第7回 繰り返しⅡ
(回数による繰り返し)
1
今回の目標
• for文による繰り返し処理を理解する。
• 多重ループを理解する。
☆等差数列を計算するプログラムを作る。
2
等差数列
初項が a 、公差が d の
等差数列 ai ( i = 0, 1, 2, ... , n )
を第 n 項まで計算する。
a0 = a, a1 = a0 + d , a2 = a1 + d ,
L , an = an- 1 + d
一般項 ai は以下のような漸化式をみたす。
ai = ai- 1 + d
3
for文
条件式(論理式)が真である間、命令を繰り返し実行する。
書式
for(式1;条件式;式2)
{
反復実行部分
}
式1
:ループカウンタの
初期化
条件式:反復を続ける条件
(偽になったら終了)
式2 :ループカウンタの
インクリメント
for文は
ループカウンタを
一個所に記述できる。
for文のフローチャート
for文前
式1;
for文
¬条件式
条件式の値が
反復実行部分 真のとき繰り返す
式2;
for文後
4
for文
典型的な使い方
for(i=0; i<n; i++)
{
反復実行部分
}
i=0 :ループカウンタ i の初期化
i<n :反復を続ける条件
( i が 0,1,...,n-1 のとき)
i++ :ループカウンタ i の
インクリメント
n回繰り返しの定番
パターンとして記憶する
と良い。
不等号に注意。
for文のフローチャート
(この演習での省略記法)
for文前
i を0から
n-1まで
1づつ
for文
i=nのときは
反復実行部分 反復実行部分を
実行しない
for文後
5
while 文との比較
i=0;
while(i<n)
{
....
i++;
}
for(i=0;i<n;i++)
{
....
}
for文では、回数指定の繰り返しの制御記述を、
一個所にまとめている。
6
while文とfor文のフローチャート
while文のフローチャート
while文前
while文
条件式
偽
真
反復実行部分
for文のフローチャート
for文前
式1;
条件式
for文
偽
真
反復実行部分
式2;
while文後
for文後
7
while文とfor文の書き換え
式1;
while(条件式)
{
反復実行部分
式2;
}
for(式1;条件式;式2)
{
反復実行部分
}
回数で制御する繰り返しのときには、
制御に必要な記述がfor文の方が
コンパクトにまとまって理解しやすい。
逆に、繰り返しを論理値で制御するときは、
while文で書くと良い。
8
練習1
/* for_test.c
回数指定反復実験( コメント省略 ) */
#include<stdio.h>
int main()
{
int n; /* 反復回数 */
int i; /* ループカウンタ */
printf("反復回数を入力して下さい\n");
scanf("%d", &n);
for(i=0; i<n; i++)
{
printf("反復 %d回目 \n", i);
}
return 0;
}
9
多重ループ
ループ構造の反復実行部分に、小さいループ構造が
入っている制御構造。
多重ループのフローチャート
典型的な例
for(式A1;条件式A;式A2)
{
ループA前半
for(式B1;条件式B;式B2)
{
ループB
}
ループA後半
}
ループA前
ループA制御
ループA前半
ル
ー
プ
A
ル ループB制御
ー
プ ループB
B
ループA後半
ループA後
10
多重ループとループカウンタ
典型的な例
#define M 10 /*外側の反復回数*/
#define N 10 /*内側の反復回数*/
多重ループのフローチャート
i を0から
M-1まで
1づつ
int i; /*外側のループのカウンタ*/
int j; /*内側のループのカウンタ*/
for(i=0; i<M; i++)
{
/* 外側のループ */
}
for(j=0; j<N; j++)
{
/* 内側のループ */
}
多重ループでは、ループごとに
別のループカウンタを用いる。
外
側
の
ル
ー
プ
内
側
の
ル
ー
プ
j を0から
N-1まで
1づつ
11
多重ループとbreak文
典型的な例
for(式A1;条件式A;式A2)
{
for(式B1;条件式B;式B2)
{
( break; )
}
}
多重ループのフローチャート
ル
ー
プ
注意:
多重ループ内のbreak文は、 A
一つだけ外側のループに
実行を移す。
ループAの制御
ループBの制御
ル
ー
プ
B
ループ2
break;
ここまで移動
12
練習2
/*多重ループ実験 multi_loop.c
コメント省略 */
#include<stdio.h>
int main()
{
int i; /* 外側のループカウンタ*/
int j; /* 内側のループカウンタ*/
printf(" 九九を(半分だけ)表示\n");
/* 次に続く */
13
}
for(i=1; i<10; i++)
{
printf("%1dの段:", i);
for(j=1; j<10; j++)
{
printf("%1d*%1d = %2d ", i, j, i*j);
if(i==j)
{
break;
}
}
printf("\n");
}
return 0;
14
等差数列を表示するプログラム
/*
*/
/*
作成日: yyyy/mm/dd
作成者:本荘太郎
学籍番号:B00B0xx
ソースファイル:sequence.c
実行ファイル:sequence
説明:初項a、公差dの等差数列を
第n項まで表示するプログラム。
ただし、初項は第0項であると考える。
入力:初項a、公差d、最終項の番号nをこの順に
標準入力から入力する。
初項と公差は任意の実数、
最終項の番号は正の整数とする。
出力:標準出力に数列の各項の値を出力する。
数列の各項の値は実数である。
次のページに続く
*/
15
/*
続き */
#include <stdio.h>
int main()
{
/* 変数宣言
double
double
double
int
n;
int
i;
/*
*/
seq;
/* 数列の各項 */
first;
/* 初項 */
difference; /* 公差 */
/* 項数 */
/* ループカウンタ */
/*初項の入力*/
printf(“初項aの値を入力して下さい。\n");
printf(“a= ?\n");
scanf("%lf", &first);
次のページに続く
*/
16
/*
/*
続き */
/* 公差の入力 */
printf(“公差を入力して下さい。\n");
printf(“d= ?\n");
scanf("%lf", &difference);
/* 項数の入力 */
printf(“項数を入力して下さい。\n”);
printf(“n=?\n”);
scanf(“%d”,&n);
/* 入力データのチェック */
if (n<=0){
/* 不正な入力:項数が0以下 */
printf(“項数は正の整数で与えてください\n”);
return -1;
}
17
次のページに続く
*/
/* 続き */
/*数列の計算と出力*/
/*初期設定(初項)*/
seq=first;
printf(“a%2d: %6.3f\n”, 0, seq);
/*繰り返し処理*/
for(i=0;i<n;i++)
{
seq=seq+difference;
printf(“a%2d: %6.3f\n”, i+1, seq);
}
}
return 0;
18
実行例1
$make
gcc sequence.c -o sequence
$ ./sequence
初項を入力して下さい
a= ?
-7
公差を入力して下さい
d= ?
3
項数を入力して下さい
n= ?
2
a0: -7.000
a1: -4.000
a2: -1.000
$
19
実行例2
$./sequence
初項を入力して下さい
a= ?
-7
公差を入力して下さい
d= ?
3
項数を入力して下さい
n= ?
-2
項数は正の整数で与えてください
$
20
ダウンロード

Document