中堅職員ステップアップ研修(2006.7.17)
資料組織法の現在
渡邊隆弘(帝塚山学院大学)
0.はじめに
・資料組織法と司書の専門性
標準化とネットワークによる変容
「日常の作業」から離れて、必要な知識は何か?
・目録と資料組織
目録そのもの(OPAC など)、目録作業、目録ツール
→ 今日はツールを中心に
1.図書館目録をめぐる諸状況1
1.1.目録対象資料の変化−電子資料(デジタル資料)の出現
・パッケージ型(ローカルアクセス)、ネットワーク型(リモートアクセス)
・単なる「新たな一媒体の出現」にはとどまらない変化
「可塑性」の高さ
→ 複製の容易さと「キャリア(媒体)
」の不安定性
同一の内容で、キャリアを異にするバリエーション
手元にキャリアのない「リモートアクセス」
→ 加工の容易さと「コンテンツ(内容)」の不安定性
微妙なバリエーションの増加
WWW ページのように内容が不断に更新される資料
→ キャリアとコンテンツの一体性に揺らぎ
・図書館目録の枠組みに見直しが迫られている
・「モノ」としての側面が不安定なものをどう捉えるか?
・内容が固定的に保証されてないものをどう扱うか?
・媒体別の規則構成(図書、地図、静止画、逐刊…)でよいのか?
(電子地図、電子雑誌、マルチメディア…)
・少しでも違えば「異版」と扱うのか?
・何を目録するのか?(「所蔵」概念の融解)
1.2.情報組織化環境の変化−OPAC からインターネットへ
・目録データの機械化と OPAC(日本では、概ね 1980 年代後半∼)
現行目録ツールの枠組みはカード目録時代に形成
→ 機械化に十分応えているか?
目録規則・・・標目の選択と統制(記述とは別、標目数が労力に直結)
分類表・・・・「助記性」や記号の短縮(人が見ることを前提とした措置)
件名標目表・・細目による事前結合方式(音順配列を前提)
→ ツールの「規範性」の低下
1
渡邊隆弘ほか「最近における目録規則の改訂動向とその問題点−電子資料と継続資料を中
心に」『図書館界』56(2), 2004.7. p.102-110
1
・インターネットの時代(1990 年代後半∼)
図書館コミュニティの閉じた世界から、より開かれた世界へ
分散環境と「相互利用性」(Interoperability)
→ 検索エンジン等との「競合」
→ 異種データベースとの連携
さらに「Web 2.0」へ…
1.3.目録作業の変容
・司書と目録作成
MARC 利用による外部化(公共)
書誌ユーティリティ(NACSIS-CAT)による共同分担目録(大学)
効率化と総合目録 ⇔ コピーカタロギングによる「非専門化」
OPAC によるブラックボックス化
・NACSIS-CATの品質劣化問題:他山の石?2
重複書誌レコードの増大、一部の図書館への負担集中、など
目録作成能力の低下 ← 非常勤・外注への急速なシフト
2.FRBR −資料の新しいとらえ方3
・資料の物理的側面と内容的側面
現在の目録は、物理的側面が記述の根拠(コンテンツとキャリアは不可分)
→ 確固とした物理性が揺らいできた現実に、どう対応するか?
→ 利用者は本当は何を求めているのか?
・Functional Requirement for Bibliographic Record (IFLA 1997)
「書誌レコードの機能要件」
書誌レコードの構造分析・・・「実体関連モデル(E-R モデル)」
・目録利用の「ユーザタスク」
(利用者指向の分析)
「発見」「同定」「選択」
「入手」
書誌レコードの各項目(「属性」
)は何のためにあるのか?
・資料を4段階の枠組み(抽象→具体)で把握
「著作(Work)」・・・・・・・知的・芸術的創造物の単位
「表現形(Expression)」
・・・ 文字、音声等で表現された単位
「体現形(Manifestation)」・・キャリアが確定し、具体物となった単位
「個別資料(Item)」・・・・・個別の一点一点
→ 特に、「表現形」の設定が新しい
2
3
『書誌ユーティリティ課題検討プロジェクト最終報告』2005.10. 12p.
