著 作 権(3) まとめと補足
情報社会と情報倫理
5/22/08
著作権法




創作意欲を高めるために“独占”
先人の業績の活用を図るために“期限”
著作物とは“思想又は感情を創作的に表現した
もの”
 コンピュータのプログラムも含まれる
著作権法で保護されるものは表現
権利の全体像



文献9 p.21
著作者の権利と伝達者の権利
財産権と人格権
財産権と人格権


財産権
 大雑把に複製権
 譲渡可能(著作権者)
人格権
 公表権・氏名表示件・同一性保持権
 譲渡不可
映 画 ・ 放 送(1)


俳優の了解を得て録画(撮影)された実演につい
ては,俳優の著作隣接権の財産権が消滅
映画をテレビで放映したり,DVD化しても俳優に
は(金銭的)権利がない
 映画撮影の契約のときに,その分を含めて
ギャラを決める
映 画 ・ 放 送(2)



同様に放送の了解を得ている場合は,放送局は
無断で録画できる
ただし,録画したものは放送の目的にしか使うこ
とはできない
DVD化する場合には,関係者(俳優その他)の承
諾が必要になる
 映画と同じように,録画の了解を得ておけば
不要
映 画 ・ 放 送(3)


インターネットでの配信
IPマルチキャスト放送の是非を著作権関連団体
や放送事業者が議論
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2
006/04/05/11526.html
図 書 館(1)



図書館員による複製
非営利・無料の貸出し
これらは著作権者の権利を制限している
 同じ本を複数,貸出し用に購入している
ことなどがあるので,権利者側から是正が求
められている
図 書 館(2)


複製に関しては,著作権情報センターの著作権
Q&A
http://www.cric.or.jp/qa/cs03/cs03_2_qa.html
図書館でコピーをしたらする場合は,記録を残す
ことになっている!
本学図書館でも!!!
コピープロテクション


“私的複製” 補足
条件に合致していても,コピープロテクションが施
されている著作物を,プロテクションを回避して複
製することは認められない
著 作 権 法 改 正(1)


保護期間の延長
 50年 → 70年
私的複製の範囲の見直し
 違法アップロードされたものをダウンロード
著 作 権 法 改 正(2)

補償金制度の見直し
 対象拡大
 制度自体
 今(2008年5月),最もホットな話題
 文化庁「iPod課金=補償金拡大ではない」
JEITAと対立(ITmedia News)
 「ダビング10」延期濃厚 Dpa「対応を協議中」
(Itmedia News)
著 作 権 法 改 正(3)

非親告罪化
 被害者(著作権者)の告発なしに摘発可能
著作権ビジネス



複製権だけがビジネスだけではない
著作権信託で初の映画ファンド,松竹「阿修羅城
の瞳で」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/28
/news066.html
フ ォ ー ク ロ ア(1)


各国・各地・各民族で古くから伝わる音楽や踊り
な ど 無 形 の も の や 絵 な ど 有 形 の
フォークロア
不正に(先進国が)利用しているとの主張が途上
国からなされている
フ ォ ー ク ロ ア(2)

朝日新聞5/18/05 マオリ族のパフォーマンス
フ ォ ー ク ロ ア(3)




フォークロアは,その起源が古く作者が分からな
い(ものが多い)
現在の著作権法では保護されない
“先人の業績を活用して”,新たな創作活動を展
開
利用されている側からは不満
著作権は誰のもの

文献11 p.226

文献10 p.302

文献13 p.111
ダウンロード

著 作 権(3)