第1章 図書と印刷の歴史
1)粘土板
・古代メソポタミア
アッシリアの古都ニネヴェで
粘土板の書庫を発掘
(紀元前7世紀)
・粘土板は両面が使用され、
表は凸、裏はやや凹面
・粘土板には楔形文字
1)粘土板(続き)
• 古代メソポタミア地図
2)パピルス
・古代エジプト、ギリシア、ローマで使用された書写
材料。パピルスの茎から作られる。英語の paper
等の語源。
・古代エジプトで、ナイル河畔に茂っていた葦に似
た高さ2メートルほどの植物。
現代ビクトリア湖畔のパピルス 植物見本
・B.C.3000年頃からA.D.5Cごろまでパピルスは巻
物形式の巻子本として用いられた。
2)パピルス(続き)
• 古代地中海・エジプト地図
2)パピルス(続き)
・古代エジプトのパピルス文書例
(左)B.C.約1200年第19王朝「死者の書」
(右)第19王朝「イシス神に手を引かれる王妃」
2)パピルス(続き)
• ギリシアへはB.C.700年頃、ローマへはB.C.300
年ごろ伝わる。
• アレキサンドリアの大図書館(B.C.4C-A.D.4C)は
パピルスの巻物を集めた図書館。70万巻に達す
ると言われる。
• 古代エジプトのパピルスに書かれた文字は、ヒエ
ログリフ:神聖文字、ヒエラティック:神官文字、デ
モティック:民衆文字
3)パーチメント(羊皮紙)
• 羊や山羊など獣の皮から作られた書写材料
• 中世ヨーロッパで用いられた。
• A.D.4Cごろにはヨーロッパではパピルスに代わっ
て、パーチメントが有力な書写材料に。
• 丈夫で保存性にすぐれる。冊子にすることが出来
る。欠点は分厚く重たいこと。また高価である。
• 15C以後紙にとってかわられる。
4)木簡・竹簡
• 古代中国で用いられた書写材料
• 木で作られたものを木簡、竹で作られたものを竹
簡という。
• 春秋から後漢(B.C.8C-A.D.2C)にかけてよく用
いられたが、紙の出現とともにすたれる。
• 1枚1枚を簡といい、これにひもを通して束ねたも
のを策または冊(さく)という。
4)木簡・竹簡(続き) 木簡の例
5)紙の発明
• 後漢時代の初期、蔡倫が発見(A.D.105)。
• 植物繊維を細かく砕き、それを漉いて出来
る
• 樹皮、麻くず、ぼろ布などを石臼で細かく
砕き、水の媒介で紙を漉く。廃物利用のた
めコストが安く、量産がきき、筆記も楽で持
ち運びが簡単。
5)紙(続き) -紙の伝播-
• 日本への伝来
• 推古天皇の18年(610)、高麗の僧侶曇徴(どん
ちょう)が製紙技術を伝えた。
• その後独自に改良が加えられ、わが国独得の良
質の和紙ができた。
• ヨーロッパへの伝播
• シルクロードを通り、千年を越える歳月を経て、
13~15世紀にヨーロッパへと伝わった。
6)印刷と印刷物
• 木版印刷
中国唐代初期636年頃始まったといわれる。
• 現存する世界最古の印刷物
法隆寺にある「百万塔陀羅尼」(770年)。東
大寺、薬師寺など10大寺に10万基ずつ寄
進され、うち法隆寺分約4万基が現存。小
さなお経の印刷物を、小塔木の中に収め
たもの(木版か銅版かは不明)。
7)西洋における活版印刷
 活版印刷とは
活字を組み合わせて
作った印刷原版
(活版)を用いて
印刷すること。
大量印刷に適して
いるが、現在では
デジタル製版に
取って代わられて
いる。
7)西洋における活版印刷(続き)
 西洋における活版印刷の発明者
グーテンベルク(ドイツ、1397?-1468)
ヨーロッパで最初の活版印刷を行った。
『42行聖書』(1455年)が最古といわれる。
見本1 見本2
 インキュナブラ
ラテン語でゆりかごの意。1455年以後15世紀末ま
でに、ヨーロッパ各地で活版印刷によって作られ
た印刷物。
7)西洋における活版印刷(続き)
• 活版印刷前と後で何が変化したのか
(1)図書の普及が進み、保存中心から利用
中心へ
・写本(手で書き写した本)の時代は、図書は
少なく高価で一般人が読むようなものでは
なかった。したがって図書館においても、
保存中心に運用された。印刷物の発明後
は、大量に作られ安価となった。図書館に
おいても、利用中心に運用。
7)西洋における活版印刷(続き)
(2)図書館資料の質の変化
写本の時代、図書館資料は唯一資料で
あった。この時代には、博物館資料や文書
館資料と同様の性格を持っていた。
しかし活版印刷以後、図書館資料は複製物
の1つという性格を帯びるようになる。博物
館資料や文書館資料との比較で、質の変
化が起こる。
ダウンロード

パワーポイント1