原
著
F
ナイ チ ン ゲ
.
ル に お け る 看護 技 術 論 の
ー
形 成過 程 に 関 す る 研 究
山
本研究 の 目的は F
見 学 報 告 書 『カ イ ゼ
あ る。
記述 か ら F
て考察 した
い
は
ナイ チ ンゲ
.
ル の
認 識 を辿 り
ル の
ー
は看護 に
た
い
また 直接体験 で は
。
基づ き看護技術 の 表 象像を捉え
発展 させ
体 験 が 『看 護 覚 え 書』 に 示 さ れ た 看 護
こ の
,
の
W O R D S
:
di g
m
Fl o
,
こ の
。
発展 の 構造が 明らか と な
i n g t e ch
n u r s
一
ol o
n
gy
般 的 な 像 を 形 成 し実 践 を展 開 し た
,
この
筆者 は
in g
に は
n u r s
,
個々
,
護学 を基盤 と する 看護技術教育 を行 う に は
看護基
の
香
,
看護技術 論
,
は不可欠 で あ る事 に 気 づ か さ れ た。
なぜ な ら
と は
看護者 の 認識 で あ る
個々
看護技 術が そ の 時々
の
の
看 護観 と そ の 表現 の 過 程で あ りな が ら
はす べ て 対象
統 合さ れ て
い
へ
F
,
ナイ チ ン ゲ
.
看護実 践か ら
,
りに し
看護教育実践 を経 て
の
,
看護技術
そ れ ら看護技術
,
目指 す 看 護 学 生 に は
この
,
っ
従
。
っ
つ
ル
則ち看護の
。
立体像
の
,
般的な 像 に
一
形 成 とそ れを意識的 に
実践家と し て 飛躍的 に
,
その 像
看護技 術論 を基 礎 とす る
ル の
ー
,
て 看護専門職 を
看護技術 の 構造 に 基づ き
自
,
前 述 し た看護技術 の 構造 を浮 き彫
,
看護者 が そ の 構 造を ど の よ う に 認識 し て
,
い るか
そ の 看 護 者 の 看護 観 と の 関 係 を ふ ま え て 論 述 す る 段
認識 を
な が りを も
つ
,
その ため に は
。
らか に し た F
.
。
そ の 著述の 中で 看護
,
ナイチ ンゲ
看護実践 と看護者 の
,
再 現 可 能 な 材 料 が 必要 で あ る
て
っ
そ こ で 膨大 な著述 を残 し
ル
ー
一
般を 明
を研究対象 と し て 選択 し
た。
2
看護 を 実現する た め の 実践活動 と し て
く と い う構造 を も
ゲ
ン
ー
た。
っ
本技術 は看護技 術論を 意識 し なく て も教 え ら れ る が
,
看護技術
,
の
ク タ リ で の 実 践 を導 き
ス
階 で あ る と考 え た
これまで の
ナイチ
.
の
季 刊 報 告』 で
立体 像 が 看 護 技 術 の 立 体 像 を形 成 す る と 同 時 に
認識 と実践 の 連続性の う ちに
は じめ に
.
とか ら
こ の こ
杏
1
しか し F
た。
看護 実践
そ の 後の 実 践活 動 に
,
っ
の
の
へ
般 の 認 識 を 形成 さ せ た o
N ig h t i n g a l e
ce
r e n
一
あ る。
抽 象 像 に 導 か れ た 実 践 が 技 術 の 立 体 像 の 形 成 を促 し
:
看護者 と して
K E Y
で
経 時 的変 化 を分 析 し
の
( 千 葉 大 学 看 護学 部)
見 学 し た 看 護 実 践 の 意 味 を探 り人 間 を 対 象 と す る 技 術 に兵
,
段 階の 看護技術論が
こ の
。
江
分 析対 象 は 初 め て
般的 な像 の 形成 は認 め られ な か
い て の
つ
看護 技術論の 形成が 認 め られ た
結論
p
一
次 の 実践 に適用 した の
,
を次 の 実践 に適用 さ せ る こ とを促 し た
a
看護 に
,
実践 に適用 し
,
r
い て の
つ
人 間 は 完 全 な る 神 の 定 め る 法 則 を求 め 実 践 す る存 在 と 捉 え
,
通 す る 表 象 像 を描
a
看護技術 に関す る像 とそ
,
で
と で ある。
こ
利
彼 女 自 身 の 実 践 報告 書 『病 院 監 督 か ら貴 婦 人 委 員 会
,
見学体験
,
看 護 技 術 論 の 形 成 過 程 を明 らか に す る
ト 学 園 に よ せ て』 と
ル
ェ
ナ イ チ ンゲ
.
そ の 結果
。
ウ
ル ス
ー
本
.
研 究 目的
本研究 は
として
F
,
.
看 護 技 術 論 の 史 的発 達 過 程 を 究 明 す る 端 緒
,
ナイ チ
過程 を 明 らか
に
ゲ
ン
する
ー
ル
に お ける
こ と を目的 と
看護 技術 論 の 形成
する
。
己 の 看護 技術 を評価 する看護観 の 形成 が 求 め られ るか ら
で あ る。
"
めに
この こ とを
と い う論 理
学として
薄井 は 「 看 護技 術 を
"
看護 す る た
す な わ ち 〔看 護 観 の 表 現 技 術
,
看 護 論 の 適 用 で あ る 技 術〕 と し て 位 置 づ け ら
の
れ る 方 法 論 を 私 た ち は も た ね ば な ら な い の で あ る」
述べ
看護技術 論 の 形成 を促 し た
,
い て の
概念規定 は あ る もの
者 の 認識 を
本質的段階
の
認識
2
)
84
看護技術 に
,
千葉看会誌
)
つ
い て の
,
た。
っ
V O L
A
.
3
pt
ed
No 2
.
:
D
e c
.
1 99 7 1 2
.
5
,
1997
.
.
