中
小
企
業
向
け
平成27年度 税制改正のポイント
速 報
法人実効税率の引き下げをはじめ
多摩商工会議所
中小企業の活力を後押しする税制改正が実現! 日本商工会議所
※本チラシ内の「中小企業者」とは資本金1億円以下の法人です
法人実効税率の引き下げが実現!
○平成27年度に法人実効税率(現行:34.62%)が2.51%引下げられ、32.11%となります
(国税:現行25.5% → 平成27年度23.9% (▲1.6%引下げ))
改正後
現行
(平成27年度)
(平成26年度)
※資本金1億円
超の大法人の
場合の税率
現行より
32.11%
※標準税率の場合
東京都は35.64%
*法人税改革の第二段階として、平成
28年度税制改正においても、課税ベ
ースの拡大等により財源を確保して
、平成28年度における税率引下げ幅
の更なる上乗せを図る。さらに、その
後の年度の税制改正においても、引
き続き、法人実効税率を20%台まで
引き下げることを目指して、改革を継
続する。
(平成27年度与党税制改正大綱)
▲3.29%
▲2.51%
34.62%
(平成28年度)
現行より
31.33%
東京都は33.10%※
東京都は32.34%※
※東京都は平成27年度以降も同等の税率で超過課税を継続したものとして試算
所得拡大促進税制の拡充<3年間>
中小法人の軽減税率の延長<2年間>
○中小事業者に適用される国税の法人税率の軽減税率
(15%)が、平成28年度末まで2年延長されます
法人税法における税率(本則)
年800万円以下の所得金額
年800万円超の所得金額
租税特別措置法
における軽減税率
○所得拡大促進税制の給与増加要件が緩和されます
10%の税額控除※
※法人税額の10%(中小は20%)が上限
19%
15%
給与等
支給額
の総額
23.9%
-
平成24年度
現行
研究開発促進税制の延長・重点化
○研究開発税制の総額型から、大学・公的研究機関や、
企業間での共同委託研究等の「特別試験研究費」の部
分を別枠化し、税額控除率を拡充したオープンイノベー
ション型が創設されます
【増加型】
【高水準型】
試験研究費の
増加額×増加割合
(5~30%)
売上高比10%超
の試験研究費
×控除率※
選択
+
<控除上限>
法人税額の10%
※(試験研究費の額÷売上金
額)-10%)×0.2
オープンイノベーション型
特別試験研究費 ×20%または30%※
※30%:大学・公的研究機関との共同・委託研究
20%:企業間等(中小企業からの知財権使用料
等を追加)
法人税額の5%
総額型とオープン
イノベーション型を
別枠化
+
総額型(試験研究費×8~10%、中小は12%)
法人税額の25%
24年度から
の増加額
24年度から
の増加額
改
正
後
平成27年度
平成28年度
平成29年度
3%増
5%増
5%増
大法人
3%増
4%増
5%増
中小事業者
3%増
3%増
3%増
【要件】・給与等支給額※の総額:平成24年度から一定割合(上図)以上増加
・給与等支給額の総額が前の事業年度以上、
・給与等支給額の平均額が前の事業年度を上回る場合
商業・サービス業活性化税制の延長<2年間>
○商業・サービス業を営む中小企業者が、商工会議所等の経
営改善等の指導を受けて、店舗等の設備投資を行った場合
の減税が、平成28年度末まで延長されます
特別償却(取得価格の30%)または、税額控除(7%)の選択
※税額控除は資本金3,000万以下の中小企業者のみ選択可能
相談
商工会議所等
利用の際、商工会議所等の経営改善指導が必要
対象設備
1台30万円以上の器具・備品(ショーケース、看板、レジスター等)
1台60万円以上の建設附属設備(空調設備、店舗内装等)
外形標準課税の見直し<資本金1億円超の企業>
○大法人(資本金1億円超)の法人事業税における外形標準課税が2年間で段階的に2倍となり
ます。一方で、所得割に関しては2年間で段階的に2/3に引き下げとなり、所得割と外形標準 付加価値割
課税の比率が現行の3:1から1:1となります。
○賃上げへの取組みを阻害しないよう、一定以上の賃上げ分を控除する仕組みが導入されます 資本金割
(平成29年度末まで)
○地域の経済・雇用を支える中堅企業(付加価値額30億円以下)について、外形拡充により税
所得割
負担が増加する場合は負担増加額の50%が軽減されます(平成28年度末まで)
Copyright 2015 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.