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_info_kadaiPT-last-report.pdf
和中幹雄ほか訳『書誌レコードの機能要件』日本図書館協会, 2004.3. 121p
2
3.記述目録規則(ISBD、AACR2、NCR)の動向
・1990 年代後半以降の活発な改訂が一段落
・各規則の改訂
日本目録規則(NCR) 1987 年版改訂 3 版(2006 刊行 実質改訂は 2005 年)
英米目録規則第 2 版(AACR2) 2002 年改訂版(ルーズリーフ式)4
ISBD は資料種別ごとに改訂
→ 「電子資料」「継続資料」の改訂が主(NCRは和古書・漢籍も)5
・「電子資料」(Electronic Resources) ←「コンピュータファイル」
1997 ISBD(ER)
2000 NCR87 9 章「電子資料」 → 1987 年版改訂 2 版(2001)へ
2001 AACR2 9 章(ER)
→ 2002 年改訂版へ
「機械可読データファイル」→「コンピュータファイル」→「電子資料」
「異版と見なさない相違」の拡大
「第3エリア」(リソースのタイプと量)と「第5エリア」(形態的記述)の整理
・「継続資料」(Continuing Resources) ←「逐次刊行物」
2001 ISBD(CR)
2002 AACR2 12 章(CR)
2005 NCR 13 章「継続資料」→ 改訂 3 版(2006)へ
継続資料=「逐次刊行物(Serials)」+「更新資料(Integrating Resources)」
*逐次刊行物・・・物理的な刊行の継続性
*更新資料・・・・内容的な継続性(WWW サイト、加除式資料)
更新資料に関する規定の追加(情報源は「最新の更新状態」
)
逐次刊行物の誌名変遷の取扱い(新記入を作らない Minor change の範囲拡大)
・NCR の和古書・漢籍条項
2005 NCR 2 章(図書)、3 章(書写資料) → 改訂 3 版(2006)へ
はじめての本格的な標準化(従来は各機関がそれぞれの伝統的手法で目録作成)
・AACR の全面改訂へ−RDA(Resource Description and Access)
2008 年刊行をめざして改訂作業中
→ 草案が公開されつつあるが、議論が錯綜し流動的な状態
2006.7 現在の方針では…
記述だけでなく、標目部分も含めて全面改訂
書誌記述は、資料種別ごとの章立てをやめ、要素ごとに規定
記述文法は規則本体に含めず → 出力形式は縛らない。順序も自由
技術的側面(キャリアなど)と内容的側面をある程度分離
など
古川肇「『英米目録規則 第 2 版 2002 年版』の二つの章」
『資料組織化研究』47, 2003.2.
p.15-24
5 以下の図書が背景や問題点を知るのによい。ただし、いずれもNCR改訂案段階での検討
会記録であり、条項細部は最終版と異なっているので注意。
日本図書館協会目録委員会編『電子資料の組織化』日本図書館協会, 2000
日本図書館協会目録委員会編『継続資料と和古書・漢籍の組織化』日本図書館協会, 2005
4
3
・IFLA の「国際目録規則のための専門家会合」(IME-ICC)
「パリ原則」に代わる「国際目録法原則」を
2003 から大陸ごとに各国担当者を集めて会議
2003 欧州、2004 中南米、2005 中東 → 2006 はアジア(ソウル、8/16∼)
4.主題目録法(分類法・件名目録法)の動向
・記述目録法に比べると、鈍い変化
目録対象資料の変化の直接的影響が薄い
・OPAC における主題アクセスツール
主題検索の重要性と困難(1980 年代から議論)
→ 日本ではカード目録時代からの貧困
MARC データとパッケージシステムによる「復権」
→ ブラックボックスのまま提供
OPAC 時代の分類表、件名標目表へ
→ 新たな能力(ハイパーリンクなど)を生かせる構造
機械処理のための論理性
利用者への提供を前提とした表現・構造
カード目録時代の残滓の整理
・NDC(日本十進分類法)
9 版(1995) → 10 版(20XX?)6
概ね現行方針を踏襲?
