Webサイトの
ROIについて
理工学部 情報学科
03-1-47-056
吉田 克己
発表内容
ROIとは
 Webサイトの利益貢献額
 ROIが低い会社とは
 WebサイトのROIが低くなる原因
 戦略的アプローチについて

ROIとは

Return On Investment…「投資対効果」

もともと経営効率を図る指標の一つ
ROIを算術する方程式
利益  継続維持費用
ROI=
初期投資
Webサイトの利益貢献額
Web サイトの創出利益
=訪問者数  問い合わせ比率
コンタクト比率
 成約比率
 ネット利益貢献度  購入一人あたり粗利益
Webサイトの利益貢献額例
製品1台あたりの粗利益80万円
 訪問者数10,000人/月
 問い合わせ人数500人/月
 営業コンタクトに応じた人数200名
 Webルートからの製品の成約人数80名
 成約1件あたりのWebの利益貢献度50%

利益貢献額例の計算
問い合わせ比率5%
 コンタクト比率60%
 成約比率40%

Webサイトの創出利益
=1万人5%  60% 40% 50% 80万円
=3,200万円
ROIが低い会社とは…

WebサイトのROIが算定されていない会社
の大多数がROIそのものが低い会社

ROI算定ができていない
⇒Webサイトそのものの存在可否も
議論できないという悪循環
WebサイトのROIが低くなる原因

Webサイトの運用コストが高すぎる

コンバージョンレートが低すぎる

集客や顧客への刷り込み効果が弱すぎる
ROIを高める戦略的アプローチ
「戦略」…資源(人、金、物、時間)を上手く
配分すること
 「アプローチ」…対象に近づくこと


戦略的アプローチ
資源を上手く分配しながら、目的に向かっ
て近づく方法。ROIを最大限高めるため
に必ず必要。
戦略的アプローチの具体例
明確な目的を設定する
 目的達成のために打ち手を考える
 客観的評価のプロセスで優先順位を付け
る
 ロードマップを作る
 設定した指標に沿って効果を評価する

明確な目的を設定する

目的の設定方法
調査/分析
↓
問題を発見/認識
↓
その問題の解決を目的とする
目的達成のための打ち手を考える

打ち手をリストアップすること

リストアップしたそれぞれに対してより具体
的な施策をリストアップすること
客観的評価のプロセスで
優先順位を付ける

打ち手と施策を客観的に評価する

メリット
有限な資源のもと優先的に実施すること
をメンバー間で共有し、納得できる。
客観的評価のプロセスで
優先順位を付ける

リストアップした打ち手や施策に対して、評
価する軸を設定する。
評価軸の例
目的 打ち
手
カー
トに
入れ
る数
の倍
増
使い
勝手
の長
さ
施策
顧客に
とって
の価値
競合
差別
投資
対効
果
実施ま
での時
間
デザイン的改善
◎
○
△
○
ラ
ン
ク
B
ナビゲーション
設計の改善
◎
◎
◎
◎
A
レイアウトの改
善
○
○
△
○
C
ラベルの改善
△
○
△
○
C
技術の改善
○
△
△
◎
B
ロードマップを作る
優先順位を具体的なロードマップにする。
 施策が縦、時間軸をもつ実行計画書が横
に並ぶ。


入れるべき内容
タスク、期間、必要に応じて依存関係、
担当者、ゴール
ロードマップの例
タスク
プロダクトイメージ仮
説作成
機能/画面遷移ディス
カッション
機能/画面遷移ディス
カッション
詳細
責任者
9
10
11
12
13
14
15
16
プロダクトイメージ
仮説作成
ディスカッ
ション
ディスカッション
17
18
19
20
設定した指標に沿って
効果を評価する

ROIを計る指標と目的数値を設定する

データの取得方法は指標によってそれぞ
れ異なる。
目的・指標・データ取得方法
目的
指標
データ取得方法
カートに入れる数の倍 カート入力商品数
増
ログ解析
ユーザビリティアップ
設定したユーザビリ
ティレベル
ユーザビリティ調査
会員化促進
会員申し込み/メール
会員数/サイト満足度
ログ解析/アンケート
Webサイトの認知度
アップ
Webサイト認知度
アンケート
リピート数の増加
Webサイト満足度/リ
ピート数/コンテンツ別
リピート数
アンケート/ログ解析
ROIを高めるために重要なこと
Webサイトも投資である
 投資であるからには効果を出さなければ
いけない
 効果が出るような方法で行うこと
 効果を計ること

ダウンロード

ROI プレゼンテーション資料(ppt形式)