日本の大学における
Critical Thinking 調査・研究
金田真未子・小西小百合・若林朝美・鮎貝春野・加藤名保子
亀山沙織・徳永矩子・藤村麻里・樋口木菜子・矢澤美紗子
1
目次
 1. 研究目的
 2. 研究方法
 3. 結果
 4. 考察
 5. まとめ
2
1. 研究目的
Critical Thinkingが日本に導入されたのは近
年
 実態を知るための資料が充実していない

そこで!
日本の四年制大学でCritical Thinkingの
授業を担当している教員に質問紙調査を実施
研究目的=Critical Thinkingの授業の実態調査
3
2. 研究方法①:対象者の選出法
調査対象者:日本の四年制大学の教員、127名
①大学webシラバス クリティカルシンキング、批判的
検索機能(日本の4 思考、論理的思考の用語で
年制大学)を利用
該当した授業の担当教員
②Google検索機能 各大学の正式名称及びクリティ
を利用
カルシンキング、批判的思考、
論理的思考の用語で
該当した授業の担当教員
4
2. 研究方法②
質問紙
送付
2月
調査対象者
選出
5
3月
4月
回収数:31部
回収率28.4%
109部
5月
質問紙
回収
3. 結果:教員が期待する学生の能力成長
80%
20.4%
 思考の柔軟性:
71.0%
70%
60%

58.1% 58.1 % 54.8 %
知的好奇心:
%

知的懐疑心:
16.5
50%
40%
48.4%
16.5%
30%
20%
2%.
15.5%
客観性:

9.7%
9.7%
%.
10%
0%
6.%
13.6%
追求心:

思考の柔軟性 知的好奇心
知的懐疑心
客観性
追求心
一所懸命
冷静沈着
決断力
集中力
考える姿勢より、考える取り組みを重視
6
その他
3. 結果:授業内容①-グループ討議-
行っていない
25.8%
行っている
74.2%
相互学習による効果を期待
7
3. 結果:授業内容②-プレゼンテーション-
行っていない
32.3%
行っている
67.7%
考えをまとめ・伝える能力を期待
8
3. 結果:授業内容③-課題-
出していない
16.1%
出している
83.9%
自ら考えることを習慣とし、
身につけることを期待
9
3. 結果:Critical Thinkingを授業するとは?
Critical Thinking
期待
思考の柔軟性・知的好奇心
知的懐疑心・客観性・追求心
10
方法
グループ討議・
プレゼンテーション・
課題の実施
3. 結果:Critical Thinking発展のために今後何が必要か?
60%
50%
58.6%
44.8%
41.4%
40%
30%
20.7%
20%
17.2%
10%
6.9%
0%
学内教員によるCRTに 社会におけるCRTの
対する理解の向上
認知度の向上
教材の整備・充実
教員の増加
予算的措置
・ CRTの認知度が低い
・ 教科書の充実が求められている
11
その他
4. 考察
多くの教員が、教科書の充実を望んでいる
つまり
考察:大学生向けの教科書が無い!!
12
4. 考察
今回の調査
教科書のダブりがほとんどなかった
=教科書のバイブルが存在しない
13
Ⅴ 考察
実際に授業を担当して
いる教員にインタビュー
・大学生向けの教科書
はある
・それらは、日本以外の学
生に向けて作られた教科
書の翻訳本である
・日本人の大学生向け
の教科書はない!!!
Ⅵ まとめ:Critical Thinkingを授業するとは?
Critical Thinking
期待
思考の柔軟性・知的好奇心
知的懐疑心・客観性・追求心
15
方法
グループ討議・
プレゼンテーション・
課題の実施
Ⅵ まとめ:今後の検討課題
日本人の大学生向けの教科書がないことが問題
よって
「どのような教材が求められているのか」について
更に調査を進めること
16
お わ り
Q&A
何か質問はありますか??
18
19
20
21
ダウンロード

こちら