5高 苑 科 技 大 學
Kao Yuan University
院別:商業暨管理學院
系別:應用外語系
日文組
學制:日間部四年制大學部
101 學年度
專題研究報告
題目:
(日)台湾化した日本語
(中)台灣化的日本語
研究組員
學號
姓名
學號
姓名
4098103204
陳敬家
4098103346
吳詩婷
4098103091
蔡惠雯
4098103462
彭舒婷
4098103146
江怜韋
40981B2286
陳緯綺
4098103246
張雅柔
40981T2044
施雅玲
指導老師:中田緑
中華民國 101 年 12 月
高 苑 科 技 大 學
Kao Yuan University
院別:商業暨管理學院
系別:應用外語系 日文組
學制:日間部四年制大學部
101 學年度 專題研究報告
題目:台灣化的日本語
研究組員:陳敬家、蔡惠雯、江怜韋、張雅柔、
吳詩婷、彭舒婷、陳緯綺、施雅玲
指導老師:
(親自簽名)
經 審 查 合 格 特 此 證 明
專題審查委員:
召集人:
委員:
委員:
委員:
委員:
中華民國
(親自簽名)
(親自簽名)
(親自簽名)
(親自簽名)
(親自簽名)
年
月
日
目次
序論(張雅柔) ..................................................................................................................................... 1
第一章 先行研究................................................................................................................................. 2
1-1 陳麗君(2004)および陳麗君(2010)
(張雅柔) ....................................................... 2
1-1-1 台灣語言的日語「借詞」 陳麗君(2010) ...................................................... 2
1-1-2 台湾閩南語における日本語からの借用語 陳麗君(2004) ......................... 4
1-1-3 日本語借用語の認知度調査 ................................................................................... 5
1-2 台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に 湯璧綺(2008)
(吳詩婷) .......... 6
1-3 台灣閩南語的日語借詞研究 山口要(2008)
(陳敬家) ........................................... 7
1-4 先行研究のまとめ(陳敬家) .......................................................................................... 9
1-4-1 第三章の単語の分類 ............................................................................................. 10
1-4-2 第三章で扱う単語 ................................................................................................. 11
1-4-3 第四章でのアンケート調査 ................................................................................. 11
1-4-4 陳麗君(2004)の調査内容との比較 ................................................................ 12
第二章 台湾語とは........................................................................................................................... 13
2-1 台湾の言語社会形成の背景(江怜韋) ........................................................................ 13
2-1-1 台湾原住民の言語 ................................................................................................. 13
2-1-2 台湾語と客家語...................................................................................................... 13
2-1-3 日本語 ...................................................................................................................... 13
2-1-4 中国語 ...................................................................................................................... 14
2-2 皇民化運動の影響(施雅玲) ........................................................................................ 14
2-3 台湾語と閩南語とは(蔡惠雯) .................................................................................... 17
2-3-1 台湾語と閩南語の違い ......................................................................................... 17
2-3-2 台湾語の地域差...................................................................................................... 21
第三章 台湾化した日本語 .............................................................................................................. 23
3-1 台湾語の表記方法(陳敬家) ........................................................................................ 23
3-1-1 教会ローマ字.......................................................................................................... 23
3-1-2 TLPA .......................................................................................................................... 24
3-2 借用語の中に見られる台湾語の特徴(蔡惠雯) ....................................................... 24
3-2-1 子音 .......................................................................................................................... 25
3-2-2 母音 .......................................................................................................................... 25
