TM
DUCTCAM
for BE-bridge
TASK
特機システム株式会社
特機システム株式会社
名古屋市昭和区福江2-9-33
TEL052-889-6033 FAX052-889-6035
e-mail:[email protected]
http://www.task-co.co.jp
DUCTCAM for
BE-Bridge
異なる建築空調設備CADシステム間で、部材属性を伴ったCADデータ交換を可能とするデータ交換仕様
“BE-Bridge (Building Equipment-Bridge) ”の属性データファイルの資源を有効に活用すべく DUCTCAM (ダクト
製作管理システム) とのCADデータ相互交換を可能にしました。 実際にCAD化する立場と製作・工事施工
をするそれぞれの立場にな って つくられた、 業界標準化およびインターネット( LAN,WAN,モバ イル) 対応の
新 世 代 の ダ ク ト 製 作 ・ 管 理 C A D / C A M シ ス テ ム で す 。
O
製作情報の自動設定機能
O
ダクト生産の合理化のために長年の経験
と実績に基づいた専用自動プログラミング
のノウハウを自動的に設定します。
ダクト製作に必要なチェック機能と、製作現場
工事現場で必要な変更・追加等の編集が可
な製作専用C A D 機 能 をもっています。
ダクト仕様、ダクト工法
ダクト形状の自動識別(ダキ、ミッダキ等)
ハゼ、返ししろ、ツナギ、ハゼヌキ、板厚
補正、カゲ、等々・・・・・・
O
各種の製作・工事管理資料の出力
多彩な資料を出力すると同時に Excel など
統合型表計算ソフトを使用してユーザー独自の
管理資料を出力することが可能になりました。
ダクト製作図、現場単位・切断単位管理資料
切断面積( 実面積、矩形面積、延面積 )
施工図、 竣工図
加工用NCデータ( ネットワーク対応、FD )
Oプラットホーム
C A D ・ 編 集 ・ データチェック機 能
ダクト部材・形状・変更・追加
属性データ関連チェック
クト形状チェック
R等のチェック
O
特許に基づいたCAMの基本技術
DUCTCAM システムは、ハードウェアから
ソフトウェアの基本ロジックまで広範囲な
特許の基本技術を駆使したシステムです。
組立部品溶断情報作成装置:特許第 2138189号
ダクト切断方法および装置:特許第 2505711号
切断装置用ワークテーブル:特許第 2125156号
ダクト切断装置
:特許第 1921319号
OS: Windows NT ,
Windows
VisualC++6 .0, VisualBasic6 .0, E x c e l 97 2000
特機システム株式会社
98
DUCTCAM 処理フロ-
・ダクト製作・工事施工会社および総合設備会社間での竣工図の共有化メンテナンスに対して有効利用が可能。
(ダクト部材の予実績の把握 )
・CAM側システムもBE-BridgeをベースにしたCADを標準装備し、且つ独自の機能を保持することにより、
ダクト製作・工事施工会社の独自性を生かすことが可能
・3次元的なデータであるためCAM側での形状認識の自動化(CAD側で取り扱う形状の補完)と精度の飛躍的な向上が可能。
特機システム株式会社
互換性について
BE-BridgeをサポートするCAD製品群と互換性があります。
(株)ダイテック
CADWe’ll V5.5E
CADWe’II CAPE98
(株)フソウシステム研究所U/KIT(Win)
EG/KIT(Win)
(株)コモダ工業
POWERSP
三菱事務機械(株) ARCADE NT
ARCADE+
ダイキン工業(株)
FILDER
(株)四電工
CADEWA for
WindowsV4.0L03
Windows
総合設備会社とダクト製作・工事施工会社におけるデータ相互互換方式
BE-Bridge
:
各社空調衛生設備CADシステム間
BE-Bridge
:
各社空調衛生設備CADシステムとダクト製作・工事施工会社CAMシステム
BE-Bridge
:
ダクト製作・工事施工会社CAMシステム間
G・M CODE :
ダクト製作・工事施工会社CAMシステムと各社ダクト自動切断システム
*記載されている全ての製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。(’99/10
)
特機システム株式会社
