稲作農家と畜産農家のみなさまへ
23年産の稲わらをこれから集める場合は、
利用前に必ず検査をしましょう

昨年3月の原発事故直後に収集された稲わら
に高濃度の放射性セシウムが含まれ、これが
牛肉へ移行したケースがありました。
 稲わらを長期間ほ場に置いたあとに収集する
場合、放射性セシウムの濃度が上がっていな
いかを確認する必要があります。
 これから稲わらを集める場合は、利用前に放
射性セシウムの濃度を農家ごとに必ず検査す
るようにお願いします。
相 談 窓 口
担当係
電
話
(説明)
①
飼料の暫定許容値について
・放射性セシウムに関する食品の基準値が見直される予定で
す。
・新基準値案を超えない牛乳や牛肉が生産されるよう、放射
性セシウムに関する飼料の暫定許容値も1kg当たり300ベ
クレルから100 ベクレルに引き下げられました。
・粗飼料の暫定許容値は水分含有量80%が前提ですが、稲わ
らの水分含量は約12%であり、濃度の換算が必要です。
簡便法による換算式: 現物濃度×0.228 = 80%換算濃度
※水分含有量12%の場合の換算式であり、利用する稲わらの水分を確認する
必要があります。よくわからない場合は表面の相談窓口にお問い合わせ下さい。
・利用できるかどうかの判断は、換算後の濃度により判断します。
②
土壌改良資材の暫定許容値について
・土壌改良資材の暫定許容値は、1kg当たり400ベクレル(製
品重量)です。
・利用できるかどうかの判断は、粗飼料とは異なり、水分含
有量12%に換算後の濃度により判断します。
※検査する稲わらの水分を確認する必要があります。よくわからない場合は
表面の相談窓口にお問い合わせ下さい。
ダウンロード

PowerPoint(PPT:465KB)