3-2-3 アクセント.............................................................................................................. 26
3-3 日本語で発音する借用語(吳詩婷) ............................................................................ 26
3-4 台湾語で発音する借用語(施雅玲) ............................................................................ 29
第四章 アンケート調査................................................................................................................... 34
4-1 アンケート調査の概要(江怜韋) ................................................................................ 34
4-1-1 調査の目的.............................................................................................................. 34
4-1-2 調査の準備.............................................................................................................. 34
4-1-3 調査の方法.............................................................................................................. 35
4-1-4 調査内容.................................................................................................................. 35
4-2 調査の結果(陳緯綺)..................................................................................................... 35
4-2-1 単語の認識度.......................................................................................................... 35
4-2-2 日本語借用語だという認知度............................................................................. 42
4-2-3 単語の使用率.......................................................................................................... 47
4-2-4 回答者の言語背景 ................................................................................................. 53
4-3 調査の結果の分析(陳緯綺) ........................................................................................ 57
4-3-1 総合比較.................................................................................................................. 57
4-3-2 反省とまとめ.......................................................................................................... 60
4-4 台湾化した日本語を使う現状(彭舒婷).................................................................... 61
結論(彭舒婷) ................................................................................................................................... 63
参考文献 ............................................................................................................................................... 64
付録........................................................................................................................................................ 66
序論
台湾語の中には日本語と発音が似ている単語がある。でも、全部が似ているわけではな
い。台湾語で発音すると、日本人はわかる言葉もあるし、わからない言葉もある。たとえ
ば、「ビール」や「おじさん」と言ったら、日本人はすぐわかると思う。このように台湾
には「台湾化した日本語」がある。では、どうしてこんな日本語があるのだろうか。また、
どんな単語があるのだろうか。私たちはそのようなことを調べたい。さらに、台湾人の「台
湾化した日本語」に対する認知度も調べたいと思う。
「台湾化した日本語」の認知度については、これまでに年齢別に調査したものや、日本
語を勉強した人に対しての認知度を調査したものがあるが、私たちは年齢別だけではなく
地方別の認知度もアンケートで調査するつもりである。
構成は以下のようになっている。まず、第一章は「先行研究」のまとめで、陳(2004)1
(2010)2、湯(2008)3、山口(2008)4の論文について紹介する。それから第二章の「台
湾語とは」では、台湾の言語社会形成の背景と皇民化運動が与えた台湾への影響、台湾語
と閩南語の比較を紹介する。さらに、第三章の「台湾化した日本語」は台湾語の表記方法
と特徴、および台湾語で発音する単語と日本語で発音する単語を紹介する。また、第四章
はアンケート調査である。日本語からの借用語の認知度などについて、北部、中部、南部
の人に対して行なった調査結果を分析する。また、台湾での日本語借用語の使用の現状を
紹介する。そして、最後に結論となっている。
1
陳麗君(2004)『台湾閩南語における日本語からの借用語』南台應用日語學報 第 4 號
陳麗君(2010)『台灣語言的日語「借詞」』台南成功大學 文化研究學會 2010 年會
3
湯璧綺(2008)『台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-』國立高雄第一科技大應用日語系碩士論文
http://ethesys.nkfust.edu.tw/ETD-db/ETD-search-c/view_etd?URN=etd-0627108-115237 2012.12.14
4
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學 中國文學系研究所 中國文學系 碩士論文
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi/login?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.12.13
2
1
第一章 先行研究
台湾語の中の日本語については、多くの先行研究が存在する。杉谷(2005)5、洪(1994)
6
などがあるが、私たちは、陳(2004)7(2010)8、湯(2008)9および山口(2008)10を選
