BSJ特別セッション(2001、甲子園大学)
「人間科学データの蓄積と利用」
指定討論2
林 篤裕 (大学入試センター)
1
各論文の特徴
論文
清水
椎名他
藤野他
吉田他
•
•
•
•
対象分野
社会科学
教育、試験開発
経済、商圏
人文科学
データ提供・供給 利用
寄託制
許可制
特定グループ
限定(非公開)
特定グループ
一般(非特定)
特定グループ
許可制?
運用年数
3年(?)、241?
0年(これから)
22年、9回
15年程前から
Social Science Japan データ・アーカイブの活動
テスト項目に関するデータベースの試作
アンケート調査データの収集と分析(岡山行動圏調査について)
人文領域におけるデータベースの作成と分析上の問題点
2
• 「データ」
– 目的の明確化 : 対象分野、調査目的
– 構造の明確化、定義 : DB論的
• 管理の手間
– データの統一的管理
• 内容、フォーマット、変数名、…
• 管理ツール: データ記述
– SPSS, SAS, Text, …
– DandD, XML, DDI, NESSTAR, …
– 親しみやすいツールが望まれる
– 選任スタッフ : 図書館の「司書」と同様に
3
• データの提供・供給 : (生産者、メーカー)
– 特定グループ
• データ収集者自身による公開
– 登録制
• 提供願う
• データの利用 : (消費者、ユーザー)
– 一般に解放
– 制限
• 登録制
• プロジェクト参加型 : [例] 大学入試センター
– データの秘匿 :個票データ、秘匿機能
• プライバシー、次回収集時の協力
4
• 解析結果の公開・提示方法
– 報告書
– Internet, Web
• リアルタイム
• 希望の解析、オプション指定 : 秘匿機能の実装
• データ提供者への還元 :
– 収集の労力、 データスクリーニング、...
– 解析レポートの提出
• 国際的広がり(アーカイブ)
– データの供給、利用共
– small data set, ICPSR
5
• 継続は力なり : 「データの蓄積」
– 「蓄積は力なり」だが…..
– 長期的視野 : 調査目的、調査側・対象側の変化
– 蓄積 : 時系列的調査、解析、コホート
– 国勢調査
– 国民性調査
– 社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)
• 社会階層の変化、46年、5回
– 大学入試センター : 23回 (1979~)
• 出したいなぁ。抽出データでも良いから。
6
• データ配布方法 : メディアの変遷
– Tape、FD、MO
– Internet
– CD-ROM、CD-R
• 大容量、安価、広く普及
• 作成時点の固定、定点観測的、非速報性
• JSCS データ収集、配布プロジェクト : 15周年記念CD
– http://www.jscs.or.jp/project/15cdrom.html
– 「計算機統計学」関係の情報、データ、プログラム
•
•
•
•
各種データ : 実験データ、教育データ、...
フリーの統計ソフトウェア、商用ソフトのデモ・体験版
ツール、ドキュメント等、数表、統計用語集
7
日本計算機統計学会の情報
• 「データ」は生き物
–
–
–
–
丁寧に、しかし、大胆に
長い目で
目的を持って
語りかけてくる
• 社会調査法:データの収集 <== 大津提言
– 近年、計画的な調査が少ない
– データの蓄積や解析と同様、重要
• データの科学 : この後 ==> キャンセル、残念
– 林 知己夫先生
– 「データの蓄積」が貢献?
8
15周年記念CD-ROMに対する
要望等の情報提供先 :
〒153-8501
目黒区駒場2-19-23
大学入試センター 研究開発部
林 篤裕 (15周年記念事業 CD-ROM 制作担当)
e-mail: [email protected]
Fax: 03-5478-1297
Tel: 03-5478-1278
9
ダウンロード

上記の PowerPoint ファイル