鍋によるコミュニケーション
社会学部
メディアコミュニケーション
学科4年
細川 祥
鍋料理の特徴
作りながら食べる
 共同で食事をする
↓
共同で作りながら食べる
↓
コミュニケーションが不可欠

鍋を食べるときには『鍋をする』という表現を
使う
「する」と表現する料理の
例。
 鍋
 バーベキュー
 鉄板料理
等
「する」と表現しない料理の
例。
 カレー
 すし
等
一般的な料理はだいたいこ
ちら
鍋の歴史年表1

















江戸時代
七輪・火鉢の登場で大鍋から小鍋立てへ
京都に初の湯豆腐店「奥丹」開店
江戸で料理文化大盛況 安永・天明年間(1772年~1789年)
浅草にどじょう鍋店「駒形どぜう」開店
江戸の食い倒れ 文化・文政年間(1804年~1830年)
神田にあんこう鍋店「いせ源」開店
横浜に初の牛鍋屋「伊勢熊」開店
明治時代
仮名垣魯文『案具楽鍋』出版
東京瓦斯株式会社発足 家庭用ガス供給始まる (ガスは鍋に適した燃料)
牛鍋屋がガスを調理に利用
1891年 チャブ台の機能を持つ「卓子」 特許出願
(チャブ台も鍋に似たコミュニケーション機能がある)
大正時代
1924年頃
関東大震災後、「牛鍋」が「すき焼き」と呼ばれるようになる。
東京におでん店「お多幸」開店
鍋の歴史年表2















昭和時代
札幌にジンギスカン鍋店「横綱」開店
戦後 チャブ台の普及
1963年
坂本九「スキヤキソング」ヒット
1965年頃
カセットコンロの販売開始
カセットボンベの年間販売本数 約3000万本
「家族ゲーム」上映
平成時代
1989年 週刊現代に「鍋奉行」の表記
都市部の家庭で冬場に平均週一回の鍋
1992年 モツ鍋ブーム
1994年 キムチ鍋ブーム
なべセット好評
「一人鍋」浸透しはじめる
2008年
カレー鍋ブーム
鍋をする時に、普段の人間関係が反映され
ると思うか
3% 3%
13%
反映する
少し反映する
あまり反映しない
反映しない
わからない
27%
54%
どこで鍋をするか(複数回答)
自宅
友人・知人の家
居酒屋などのチェーン店
専門店
0
20
40
60
%
80
100
鍋奉行のイメージ























鍋以外の食べ物でも自分の食べ方を押し付ける人
何事に関しても自分流のこだわりがある人
周りを見て周りのために行動してくれる人
仕切りたがり屋
神経質でマイペースな人
気が利く人
鍋の食べ方を一から指導する人
一つのことにこだわりがある人
几帳面
具をよそう人
取り仕切れる人
何でもテキパキ仕切れる人
自分が食べやすいからやる人
自己中心
引っ張るのが好きな人(リーダーシップがある人)
責任感のある人
おとなしいイメージ
世話好き
強引な人
鍋の具を入れ、煮えたら回りに配る人
あまり人の前にたつことのない人
自分の事を顧みず、他だけに気を配れる人
丁寧な人
ダウンロード

鍋によるコミュニケーション