んで紹介する。それは、この三人の筆者による四本の論文で特に借用語が詳しく紹介され
ていると思うからである。以下、各論文について、具体的に紹介する。
1-1 陳麗君(2004)および陳麗君(2010)
1-1-1 台灣語言的日語「借詞」 陳麗君(2010)
陳(2010)では、借用語が借用された原因、借用語の分類、南島語(原住民の言語)の
中の日本語借用語の分類と発音、借用語の発展と影響を説明している。
借用語の分類について、陳(2010)は、以下のように分類している。なお、以下の用語
については、全て筆者が日本語に訳したものである。
陳(2010)は、単語をまず「借用語」と「造語」に分けている。借用語とは発音や表記
を日本語から借用した語である。新造語とは、借用した元の言語とは違う発音や意味に新
しく創造した語である。そして借用語を「発音借用語」
、
「漢字借用語」
、
「発音と漢字両方
を借用した語」の三つに分類している。発音借用語は特に分類が細かく、
「漢字があるもの」
と「漢字がないもの」に分け、さらにそのそれぞれを「和語」と「外来語」に分類してい
る。漢字借用語は「台湾語で発音するもの」と「台湾語と中国語両方の発音があるもの」
にさらに分類されている。なお、造語については、
「新造語」と「複合新語」に分類してい
る。
5
杉谷實穗(2005)『台湾語のシラブルと日本語からの借用語』東呉大学日本語文学系碩士論文
http://etd.library.scu.edu.tw/ETD-db/ETD-search-c/view_etd?URN=etd-0126105-025212 2012.12.14
6
洪惟仁(1994)『台灣的語言戰爭及戰略分析』第一屆臺灣本土文化學術研討會
http://www.uijin.idv.tw/doc/%e8%ab%96%e6%96%87%e8%91%97%e4%bd%9c/%e6%9c%9f%e5%88%8a%e5%8f%8a
%e5%b0%88%e6%9b%b8%e8%ab%96%e6%96%87/%e7%a4%be%e6%9c%83%e8%aa%9e%e8%a8%80%e5%ad%b8
/199504%e5%8f%b0%e7%81%a3%e7%9a%84%e8%aa%9e%e8%a8%80%e6%88%b0%e7%88%ad%e5%8f%8a%e6%
88%b0%e7%95%a5%e5%88%86%e6%9e%90.pdf 2012.12.14
7
陳麗君(2004)『台湾閩南語における日本語からの借用語』南台應用日語學報 第 4 號
8
陳麗君(2010)『台灣語言的日語「借詞」』台南成功大學 文化研究學會
9
湯璧綺(2008)『台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-』 國立高雄第一科技大應用日語系碩士論文
http://ethesys.nkfust.edu.tw/ETD-db/ETD-search-c/view_etd?URN=etd-0627108-115237 2012.12.14
10
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學 中國文學系研究所 中國文學系 碩士論文
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi/login?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.12.13
2
次の図 1 は陳(2010)の借用語の分類を整理したものである。
借用語
A 発音借用語
a、漢字があるもの
(a) 和語
tha-thá-mih 榻榻米(たたみ)
、o-lén 黑輪(おでん)
(b) 外来語 bá-suh 巴士(バス)
、mó-tah 馬達(モーター)
b、漢字がないもの
(c) 和語
se-bí-loh(せびろ)
、lìn-goh(りんご)
(d) 外来語 bá-tah(バッター)
、tho-lá-khuh(トラック)
B 漢字借用語
a、台湾語で発音するもの
kháo-tsō(口座こうざ)
、pēn-só(便所べんじょ)
b、台湾語と中国語両方の発音があるもの
jn-khì(人気にんき)
、hòng-sàng(放送ほうそう)
C 発音と漢字両方を借用した語
mí-soh(味噌みそ)
、sú-sih(寿司すし)
、an-nai(案内あんない)
造語
A 新造語
ドラえもん→“小叮噹”→(二次借用した)“哆啦 A 夢”
B 複合新語
a、
『和語+台語』
khī-mō-bái→khī-mō +bái
(和語からの“気持ち kimoc”前の部分は語根、台湾語を加える。
)
b、
「和語+外来語」
a-ta-ma-khong-ku-li→a-ta-ma+khong-ku-li
(和語から“頭 atama”+ 外来語“コンクリート kongkuriito”
)
図 1 陳(2010)の日本語からの借用語の分類(筆者訳)
このように、陳(2010)の分類を見ると、台湾語の中には様々な日本語からの借用語が
あることがわかる。発音借用語の場合は、台湾語の発音と本来の日本語の発音は少し違う
が、日本人が聞いても大体分かると思う。一方、漢字借用語の場合は、台湾語で発音した
ら、日本人が聞いても全く分からない単語が多いのではないだろうか。発音と漢字両方を
借用した語は、ローマ字と平仮名の表記を見ると、読み方が似ているように思うが、台湾
語と日本語の発音が全然違うこともある。
3
1-1-2 台湾閩南語における日本語からの借用語 陳麗君(2004)
陳(2004)では、日本語からの借用語の中で、台湾が借用してから意味が変わった単語
を紹介している。このような単語は二つに分かれる。一つは「意味の縮小」で、もう一つ
は「意味のずれ」である。
次の表 1 は、
意味の縮小が起こった単語をまとめたものである。
意味の縮小というのは、
日本語の借用語が台湾語に変わってから、意味が小さくなったものである。
表 1 陳(2004)の意味の縮小が起こった単語
日本語
本来の意味
台湾語
新しく聞いた話。
新聞
現在では社会の新しい出来事
新しい知らせ。
/sin-bun/
あるいは時事問題などについ
新しい見聞。
/sin-wen/
ての知らせ。
ニュース。
(中国語) 報道。
新聞紙の略。
日本語のニュースに当たる。
① 揚げ物料理の一つ。小麦粉
天ぷら
を衣にするのが特徴。
② 関西で、薩摩揚げの称。
/tian-pu-la/
(中国語)
① 背。背中。後姿。
バック
言語シフト後の意味
薩摩揚げに近い。
普通煮て食べる。
車を後退させること。
② 背景。背後。
/bak-khu/
③ 後ろへ進むこと。
次の表 2 は、意味のずれの起こった単語をまとめたものある。意味のずれというのは、
日本語の借用語が台湾語に変わってから、意味が変わり意味がずれたものである。
表 2 陳(2004)の意味のずれが起こった単語
日本語
本来の意味
台湾語
一般公衆によって直接受信さ
放送
れることを目的とした無線通
言語シフト後の意味
あちこちを回って、人の噂をす
/hong-sang/
ることの比喩。
信。
① しつこくない、さっぱり、
あっさり
人の性格の比喩としてのみ用
淡白なさま。
/a-sa-li/
② 物事が簡単に行われるさ
いられる。
気風がよいこと。
ま。
以上のように、台湾語の中には日本語と発音が似ている単語があるが、発音が近いもの
だけではないし、意味が違っている単語もある。台湾語で発音すると、日本人はわからな
い日本語からの借用語があるのは、
発音のせいだけではなく単語の意味も違うからである。
同じ漢字だが、意味が全然違うものもたくさんある。
4
1-1-3 日本語借用語の認知度調査
陳(2004)では台湾人の借用語の使用度および使用者の意識を調べるために、調査を実
施している。
調査は 1998 年 8 月に、台南県の 20 歳以下、20 歳以上 40 歳未満、40 歳以上の住民を中
心に 226 名を対象に行なわれた。以下の 85 個の単語を挙げ、借用語の使用意識に対して調
査が行なわれた。
漢字があるもの
「人気」「看板」「瓦斯」「味噌」「寿司」「鬱卒(うつ)」「出張」「便所」「見本」
「同窓」「注射」「口座」「放送」「元気」「注文」「板金」「脱線」「中古車」
「悪質」「寝台(-車)」「仲介」「顧問」「水準」「一等」「組合」「組立」「先生」
「都合」「感心」「寄付」「万年筆」「長身」「手形」「案内」「鉄板焼」
「黒輪(おでん)」「喫煙」「喫茶」「定食」「物語」「暴走族」「阿信(おしん)」
「小叮噹(ドラえもん)」「工房」「懸念」「白書」「不倫」「忘年会」
漢字がないもの
「いちばん」「カタログ」「おしぼり」「ライター」「ラジオ」「ドライバー」
「モーター」「オートバイ」「バック」「ノークラッチ」「バス」「ポンプ」
