サーバベース・コンバータ V2.0
(Server Based Converter)
2009年6月
アンテナハウス株式会社
システム営業グループ
2015/11/18
1http://www.antenna.co.jp/sbc/
SBCの機能

SBCはサーバ上で文書形式を変換するコ
ンバータです
変換元
変換先
Microsoft Office
PDF、XPS、INX
PDF
イメージ画像(Windows版のみ)
イメージ(JPEG、BMP、PNG)
SVG、SVG-Tiny
ベクトル画像(EMF/WMF/SVG)
SWF(Flash)開発中
TIFF(開発予定)
変換のステップ
ステップ1:
変換元となるOffice(Word/Excel/PowerPoint)ファイルと、オプ
ション設定をAPI(Java、.NET等)へ指定
ステップ2:
サーバベース・コンバータが指定されたファイル形式(PDF/SVG)へ
変換し所定の場所へファイルを保存します。
3
主な特長
– PDFの作成には、AcrobatやMicrosoft Officeは不
要です
– セキュリティ設定付きPDFファイルの作成
– SVG1.1/SVGTiny/SVG Basicの作成
– Windows/Solaris/Linux等、多彩なプラットホーム
でのご提供
– JPEG/PNGファイルの作成(Windows版のみ)
– 各種サーバインターフェイス
 .NETインターフェイス
 JAVA
 COM
 コマンドライン
4
利用例


2005年発売、国内・海外で販売中
サーバベースコンバータを使用することにより、
色々な環境で普段使用しているファイルを表示
することが可能となります。
1.
2.
3.
PDF作成サーバ
サムネイル画像作成サーバ
メール添付ファイルの閲覧
5
PDF作成サーバ



普段使用しているMicrosoft Officeファイルをファイル
サーバへUploadし、後は、サーバベースコンバータで
PDFファイルを作成するだけです。
作成するPDFファイルには「印刷不可」等のセキュリ
ティ設定も付けることができるので、利用目的に合わ
せたPDFファイルを随時作成可能になります。
また、PDFToolを使用することにより、「しおり」の作成
や、ファイルの分割・統合も可能です。さらに、Web経
由にてPDFファイルを表示する際には、携帯電話など
の利用環境がシビアな場合にも対応できるように「リニ
アライズ PDF」も作成できます。
* PDFToolの機能は、上記の他に「指定ページ抽出」や「文
書情報設定・取得機能」等があります。
詳しくは、http://www.antenna.co.jp/ptl/を参照してください。
6
サムネイル画像作成サーバ



既存の文書管理システムへ組み込み、登録されて
いるファイルのサムネイル画像を作成します。
検索結果画面にサムネイル画像が表示されること
により、より早く検索対象となっているファイルを見
つけだすが可能となります。
変換可能な画像形式としては、JPEG、TIFF、及び
SVG(1.1/Tiny/Basic)を選択できます。
*JPEG/TIFFへの変換に関しては、Windows版のみサポートします。
*Solaris/Linux環境にてJPEG/TIFF変換をご要望の場合は、サーバベース
コンバータと共にBatikなどのフリーウェアを使用することにより実現可能
です。
7
メール添付ファイルの閲覧




E-MailやWebメールで携帯電話向けにメール送信
した場合にMicrosoftOffice
(Word/Excel/PowerPoint)ファイルやPDFファイ
ルの添付がある場合は、添付ファイルの削除が行
われ内容が確認できません。
PDFファイルに関しては、一部の携帯電話では表
示できるようにはなってきておりますが、パソコンと
異なり、ファイル容量の制限に悩まされます。
しかし、サーバベースコンバータを使用することに
より、添付ファイルをページ毎に画像化することに
より、容量や対応の可否で表示できない問題を回
避できるようになります。
また、PDFに関しては、PDFToolLibraryを使用し
てリニアライズ処理を施すことによりPDFを表示で
きる携帯電話で発生すると思われる容量の制約に
よる表示不可状態を避けることも可能です。
8
実行環境

推奨環境
– Windows版



バージョン
CPU
メモリ
2000Server/2003Server/2008
Pentium(R)Ⅳ 2.3Hz以上
1Gbyte以上
– Solaris版



バージョン
CPU
メモリ
8/9/10
SUN SPARC
1Gbyte以上
– Linux版(32ビット版、64ビット版)



