第十課 「イソップ物語」を読む
応用文
浦島太郎
単語
騒ぐ
①(やかましくする)吵闹、吵嚷
△火事だと騒いだ。
△あそこで何を騒いでいるのだろう。
②(あわてる)慌张、慌忙;激动、兴奋不安
△今になって騒いでも始まらない。
③(騒ぎを起こす)骚动、不稳定
△入場を求めて騒いだ。
捕まえる
①(にぎる)抓住……不放、揪住
△チャンスを捕まえる。
△その点をしっかりつかまえなくてはなら
ない。
②(動物などをとらえる)逮住、捕捉
△猫を捕まえる。
△タクシーを捕まえる。
転がす
①(回転させる)滚动、转动
△ボールをころがす。
②(横に倒(たお)す)绊倒、翻倒
△後ろから足を払ってころがした。
たたく
①(主に指やこぶしで力を入れたり軽くした
り)敲、扣、打、拍、捶
△戸を軽くたたく。
△肩をたたく。
②(打つ)打、敲打
△頭をたたく。
通す
①(端から端まで)穿过、贯通
△今度この道にバスを通るそうだ。
②(案内する)让到里边
△お客さんを二階へ通した。
③(通行させる)(使)通过
△先に通してやる。
④(始めから終わりまで)自始至终、贯彻
△一昼夜(いっちゅうや)通して読書する。
△一年間を通して一日も休まなかった。
⑤ (経由(けいゆ)する)通过(某人)
△人を通して希望を申し出る。
眩しい
①(光が)晃眼、耀眼
△太陽がまぶしい。
②(美しさが)光辉耀眼、光彩夺目
△素肌(すはだ)の美しさが目にまぶしかった。
详解66 抱える
(抱(いだ)く)(双手)抱、夹;有某种负担、不好处理的
人或者事
△大きな荷物を胸に抱える。
△腹を抱えて大笑いする。
△家に病人を抱えている。
△あの国はいろいろな難問を抱えている。
真っ白
接头词“まっ”后接部分名词、副词、形容词或由形
容词干构成的名词,表示“正……、真……”。一般作副
词或形容动词性的词使用。
△真っ赤(まっか)/通红、鲜红
私は少し酒を飲むとすぐ真っ赤になる。
△真っ暗(まっくら)/漆黑
月も星もない真っ暗な夜。
△真っ青(まっさお)/湛蓝、蔚蓝;(脸色)刷白
真っ青な顔をして、どうしたのですか。
△真っ先(まっさき)/最先、首先
いつも母が真っ先に起きる。
文法
文法1 ~ものだ
 【意味】 ~するのが当然だ。
 【接続】 文末。
 【注意】 道徳的、社会的な常識。
 学生は勉強するものだ。
 水は本来低きに流れるものだ。
 年を取ると目が悪くなるものだ。
楽しい思い出はなかなか忘れないもの
だ。










~ものではない
「そんなかわいそうなことをするものではない
よ。」
【意味】 ・・・すべきではない。(忠告)
【接続】 動詞終止形
人の悪口を言うものではない。
男は人前で泣くものではない。
先生にそんな言葉を使うものではない。
弱い者いじめをするもんじゃない。
無駄づかいをするもんじゃない。お金を大切
にするものだ。






文法8 (終助詞)~もの
「何かまうものか、僕たちが捕まえたのだもの。」
【意味】理由説明。話し言葉
【接続】文末。(個人的な言い訳)
☺:どうして教えてくれなかったの
☻:でも、私、知らなかったんですもの。



☺:なぜ行かなかったの?
☻:でも、一人で行くのは怖いもの。



☺ :どうして今度の旅行に行かないんだ。
☻ :だって、お金がないんだもの。
「ものだ」に関する文型






~ものだ(感慨)
昔のことを思うと、いい世の中になったもの
だと思う。
 ~たいものだ(願望)
アーロンフォックのコンサートですか。ぜひ聞
きに行きたいものです。
 ~たものだ(回忆)
小さい頃はよくみんなで近くの森へ遊び行っ
たものでした。








 ~ものの(=だが、しかし)
大学に入学したものの、授業についていけない。
 ~ものを(=のに) (不満、恨み、非難、後悔、残念)
あの時、薬さえあれば彼は助かったものを。
 ~可能+ものなら (実現できない願望)
できるものなら鳥になって国へ帰りたい。
~ようものなら (もし~をしようとすれば、よくない結
果が出る)
この学校は規則が厳しいから、断らずに欠席しよう
ものなら、大変だ。
9
二度と~ない
「もう二度とつかまるなよ。」
【意味】 「ぜったいに~ない」、「決して繰り返さ
ない」(強い否定)/“再也不・・・”。
二度とあなたの顔を見たくないわ。
二度とお酒を飲まない。
もうあんな馬鹿なことは二度としまい。
こんなチャンスはもう二度と訪れないだろう。
同じ間違いは二度と犯さないようにしましょ
う。
10 [活用語]+な
「もう二度とつかまるなよ。」






[動詞原型]+な
禁止=~してはいけない
口语中使用「なよ」,语气相对较弱,相当于「…しないほ
うがいい」。
大きな声を出すな。
来るなと言われた。
諦めるな。
そう怒るな。





[動詞連用①形]+な
命令(肯定)=~なさい
危ないからやめな。
あっちへ行きな。
何をぐずぐずしているの。早く食べな。
8
~ほど~
【意味】程度。(比喩や具体的な例を使って程
度を表す)
新聞が読めないほど暗くなった。
屋根が飛ぶほど強い風がふいた。
昨日は足が痛くなるほど歩いた。
顔も見たくないほどきらいだ。
あの子があれほどやりたがっているのなら、
やらせたらどうか。
「~ほど」に関する文型
~ほど~ない
教師の仕事はそばで見ているほど楽
ではない。
 ~ほど~名詞+ない(一番・・・)
試験ほどいやなものはない。
 ~ば~ほど
食べれば食べるほど太る。
~ほど(「~ば~ほど」の略形:比
例変化)
年を取るほど体が弱くなる。
 ~ほどなく(=まもなく)
広島と長崎に原爆が落とされて
ほどなく、第二次世界大戦は終結
した。
12
そこへ+[移動動詞]
【意味】ちょうどその時
表示时间,相当于汉语的“(正在)这
时……”。
がっかりして歩いて帰ろうと思った。 そこへ
バスが来た。
急に雨が降り出してどうしようかと考えてい
た。そこへ同室の王さんが傘を持ってきたの
で助かりました。
練習:次の中国語を日本語に訳しなさい
打那以后,他再也没来过。
それっきり彼はもう二度と来な
かった。
 无论外边发生什么事情你也不能出去。
外では何が起きても絶対出るな。
今天累得要命。
今日は死ぬほど疲れた。
ダウンロード

ものだ