「バンパー」「トラック」「ゴルフ」「トマト」「ビール」「バター」「りんご」
「ワイシャツ」「ネクタイ」「せびろ」「ブラジャー」「シンナー」「ようざい」
「あなた」「さよなら」「マッサージ」「セット」「オールバック」「ハイカラ」
「ワンピース」「ツーピース」「あっさり」「プロ」「仕上げ」「ちゃち」
陳(2004)の調査では、
「知っている上で使う」
「知らない」
「聞いたことがあるがよく知
らない」という使用度(この単語を知っているか)を問う質問と、
「この単語は日本語から
借用した単語であることを知っていますか」という認知度を問う質問が行なわれた。
以下の表 3、および表 4 は、調査結果である。
表 3 陳(2004)内の日本語からの借用語の使用度(筆者整理)
パーセント
知っている上で使う
71%
知らない
23%
聞いたことがあるがよく知らない
6%
表 4 陳(2004)内の日本語からの借用語の使用度の年齢別比較
年齢(知っている上で使う)
パーセント
40 歳以上
78%
20 歳以上 40 歳未満
73%
20 歳以下
57%
5
陳(2004)は、
「この調査から、戦後の一時期日本語の使用が禁じられていたにも関わら
ず、現在でも使われている借用語が少なくないことが明らかになった。ただし、年齢層が
下がるにつれ、借用語の使用は少なくなってきている。このことは、植民地時代に台湾語
に入った借用語が、今後どんどん新語に入れ替わって行く可能性を示しているのではない
かと思われる」と述べている。
さらに、陳(2010)では、陳(2004)の調査結果をもとに、日本語借用語の認識度と認
知度を新たに表にまとめている。以下の表5は、陳(2010)内の借用語の形式別による使用
率と認知度の比較である。なお、認知度というのは元々この単語は日本語からの借用語だ
と知っている人のパーセントのことである。
表 5 陳(2010)借用語の使用率および認知度の単語の形式別比較(筆者整理)11
使用率
知らない
聞いたことがある
知っている上で
がよく知らない
使う
認知度
漢字がある語
15%
6%
79%
43%
漢字がない語
31%
5%
65%
87%
調査の結果によると、漢字がある借用語は、漢字がない借用語より使用率が高いが、借
用語だという認知度が低い。つまり、漢字がある借用語は漢字がない借用語より台湾の言
語と思われやすく、台湾化している。この結果から、陳(2010)は、口語は失われやすく
中国語に取って替わられやすいこと、また漢字がない借用語は漢字がある単語ほど広く使
用されていないことを述べている。
最後に陳(2004)の調査では台南人しか調査していないので、私たちの調査はこの部分
を少し詳しく北部、中部、南部に分けた。
1-2 台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に 湯璧綺(2008)
湯(2008)12は、12 の辞書、書籍、論文から、台湾語の中の日本語に関する語彙を抽出
して研究し、日本語学習者が誤用しないために、発音と語意上の差異を指摘している。さ
らに、台湾語の中の日本語の使用頻度を調査して、実際の使用状況をアンケートで分析し
ている。
湯(2008)は、扱った単語が 1316 語彙と多い。その単語は、
「日本式(語)で発音する
日本語外来語」
、
「日本式(語)で発音するその他の日本語」
、
「台湾語で発音する日本語 (漢
字表記語)
」の三つに分類されている。なお、それぞれの単語の例を挙げると、
「日本式(語)
で発音する日本語外来語」はアウト、アスピリン、アルミ、エンジン、オートバイなどの
11
12
陳麗君(2010)の表より引用し、筆者が日本語に訳した。
湯璧綺(2008)『台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-』國立高雄第一科技大應用日語系碩士論文
http://ethesys.nkfust.edu.tw/ETD-db/ETD-search-c/view_etd?URN=etd-0627108-115237 2012.12.14
6
外来語、
「日本式(語)で発音するその他の日本語」は看板、おしぼり、名刺、案内、弁当
などの単語、
「台湾語で発音する日本語(漢字表記語)
」は趣味、開講、乳母、大人、豆油
などの単語である。
次の表 6 は、湯(2008)の単語の分類を整理したものである。
表 6 湯(2008)台湾語の中の日本語の分類表
分類
日本式(語)で発音する
日本語外来語
日本式(語)で発音する
その他の日本語
台湾語で発音する日本語
(漢字表記語)
単語例
アウト、アスピリン、アルミ、エンジン、オートバイ
看板、おしぼり、名刺、案内、弁当
趣味、開講、乳母、大人、豆油
次の第三章では、この湯(2008)の分類を参考にして、単語を整理・紹介する。
また、湯(2008)は、日本語学習者を対象として、アンケート調査を行なっている。調
査の人数は88人、年齢層は25歳から75歳までである。アンケートでは、被験者のよく使う
言葉と、台湾語の中の日本語の使用状況分析等を調査している。
湯(2008)が調査した単語のうち、日本式(語)で発音する日本語外来語の単語数は411
である。その中で、現在「よく使う」単語数は110あった。日本式(語)で発音するその他
の日本語数は620あり、そのうち、現在「よく使う」単語数は162あった。つまり、日本語
ができなくても、台湾語が話せれば、少なくとも、162の日本語の単語を発音することがで
きるのである。また、台湾語で発音する日本語(漢字表記語)は696あり、その中で台湾と
同じ意味の単語数は338ある、と湯(2008)は述べている。
1-3 台灣閩南語的日語借詞研究 山口要(2008)
山口(2008)13は台湾閩南語の中にある日本語からの借用語を整理し、歴史、特徴を研
究している。
まず、山口(2008)は借用語を次のように分類している。以下の表 7 は山口(2008)の
分類をまとめた表である。
13
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學 中國文學系研究所 中國文學系 碩士論文
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi/login?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.12.13
7
表 7 山口(2008)の借用語の分類(翻訳部分は筆者加筆)
混合詞(混合語)
借形詞(借形語)
借形詞(借形語)
借詞
外來語
完全音譯詞(完全音訳語)
(借用語)
音譯詞(音訳語)
(外来語)
半音半譯詞(半音半訳語)
音譯加類詞(音訳加類語)
譯詞
(訳語)
全譯詞(全訳語)
譯義(訳義)
半譯詞(半訳語)
山口(2008)は日本語からの借用語を大きく二つに分けている。音声を借用した「音訳
語」と文字表記を借用した「借形語」の二つである。音訳語をさらに純粋音訳語と半音半
義語の二つに分けている。純粋音訳語とは発音を借用したもので、例えば、おばさん、か
ばんなどである。半音半義語とは半分は発音を借用し、半分は意味を借用して漢字で書く
ものである。例えば、サラダ油、ピンポン球などである。一方、借形語とは文字表記を借
形した語で、すべて漢字がある単語である。
また、山口(2008)では、村上(1979)14、村上(1986)15、王(2005)16、村上(2007)
17
から、1633 個の語彙を収録し、以下のように分類している。
表 8 山口(2008)の借用語の割合を調査した結果(翻訳部分は筆者加筆)
純粹音譯詞(純粋音訳語)
半音半譯詞(半音半義語)
漢字借用詞(漢字借形語)
189 個 11.6%
5 個 0.3%
1439 個 88.1%
上での結果を見て、山口(2008)は、日本語からの借用語の中で漢字借形語が一番多い
こと、また漢字借形語は純粋音訳語と半音半義語に比べて、聞いただけでは借用語かどう
かわからないため見落とすことが多い、と述べている。
さらに、山口(2008)では、台湾語の中にある日本語借用語の発音と語意の特徴につい
ても述べている。発音の特徴は声母と韻母とアクセントの三つを挙げている。次の表 9 に
発音の特徴をまとめた。
14
村上嘉英(1979)「閩南語における日本語語彙の受容態」『天理大学学報』119、pp.27-43
村上嘉英(1986)「台湾閩南語方言の中の日本外来語」『天理大学学報』148、pp.1-6
16
王順隆(2005)「台湾閩南語の中の日本外来語のアクセントと音節結構の対応関係」『2005 語文教学国際学
術研究討論会』http://www32.ocn.ne.jp/~sunliong/lunwen17.htm 2012.12.03
17
村上嘉英(2007)「東方台湾語辞典」東方書店