理 論 的枠組み と 用 語 の 概念規定
り 認 識 論 と技 術 論 の 枠 組 み
看護技術論 の 形成過程 を 調 べ る に は
す る事象 を と り あ げ
つ
的構造 を論 じ
,
,
看護学 に 位置 づ け る
その
術の 存在 を認識 し
すた め
に
,
,
,
看護技術 が存在
そ の 事 象 に お ける 看護技術 の 過程
看護技術 と して
看護
そ こ で 看護技術論 を追究 する
c ce
3
と
と し て 位 置づ け られ る看護技術論 の
平 成 9 年1 2 月 5 日
:
の
1
し か し看 護 技 術 に
。
現象 の 記述か ら構造 を浮 き彫 り に し
,
穐述 は み あ た ら な か
受理
料
-
の
一
般 性を 明 らか
こ と が必要 で ある。
科学 に 位 置づ けて
い
この
に して
事象か ら技
く思 考過程を 現
三 浦 っ と む の 科 学 的認 識 論 と 庄 司 和 晃 の 三 段
階連 関 理 論 お よ び
,
武谷三 男 の 技術論 を 理論 的前提と し
論 述に あ た
た。
本質 的
の
的
・
的
・
・
特 殊的
て は
っ
般的
一
理性的
・
比愉的
・
,
概念 的な 抽象的段階
,
・
諺 的 な 表 象 的段 階
・
具象的
,
感 性 的 な 現 象 的 段 階 を 区別 し て と ら え
ら三 段階の
定義 し た
事象
る 実践を と お し て
表象
る。
事象 を
,
これ
この
他 の 用語 に
いて は
つ
次の よう
,
。
運営 を任 さ れ
に
関す る著述 で あ る
:
事象 に
的法則性
わ
・
技術
:
人 間実 践 に お け る 客 観 的 法 則 性 の 意 識 的通 用
2)
・
立体像
看護学 の 枠組 み
2)
め る こ と か ら始 ま る 。
しっ
つ
実施 に あ た
対象 の 反 応を 反映
て
っ
行 お う と す る技術 を思 い 浮 か
,
を決定 し
べ
表現方法
そ の
,
自己の 身体を と お し て 現実 に 表現 し
,
あ と に 対 象 に 起 き た変 化 か ら
て い た か どう か を評価す る。
にと
対象
,
本研究 で は
ナイ チ
ゲ
ン
い て は
つ
看護 ( 看護
・
般)
一
論述
その な
,
の
.
看護 の 論 理
的 に 定義 し た
に操作
に
。
するよ う生
般 に 照 らす
-
ことに よ
て
っ
抽
き出さ れ る 客観的法則性
・
看護技術
・
看護 技術論
看護観
:
看護
:
彼女 が
,
この
た 淑女 病 院 の
っ
施設 で 行
カ
月毎
た看護実 践
っ
看 護 職 と し て 初 め て 患 者 に 直接 関
。
ナイ チ ンゲ
.
ル の 実践 に お け る論 理 構造 の 把
ー
とその
一
ゼ ル ス ウ
すべ
,
s e
t en
n
K
e
t
e n
看護
事 象 に 関係 す る
て の
と し て 選択 する。
c e s
を もとに
c e s
この
。
s e n
y
『病 院 監 督 か
,
技術 と看護技 術 の 概念 を導 く
記述 を
て』 と
季 刊 報 告』 を そ れ ぞ れ 精 読 し
の
へ
学園 に よせ
ト
ル
ェ
それぞれ の K
ey
ま と ま り ご と の 論 理 構造 図 を 作 成
,
論理 構造 図を手 が か り
に
性質 の 異 な る 看護
,
技 術を 内包す る事象 を選 び 出す
。
(2 )
F
ナイチ ンゲ
.
実 践 に お け る 看護 技 術 の 立
ル の
ー
体像の 分析
各事 象 ご と に ①
F
ナイ チ ン ゲ
.
識を 示す表現 を記述 する
像と
る。
そして
(3)
F
,
看護
,
事象に 対する認
そ の 時形 成 さ れ て
,
般論 に 基 づ き事象 の 構造 と 看護 の 論
一
そ の 認 識を 形成 させ た
,
ナイチ ンゲ
.
の
そ の 像 を形 成さ せ た体験 を観念 的に 追体験す
いた
理 および
ル
ー
②①か ら
。
技術 の 立体像 と して 論述す る
事象を 看護
:
イ街に あ
た もの と し て 位 置づ け られ る。
べ
ら貴婦人委員 会
根拠 と な
な お 看護技術論
。
生命力 の 消耗 を 最 小
:
げ
また F
。
活過程 を と と の え る
・
F
する
っ
本 研 究 で は 薄 井 の 『科 学 的
。
般論 と して 採 用 した
一
以下 の よ う
,
い あ
,
般論 が必要 で あ る
一
看護 論』 を 看 護
に
表 現か ら事象 をす く
にな
以 上 の 過程的
,
存在 を示 すた め に は
の
か か ら看護技術
る看 護
の
ル
表現 の
,
看護
て の
っ
構造 を ふ ま え た看護技術 の 概念規定 を採用 した
ー
レ
-
-
研究方法
『カ イ
看護技 術 の
,
対 象 に 看護技術 を必要 と する事 実 を認
,
-
。
握
看護技術 を看護実 践現象か ら と ら え る と
出発 は 看 護 者 が
た体験 を述
(1)
事象 の 立体 的構造を 反映 し形成 さ れ た 像
い ない
季 刊 報 告 ( 1 8 53
の
へ
経 営主体 で あ る貴婦 人委員会 に 3
,
提出 し た報告書 で
っ
初 め て 述 べ た著述 で あ
い て
つ
看護 を体験 して
の
へ
ド ン の
ン
に
論理
:
彼女自身 は患者
1 85 4) 』 当 時 ロ
・
ひ そ む客観
看護に
,
『病 院 監 督 か ら 貴 婦 人 委 員 会
個別
・
なが り を ふ ま え た 立体的構造 と し て 把握 す
つ
る こ と に 留意 し た。
に
論 的前 提 に 基 づ き
この理
,
一
般論 と の 連関 を看護
。
ル の 看護 技 術 に 関 す る 認識 の 特
ー
敬
看護技 術の 構造
表現
般 の 実現 を
一
般論
に
技 術 の 立 体 的 構 造 を 反 映 し形 成 さ れ た 像
据え
て
看護
,
す な わ ち看
,
か ら
ま り看護 観 と そ の 表現 と い う 観点
つ
,
各事象 に 対 する F
,
ナイ チ ン ゲ
.
ル
ー
認識の 特徴
の
を 論述す る。
(4)
護技術 の 立体像
F
.
ナイ チンゲ
ル にお
ー
ける 看 護技 術 論 の 形成 過
程の 分析
4
1
形成過程 の 特徴 を 論述 し
分析対象 お よ び選 定根拠
)
研究対象 は
認識 で あ る
ゲ
ー
ル
の
F
.
ナイ チ ン ゲ
術論
ル
の
看護実 践
,
現時点 で 可能 な 限り近似 的 に F
一
次文献 が適 当で あ る
す る 認 識 の 質 的変 化 を 示 す必 要 が あ る
『カ イ
ル ス
ウ
ェ
.
看護実践 お よ び認識 を把握 する た め に
形成過程 を 明ら か に する た め に は
拠に より
お よ び そ. の
。
ナ イ チ
。
ま た
,
看護技術
,
これらの
ゼ ル ス ウ
ル
ト学
ェ
園の
ル
ト学園 に よせ て
施設見学後
,
( 1 85 1 ) 』
に
基づ
いて
考察 し
,
この
,
ナ イ チ
.
F
.
認識 の
そ の
,
認識 の 形成 過程 に 影響 を
ン
ゲ
ル
ー
ナイ チ ン ゲ
技術論 の 形成過程 を 明ら か に する
の
ー
ル
体験 を
諸文
,
に お ける
看護
。
彼女
,
看護技
に
対
選定根
以 下 の 二 点 を 分析対象と し て 選択 し た。
,
与 え た と推 測さ れ る F
献
自身の 著述 で あ る
の
ー
。
分 析 対象 は
ン
看 護 技 術 に 対 す る 認 識 の 経 時 的変 化 か ら
対象 お よ び方 法
.
