch of WGS-3 ATK 07 Dec
Space Station / Shuttle
2009
SAIC Receives $235 Million NASA Contract Extension SAIC 07
Science
Dec 2009
Hubble Telescope Spots Oldest Galaxies Ever Seen VOA 08 Dec
3rd WGS Satellite Sends 1st Signals From Space Boeing 06 Dec
2009
2009
International
Northrop Grumman & GMD Contract Northrop Grumman 03 Dec
Virgin Galactic's first space tourism craft RIA Novosti 07 Dec 2009
2009
Industry
Boeing & Competitive GMD Contract Boeing 02 Dec 2009
Cryostat To Fly On NASA’s WISE Mission Lockheed Martin 09 Dec
USAF "Plug and Play" Capability for Future Spacecraft Northrop
2009
Grumman 02 Dec 2009
------------------------------------------[軍事宇宙開発 spacetoday.net: military]
http://www.spacetoday.net/articles_bycategory.php?cid=18
------------------------------------------Thursday, December 10
Boeing — 9:03 am ET (1403 GMT)
First SBIRS early warning satellite delayed until 2011
Newly launched Boeing satellite successfully transmitting
Spaceflight Now — 7:26 pm ET (0026 GMT)
Torrance (CA) Daily Breeze — 8:59 am ET (1359 GMT)
Wednesday, December 9
A missing F-22 and a spy satellite
NASA Delta II WISE launch scheduled
Asia Times — 7:49 am ET (1249 GMT)
US Air Force — 7:25 pm ET (0025 GMT)
Monday, December 7
Bomber, Space Surveillance Eye Boost
Virgin Galactic launch vehicle attractive to U.S. military
Aerospace Daily — 7:01 pm ET (0001 GMT)
Spaceflight Now — 5:41 am ET (1041 GMT)
French military satellite primed for morning launch
Sunday, December 6
Spaceflight Now — 6:10 am ET (1110 GMT)
AF
ORS-1 On Track For 2010 Launch
Communications
Aviation Week — 5:54 am ET (1054 GMT)
US Air Force — 6:33 am ET (1133 GMT)
Tuesday, December 8
Rocket launches Air Force satellite from Fla.
Northrop Grumman-Built Defense Support Program Satellites
AP — 6:32 am ET (1132 GMT)
Receive National Security Space Award From California Space
New communications craft launched for U.S. military
Authority
Spaceflight Now — 6:29 am ET (1129 GMT)
GlobeNewswire — 5:16 pm ET (2216 GMT)
New satellite is a 'game changer' for US troops
Boeing's 3rd WGS Satellite Sends 1st Signals From Space
Florida Today — 6:22 am ET (1122 GMT)
Successfully
Launches
Satellite
to
Enhance
Military
------------------------------------------[中国宇宙開発-2 spacetoday.net: China]
http://www.spacetoday.net/articles_bycategory.php?cid=42
------------------------------------------Wednesday, December 9
Chinese rocket launches with top secret spy satellite
China launches "Yaogan VII" remote-sensing satellite
Spaceflight Now — 7:19 pm ET (0019 GMT)
Xinhua — 7:27 pm ET (0027 GMT)
------------------------------------------[Quotes from the Old/New Testament]
shadow, shadow of death, 影, 暗黒, 深いやみ, 夕暮, 陰, 影, かげ, 日影 from Job, Ps.& NT
36
Job
Job
Job
Job
3:5
7:2
8:9
10:21
Job 10:22
Job 12:22
Job
Job
Job
Job
14:2
16:16
17:7
24:17
Job 28:3
Job 34:22
Job 38:17
Job 40:22
Ps. 17:8
Ps.23:4
Ps.36:7
Ps.44:19
Ps.57:1
Ps.63:7
Ps.80:10
Ps.91:1
Ps.102:11
Ps.107:10
Ps.107:14
Ps.109:23
Ps.144:4
Col.2:17
Heb.8:5
Heb.10:1
Let darkness and the shadow of death stain it;・・・
As a servant earnestly desireth the shadow,・・・
・・・because our days upon earth are a shadow:
Before I go whence I shall not return, even to the land of
darkness and the shadow of death;・・・
A land of darkness, as darkness itself; and of the shadow of
death, without any order, and where the light is as darkness.