15
8
表 9 山口(2008)台湾語の中にある日本語借用語の発音の特徴(筆者整理)
1.台湾語は「パ[pa]
、ピ[pi]
、プ[pu]
、ペ[pe]
、ポ[po]
」という音が
ない。これら日本語の半濁音は、台湾語では有気音になる。
声母
2.日本語の清音が、語頭または語尾に来た場合、台湾語では有気音になる。
3.日本語の「ラ[ra]
、リ[ri]
、ル[ru]
、レ[re]
、ロ[ro]
」は、台湾語で
は「ラ[la]
、リ[li]
、ル[lu]
、レ[le]
、ロ[lo]
」になる。
1.台湾語には「長音」がないため、日本語の長音は台湾語では「短音」に
なる。
韻母
2.日本語からの借用語が台湾語になると、最後の音節がよく「声門鎖閉音」
になる現象が見られる。
3.日本語からの借用語の母音[a]
、
[i]は、台湾語では、よく[ai]になる。
4.台湾語は「拗音」がないため、日本語の拗音が[ia]
、
[iu]
、
[io]になる。
日本語はアクセントがあるが、声調がない。一方、台湾語はアクセントが
アクセント
なくて、声調がある。
日本語からの借用語は台湾語になると、アクセントが後ろから二番目の拍
に来るものがほとんどである。上がる声調も一つだけである。
次に、山口(2008)は台湾語の中にある日本語借用語の語意の特徴について、以下の四
つを紹介している。
表 10 山口(2008)台湾語の中にある日本語借用語の語彙の特徴(筆者訳)
例
日本語の本来の意味
変化後の台湾語の意味
意味拡大
独占(どくせん)
経済方面での独占。
様々な場面での独占。
意味縮小
抵抗(ていこう)
抵抗、電気抵抗。
抵抗。
意味転移
意味増加
取締り(とりしまり) 管理、監督。
出口(でぐち)
公共の場所を出ると
ころ。
取消の命令、禁止。
ビジネスイベントの一つ、
貿易を通じて、国の商品を
外国に輸出すること。
最後に、第三章の単語は、山口(2008)で純粋音訳語に収録されている単語を使用する。
1-4 先行研究のまとめ
本節では、先に紹介した先行研究を比較し、各先行研究のどの部分を具体的にどう参考
するのかについてまとめる。
9
参考にする先行研究は以下の論文である。
1. 「台語中的日語借詞」陳(2004)18
2. 『台灣語言的日語「借詞」
』陳(2010)19
3. 「台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-」湯(2008)20
4. 「台灣閩南語的日語借詞研究」山口(2008)21
1-4-1 第三章の単語の分類
各先行研究での
「台湾語の中の日本語」
の単語の分類について、
以下の表 11 にまとめた。
表 11 単語の分類の比較
陳(2010)
湯(2008)
山口(2008)
日本式(語)で発音する日
本語外来語
日本語の発音を借
用した語
発音借用語
日本式(語)で発音するそ
の他の日本語
純粋音訳語
台湾語で発音する日本語
(漢字表記語)
半分は発音を、
半分
は意味を借用した
半音半義語
語
日本語の漢字を借
用した語
漢字借用語
漢字借形語
発音と漢字両方を 発音と漢字両方
借用した語
を借用した語
本稿では陳(2010)でいう「発音借用語」
、山口(2008)でいう「純粋音訳語」そして湯
(2008)が研究対象とした、発音を借用した単語のみを扱う。
(色付けしている部分)
。
なお、漢字借用語は見れば分かるもので、台湾語の発音とは関係がないため、本稿では
扱わない。
湯(2008)は発音を借用した単語のみを扱っており、それを三分類している。本稿では
湯(2008)の分類を参考に、日本語で発音する借用語と台湾語で発音する借用語の二つに
18
陳麗君(2004)『台語中的日語借詞』南台應用日語學報 第 4 號
陳麗君(2010)『台灣語言的日語「借詞」』台南成功大學 文化研究學會 2010 年會
20
湯璧綺(2008)『台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-』國立高雄第一科技大學應用日語系碩士論
文 http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dnclcdr&s=id=%22096NKIT5079015%22.&searchmode=basic
2012.11.17
21
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學 中國文學系研究所 中國文學系 碩士論文
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi/login?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.11.17
19
10
分類をする。
分類は以下のとおりである。分類をする場合は 3-2「借用語の中に見られる台湾語の特
徴」を基準にして分類する。
1.日本語で発音する借用語-日本語の発音と近い発音の借用語
2.台湾語で発音する借用語-日本語とはかなり違う発音に変化した借用語
「日本語で発音する借用語」と「台湾語で発音する借用語」に分けるのはなぜか。それ
は、日本語学習者が注意すべき点を明らかにするためである。
「日本語で発音する借用語」は発音が台湾語と日本語で近いので、日本語学習者は楽に
勉強できる。一方、
「台湾語で発音する借用語」は発音が台湾語と日本語では異なるので、
日本語学習者は台湾語の発音のとおりに言わないように注意しなければならない。そのま
ま発音しても日本人には通じないので注意が必要である。
1-4-2 第三章で扱う単語
紹介した先行研究のうち、湯(2008)と山口(2008)は、数多くの単語を分類し整理し
ている。まず、湯(2008)の単語は 13 冊の文献を調査し、1316 個の単語が収録されてい
るが、聞いたことがない単語も多く、分類の上で難度がある。一方、山口(2008)は四つ
の書籍を調査し、
純粋音訳語では 189 個の単語が収録されているが、
実用的な単語が多い。
以上の理由で、山口(2008)の単語を扱うことにした。
山口(2008)は村上(1979、1986、2007)と王(2005)の単語を収録し、純粋音訳語、
半音半義語、漢字借形語の三つに分類しているが、私たちは、その中から純粋音訳語の 189
語のみを扱う。
1-4-3 第四章でのアンケート調査
第四章のアンケート調査では、陳(2004)が調査で使用した 85 個の単語の中から、調査
で使用する単語 30 個を選んだ。
以下の表 12 は陳(2004)で使用した 85 個の単語である。
表12 陳(2004)の調査で使用した85個の単語
人気、看板、瓦斯、味噌、寿司、鬱卒(うつ)、出張、便所、見本、同窓、注射、口座、
放送、元気、注文、板金、脱線、中古車、悪質、寝台(-車)、仲介、顧問、水準、
一等、組合、組立、先生、都合、感心、寄付、万年筆、長身、手形、案内、鉄板焼、
黒輪(おでん)、喫煙、喫茶、定食、物語、暴走族、阿信(おしん)、工房、懸念、
小叮噹(ドラえもん)、白書、不倫、忘年会、いちばん、カタログ、おしぼり、ちゃち、
ライター、ラジオ、ドライバー、モーター、オートバイ、バック、ノークラッチ、バス、
ポンプ、バンパー、トラック、ゴルフ、トマト、ビール、バター、りんご、ワイシャツ、
ネクタイ、せびろ、ブラジャー、シンナー、ようざい、あなた、さよなら、マッサージ、
セット、オールバック、ワンピース、ツーピース、ハイカラ、あっさり、プロ、仕上げ
以上の中から、以下の 30 個の単語を選択した。
11
表 13 調査で使用する 30 個の単語
手形、黒輪、仕上げ、案内、看板、見本、放送、口座、寝台、オールバック、りんご、
あっさり、トマト、ビール、ライター、オートバイ、ドライバー、トラック、ネクタイ、
せびろ、バンパー、ラジオ、カタログ、ハイカラ、シンナー、ノークラッチ、おしぼり、
プロ、ちゃち、ワイシャツ
1-4-4 陳麗君(2004)の調査内容との比較
まず、陳(2004)は調査対象者が南部のみであり、北部、中部、南部の区別がない。本
稿では北部と中部と南部の地域別に調査を行なったため、地域による認知度や使用度の差
を知ることができる。また、本稿では、年齢も四つの世代に分けているため、世代差につ
いても見ることができる。
また、陳(2004)の調査での質問は、
「知っている上で使う」
、
「知らない」
、
「聞いたこと
があるがよく知らない」という認識度(この単語を知っているか)を問うものと、
「この単
語は日本語から借用した単語であることを知っていますか」という認知度を問うもののみ
である。私たちは、認識度、認知度だけでなく、単語の使用率も調査するために、
「この単
語をよく使いますか」という使用率を問う質問も行なった。
12
第二章 台湾語とは