カイ ゼ
そ の 施設 で 行 わ れ て い
5
結
.
果
看護技術 と看護技術 の 概念 を導く
(1)
関係す る
K
ey
s e n
に よ せ て』 か ら53
t
,
e n c e s
は
,
『カ イ
,
全て
ゼ ル ス ウ
ェ
の
事象 に
ル
ト学
園
の
季
『病 院 監 督 か ら 貴 婦 人 委 員 会
刊 報 告』 第 1 回季 刊 報 告 書 か ら3 5
ら4 4
,
第 3 回 季 刊 報 告 書 か ら2 5
,
へ
第 2 回季刊報告書 か
,
第 4 回季刊報告書 か ら
千葉看 会誌 V O L 3
.
No 2
.
1 99 7 12
.
85
15
得 られ た
,
次に
。
得 られ た K
,
枚 の 論理 構造図 を作成 した
する
ey
t
s e n
en
か ら計 5
c e s
本稿 で は紙面 の 都合上省 略
。
する事 象と し て
『カ イ ゼ
リ
ま り
に
。
作成 し た 論 理 構 造 図 か ら性 質 の 異 な る 看 護 技 術 を 内包
「夜
が も た ら す 安JL 、 感 を 与 え ら れ て い る こ と を 意 味 す る 。
ル
間の
ス ウ
ト学
ル
ェ
園 に よせ
看 護」 「 子 供 た ち
ドナ
ー
以下 の1 0 事 象 を選 び 出し た
,
ー
牧 師 の 指 導」 「
て』
カイ ゼ ル ス ウ
,
際に
,
「 病 院 運 営」 「 入 院 患 者
学園に
ト
ル
ェ
い
い て の
の
概 要」 「 病 院 監 督 就 任 半 年 後 の
にと
医 療 の 意 味」
て の
っ
(3)
ナイ チ
.
る 認識を 示す表現 を記述 する 。
般論 と の 連 関を
結果
した 。
ン
ゲ
,
部 を以 下
一
に
ル
ー
②①か ら
の
事象に 対す
看護
,
一
般論
F
看護技術 の 立体像 と し て 論述
F
示す
ないが
フ トが
な く勤務 に 臨 め る体制 に な
。
タ
が
ー
ベ
ド サ イ ドを
ッ
組まれ
巡回す る
な い 患者 の 細 々 し た要求 や 訴え に
すことなく応えられる
②看護技術
夜間つ き
息
っ
生 じれ ば
も
ため
タ
っ
る こ と が 回復過程の
,
て も
っ
い る状態 か ら
ー
こす こ と に な る。
眠
,
こ し煩 わ せ る こ と に な る の で
我慢 した り
っ
,
,
を お願 い する こ と に な る。
,
促進 に
つ
休
,
なが
っ
た
っ
て い る
さ ら な る生
,
,
て い る人を
起
恐縮 して 世話
そ の よ う な患者 の
ベ
ッ
ドサ イ
1 時間 ごと の 巡回 で 定期 的に 当直が訪 れ る と い う
,
こ とは
,
充足 と
,
たo
看護
世話 を受 けて 要求が 満 た さ れ る と い う
当直 シ
千葉看会誌
ス
タ
が 釆て く れ る と わ か
ー
V O L
.
3
No 2
.
ゲ
ン
他人
の
で は
1 9 97 1 2
,
っ
ニ
看護者 は当直 シ
,
スタ
ー
ズの
て い る こと
で あり
ー
はそ の 看護 を観 察 す る 立場 に あ る 。
ル
の
ー
認識 に は
患 者 は 危 険 な状 態 で は
,
こ ま ごま し た要求 や訴 え が ある と い う点
援助 を必要 と する対象 と して 存在する 。
成立 し て
,
ル
ー
夜間 に
,
認 識 の 特徴 を
の
ル
ー
い る。
看護 者
患 者 と 看 護 者 と の 間 の 援 助 関係 が
,
こ れ を夜
間の 看護 と 呼ん
事か ら
で いる
,
彼 女 は 患 者 と 看 護 者 の 間 の 援 助 関係 を 看 護 と 認 識 し て
満 た す行 為 と し て 肯 定 し て
人 を 呼ぶ に 値す る用事か
人 を呼 ぶ 場合 で も
,
ナイチ
.
ナイ チ ン ゲ
.
は患者 の
ま た こ の よ う な患
世話 を 受 け よ う とす る 時に は
,
っ
看護 技 術 に 関 す る認 識 の 特
を起 こ
者 は自分で 行な お う と し
健康人 と は比較 に な ら な い よう な
命 力 の 消耗 を 引 き 起
と考 え
危
起 き て 行動 し よ う とす る
,
の
ま た看護者 で あ る 当直 シ
体位 や 寝具を 整え る と い
こ れ ら を患
て い る。
,
ル
ー
た こ と が わか る。
排滑や 飲水 の 欲求 が
休息 して
,
行
に
に お ける
ル
ー
険で は
夜 間 は休息の 時間 で あ り
病気が 身体 を消耗 さ せ生 命力が 小さ くな
,
86
シ ス
,
こと は
ドに
病棟
,
\
者が
て
そ れ を満 た し
,
行
ことを
て
。
,
に 当直の
き り の 観察 や処 置 は必要 と し な い 状態 と い え
っ
ナ イチ ン ゲ
.
し
しか し人間 は夜間 で あ
る。
こうして
は無 理
。
妨 げを 最小限 に す
の
1 時間毎
ー
立体像
の
と こ ろ で 人間 に と
る。
シス タ
,
記述 の 看護 の 対象者 は危険 で は な い 患者 と あり
この
も 同様
い て
る。
べ
が 要求 や訴 え に 応 え
て い る。
っ
ゲ
ン
「 夜 間 の 看 護」
そ の 認識 を形成
,
①事象 に 対す る認識 を示 す表現
シ
ナイ チ
.
以下に述
で
夜間の 看護 は勤務 の
F
各事象 に 対す る F
,
に
「 夜 間 の 看 護」
シ ス
つ
ナ イチ ンゲ
.