24年度から
の増加額
現行
27年度
28年度
0.48%
0.72%
0.96%
0.2%
0.3%
0.4%
7.2%
6.0%
4.8%
多摩商工会議所・日本商工会議所
地方における企業の拠点強化を促進する特例措置の創設
外国人旅行者向け消費税免税店の拡大
○地方創生実現のため、地方における本社機能等の事業拠点の新設・拡
充に取り組む企業に対して、オフィスに係る建物(本社・研究所等)に関す
る設備投資減税、雇用促進税制等の措置が創設されます
拡充型(含対内直投)
移転型
東京23区からの移転である場合は
支援措置を深堀り
地方にある企業の本社機能等の強化
以下の要件を満たす自治体策定計画を
国が認定
1. 地域要件:東京圏、中部圏中心部、近
畿圏中心部を除く地域であって、単独
自治体、又は地域連携により概ね人
口10万人以上の経済圏を構成し、一
定の事業集積が認められる地域
2. 地方自治体が独自で補助金や融資制
度を設ける等、本社機能の受入促進
策を講じていること
○商店街やショッピングモールが「免税手続カウンター」を
設置した場合に、各店舗の免税手続をまとめて行うこと
が可能になります
○商店街やショッピングモールの複数店舗における購入額
を合算して、免税販売の対象とすることが可能になりま
す
以下の要件を満たす自治体策定計画を国
が認定
1. 地域要件:東京圏、中部圏中心部、近畿
圏中心部を除く全地域
2. 本社機能の受入促進策を講じていること
企業の地方拠点強化
実施計画(知事承認)
オフィスに係る建物(本社・研
究所・研修所)等の取得価額
に対し、特別償却25%、税額
控除7%
オフィスに係る建物(本社・
①地方拠点の新規雇用により1人
オフィス
雇
研究所・研修所)等の取得
あたり80万円(雇用増加率10%
減税
価額に対し、特別償却15%、 用 超)もしくは、50万円(雇用増加率
促
税額控除4%
進 10%未満)を税額控除。
雇 ①法人全体の雇用増加率10%以 税 ②東京から地方拠点へ移転した従
用
上の場合、増加雇用者1人あたり 制 業員は30万円を税額控除
促
③地方拠点および法人全体で増加
50万円を税額控除
進
した従業員数を維持している場合
税 ②法人全体の雇用増加率10%未
には、1人あたり30万円の税額控
満の場合でも、1人当たり20万円
制
除を3年間継続適用可能
を税額控除
※固定資産税、不動産取得税、事業税(移転型のみ)の減免措置について、
地方交付税によって減収額を補填する措置をあわせて創設
企業の地方拠点強化
実施計画(知事承認)
免税手続カウンター
・免税手続
・消費税相当額の
返金
オフィス
減税
円滑な事業承継促進のための措置
課税で販売
商業地の固定資産税の負担軽減措置の延長
○商業地の固定資産税の負担軽減措置(負担水準60%~
70%における据置措置、条例減額措置)が平成29年度末
まで3年間延長されます
ふるさと納税制度の見直し
○住民税の特例控除額が拡充されます
(上限:個人住民税所得割の1割⇒2割)
○申告手続きが簡素化されます(確定申告を行わない人は、
寄附先の自治体が本人に代わって控除手続をする「ふる
さと納税ワンストップ特例」を創設)
車体課税の見直し
○贈与税の納税猶予制度の適用を受けている者(2代目)が、贈与後5年
間の事業継続要検討を満たし、3代目に対する株式の再贈与を行う場合
に、2代目に贈与税の納税義務が生じないようになります
○エコカー減税に2020年度燃費基準が設けら
れ、2015年度燃費基準は減税額が縮小され
たうえで、延長となります
○環境性能に優れた軽自動車に対する軽課措
置が創設されます
自動車
取得税
エコカー減税の拡充
住宅税制の拡充
○住宅ローン減税が平成31年6月入居まで延長されます
○住宅取得等資金の贈与に係る贈与税の非課税措置が拡充・延長されます
消費税率8%の適用
住宅取得等資金の贈与に 消費税率10%の適用
係る非課税措置の拡充 質の高い住宅 一般住宅 質の高い住宅
一般住宅
1,000万円
500万円
現行
1,500万円
1,000万円
平成27年
-
-
1,200万円
700万円
平成28年 1月~28年9月
-
-
700万円
平成28年10月~29年9月 3,000万円 2,500万円 1,200万円
500万円
平成29年10月~30年9月 1,500万円 1,000万円 1,000万円
800万円
300万円
平成30年10月~31年6月 1,200万円 700万円
電気自動車等
2020年度燃費基準+20%達成
2020年度燃費基準+10%達成
2020年度燃費基準達成
2015年度燃費基準達成+10%達成
2015年度燃費基準達成+5%達成
○直系尊属(贈与者)が、20歳以上50才未満の子・孫等(受贈者)名義の金融機関の口座等に、結婚、出産または
育児のための資金を拠出する場合、1千万円までの贈与税を非課税とする措置が創設されます
○大法人(資本金1億円超)の控除限度額が、平成27年度に65%、
平成29年度に50%に段階的に引き下げ(中小企業は対象外)
○繰越期間は中小企業を含め、平成29年度以降10年へ延長されます
大企業
中小
企業
現行
27年度
28年度
29年度
控除限度
80%
65%
65%
50%
繰越期間
9年
9年
9年
10年
控除限度
繰越期間
商業登記規則の改正
100%
9年
100%
9年
100%
9年
100%
10年
免税
免税
免税
▲80%
▲60%
▲40%
▲20%
▲75%
▲50%
-
-
-
-
▲25%
環境性能に優れた軽自動車に対する軽自動車税の
減免措置
電気自動車等
2020年度燃費基準+20%達成
2020年度燃費基準達成
結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設
繰越欠損金控除制度の縮減<資本金1億円超の企業>
自動車重量税
1回目
2回目
車検
車検
2年目
▲75%
▲50%
▲25%
1,000万円(結婚
費用は300万円)
まで贈与税非課税
結婚、出産または育児のため
受取配当益金不算入の縮減
○現行の持ち株比率の基準を見直し、5%以下の場合は20%、1/3
以下の場合は50%、それぞれ益金不算入となります
<平成27年度以降>
<現行>
益金不算入
持ち株比率
割合
持ち株比率
益金不算
入割合
5%以下
20%
25%未満
50%
5%超1/3以下
50%
25%以上
100%
1/3超
100%
○会社法の改正により、監査役設置会社について、監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定
する旨を定款に登記することが盛り込まれたが、役員変更登記と併せて監査役の監査範囲に係る (本チラシは、平成27年1月13日現在の情
報をもとに作成しております。)
登記を行えば、役員変更登記以外の登録免許税負担が生じないことになりました
Copyright 2015 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.
多摩商工会議所・日本商工会議所
ダウンロード

法人実効税率の引き下げが実現!