バージョン
CPU
メモリ
9
RedHat AS/WS
Pentium(R)Ⅳ 2.3Hz以上
1Gbyte以上
ライセンス形態・価格

本製品には、3種類のライセンス形態があります。
1. エンドユーザ・ライセンス
システムインテグレータ、又はアプリケーションを開発・販売するISV
(independent Softwear Vendor)の皆様に、 オブジェクトの使用権を提
供いたします。 リセラー経由でお求めいただくと、ライセンス証書ととも
に納品いたします。
2.複製再頒布ライセンス
SBCのマスターを提供します。貴社で開発・販売する製品に組み込んで、
同梱の状態で複製して再頒布いただくことができます。個別契約が必
要です。
3.ASP (Application Service Provider)ライセンス
本ソフトウエアの機能を、利用契約を交わした利用者にネットワークを
通じて提供する時のライセンス。個別契約が必要です。
10
エンドユーザ・ライセンス


本製品を特定顧客向けに開発されているシステム
へ組み込み、システムと共に登録顧客(エンドユー
ザ)内において使用する権利を提供します。
価格は、CPUに応じて設定します。
同時に2CPU分以上をご購入いただきました場合
は、ボリューム・ディスカウント価格を適用いたしま
す。
Standard版
262,500円/1CPU(税込み)
Pro版
367,500円/1CPU(税込み)
Complete版
472,500円/1CPU(税込み)
11
製品の種類
変換対象ファイル形式により3レベルの製品があります。
スタンダード
変換元
Microsoft Office 97 - 2003
Microsoft Office 2007
PDF
テキストファイル
イメージ画像
CGM
変換先
PDF
SVG
JPEG、PNG
INX、XPS
○
○
○
○
○
○
プロフェッショナル
コンプリート
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
保守契約


本製品の障害が発生した場合、そ
の改訂版提供には、保守契約が
必要です。
保守契約の種類
1. 通常保守
2. 特別保守
無限ループ、CoreDump等の致命
的障害の解決のみを対象とします。
3.
有償技術サポート
プログラミング等の助言
13
通常保守
内容)
障害は次回メンテナンスリリース、若しくはバー
ジョンアップ版にて解決いたします。
費用)※エンドユーザ・ライセンス
初年度は無償(購入価格に含まれています)
2年目より、ご契約金額の15%(毎年)
備考)
– 現地調査はできません。
– Microsoft Office/PDFとの互換性は、それぞ
れとの完全互換を努力目標としておりますが、
短期間での実現はできません。
予めご了承ください。
14
10Daysメンテナンス
内容)
1. 通常メンテナンスに加えて、ご報告後、72時
間以内の着手。
2. 現象再現から10営業日以内に解決いたしま
す。
費用)
別途お見積り
備考)
–
–
交通費・宿泊費を除く、現地調査年1回(派遣
人員1人)を行うことも可能です。
年2回目以降、及び人員の追加に関しては、
所定の費用をご負担いただきます。
15
5Daysメンテナンス
内容)
1. 通常メンテナンスに加えて、ご報告後、48時
間以内の着手。
2. 現象再現から5営業日以内に解決いたします。
費用)
別途お見積り
備考)
–
–
交通費・宿泊費を除く、現地調査年1回(派遣
人員1人)を行うことも可能です。
年2回目以降、及び人員の追加に関しては、
所定の費用をご負担いただきます。
16
3Daysメンテナンス
内容)
1. 通常メンテナンスに加えて、ご報告後、24時
間以内の着手。
2. 現象再現から3営業日以内に解決いたします。
費用)
別途お見積り
備考)
交通費・宿泊費を除く、現地調査年2回(派遣人員1人)
を行うことも可能です。
年1回目以降、及び人員の追加に関しては、所定の費
用をご負担いただきます。
17
弊社お問い合わせ先

本社営業部
[email protected]
電話:03-5829-9022
FAX:03-582909023

Webページ
http://www.antenna.co.jp/sbc/

デモサイト
http://conv.antenna.co.jp/
18
ダウンロード

アンテナハウス株式会社 リセラー説明会