看 護 技 術 の 構 造 っ ま り 看 護 観 と そ の 表 現 と い う 観点 か
基 づ き事象 の 構造 と看護 の 論理 お よ び
の
事象に
敬
、
一
の 9
季 刊 報 告』
の
へ
結 論」 「 患 者
各事象 ごと に ① F
させた
勤務
い る実践と と ら え
行 わ れ て い る看護の 実
生活時間帯 の 特殊性 を ふ ま え た関 わ り を実現する
( 詳 細 は博 士 学 位 論 文 『F
ら
(2)
の シ フ トとそ こで
以上 の 分析 を他
「 身 体 と L と 生 活 を 同 時 に 支 え る 看 護」
J
この
般 に 照 ら した 時
技 術 論 の 形 成 過 程 に 関 す る 研 究』 1 0 - 2 4 参 照)
『病 院 監 督 か ら 貴 婦 人 委 員 会
つ
患者 の 生命力 の 消耗 を少 な く して
,
られ
フ
る 人 々 の 態 度」
入 院患者 に
看護
,
つ
と い う看護 の 論理 を認 め る こ と が で き る。
関 わ り」 「 訪 問 看 護」 「
の
へ
。
夜間 の 患者 の 生活調整 は
,
一
ニ
ズを
ー
対象 で ある 患者 の
,
ニ
と述
べ
意味
に つ い て は言及 し て い な い
ン
ゲ
ニ
ル
認識 は
ニ
ー
関係
成立
こ と が で き る。
て い な い。
以上よ り
ニ
,
,
しか
F
.
ナ イ チ
満た すそ う と
ズを
ー
い る ことから
ま り 看護過程が 反映
つ
,
。
存在 と
ズ の
する看護者 の 表現 を と ら え て
の
行為
い る。
事 象 に お け る 看 護 観 と そ の 表現 に 対 す る
の この
対象 の
,
い
ズが 発生す る対象 の 構造 や 看護者の 行為 の
ー
,
ー
タ
の
ー
「 細 々 し た 要 求 や 訴 え」
ズ を
ー
ス
患者看護者
,
して い るととらえる
しか し対象や 看護過程 の 構造 に は言及 し
そ こで
事象 を看護
この
,
一
般論 に 照 らす と
,
夜 間と い う特殊 な生 活時間帯 に お け る生命力 の 消耗 を発
見 する看護 の 論 理 を 認め る こ と は で き る が
ン
ゲ
ー
ル
,
F
.
ナイ チ
は そ の 現 象 像 に 注目 し て い る こ と が 明 ら か と な
っ
た。
「 子供 た ち
の
へ
関 わ り」
で は
関 わ り を とり あ げて お り
この
,
チ ン ゲ
供の
ー
ル
を読ん で もら い
読み 聞か
一
事象
は観察者 の 立場 に あ る。
ほ とん ど は腺病質 だ が
在す る。
シ
,
方
,
,
庭で遊
,
ス タ
関わる
せ る の で は なく
,
タ
ー
の
本
と子供達と の
にお い て
もF
.
彼女 の 認識 に は
ぶの が
教化 を受 け成長 して
シ ス
ー
の
語 り 聞か せ
いく
好 きで
,
ナイ
子
,
書物
対象と して 存
読み 方 に 注目 し
,
,
子供の 心 に入 り
教化 し よう と して 努力 し
展 を 促 して
そ れ が子供 の 認識 の 形成
,
肯定 する
い る として
う 子 供 の 身体 の 特 殊 性 を と ら え
さ わ し い 欲求 と成長課題 を
そ して
と り
表現 の 善 し悪 しの 判 断を
に
F
,
.
ナ イチ ンゲ
そ の 表現 に 対 する認識 は
い る
象 の 構造 を反映 して
二
,
の
拡 大に
展 を 促すと い う 看護 の 論理 を
識の うち
ゲ
ル
ー
F
認識か ら
の
構造
,
看護
,
ゲ
ン
ル
認識 に 看護 に
の
められないが
象的段階 に 据 え て
こと
形成 し て
い て の
事象 か ら
述 した 人々 以 外 に
ネス で あ
して
そ の
つ
ま り F
ナイ チ
.
般 的な 像の 形成 は認
すべ
,
た。 F
っ
て の
精神 を導 い
人々
に
一
チ ン ゲ
にあると
に
き 彫り に し よ う と 相手 に 問 い か け
関 わ る人 は前
,
フ
タ
リ
ドナ
ー
,
牧
ー
教区デ
ー
ィ
注目 した
。
ドナ
ー
F
.
,
ー
ナイ
方
,
F
.
ナ イ チ ン ゲ
述
り
)
の
中で 述 べ
,
ー
ル
い るの かを
し よう と する こ と が
,
,
実践 に お
この
患者個
全
安楽
・
経済
F
,
,
清潔
補修
・
・
生活
の
,
,
直接的 な実践活動 に
,
ナイ チ ン ゲ
.
つ
,
安
,
それ を実現 する た め の
,
いて
貴婦人達
て い た。
報告す る
白身 の 要求 を 実 現 し て
ル
ー
自 己の 看護観 を 表現 し て
,
ことをとお し
,
過程そ
い く
の
く過程 と して と ら え
い
以上 よ り生活環 境 の 整備 と そ の 継続 的管理 と い
られ た 。
1 年間 の 患者報告 の 推移か ら
,
F
般 的な世 話か ら始 め
,
対象 の 個別 な言動 を観
初期 に は
察し
一
こ とが で き
の
表現
著
,
神 の 御意志 を追 求
ナ イ チ ン ゲ
ー
ル
の
認識
最 も抽象的 な段階 に 完全 な る神 が位 置づ け られ
,
ナイ チ ン ゲ
.
ー
分析 し て
明 らか と な
実 践の 方向性 を定 め実践 して
っ
,
この
た。
対象認識 と そ の 表現の
過程 は
,
看護過程展 開の 技 術そ の もの
結果
,
医 療 処 置 が 必 要 な 患 者 が 最 少 期 間入 院 し
の
生活
後の
現
様子 か ら
の
患者
,
ー
ル
に
患者
,
しえた ことが
の
-
看護
明 らか と な
で あ
ゲ
病院
ー
ル
は
っ
,
患者
にと
っ
こ れ ら全て の
た。
患者
,
看 護者
病院 で 働く人 々
る社会 を対象 と して
,
,
,
,
.
い る
認識 を表
得 ら れ た 看護 の 論 理 は
,
,
,
自身の
F
,
た。
般論 に 照 ら し
一
と の 実現 に 向 け る
,
退院
,
とい う こ とは
に おい て も
っ
実践
生き よ う と する 積極的な 姿
特殊 な 生活過程 を み て と り患者
実現
この
で あ る。
描く 病院 や看護 の 役割 が 実現 し て
の
各事 象を 看護
ン
が
ル
病 院や看 護が そ の 患者 に どの よう な変化 を も た ら
,
い る ことが
こ こ
結果 と し て 人間 に 神 の 定 め た 法則
.
当初 か ら
実践か ら抽 き 出さ れ て くる 看護 の 論理 を た ど らせ
ことで あり
この
,
に は
ル
ー
場 と して の 病院 を対象 に
管理と
・
,
報 告書 か ら -
に腐心 した。
ナイ チ ン ゲ
.
姿勢 は
病 床環境 の 創 出と
・
労働の 連関が 像 と し て 形 成さ れ
・
に この
て
いて
生活 と
々 の
.