He discovereth deep things out of darkness, and bringeth out
to light the shadow of death.
・・・he fleeth also as a shadow, and continueth not.
・・・and my eyelids is the shadow of death;
・・・and all my members are as a shadow.
For the morning is to them even as the shadow of death: if one
know them, they are in the terrors of the shadow of death.
He setteth an end to darkness, and searcheth out all
perfection: the stones of darkness, and the shadow of death.
・・・There is no darkness, nor shadow of death,
・・・or hast thou seen the doors of the shadow of death?
The shady trees cover him with their shadow; the willows of
the brook compass him about.
Keep me as the apple of the eye, hide me under the shadow of
thy wings,
Yea, though I walk through the valley of the shadow of
death,・・・
・・・therefore the children of men put their trust under the
shadow of thy wings.
・・・and covered us with the shadow of death.
・・・yea, in the shadow of thy wings will I make my refuge, until
these calamities be overpast.
・・・therefore in the shadow of thy wings will I rejoice.
The hills were covered with the shadow of it,・・・
He that dwelleth in the secret place of the most High shall
abide under the shadow of the Almighty.
My days are like a shadow that declineth; and I am withered
like grass.
Such as sit in darkness and in the shadow of death, being
bound in affliction and iron;
He brought them out of darkness and the shadow of death,
and brake their bands in sunder.
I am gone like the shadow when it declineth: I am tossed up
and down as the locust.
Man is like to vanity: his days are as a shadow that passeth
away.
Which are a shadow of things to come; but the body is of
Christ.
Who serve unto the example and shadow of heavenly
things,・・・
For the law having a shadow of good things to come,
[編注] 今回の英語は KJV (King James Version)から。
37
やみと暗黒がこれを取りもどすように。・・・
奴隷が夕暮を慕うように、・・・
・・・われわれの世にある日は、影のようなものである。
・・・わたしが行って、帰ることのないその前に、これを得させられ
るように。わたしは暗き地、暗黒の地へ行く。
これは暗き地で、やみにひとしく、暗黒で秩序なく、光もやみの
ようだ。
暗やみの中から隠れた事どもをあらわし、暗黒を光に引き出
し、・・・
・・・影のように飛び去って、とどまらない。
・・・わたしのまぶたには深いやみがある。
・・・わがからだはすべて影のようだ。
彼らには暗黒は朝である。彼らは暗黒の恐れを友とするから
だ。
人は暗やみを破り、いやはてまでも尋ねきわめて、暗やみおよ
び暗黒の中から鉱石を取る。
・・・暗やみもなく、暗黒もない。
・・・あなたは暗黒の門を見たことがあるか。
酸そうの木はその陰でこれをおおい、川の柳はこれをめぐり囲
む。
ひとみのようにわたしを守り、みつばさの陰にわたしを隠し、
たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、・・・
・・・人の子らはあなたの翼のかげに避け所を得、
・・・暗やみをもってわれらをおおわれました。
・・・滅びのあらしの過ぎ去るまでは、あなたの翼の陰をわたしの
避け所とします。
・・・わたしはあなたの翼の陰で喜び歌う。
山々はその影でおおわれ、・・・
いと高き者のもとにある隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる
人は
わたしのよわいは夕暮の日影のようです。わたしは草のようにし
おれました。
暗黒と深いやみの中にいる者、苦しみと、くろがねに縛られた
者、
暗黒と深いやみから彼らを導き出して、そのかせをこわされた。
わたしは夕日の影のように去りゆき、いなごのように追い払われ
ます。
人は息にひとしく、その日は過ぎゆく影にひとしいのです。
これらは、きたるべきものの影であって、その本体はキリストにあ
る。
彼らは、天にある聖所のひな型と影に仕えている者にすぎな
い。・・・
いったい、律法はきたるべき良いことの影をやどすにすぎず、
ダウンロード

16 - Space