アンダソル(Andasol)-1 とは
スペインのグラナダ郊外の高度1000m,195ヘクタールの土地に設置されたヨーロッパ初の
トラフ式集光型太陽熱発電所で、太陽熱を利用して蒸気タービンを回し発電する。その集光器
の
数は624でそれぞれ366の鏡面を設置、合計20万の鏡面で51万m2の表面積となる。
年間に供給できる太陽熱エネルギーは、1億7910万KWhで、
年間10億9862万KWhの集光器への太陽照射の約16%にあたる効率である。
アンダソル(Andasol)-1発電の仕組み
ヨーロッパ初のトラフ式(雨樋型)の太陽熱発電所ではパラボラに装着のトラフで集めた熱をパイプ
を通じて蓄電システムへ送り、溶融塩に蓄熱し、蒸気タービンにより発電する
太陽熱
畜熱
蒸気タービン
高温主要集熱パイプ
太陽熱
過熱機
溶融塩
に蓄熱
発電機
補助
ボイ
ラー
溶融
塩の
高温
タンク
環状の
ユーロトラフ
(雨樋型)
集熱器
畜電機
脱気装置
太陽熱利用
蒸気発生機
熱流体と
溶融塩の
熱交換器
太陽熱
予熱機
溶融
塩の
低温
タンク
太陽熱
再熱機
膨張タンク
低温主要集熱パイプ
低圧予熱機
水の循
環パイプ
ダウンロード

PPT版