自然界
,
の
ル
ー
F
,
こ と が で き た。
生活
,
経 済 的管 理
・
この
報告書 か ら得 ら れ た事象 に
の
就任直後 は
。
維持 の た め の 人的
そ こ に 牧 師自身が 措
自然界 に は神 の 定め る 法則が あ
を 発見さ せ る こ と に な る。 F
は
概括 する
ナイ チ ン ゲ
自 身 は 対象 認識 と そ
そ れ は神 の 御 意志の 現れ で
,
い て
っ
病 院 監督 を し た 時
,
浮
以 下 の よう に 考え て い る こ と を
て い る。
い た。
しか し
ナイ チ ン ゲ
.
と 心と 生活 を同時 に 支 え る 看護
普遍 的あ り方 を
3
次に
F
勢が 根 づ い て い る こ と が 認 め ら れ た。
る。
一
自分と 同じ世界
,
事物 の 存在 に 観念 を排除 し法則
,
致す る と認 め る
一
ナ イ チ
.
世界観か ら神 を棚上 げすれ ば
の
ル
ー
して い るの かを
ー
は 見学体 験 を と お
精神 の 交流 を は か る と い う論 理 を 認 め る
の
ゲ
ン
科学す る姿勢 と
患者 を
,
す思考過程を 意識的 に 表現 する こ と と らえ られ た 。
に
牧師 の 実践 が
ー
。
,
う 看護の 論理 を認 め る こ と が で き た。
描かれて
,
ドナ
ー
法則 を追究 しよ う とす る
の
もの が
そ こ に 潜 む事象 の 論 理 を 抽 き 出
,
ナイ チ
い たとい う
認識 と そ の 表現 の 特徴 は
相手 の 認識 に 対 象像が ど の よう
リ
F
性 を追究 し よ う と する 科学観 に 対立 す る 。
F
園を創 設 し た フ リ
て い る の は学
く対象像を 重ね て み せ
ル
ー
ス
フ
世界観 は観念論 で あ り
般 の 像 を抽
共 通 し た 道 徳 的雰 囲気 を 感 じ と り
が と らえ た 牧師の
ル
監督 シ
,
ナ イチ ン ゲ
.
牧 師 の 生 活 態 度 や 指導 過 程
ー
て で あり
中心 的 な存在 で あ る
,
看 護婦 に な ろ う と す る女 性
コ
.
彼女が と らえ た対象 は
,
学 園に 居 住す る人々 す べ
,
,
一
ナイ チ
い た こ と を認 め る こ と が で き た。
この ほかの
師
認
す な わ ち事象 の 立体 的な構 造を 反映 し た立体像 を
,
含め
た。
っ
現象像 と表象 像を 描 い て
,
の
な が る 看護の 論理
つ
事象 か ら は人 間の 成長
この
,
発
ル
・
すな わ ち看護 の 間接的
般論 に
一
つ
ゲ
ン
ー
をとらえて い た F
を 見 い だ せ る こ と が 明ら か と な
-
ナイ チ
.
に認 め る こ とが で き た。
立 場 か ら 現象 を 観 察 し
ン
子供 の 認識 の 形 成
,
,
子供 の 生 命力
,
は
ル
ー
,
に は
ま り法則
つ
観 に 基 づ く 理 想 的世 界 の 実 現 と し て 認 識 し て
い たととらえる ことがで き
般論 に 照 ら し た時 に
一
対
,
看護者の 認識 と そ の 表現 の 構造
な が る もの を発見 し
つ
事 象 に お け る 看護 観 と
対象で あ る子供 の 構造 と
,
重構造 と して 反映 して
こ れ ら を看護
る。
以 上
い た こ とが わ か る。
の この
ル
ー
対 象 で あ る子供 の 構造
,
即 し た関わ り と し て 評価 して
より
杏
,
ゲ
ン
完 全な る神 の 御意志
て
っ
対象 を認識 する
,
る こ と で あ る と信 じ て い た
を 求 め て 実践す
そ の 発達段階 に ふ
,
表現と そ の 時 の 思 い を読 み
い る。
,
つ
つ
女 自身 も含 め て 不完全 な人 間が
観念的追体験 に よ
虚弱体質 と い
,
対象 の 構 造 と し て と ら え て
,
関 わ る人 間の
まり
つ
。
発
・
に は た ら きか け る
患者
,
て の
の
こ
、
医療 と看護 の 役割 の
い て F
事象 に お
医療者
身体
,
閲 L を生 き る
J
ナイ チ
.
患者 を 取 り 巻 く人 々
,
病院 の 経営主体
,
患者 が 生活す
看護 を実現す る こ と に 照 ら して
に
そ れ ぞ れ の 対象 に 現れ た事実 を見 て 構造 を と らえ
彼
し行動 し て い る こ と を認 め る こ と が で き た。
千葉 看会誌 V O L 3
.
N α2
,
こ の
,
判断
判断 を
1 99 7 1 2
.
,
87
導 い た 看護を 実現す ると い う認識に は
健康 観
,
人 間観
自然観 に 基 づ く看 護 に
・
象 的段 階 に 据 え て
い て の
つ
生活 観
・
看護実践 を 導く 立体 像
た。
般的 な像 を抽
一
現 象 像 と そ の 表 象像 を 構成 す る
,
・
「
ま い そ う で す。
,
で あ る こ と を認 め る こ と が で き
た。
あ
考
.
F
察
ナイ チ ン ゲ
.
ル
は
カイ ゼ ル ス ウ
,
ト学
ル
ェ
学 か ら病 院監督ま で の 3 年 に 満 た な い 期間 に
技 術 の 立 体 像 を 形 成 し得 た の か
て どの ような
F
抽象像
ル
ー
位 置づ け
に
は
,
の
看護 に
,
位置 づ け
い て の
つ
看護 の 論理 は
遍性 を も ち
は
ル
出し
は看護実践 に お い て
それで は
うか。
,
は 「 実 践 に 適 用 す る た め に」
目的意識 に 位置づ け
看護 に
,
する もの
認 識 して
,
い て の
つ
般的な 像が 実践
一
こ れ は看
で あ る。
護
一
ー
この
認識す る に は
つ
,
い う
F
.
,
適用 と い う
の
て い た こ と を意
ま り F
つ
,
っ
ル
ス ウ
たが
フ
,
ェ
リ
ル
園で は
ト学
,
ドナ
ー
ー
論 理 を 抽 き 出し得 た の は
観念 的追体験 に よ
,
っ
味
.
ナイ チ
彼女自身
牧 師た ち の 実践
た台所用品の
筆者 は 自問せ ずに は い られ な い
,
て い る人 た ち は
っ
て
器が
ス
本 当に
,
の
こうし
人類 の 進歩 に 果 た して 必要 な
,
こ れ がま
,
べ
と う な経 済 学 と い え る だ ろ う か ?
っ
消費さ れ る労力 の す べ
,
き で はな い だ ろ うか ?