2-1 台湾の言語社会形成の背景
本節では、台湾の言語社会形成の背景について紹介する。今台湾人が使っている言語は
中国語、台湾語、客家語、原住民語、さらに日本語などたくさんあるが、それはなぜか。
その背景は台湾の歴史と関係がある。
2-1-1 台湾原住民の言語
台湾原住民は、漢人が移民して来る以前から台湾に居住していた民族である。台湾原住
民は 14 民族あり、それぞれ言語、文化、習俗などが異なる。台湾原住民が話す言葉はオー
ストロネシア語族に属す。さらに、オーストロネシア語族はタイヤル語群、パイワン語群、
ツォウ語群に分かれる。全部で 28 の言語があり、約 17 万人の使用人口がいる。各民族の
言葉は似ているところもあるが、それぞれ違う。22
2-1-2 台湾語と客家語
台湾では台湾語と客家語も使われている。17 世紀の清朝時代、戦乱や食料危機などの原
因で、福建省の漳州と泉州から閩南人と客家人が多く移住してきた。その結果、台湾では
閩南語と客家語も使われるようになった。
中国からの移住者について、王(2010:10)23 は、以下のように書いている。
移住者は、17 世紀末には 15~20 万人であったが、18 世紀末には 130 万人となり、19
世紀末には 250 万人となった、その結果、台湾で人口の一番多い民族が漢人となり、先
住民は非常に弱い立場へと変わった。移住した人々は、自分の故郷と自然環境や条件の
近い地区を選び開拓していった。たとえば、泉州の人々は海の近くで商業を営んだ。漳
州の人々は、内陸で農業に従事した。客家人の人々は、山に沿って居を構えた。
以上見たように、清朝時代には、福建省の漳州と泉州から閩南人と客家人が多く移住し
てきた。そして、台湾でも閩南語と客家語が使われるようになったのである。
2-1-3 日本語
どうして台湾語の中に日本語があるのだろうか。それは、台湾は日本に統治されたこと
があることと関係がある。ではどのような台湾人が日本語を話せるのだろうか。
1895 年から 1945 年まで台湾は日本に統治された。特に 1937 年から 1945 年まで皇民化
運動が推し進められ、台湾人は日本語を話さなければならなかった。他の言語を話すこと
が禁じられ、子どもは学校で日本の教育を受けていた。また、家庭においても日本語の使
用が奨励された。このような皇民化運動が行われたため、日本統治時代を経験した台湾人
22
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「台湾原住民」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%8E%9F%E4%BD%8F%E6%B0%91 2012.12.26
23
王惠君(2010)『台湾都市物語』「台湾小史」河出書房新社 p.10
13
は日本語を話せるのである。さらに、言語だけでなく文化や宗教や風俗なども変わった。24
さらに日本統治時代について、王(2010:13)25は、以下のように書いている。
1938 年には国家総動員法が公布され、台湾も戦時体制に入った。その結果、台湾人に
日本人と同じ愛国心と犠牲の精神をもたせるため、「皇民化運動」が提唱され、「国語
常用者」「国語常用家庭」「国語常用模範部落」などが奨励されるようになった。
以上のように、日本統治時代には皇民化運動が行われ、そのため台湾人は日本語を話さ
なければならなかったことがわかる。
2-1-4 中国語
日本の統治が終わった後、中華民国政府が台湾に来た。台湾は日本に 50 年間統治されて
いたため、日本語の影響が強く浸透していた。日本語の影響を消すために 1949 年中華民国
政府は国語政策を行なった。国語政策とは中国語の使用を強制するものである。例えば学
校では必ず中国語を話さなければならなかった。また、テレビの台湾語の番組は一時間以
上は放送できなかった。このように、国語政策が行なわれ、学校では必ず中国語を話さな
ければならなくなった。26
台湾での中国語普及について、S・コルキュフ(2008:5)27は、以下のように書いてい
る。
台湾では中国性という体制側の公式見解を実現すべく様々な政策が行われた。つまり、
台湾人に、新しい言語である標準中国語(北京官話)を普及し、学ばせ、中国本土中心
の教科書を広範囲で使用し、メディアを統制し、中国文化を普及させ、台湾の諸言語(閩
南語、客家語、先住民の諸言語)の使用と土着の文化表現を厳しく制限した。
以上のように、国語政策が行われたので、今台湾人は中国語が話せるのであることがわ
かる。
このように複雑な歴史背景なので、今の台湾では、中国語、台湾語、客家語や、原住民
語が話されている。さらに、日本統治時代の影響で、お年寄りは日本語も話す。それで台
湾の言語の種類はとても複雑である。
2-2 皇民化運動の影響
本節では、
台湾が日本に統治された時期に行われた皇民化運動の歴史について紹介する。
皇民化運動とは何だろうか。1895 年から 1945 年まで、台湾は日本に統治されていた。
その間 1937 年から 1945 年までの時期に皇民化運動が行われた。皇民化運動とは、台湾人
24
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「日本統治時代(台湾)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3_(%
E5%8F%B0%E6%B9%BE) 2013.01.09
25
王惠君(2010)『台湾都市物語』「台湾小史」河出書房新社 p.13
26
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「中華民国の政治」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%94%BF%E5%BA%9C
2013.01.09
27
S・コルキュフ(2008)『台湾外省人の現在』風響社 p.5
14
を大日本帝国の良民にさせることを目的とした同化政策である。日本総督府が台湾で推進
したものは、国語運動、日本名への改名、志願兵制度、宗教・社会風俗改革の四点からな
る。つまりは、台湾人の日本化運動である。
図 1 天照大神を祭る光景28
1937 年から、日本総督府は皇民化運動を推進するために、台湾人が日本語を話すことを
強制したり、和服の着用や、日本式の家に住むこと、神社を参拝することなども強制し始
めた。例えば、日本語の普及を推進する運動を行うために、総督府は各地でたくさんの日
本語講習所を作った。他にも、天照大神を祭るように強制もした。それ以外に、1940 年に
は、日本総督府は日本式の名前に変更する方法を公布し、中国式の名前を日本式の名前に
直すことを推進する運動を行なった。日本式の名前に変えた台湾人は、一般的な台湾人に
比べて配給を多く得られた。29
図 1 の写真は、台湾人が「天照大神」を祭っている場面である。日本の統治時代に、総
督府は台湾人に「天照大神」を祭るように強制していた。
では、どうして台湾語の中には日本語があるのだろうか。また、どうしてお年寄りは日
本語が話せるのだろうか。特に関係しているのは皇民化運動の中の国語運動である。その
時の国語は日本語であるので、国語とは日本語を指す。
国語運動の最終目的は台湾人にすべて日本語を話させることである。日本総督府は国語
28
『志明ㄉ天空』「皇民化運動響起」「天照大神を祭る」http://tw.myblog.yahoo.com/ming-sky/article?mid=8517
2012.10.22
29
楊蓮福編(2002)『圖說臺灣歷史』「皇民化運動」博揚文化事業有限公司 pp.160-161
15
の推進を長年行なっていたが、効果が上がっていなかった。そこで、皇民化運動の時期に、
各地で国語講習所を作って、国語の使用を奨励し、日本語を普及させた。また、24 時間日
本語を話す家庭を「国語家庭」に認定し、
「国語家庭」の優遇を許可した。国語家庭になる
には必ず申請を出さなければならず、認可された後、政府から与えられた「国語家庭」の
札を門に掲げることができた。国語家庭はいろいろな優遇があった。例えば、食べ物の配
給が増えたり、子どもが進学する際に優位であるなどである。それ以外にも、政府は中国
語と台湾語を話すことを禁止し、もし中国語と台湾語を話したら罰金を取られた。このよ
うなことから、日本統治時代を経験したお年寄りは日本語が話せるのである。30
当時の状況について、楊(2002:161)31は、以下のように紹介している。
日本に統治された時期に、総督府は日本語の普及を推進する運動を行い、中国語と台
湾語を話すことを禁止し、もし中国語と台湾語を話したら罰金を取られた。他にも、日
本語を常用している家庭は「国語家庭」に認定され、
「国語家庭」という門に掲げる札が
