DI者の権利擁護にかかる相談窓
口とソーシャルワーク・ポリシー
中部学院大学人間福祉学部
宮嶋 淳 博士(ソーシャルワーク)
研究の目的

AIDの実施時並びに実施後における

DI者の願いとAIDを選択したカップルの願い
との両立をめざす

両者の願いの両立とは、「新しい家族」の福
祉(=QOL&Human well-being)の成立
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
2
着眼点並びに仮説

ソーシャルワークの立場からの研究

DI者の「語り」と「ヒューマンニーズ」に着目

Human Needs=「4つの訴え」と「4つの願い」

充足のための要件=他者との対話
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
3
DI者のHuman needs

4つの訴え





私たちの声を聴いて欲しい
私たちの情動を理解して欲しい
変化しようとしている姿勢を見てほしい
私たちの尊厳を、尊重して欲しい
4つの願い




情報を共有し、信頼できる親子関係を構築したい
親から告知して欲しい
出自を知る権利を認めるルールを創って欲しい
両者を支える仕組みを整えて欲しい
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
4
仮説に関する根拠①

国際ソーシャルワーカー連盟が2008年に採択した
政策文書「国境を越えた生殖サービスに関する国
際方針文書」の理念




女性の生殖能力の商品化は人権侵害である
国境を越えた生殖サービスへの関与は、訪問国の事情
に配慮しないと、搾取になる可能性がある
法整備が進んでいない国々では、十分な事前のイン
フォームド・コンセントがなされない可能性がある
そのような中では、生まれる子どもの法的権利・心身の健
康が危ぶまれる可能性がある
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
5
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
6
IFSWの立場






人の命、精子・卵子・胚が商品化、あるいは商取引に用
いられてはならない
すべての人は、生殖に影響を及ぼす形での搾取や差別か
ら保護されなければならない
法を犯さない限りにおいて、自己決定の権利を行使する
ことを支持する
遺伝子情報は、個人のものである
国境を越えた生殖サービスに関わるソーシャルワーカー
の倫理の確立を必要とする
生殖サービスに関する当事者の参加を促進する役割を果
たすため、世界保健機構などと連携する
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
7
仮説に関する根拠②



対話
知る権利・知らせる
権利
ソーシャル・インク
ルージョンの理念
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
8
仮説に関する根拠③

2011.12.9.
Human needsに対応した
実践理論

ナラティブ・アプローチ

エコロジカル・アプローチ

コミュニティ・ワーク

ネットワーキング
第56回日本生殖医学会
9
結






論
出自に関する子の権利と福祉を護るための相談
窓口を「(仮)DI者相談センター」と仮定
同センターにおいてソーシャルワークが機能す
ることが大事
ソーシャルワークが機能すると、DI者と他者と
の対話が促進される
対話の促進は、ソーシャル・インクルージョン
が保持された社会を成立させる
社会的排除のない社会は、全ての人と家族の福
祉を保持する。
したがって、「新しい家族」の福祉も保持され
る可能性が広がる
2011.12.9.
第56回日本生殖医学会
10
ダウンロード

DI者の権利擁護にかかる相談窓口とソーシャルワーク・ポリシー