た ぐ い の 数 々 の 疑 問 で す。 」
この
当時
学」
に
,
この
照らし
動力 に な る
べ
て が再生産 の
まあ
こうい
,
の
進 歩」
「ま
,
する
こ
べ
と う な経 済
っ
て が
と い う 経 済 論理 を
き で あ る」
た
照 ら して 所 蔵 品 の 存在 の 意
に
現実 に 認 め た 事実 を
「 消費さ れ る労力 の す
,
原
っ
)
既 に 彼 女 は 「 理 論 を 実 地 に 活 用」
,
「 人類
,
4
再生 産 の 原
か ん で い た。
っ
す なわ ち自分 の 体験 や現実 世界の 事実を 事象 と して と ら
え
一
,
般論 に 照 ら し て 認識 し よう と する
過程が 認 め ら れ た
この
。
れ て い た と い う事実 か ら
徴と して 注目す る
人 間の 存在や 人類 に と
た
きる
認識活動 が
形成 さ せ
F
,
,
自己の
軌道 に
あ
っ
,
日 常的
て い た こ と で あ る。
体験か ら看護 の
ー
ル
一
っ
この
般 的 な 像 を 自力 で
は病院監督 に 就 任 し
そ の
一
彼女 の 病院
へ
病 院道 営 が
,
の
関心 が薄 れ つ
方 で 英 国の 社会情勢 は 急転 し た
論 理 を抽 き 出
3 回 季 刊 報 告 書』 が 提 出 さ れ る 前 に
,
人 間が対象 を
へ
の
,
学 問の 意 味を 問う と い
て の
っ
の る こ と と逆行 し て
た。
彼女の 看護体
,
科学 的な思考過程 と
看護 技 術 論 を も 形 成 さ せ 得 た と 考 え ら れ る 。
ナ イ チ ン ゲ
.
まり
つ
。
抽象度 の 高 い 抽象像 を描 い
,
つ
彼女 の 日 常的な 認識活動の 特
,
こ とが で
験 以前 の 認 識 の 特 徴 と は
に
科学的 な思考
,
認 識活動が 家事労働 の 中で 行わ
,
完全 な る神 の 御意
て
かない よ
っ
侵攻が は じ まり
,
英
,
・
仏軍
の
『第
。
シ ア
ロ
最終季刊 報告が提出され た頃に は
,
英 軍 の 医 療 体 制 の 不 備 が 英 国 陸軍 兵 士 の 惨 状 を 招 い て
い
る と次
抽象像 を描 い
彼女 はあ る 貴婦人か ら の 支援 の 申し 出を受 け
自 ら 監督
官 と し て 看 護婦団を 編成 し
備を進 め
-
ル
て い た か ら で あ る。
一
に おい て
貫 して 支 え た頭脳 は
過程 の 特 徴を 求め
女 の 友人 に あ
こ と が推測 さ れ る。
文献 を調
,
て た手
千葉看 会誌
た。
っ
時を 遡 り
,
発達 し た
この ことから
,
は人間 を対 象 と す る 技 術 を立 体 像 と
して 認識 して い た こ と が 明 らか と な
88
へ
この こ
凝
,
っ
ま り神 の 定 め る 法則 を求 め実践す る こ と で あ る と
ナイ チ ン ゲ
活動 を
「 看護
般 と そ の 実現 を目的 に 据
彼等 の 認識 と 表現 の 連関 を と ら え
,
して い た。
志
カイ ゼ
実践活動 は な か
か ら
,
ふ さ わ しい
よ
,
仕事を あ て が う た め に 願望 の 対象 を発 明
に おい て は
動力 に な る
は看 護 技 術 論 を 把 握 し て い た こ と の 証 し で あ る
ル
と考 え ら れ る。
の
っ
い たの だ ろ
い た と前述 し た。
え た看護技術 の 立体像 の 認識 で あ り
ゲ
ン
あ る と い う 明瞭な
目 的意 識 を 備 え た 抽 象 像 と し て 描 か れ
ン
ナイ チ
.
彼女 は実践 か ら抽き出 し た看護 の 論 理 を
論 理」
と は
あ ると
事 象 か ら 客 観 的 法 則性 を 抽
彼女 は看護技術論 を認識 し て
,
現代
こ
。
そ れ を意識 的 に 適用 し て い た こ と が 明 らか と な
,
た。
の
まり F
つ
ガラ
,
する な ん
味 を問 い
は 「 実 践 に 適 用 す る た め に」
ン
人間
看護 の 論理 を自在 に 操 る 彼女 に
明 瞭 な 目 的意 識 が 認 め ら れ る 。
ー
リネ
,
の だろうか?
意識
,
活用する
に
も使 い 方 の 見 当 さ え
で
も の の よく わ か
。
と を認 め
そ の よう に
,
,
表象 像を 得た
,
す
教
。
た もの を欲 して い るの だ ろ う か ? こ ん な に た くさ ん の 陶
看護を 知 ら な い 貴婦人 た ち を 動か す普
「 看護 の 論 理」
,
いう
ゲ
,
臨み
に
リ ス ト を 作 り なが ら
で
食 器 に 埋 もれ て し
ス
い で は あり ま せ ん
そ れ で い て 活動 領 域 の 狭 い 現 代 に
,
い え ます。
神を
初め て の 直接的
実践
て
的 に 適用 し て 看護 の 論理 を抽 き 出し
の
,
も ち ろ ん 家 事 は嫌
実 用 よ り装飾用 に
,
類と ガラ
ン
少 な く と も家 事 は 理 論 を 実 地
,
機会 と も
器
般 的な 像を 抽象像 に
一
看護技 術の 立体像 を描 い
,
っ
。
立体 的な 構造を 把握 し
を対象 と する技 術の 表象像 を形成 した。
な看護体験 で は
なぜ 看護
,
間接的 な 看 護体 験 で は
,
事象
,
園の 見
看 護 技術 論 は彼女 に と
役割 を果 た し た の か を 考察す る
ナイ チ ン ゲ
.
て は
っ
うな
ー
リネ
,
育程度 の 総 じ て 高 い
い
6
この ままで は
紙
V O L
べ
に そ の
.
3
認識
そ の 生活過程
そ こ で 彼女の 思考
た結果
,
青年期の 頃の 彼
特徴が明瞭に 現され
No 2
.
,
これ ら の
19 97 12
.
て い
々 に
報道 され
,
非難 が政府
に集
中 した
こ の
。
,
病院監 督を 辞任す る た め に
た。
バ
ー
トに
貴婦 人委員会
へ
女 の 夫 で あ る 戦 時大 臣 シ
ち明 け る手紙 を 出 した。
に
,
現地 に 赴
,
の
ド
こ う と準
友人 で あ る リ ズ
,
根回 し を依頼す る
ニ
ー
・
ハ
ー
バ
ー
一
トに
時
・
方で
ハ
,
,
ー
彼
計画 を打
と こ ろが そ の 手紙 と は入 れ違 い
彼か ら看護婦 団を 率い 現地 に 赴く こ と を正式要請す
る手紙 が届 い た。
F
ナイ チ
.