与えられた。そして物資も与えられ、奨励された。
(筆者訳)
このように、日本に統治された時期に、中国語と台湾語を話すことを禁止され、日本語
を常用する国語家庭が奨励されていたことがわかる。
図 2 「国語家庭」の札32
30
世新大學數位影音暨網路教學中心『認識台灣-故事館』「日本統治後期-五、皇民化運動」
http://tw-history.educities.edu.tw/c0605.htm 2012.12.25
31
楊蓮福編(2002)『圖說臺灣歷史』「皇民化運動」博揚文化事業有限公司 p.161
32
同注 30
16
図 3 「国語家庭」の認定書33
図 2 の写真は、
「国語家庭」の札である。図 3 の写真は、台北の「国語家庭」の認定証書
である。
以上のように、台湾では日本に統治された時期に、日本総督府が台湾人を日本人にさせ
るために、皇民化運動を推進した。今でも台湾語の中には日本語があり、台湾のお年寄り
は日本語が話せるのは、日本総督府が推進した皇民化運動に関係がある。
2-3 台湾語と閩南語とは
台湾語は中国福建省南部の漳州人と泉州人が 17 世紀に台湾に移ってきた後、
台湾の原住
民語、漳州語、泉州語の言葉が混じり合ってできた。さらに、中国語や日本語の影響も受
け、現在の台湾語になった。今台湾で広く使われている言語である。
いわゆる台湾語は、台湾では“台語”、“台灣話”、“閩南語”などと呼ばれている。
では、台湾語と閩南語は何か違うのであろうか。
2-3-1 台湾語と閩南語の違い
台湾語と閩南語はどのような違いがあるのであろうか。
閩南語とは、閩語の一種である。では、閩語とはどのような言語なのだろうか。まず、
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』34は、
「閩語」について、以下の
ように説明している。
閩語(びんご)とは、シナ・チベット語族、シナ語派の言語の一つあるいは一群であ
る。中華人民共和国の福建省、広東省東部及び西南部、海南省、浙江省南部、中華民国、
シンガポール共和国、マレーシア、タイ及び各国の華僑・華人の一部の間で使用される。
中でも福建省が主地域であるため(広義の)福建語と呼ばれることもある。
33
世新大學數位影音暨網路教學中心『認識台灣-故事館』「日本統治後期-五、皇民化運動」
http://tw-history.educities.edu.tw/c0605.htm 2012.10.22
34
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「ビン語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%AA%9E 2012.11.07
17
また、日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』35によると、閩語は主に
閩北語、閩東語、莆仙語、閩南語、閩中語の 5 方言に分かれ、他に明確に分類できない大
田土語、尤渓土語の 2 方言グループがある。これらは、たとえ語彙が同じでも発音の差も
大きく、会話するのには困難が大きく、一般に相互に通じないとされる。このため、別々
の言語とすることもある。
台湾語はこの中で閩南語に分類される。
次の図 4 は、閩語の主要方言の分布図である。
図4 閩語の主要方言の分布36
35
同注 34
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)』「閩語」
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%97%BD%E8%AF%AD 2012.11.13
36
18
次に、日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』37は、
「閩南語」につい
て、以下のように説明している。
閩南語(びんなんご、ミンナンご)は主に閩南地方(中華人民共和国福建省南部)で
話される言葉である。

狭義には漳州、泉州、厦門(アモイ)など福建省南部で話されている言葉をさす。
東南アジアでは福建語とも呼ばれる。

広義には、狭義の言葉に加えて、台湾、浙江省南部、広東省東部及び西部、海南省
などで話される、類似性の高い言葉の総称として用いられる。
福建省南部とは具体的に漳州、泉州、厦門(アモイ)地方を意味するが、歴史的にこ
の地方から台湾、広東省潮州、汕頭地方、雷州半島、浙江省南部、海南省や東南アジア
のシンガポール、マレーシア、タイへ移住した者が多く、これら地方の閩南(福建南部)
系住民の間でも話されている。これらの地方で話される言語変種を総称するものが広義
の閩南語である。
以上のように、狭義の閩南語とは、福建省南部で話されている言葉で、代表は漳州語、
泉州語、アモイ語である。広義の閩南語とは、福建省南部に限らず、広い地域で閩南系住
民の間で話されている言葉を指す。代表は台湾語、浙南グループ、潮汕グループ(潮州語)
、
海南グループ(海南語)などである。つまり、台湾語は広義の閩南語に含まれることがわ
かる。
以下の表 1 は、代表的な閩南語の各種をまとめたものである。
表1 代表的な閩南語の種類
閩語(福建語)
狹義
閩南語
広義
漳州語
福建省漳州の方言
泉州語
福建省泉州の方言
廈門語
福建省廈門の方言
台湾語
台湾で使う閩南語
浙南語
浙南で使う閩南語
潮州語
潮州で使う閩南語
海南語
海南で使う閩南語
各言語はそれぞれアクセントや発音、語彙に違いがある。台湾語とアモイ語は似ている
と言われるが、やはり違いがある。例えば、アモイ語は軽声が非常に発達しているが、台
湾語の軽声はそれほど発達していないなどの違いがある。38
37
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「ビン南語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E5%8D%97%E8%AA%9E 2012.11.07
38
同注 37
19
次に、姚(1994:1-2)39は「台湾語の定義」について以下のように整理している。
私たちは、ここで多くの人が話している言葉のことを“台語”と呼んでいるが、これ
は学術名詞ではない。具体的に言うと“台湾閩南語”と呼ぶべきもので、閩南語の一支
流である。
“台湾閩南語”は既に漳州語でもないし泉州語でもない。もちろんアモイ語と
も異なる。
なお、台湾では閩南語は“台語”、“台灣話”、“台灣閩南語”、“閩南語”などと
呼ばれている。
台湾政府はまだ正式名称を決定していないため、
いろいろな名前がある。
(筆者訳)
私たちも、姚(1994)が述べているように、
“台灣閩南語”という呼び方が適切だと思う。
しかし、日本語では一般的に「台湾語」という名称が使われているので、本稿でも「台湾
語」の名称を使う。つまり、本稿での「台湾語」とは、台湾で使用されている閩南語のこ
とを指す。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』40によると、全世界の閩南語話者人口は
約7000万である。台湾の外に、中国の福建南部、広東省東南部、海南島と東南アジアの各
国に居住している。
以下の図5は、閩南語話者の人口分布の紹介である。
図5 閩南語話者の人口分布41
現在、閩南語話者は、中国の東南沿海(福建、広東、広西、海南)および香港と台湾、
東南アジア(シンガポール、ブルネイ、マレーシア、インドネシア、タイ)などに分布し
ている。
39
姚榮松(1994)『臺灣語典』金楓出版社 pp.1-2
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)』「閩南語」
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%97%BD%E5%8D%97%E8%AF%AD 2012.11.07
41
河部利夫(1969)『世界の歴史 18 東南アジア』河出書房 p.18
40
20
2-3-2 台湾語の地域差
村上(2009:8)42は台湾の総人口および台湾語話者数について、「台湾語は台湾の総人
口約2300万の内、その4分の3にあたる1700万の人たちの母語である。」と述べている。
以上のように、台湾語は台湾で多くの人に使われているが、台湾語の中にも地域差があ
る。その原因は、17 世紀に台湾に来た漳州人と泉州人が、台湾のいろいろなところに分散
したことにある。
さらに、台湾の交通が発達するにしたがって、人口の流動も進み、台湾の北部、中部、
南部の発音の違いが大きくなっていった。また、漳州人と泉州人は台湾に渡った当初、漳
州人の多くが山の近くに住み、その発音は“内埔腔(内陸なまり)
”と呼ばれるようになっ
