PBクレイ工法
(仮称)東部小学校新設工事
淺川道路株式会社
PBクレイ工法
概 要
・工事名:仮称東部小学校新設工事
・施工面積 8,580m2
・基盤工(路床工)
・基層工、t=150、ポリナイト(C-20)100%
・表層工、t=100、ポリナイト(0~6)20%、
真砂土80%、針葉樹バーク30%
・表面処理工、ソイルバインダー、化粧砂
PBフレイ工法
基層15cm+表層10cm
標準断面図
基盤工:整正状況
基盤工:転圧状況
基層工:ポリナイトC-20
基層工:整正状況
基層工:転圧状況
表層工 フローチャート
施工面積 100㎡ 表層仕上厚さ10cmの場合
3
ダンプ2台(11.2 m )
ポリナイト0~6
3
(2.8 m )
•
まさ土
(ルーズ)
HISバーク(B)
(3.0 m3 )
まさ土
(ルーズ)
3
100×0.1×80%×1.4=11.2m
3
100×0.1×20%×1.4=2.8m
m3
100×0.1×30%=3.0
3
1袋=1.0m
※容量計量
タイヤローダー
HISバーク(B)
ポリナイト
0~6
バックホウ等で1次混合
まさ土
3.0 m3
3
2.8 m
3
11.2 m
敷均し(ブルドーザー 3.0t級)
2次かくはん(トラクター1.0t級)
転圧(タイヤローラー3.0t級)
10cm
まさ土 11.2 m3 ×1/1.4÷0.1=80.0㎡
ポリナイト 2.8 m3 ×1/1.4÷0.1=20.0㎡
100.0㎡
表層工:混合状況
(真砂土搬入)
表層工:混合状況
(ポリナイト0~6搬入)
表層工:混合状況
(バーク材搬入)
表層工:混合状況
(真砂土、ポリナイト、バーク材)
表層工:混合土敷均状況
表層工:混合土転圧状況
表層工:2次混合土状況
表層工:2次混合後整正状況
表層工:2次混合後転圧状況
表面処理工:化粧砂
塩化マグネシウム散布
仕上げ工:不陸整正及び
ブラッシング
完
成
完
成
品質管理
クレイグランドの品質管理
工種
試験項目
試験方法
試験基準
基層工
ふるい分け試験
JISA1102
ポリナイト材料
粒度分析
JISA1204
ポリナイト材料
土の締固め試験
JISA1210
ポリナイト材料
修正CBR試験
JISA1211
ポリナイト材料
土の密度試験
JISA1214
1000m3に1回
ブルフローリング
4tタイヤローラなど
全面
土の締固め試験
JISA1210
土質毎
土の密度試験
JISA1214
1000m3に1回
現場透水試験
JISA1218
3000m3に1回
硬度試験
プロクターニードル
1000m3に1回
表層工
摘要
必要に応じて行う
必要に応じて行う
(注1) ブルフローリング
仕上がった表面に4tタイヤローラー又は施工時に用いた締固め機械と同等以上の接地圧をもつた車輪(ゴムタイヤ)をゆっ
くりと走行させて、大きなタワミがあるかどうかを調べる。タワミが大きくて、支持力や均一性が乏しく軟弱と判断される場合の入替え
など、検討し適切な処置をする。
(注2)プロクターニードル
一定の太さの金属棒を地面に貫入させて、そのときの抵抗から土の堅さを判定する試験で、プロクターニードルという試験機器
を用いる。貫入針は径6.5mmを使用し、地面に垂直に立て、除々に1インチ(2.5cm)押し込む。その時の荷重(抵抗値)をポンド
で表す。貫入速度が異なると正しい抵抗値が得られないので、一定の貫入速度を保つことが大切である。
軟弱と判断される場合の入替えなど、検討し適切な処置をする。
品質管理:現場密度試験
品質管理:硬度試験
写真管理
分類
工種
着手前及び完成
着手前
施工状況写真
撮影項目
撮影時間
撮影頻度
全景又は代表部分
着手前
着手前に1回
完成
全景又は代表部分
完成後
施工完成後1回
工事施工中
全景又は代表部分の工事進捗状況
月末
月1回
施工中の写真
使用材料の写真
(工種、種別毎)
施工中
工種、種別毎に1回
仮設
使用材料、仮設状況、形状寸法
施工前後
1施工箇所毎に1回
図面との不一致
図面と現地との不一致の写真
発生時
必要に応じて
使用材料
形状寸法
検収時
各品目毎に1回
検査実施状況
検査時
各品目毎に1回
施工状況
施工中
適宜
高さ
施工後
1000m2/1箇所
厚さ
施工後
適宜
施工状況
施工中
適宜
高さ
施工後
1000m2/1箇所
厚さ
施工後
1000m2/1箇所
硬度
施工後
1000m2/1箇所
仕上げ工
施工状況
施工中
適宜
表層安定処理工
施工状況
施工中
適宜
グランド舗装工関係 基層工
表層工
摘要
補足:排水処理
吸出し防止材設置
ダウンロード

資料はこちらからご覧いただけます。