電子版(NDC・MRDF)
90 年代半ばから OPAC での利用例
・BSH(基本件名標目表)
4 版(1999) ← 3 版(1983) 大規模改訂
標目数の増加、細目の見直し
参照関係をシソーラススタイルに(「階層構造標目表」)
電子版(BSH4-CF)の刊行(2002)
OPACでの利用?(階層構造の活かしかたが焦点)7
・NDLSH(国立国会図書館件名標目表)
BSH と比べた利点: 標目数が多い、日常的なメンテナンス
2005 年から WWW 公開、シソーラス化
・今後の主題アクセスツール
OPAC でどう生かしていくか
論理構造の追求(機械処理を前提とした整理)
利用者志向の表現
「事前結合方式」をどう考えていくか
6
金中利和「日本十進分類法新訂第 10 版の作成について」『図書館雑誌』98(4), 2004.4
1999.7.
7渡邊隆弘「件名標目によるOPACの主題検索」
『TP&Dフォーラムシリーズ』8,
4
5.ネットワーク情報資源とメタデータ8
・ネットワーク情報資源の爆発的な増大・充実(中心は WWW 情報)
図書館の情報資源として無視できない
検索エンジンによる利用の限界(玉石混淆)
→ 一定の評価を経た情報リストの必要性
「リンク集」→ サブジェクト・ゲートウエイ(Subject Gateway)
・「メタデータ」(データに関する構造化されたデータ)
広くは「二次情報」全般を指す
全文デジタル化されたネットワーク情報資源にも必要か?
全文検索の限界、マルチメディア情報の存在
様々なコミュニティでメタデータ規則の提唱(90 年代後半∼)
メタデータを相互交換する技術的仕組みは整備
「メタデータハーベスティング」技術など
・ダブリンコア(Dublin Core Metadata Element Set)
オハイオ州ダブリン(OCLC 本部)で最初の会議(1995)
基本的な「コアエレメント」を規定し、「相互利用性」を重視
15 項目のコアエレメント
(その後「クオリファイア(qualifier)」による若干の詳細化)
項目はすべてオプショナル、繰り返し自由(緩やかな規則)
→ 各コミュニティによる拡張を想定
わが国でも、メタデータ作成に広く使われている
・メタデータと図書館目録
相互利用性の確保と統合的な検索(「クロスウオーク」)
簡略さと詳細さのバランス
8
日本図書館情報学会編『図書館目録とメタデータ』(シリーズ図書館情報学のフロンティ
ア no. 4)勉誠出版, 2004.10 *「第Ⅱ部 メタデータの理論的展開と実践的試み」
渡邊隆弘「図書館目録とメタデータ」『図書館界』53(2), 2001.7. p.126-133.