BE-Bridgeを利用したCAD/CAM連携の現状
実データを使用した実証期間
CAM製品名(自動プログラミング・シテム)
NC標準コード
CADユーザー
CAD製品名
: 平成11年6月初旬~10月中旬
: DUCTCAM
: M,G コード
対象ダクト数
変換ダクト数 未変換ダクト数 CAM変換率
T社 名古屋支店
CADWe'll
CAPE98
51
127
156
83
49
123
156
80
2
4
0
3
96.1%
96.9%
100.0%
96.4%
H社 P事業本部(東京)
CADWe'll V5.5E
390
266
187
380
265
183
10
1
4
97.4%
99.6%
97.9%
172
220
232
184
98
171
204
229
182
93
1
16
3
2
5
99.4%
92.7%
98.7%
98.9%
94.9%
K社 CADEWA for
ダクト施工業(静岡) WindowsV4.0L03
・CAM変換率 : CAM側の自動プログラミング・システムでのダクト形状認識率(BE-Bridgeの
3次元的なデータも応用)
なお、ダクトを特定するための番号、ダクトの材質、ダクトの開口情報および
直管の未割付については無視した。
特機システム株式会社
現状での問題点
1)
製作伝票の各部材が施工図のどの部材か探すのに時間がかかる。
2)
直管の割り付けができない。
3)
短すぎる(製作できない)短管がある。
4)
ダクトの開口位置が認識できない。
5)
ドン付けを認識できない(通常のホッパ-として両フランジで変換)。
特機システム株式会社
メインメニュ-
特機システム株式会社
現場メンテナンス
特機システム株式会社
板取展開メニュ-
特機システム株式会社
板取展開サブメニュ-
特機システム株式会社
板取展開サブメニュ-(オ-バル)
特機システム株式会社
板取展開(エルボ)
特機システム株式会社
CAD図面データ入手からNC切断までの流れ
1).CAD/CAM変換
『BE-Bridge』のデータをセットし、変換プログラムを起動します。
2).DXF表示
変換処理終了後、変換状態を確認する為に、BE-Bridge図面を表示します。
※変換結果のOK/NGについの、詳しい数値や理由などはリスト出力可能です。
(参考資料あり)
3).ダクト確認/修正
2)のBE-Bridge図面から任意のダクトをクリックすると、ダクト修正画面
へリンクしますので、必要に応じて変更を加えることが可能です。
4).ネスティング
入力ダクトを展開後、板を効率良く切断テーブルへ並べます。
5).NCデータを作成
NCデータを作成し、板を切断します。
6).CSVファイル出力
切断面積等の情報をは、CSV形式のファイルに出力することが出来ます。
Excelで読込み、見積り処理等のデータに応用がすることが可能です。
7).製作作伝票の出力
実際の切断・組立て作業者に渡す資料として、形状や数値が表示されています。
8).最終的ダクトデータ
竣工図として、上流の各社『空調衛生設備CADシステム』へデータを返します。
特機システム株式会社
CAD/CAM変換
特機システム株式会社
BE-Bridgeデ-タの読み込み
特機システム株式会社
変換結果
特機システム株式会社
変換条件設定
特機システム株式会社
除外ダクト設定
特機システム株式会社
変換結果一覧
特機システム株式会社
変換リスト
特機システム株式会社
変換リスト(エラ-)
特機システム株式会社
ネスティング
特機システム株式会社
ネスティング(開口)
特機システム株式会社
組み合わせダクトの自動調整
座標情報から自動的に組み合わせダクトとして変換します。
特機システム株式会社
製作伝票
特機システム株式会社
変換結果ビユア-
特機システム株式会社
変換結果ビユア-(拡大)
特機システム株式会社
ダクト修正(ビユア-上でダクトをクリック)
特機システム株式会社
ユ-ティリティメニュ-
特機システム株式会社
ダクト削除
特機システム株式会社
材質、工法設定
特機システム株式会社
ダクト別詳細条件設定
特機システム株式会社
詳細リスト発行
特機システム株式会社
建築・設備 関連ソフト一覧1
特機システム株式会社
建築・設備 関連ソフト一覧2
特機システム株式会社
建築・設備 関連ソフト一覧3
特機システム株式会社
End
E N D
特機システム株式会社
ダウンロード

ductcam