看 護 婦40 人 を 採 用 し
て の
べ
の F
上層部
革
との
駆 け引 き と
ス ク タリに
クク リで
向か
た。
っ
ス
看護を 実現す る た め
,
の
物資
,
調達
に
病 院環 境
,
兵士 を含 む 看護者 と し て 働く 人 々
,
,
のえ
は
ル
ー
は1 週間弱 の 間 に
ル
ー
全員 の 旅行 の 準備 を と と
仕事 を 終わ らせ
ナイ チ ン ゲ
.
,
ゲ
ン
の
す
,
陸軍
,
衛生改
の
看護 管理 を行
っ
生活過程 を み
て とり患者 に
働 き か け る」 「 身 体 と L と 生
J
活 を 同 時 に 支 え る」 「 相 手 の 認 識 の 形 成
、
発 展 を 促 す」
・
「 精 神 の 交 流 を は か る」 「 患 者 の 関 心 を 人 間 と し て 生 き る
実 現 に 向 け る」 「 患 者 に と
ことの
割
実 現」 「 生 活 環 境
の
出さ れ た
整備
の
て の
っ
医療 と 看 護 の 役
継 続 的 管 理」
とその
が抽 き
。
ヽ
複雑 で 巨大 な 規模 の 実践 で あ
様 々 な事 情が か ら み
た。
,
たが
一
一
つ
,
を 詳 しく み る と
つ
た実践 と論 理 的 に は共通
病院監督 の 時 に な され
,
し て い た。
タ リ で の 実 践を 導 い た の は
この ことか ら
,
この
,
遡ると
病院監督
,
実践 に 彼女 を導
般 的な像 を 形成さ せ た カ イ
一
護研修 で あ り
そ れ に 先立
この
認識
カイ ゼ ル ス ウ
っ
ゼ ル ス ウ
,
学園 で
ト
看
の
ル
ト学園 の
見学 で あ
ク タ リ か ら帰国 し た彼女 は執筆活動 に 取 り 組み
国 陸軍 と 陸 軍 が 駐 屯 す る イ
ン
大 な 調 査報
提言を行な
で
看護
,
い で
けて
一
7
)
最初 はす べ て の 女性 に 向 け て
,
,
そ の 背景 に は彼女の 過去 の す
。
実践
,
その
,
そして
護 実践体験が 存在 し
英国陸軍の 衛生改革
う 人生最大 の 目標 を抱 か せ
立体像 が実現可能 な
ル
本研究
,
で
見学体験 で は
,
認められなか
っ
た。
認識 が
の
)
吹
,
こ の
た F
っ
つ
い て の
つ
る法則 を求 め 実践す る存在 と と ら え
し て 見学 し た 看 護 実 践 の 意 味 を 探 り
実 践 に 共通 す る 表 象 像 を 描 き
認識 に
そ れ が著作 と
,
ナ イ チ ン ゲ
.
い て
述
べ
病 院監 督 の 時 に は 看 護 に
し
実践を 展開 し た
3)
この
,
な る 神の
定め
抽象 像 に 照 ら
に
適用 して 看護技術
実践 に 適用 し て
技術 を立体 像と して 認識
,
つ
い て の
看護 の
い た。
表象
像を 得て
一
一
般的 な像 を形成
,
般 的な 像 を意識的
そ の 認識 を
,
この ことか ら
技術 の 立体像 を形成 して お り
,
この
時す で
次
,
に
の
看護
意識的 に 実践 に 適用 する
と い う看護技術論 の 形 成を も認め られ た。
4)
この
た。
識が
に
看護技術
の
表象 像 (
結実
に
。
に
導か れ た実践 が
技 術の 立体像 の 形成 を 促 し
,
立 体像 を看護実践 に 意識的 に 適用す る と い う 認
看護 技術 の 立体像 の 形 成と 同時進行 で
,
の
へ
適 用 を促 し た
この
。
次 の 看護
,
認識と 実践 の 連続性 の う ち
看護技 術論 を基礎 と する 看護者 と し て
,
8
発展 の 構 造
の
た。
っ
おわ りに
.
本研究 は以 上 の よ う に
ナイ チ ン ゲ
が
ル
ー
看護
,
般を明らか
一
看護職 と して
,
初期 に
の
を形成 し て い た こ と を 明ら か に した 。
に し た F
今後 は
現代 に お
,
香
,
護実践 を 向上す る要因 と の 関係を 究明す る こ と と
実 践の 場 で
認識活動 を 意識的 に 適用 する
この
,
.
看護技術 論
,
け る看護者 の 看護技術論 の 形 成の 実態 を明 ら か に し
教育
,
ことで
,
学習者 の 認識 に ど の よ う な 変化 を もた ら す こ と が で き る
の か を明 ら か に
ことが
する
本研究 を ま と め る
撹
課題 で あ る
。
看護の
に あ た り ご指導 い た だ い た
,
元千葉大
千葉大学看護学 部石川稔生教
杉森 み ど里 教 授 に 心か ら感謝 する
,
本論文 は博士 学位論文 ( 看護学
。
千 葉 大 学)
,
の
一
部で
あ る。
( 引 用 文 献)
会
2)
,
の
般
一
人 間を 対象と す る
,
。
直接的 な看護体験 で は
看護
,
体 験を 経
この
。
論
抽象像
1)
2)
提示さ れ た
に
学看護学部薄井坦 子教授
る。
して い た。
,
『看 護 覚 え 書』
に
結
.
ー
般 的な像 の 形 成 は
一
人間 と は完全
,
,
。
形成過程 に
時
看
て の
の
目標 を 抽 象 像 に 据 え た
認識 さ れ
明 らか に な
看護 に
彼女
,
べ
般 国民 の 健 康 の 実 現 と い
この
こ と と して
に お け る看護技術論 の
1)
一
,
さ れ た の だ と考 え る
以上より
7
方
一
そ して そ の 翌年 に は労 働 者 に 向
6)
向 けて
5
膨
,
その
た。
っ
ク クリ で の 実践を導き
ス
,
莱
,
に つ いて
般論を
出版 し た
し て 表現
衛 生 問題
改革
に
の
ドの
告と そ の
看護婦
後
,
する認識 が 形成 さ れ た
が 明ら か と な
た と考 え る 。
ス
て
実践
た。
っ
看護実践 を 可能 に し
の
段階 の 看護技術論 が
この
彼女 を実 践家 と し て 飛躍 的 に 発展 させ た
看護の
,
彼女
,
ル
ェ
さ ら
。
と 彼 女 を 駆 り立 て た の は
ェ
連続性 が
と 実践の
い たの は
へ
そ の 看護研修
,
,
5)
像 は看護技術
論 を適用 した 看護実践が 形成 させ た と考 え られ る
に
ク
ス
病院監督 と して 看護実践 を
体験 し た と き に 形成 され た像 で あ り
の
っ
論 理)
と して
,
,
p p5 9
1 99 7
,
弁証法
:
al e
ナイ チ ンゲ
1 97 7
の
日本看護協 会 出版
,
.
の
諸 問題
勤草書房
,
p p 1 31
,
,
.
N i g h ti n g
C
科学的看護論第 3 版
:
武谷 三 男
19 68
3)
4)
「特殊な
薄井 坦 子
o
F
,
.
