サブサブ課題II-2 陸面・大気相互作用過程: GPS・領域モデル
1.観測:2006年11月にカリマンタン島中央部にGPS、AWSを設置して観測を開始
2.データ解析、モデル:カリマンタン島における局地循環及び雲対流の日変化
市街
Putussibau観測所
←空港
● 地球環境観測研究センターのカリマンタン島でのGPS、AWS観測点
-- 2006年11月にKalimantan島中央部にGPS、AWSを設置して観測を開始 –
(Putussibau)
0°50' 13“N, 112°56' 2“E
(a) Rainfall (mm hr -1)
40
(sum 439 mm)
西岸:Pontianak
降水は主に午後
から夕方に短時
間で降る。
20
0
降水があった日で
も午前は晴れ、気
温の日変化は顕著。
(b) Air temperature (OC)
32
28
降水が降る日で
も午前は晴れ、
日差しは強い。
24
20
=> 海風が吹く
1200
-2
(c) Global solar radiation (W m )
800
400
0
01
05
09
13
17
21
25
29 April 02
Siantan (西岸, Pontianak)における気温、気圧、GPS可降水量、降雨および風の時間変化
32
April 2002
April 2002
Air Temperature
Pressure
1011
28
1009
26
Pressure (hPa)
Air Temperature (C)
30
1007
24
22
1005
0
3
6
9
12
15
18
21
m/s
24
Local Solar Time (hr)
63
20
Precipitable water (mm)
62
19
61
18
60
17
Rain freqency
59
16
58
15
0
3
6
9
12
15
Local Solar Time (hr)
18
21
24
Specific humidity (g/kg)
April 2002
Precipitable water
Specific humidity
7-9時に強い陸風; 11-18時に
強い海風; 夜間には風が弱い。
降水は主に午後から夕方に集中。
GPS可降水量は深夜から減少。
02APR15 12 LT
02APR17 12 LT
02APR19 12 LT
02APR20 12 LT
02APR15 18 LT
02APR17 18 LT
02APR19 18 LT
02APR20 18LT
02APR16 00 LT
02APR18 00 LT
02APR20 00 LT
02APR21 00 LT
02APR16 06 LT
02APR18 09 LT
02APR20 04 LT
02APR21 08 LT
0
0
0
0
100E
110E
120E
1. The simulation is
produced using nested
grids, with grid of 12 km
(180X180) and 4 km
(250X250).
*Vertical layers: 31.
2. NCEP global
tropospheric analyses on
1.0X1.0 degree grids
every 6 hours were
assumed for the initial
and boundary conditions.
3. Computed period:
31 Mar-30 April 2002
-- モデルで風 (Surface Wind) 、雲対流 (Composite reflectivity)を再現 --
(dBZ)
<MM5 による2002年4月のシミュレーション>
GMSにより得られた対流日変化をきわめてよく再現 The model is successful.
島の存在と対流活動が作る局地循環 location and timing of convections handled well.
No Condensation Run
Control Run
モデルで計算した2002年4月平気の可降水量(平均からの偏差)、地上風の時間変化
熱帯大きい島沖の雲対流の移動メカニズム
Mapes et al.
2003
Houze et al.
1981
Summary
Warm Air Over Land
Rain-cooled Air
Over Land
Colder Air Over Inland
カリマンタン島西岸に雨期に
顕著な海陸風が観測された。
降水は主に午後から夕方にか
けて、海風の進入に伴って発
生する。
近海の深夜からの強い陸風
は、放射冷却ではなく、午後
から夜にかけて陸地上の降水
による下層大気冷却によって
もたらされる。この“陸風”がし
ばしば近海に早朝の雲対流を
引き起す。
午前7-9時に沿岸で観測され
た陸風は深夜に内陸の降水の
下層大気冷却に起因する。こ
の朝の陸風が近海の対流の持
続に重要な役割を果たす?!
ダウンロード

2006年11月にカリマンタン島中央部にGPS、AWSを設置して