5
中堅職員ステップアップ研修(2006.7.17)
OPAC 評価の実際(導入編)
渡邊隆弘(帝塚山学院大学)
<レポート課題>
WebOPAC の評価と改善提案
勤務館もしくは適当な館の OPAC について、検索機能・表示機能・ヘルプ
機能等の評価を行い、改善点を考えてください。
全体的でも、特定の問題を突っ込んで論じていただいても可
近隣図書館・同規模図書館・都道府県立図書館・NDL-OPAC 等のシス
テムも参考にし、相対的に論じていただけるとなお可
特に問題意識があれば、館内で提供する OPAC について論じていただ
いても可
OPAC のない図書館の方は適当な館を素材としてください。また、特別
な問題意識があれば、あえて勤務館以外を対象としていただいても可。
● OPAC 世代論
C.R.Hildreth (1984)1 1980 年代米国での展望
第一世代(当時でも古い OPAC)
単純で限定された検索
タイトル、著者、標準番号など、完全形を原則
簡略書誌レコードの単一表示フォーマット
→ カード目録の模式という色彩)
第二世代(当時の OPAC の主流)
やや柔軟性のある検索
キーワードアクセス、ブール演算、部分一致検索
インデックスや標目のブラウジング
利用者に応じた対話モード(初心者向け、エクスパート向け…)
完全書誌レコードの表示、多種の表示フォーマット、結果のソート
わかりやすいエラーメッセージ、位置に応じたヘルプ機能
第三世代
典拠によるアクセス、フリーテキストと統制語検索の統合
日常語による探索表現
個別的な注文に応じた表示
内容に応じた自動エラー訂正、ヘルプ表示
提供データの拡張(抄録/索引、多数・多種のデータベースとの連結)
1
Charles R. Hildreth “Pursuing the ideal: generations of online catalog”. Online
catalogs/reference converging trends. Chicago, ALA, 1984. p.31-56
注 2 の論文などに日本語で紹介されている。
1
●OPAC 評価指標の例(別紙で配布)
牧村・竹内(1994)2
大学図書館を想定
Babu & O’Brien(2000)3
WebOPACの評価
*あくまで参考。これに合わせて全般的にレポートを書けとは申しません。
むしろ自分なりの視点で問題を追求いただいたほうが実り多いかと思います。
●さまざまな評価の視点(例)
・検索の目的と望まれる機能
既知資料検索
ふつうはタイトル・著者から
一見単純だが、問題も多い → 上田ほか(1999)4
書誌情報からの索引語切り出しの問題
主題検索
分類・件名データの生かしかた
その他の項目検索との併用
・キーワード検索とブラウジング機能
ブラウジング機能の必要性
情報要求はいつも明瞭なわけではない
WWW の「ハイパーリンク」を生かす?
・索引語の生成と検索語の入力(どのようなキーワードで検索できるか?)
OPAC 時代に入り、標準化の喪失とブラックボックス化
検索対象項目(書誌情報の、どのデータ要素から検索できるか)
索引語切り出し(どういう形でインデックスを作るか)
完全形か部分(単語など)に分けるか(最近は「全文検索」も)
分かち書きの問題
正規化の問題(文字種や特殊文字の扱いなど)
検索語入力(どういう形の入力に対応できるか)
正規化の問題など(索引語切り出しとの対応)
資料種別(図書、雑誌…)と検索機能
・検索機能と検索画面のインターフェース
論理演算(ブール演算)機能
その他の検索オプション(部分一致、同義語検索など)
利用者レベルに応じた検索画面
ヒットしない時、多すぎる時の対応
2
牧村正史、竹内比呂也「大学図書館における目録の評価について−OPACの機能を中心と
して」『大学図書館研究』43, 1994.3. p.1-11
3 B. Ramesh Babu, Ann O’Brien “Web OPAC interfaces: an overview” The Electronic
library, 18(5), 2000. p.316-327
4 上田修一ほか「WWW上のOPACにおける既知事項検索の諸問題」
『Library and
information science』41, 1999. p.1-15
2
・表示機能と表示画面のインターフェース
検索結果の並び替え(ソート)機能
書誌情報、所蔵情報の表示方法
表示対象項目(簡略、詳細)
資料種別ごとの対応(図書、雑誌…)
・ヘルプ機能、ガイド機能
わかりやすい表現の問題
検索者の意図を的確によみとったヘルプ?
・インターフェースに関するその他の問題
児童向け、高齢者向け、など
・図書館サービスとの連結
所在情報のきめ細かな表示(書架へのスムーズなアクセス)
貸出予約、貸出状況確認など(パーソナルなサービス)
複数館からなる図書館システムへの対応
・書誌データそのものの問題
データの精度、品質維持
典拠コントロール
データの収録率(遡及入力率、資料種別ごと)
データの更新頻度
特殊な資料への対応(地域資料など)
・図書館目録の拡張
より詳細な情報提供(目次、概要、表紙画像など)
外部データベースとの連動
他機関との横断検索
●次回計画
4名くらいの方に発表いただく予定
3
ダウンロード

レジュメ - 日本図書館協会