,
湯 積 ま す他 訳
著作集
ル
ー
第三巻
:
思索
現代社
,
の
へ
思 唆( 抄)
p p 1 41 - 2 41
,
,
,
.
o
k
,
E
.
T
生 涯 と 思 想)
.
,
,
中村妙子訳
時 空 出版
,
:
ナイ テ
p p 65
千葉看会誌 V O
L
1 99 3
,
.
ィ
3
ゲ
ル
ー
(そ
.
No 2
.
ン
19 9 7 12
.
89
5)
L
6)
S
7)
N i g h ti n g a l e
d
o n
o n
is o
H
,
a r r
N i g h ti n g a l e
d
e c o n
N i g h ti n g
le
a
io
V
e r s
n
n
1 85 9
,
F
∴
L
o n
,
d
o n
o n
o n
( 参 考 文 献)
,
1)
O N
H
,
n
1 860
,
O N
Th
a r r
n
1 861
,
T he
19 67
3)
.
T HE
O F
F O R M IN G P R O C E SS
IN
T O S HIE
ch o ol
S
W O R D S
K E Y
u
n
rs l n
Th
in
p
e
Fl o
th
o n
F li e d
F
e m
A
n
e
r
ale
P
S t r e et
d
th
e
c o
g
a
o
n
g
p
i ti o
Th
p
r o
f
a
cq
u
h
g
f
o
p
o r
e a
o
io
g
n a
l
th e
千葉看会 誌
S up p
h
認識 と 言語の 理 論第
:
部
一
勃 草書房
,
dh
a
- S
m
ナイ チ
OF
i th C
m
ゲ
ン
.
N U R SI N G
.
武 山満 知 子 他 訳 :
,
生 涯 ( 上)
の
ル
ー
現 代 社 1 981
,
レ
ロ
フ
.
,
TE CH N OL O G Y
N IG H TIN G A L E
Y A M A M O T O
u r si Ⅲg
e
s
,
f
f
e
io
e s s
s
n u r sl n
g
C h i ゎa
,
U
iv
n
e r s lt
y
a bili t y
V O L
.
3
o
id
e
t
e
th
e r
o
in l n g
d
n
a
it t e
e
n
D
n
o r
w
r
g
s
m
n u r sl n
ch n ol o
p e rf o r
x
o
p e rt
n
19 97 12
.
g
"
d
o
G
e
p e ri e
e re
m
l n
r
se
w
g
b
s
Si
m
u
lt a
O
f
.
lo g l C
thi s
t
d
a n
d i n t e n ti o
a
r et r o
b e in g
m
g
a n
e
h
s
,
ti
m
r
ec
lp r
i n t e n ti
o n
al
n
ase
d
o
n
h
f
e r
e
n
o
f
o
b
d
ur
s
in g
f
n
ing
o
f
f
th
p
e
h
s
rs ln
v
P
.
ls
m
e
a
t
u r sl n
g
a
t
rs l n
g
o
th
t
o r
m
e
a
s
a n
d
,
gy
er
a
fi r s t ti
t
a
H
e
o o
ol o
n
e r s w
.
l ey
H
a r
.
o
f
n
th
m
S t r e et
e
u
n
s
,
f
o
had
le d
g
ic e s
r a ct
n
in t
o
e
R
S ch
in g
r o
a rl e y
K ais
th e
u r s
in g
f
Of
i al
n u r s
ti o
of
n
te ch
g
n u r sl n
u st r
p
N
s e r v a
H
o r e
u
l nd
lo g l C
At
e r e
o r m
e
th e
.
a v
Th
.
d
a s
n
a
v er n o r s
n c e
o
h
h ad i
e
vi e w
ccee
s u
by
it
.
a
t
r
ac
p
r
w
h
s
is e r
p
fo
to
a
m
hi ch
w
ded
Th
K
a s
r m
o
-
ti c e
e
v
h
d
er
th
e
h
e
d
s
e
i ti o
o w
.
th e
as
p
u ct e
,
g
o
th
b y th
w
ly
ll y
x
m
n e o u s
n u r s ln
n a
e
di g
r a
u
d
e
e a
D i r e c ti o l l
th e
I nf a n t
th e
r v
id
e
T h e i n s ti t u ti o
s
de r
,
to
p a
h
o r
t
e n
rS l n
e
gy
u
G
f
e
u
n
d th
th
th a t
d
f
"
in t e n d
u ct e
te
a
bse
a
w
u n
,
f th
O
`
n e
o
rts
o
r o c e s s
O
he
s
n
h a d t h e fi r s t
he
e
l n
e a
e r
l
g
p
.
H o s p it al
a
he
w
ln
i ti n g
e a c o n e s s e s
R ep
r t e rl y
f
of
r e
r
s
w
f
O
C
w
h ni q u
e c
d
No 2
.
a
m
p
e
g
h en
w
t i
s u
f
h
N i g h ti n g a l e
ce
n
'
n
e
n a
a n
n
r
g g e st
s u
Q
u a
r etr o
g
n u r sl n
as
t s
th
th
h
w
Fl o r e
,
c
r a
a
It
.
it t e
w
in g
a s
m
n
h a t th
w
T
m
l a rif y
o
zl n
rt
o
'
e
l e did
a v
f
r o
as
a
ly
r a ct
( 1 85 1)
w
,
o
m
di g
fi n di n g
e s s
It
.
e v e r
a r a
id
e se
l rl n
'
t
a s
a n a
i c al
P
S lユp e ri n t e n d
se n s e
n
e
w
e
n u r sl n
h a d th
90
H
d
'
ti a r y
w
by
e
p a r a di g
g
dy
st u
th e
N i g h ti n g
ce
n
th
o r
rs l n
le
a
in g
as
w
.
m
n u r sl n
r a c
1 85 3 - 4
,
h
e rt
a n
f
b
e nite n
r
Fl o re
s w
e
m
u
n
,
f t hi s
o
`
th e
o
e
,
gy
N i g h ti n g
R hi n
e
n
ol o
n
u rp o s e
r e n c e
N
季節社
,
:
te c h
g
of
とむ
っ
o o
・
T H E ID E A
FL O RE NCE
論
の 理
O C al
p
u
g
rs l n
t h e id e a
of
r
,
,
.
W
ス
仮説 実 験授 業 と 認 識
:
.
) 三浦
2
,
庄 司和 晃
1 9 76
e
.
N U R SI N G
is o
H
,
N U R S IN G
is o
a r r
N O T ES
d
N U R SI N G
O N
.
N OTES
∴
L
,
,
N O T ES
:
.
F
,
e r si o n
V
T hi r d
F
,
・b e t
o c es s
le d
n
u
by
r sl n
g
w
t
f
e e n
it
It
e c
.
h
n o
o r m
l n
sh o
w
lo g y
.
s
g
h
e r
c o
n
f
o r
th
e
st r u ct u r e
f
o r
g
n
ン
ダウンロード

F・ ナイ チンゲールにおける看護技術論の 形成過程に関する