た。一方、泉州人は海の近くに住み、その発音は“海口腔(海口なまり)
”と呼ばれるよう
になった。
「泉州アクセント」の最も代表的なものは鹿港の台湾語である。
「漳州アクセン
ト」の最も代表的なものは宜蘭の台湾語である。
次に、教育部台灣閩南語常用詞辭典43によると、一番多く使われている発音は高雄アク
セントである。高雄の発音は海口音と内埔音が混じり合ってできたもので、今台湾で最も
よく耳にする、またよく使われている発音である。
二番目に多く使われている発音は台北アクセントである。台北には南部から来る人の流
れも多く、各地の発音が影響しあっているため、他地域の発音が混じっていても台北では
通じやすい。そのため教育部は台北の発音を第二優勢音としている。
以下の図 6 は、台湾の代表的なアクセントをまとめたものである。上に行くほど泉州ア
クセントの影響が強く、下に行くほど漳州アクセントの影響が強い。
泉州音
鹿港音
澎湖、台西、大甲-布袋沿海(海口なまり)
台北盆地、新竹市區
(第二の優勢音、海口なまりに近く、アモイ語に似ている)
台南-高雄、台東
(第一の優勢音、標準アクセント)
台中盆地、彰化-嘉義内陸(内埔なまり)
宜蘭音
漳州音
図 6 台湾語のアクセント紹介44
図 6 および教育部の調査から、南部のアクセントが代表的な台湾語の発音であることが
わかる。そして、宜蘭は一番漳州アクセントに近く、鹿港は一番泉州アクセントに近いこ
42
村上嘉英(2009)『ニューエクスプレス 台湾語』白水社 p.8
『教育部臺灣閩南語常用詞辭典』「編輯說明、編輯凡例、音讀說明」
http://twblg.dict.edu.tw/holodict_new/compile1_3_9_3.jsp 2012.11.08
44
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)』「臺灣語」
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E8%87%BA%E7%81%A3%E8%A9%B1 2012.11.08
43
21
とがわかる。
このように、台湾語にはいろいろな地区のアクセントがある。
22
第三章 台湾化した日本語
本章では、四つの部分に分け、紹介する。まず、教会ローマ字と TLPA の表記方法を紹
介する。次に、借用語の中に見られる台湾語の特徴を紹介する。さらに、日本語で発音す
る借用語を紹介する。最後は、台湾語で発音する借用語を紹介する。
3-1 台湾語の表記方法
台湾語の表記方法について、日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』45
は、以下のように説明している。
現在、台湾語の表記における正書法というものは存在しない。これまで多くの研究者
によってさまざまな台湾語の表記方法が考案・改良されてきたが、正書法を定めるには
至っていない。
このように台湾語の表記の正書法が存在しないため、
台湾語には様々な表記方法がある。
代表的なものは、教会ローマ字(白話字)
、TLPA(Taiwan Languages Phonetic Alphabet)な
どがある。
3-1-1 教会ローマ字
台湾語の表記方法のうち、最も歴史が古いのは教会ローマ字で、17 世紀から見られる。
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』46は、
「台湾語」について、
「台湾
語のローマ字表記法の中で最も代表的なのは白話字(Peh-ōe-jī,POJ)である(
「教会ローマ
字」とも呼ばれている)
。
」と述べている。教会ローマ字のピンイン表記を次の表 1 にまと
めた。
表 1 教会ローマ字のピンイン表記
声調
第 1 音調 第 2 音調 第 3 音調 第 4 音調 第 5 音調 第 7 音調 第 8 音調
例
君
滾
棍
骨
群
郡
滑
ピンイン
kun
kún
kùn
kut
kûn
kūn
ku̍t
教会ローマ字の声調システムの短所は、コンピューターに入力するとき、Unicode に対
応したフォントをインストールしないと、文字化けになってしまう点である。
45
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「台湾語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E8%AA%9E 2012.12.12
46
同注 45
23
3-1-2 TLPA
その後、1991 年に台湾文学会が設立され、同年には教会ローマ字に改良を加えた新しい
音声表記方法が発表された。それが TLPA(Taiwan Languages Phonetic Alphabet)である。
TLPA のピンイン表記を次の表 2 にまとめた。
表 2 TLPA のピンイン表記
声調
例
ピンイン
第 1 音調 第 2 音調 第 3 音調 第 4 音調 第 5 音調 第 7 音調 第 8 音調
君
滾
棍
骨
群
郡
滑
kun1
kun2
kun3
kut4
kun5
kun7
kut8
『臺灣閩南語羅馬拼音及其發音學習網』のウェブサイト47によると、TLPA は教会ローマ
字の改良版で、二つはほぼ同じであるが、TLPA はコンピューターで現れない記号が修正
されているほか、表記方法が簡潔化されている。次の表 3 は、TLPA で修正された点をま
とめたものである。
表 3 TLPA の修正部分
教会ローマ字
TLPA
声調記号
á、n̂g
a2、ng5
鼻音記号
an
ann
専門記号の不使用
o>
oo
h の削除
ch(ㄗ)
、chh(ㄘ)
c(ㄗ)
、ch(ㄘ)
u-、o-
u-
ui、oe、oa
ui、ue、ua
表記方法の統一
TLPA では、教会ローマ字の複雑な部分が簡潔になっている。また、最大の長所は文字
化けする可能性のある声調記号を使わず、声調を数字で表せる点である。そのため、本論
文の 3-2、3-3、3-4 では TLPA を使用して台湾語を表記する。
3-2 借用語の中に見られる台湾語の特徴
本節では、日本語からの借用語の中に見られる台湾語の特徴を紹介する。特徴は主に、
子音と母音とアクセントの三つがある。陳(2004)48を参考に以下のように整理した。
47
臺灣閩南語羅馬拼音及其發音學習網『參考資料』「台羅拼音方案的優點」
http://www.ntcu.edu.tw/tailo/consultation.htm 2012.11.04
48
陳麗君(2004)『台湾閩南語における日本語からの借用語』南台應用日語學報 第 4 號
24
3-2-1 子音
(1)日本語/d/,/r/→借用語/l/
日本語の/d/と「ラ行」は、台湾語になると/l/になる。
単語
日本語
借用語
おでん
/oden/
/oo1 len2/
ラジオ
/razio/
/la1 ji2 ooh4/
(2)有気音化/p/,/t/,/k/→/ph/,/th/,/kh/
語頭か語尾にある日本語の清音/p/,/t/,/k/が、台湾語では有気音化して/ph/,/th/,/kh/になるこ
とがある。
単語
日本語
借用語
気持ち
/kimoci/
/ khi7 moo1 tsih4/
休憩
/kyukei/
/khiu5 khe2/
(3)入声化
台湾語には日本語にない声門閉鎖音/-ʔ/があり、早く短く発音される。
単語
日本語
借用語
ラジオ
/razio/
/la1 ji2 ooh4/
トラック
/torakku/
/thoo1 la2 kuh4/
(4)混用/m/⇔/b/
日本語の味噌[miso]と台湾語の[bi-so]のように/m/と/b/の混用という現象も見られる。
単語
日本語
借用語
みそ
/miso/
/bi2 sooh4/
おしぼり
/osibori/
/oo1 si2 moo2 lih4/
3-2-2 母音
(1)長音→短音
台湾語の音韻には拍という単位が存在しないため、同じ母音が二つ連続しても二音節に
はならない。そのため、日本語の長音は台湾語では短音になる。
単語
日本語
借用語
オートバイ
/o-o-to-bai/
/oo1 too2 bai2/
ビール
/bi-i-ru/
/bi3 luh4/
25
(2)短母音二音節→二重母音一音節
日本語は単母音で一つの音節になるが、台湾語は短母音が連続した場合は二重母音にな
る。そのため、日本語よりも音節が短くなる。
単語
日本語
借用語
ネクタイ
/ne-ku-ta-i/
/ne1 ku2 tai2/
ライター
/rai-ta-a/
/lai3 ta3/
(3)拗音→[ia]
、
[iu]
、
[io]
台湾語の音韻の中には拗音がないので、台湾語では[ia]
、
[iu]
、
[io]になる。
単語
日本語
借用語
おにんぎょう
/o-ni-N-gio-u/
/oo1 nin2 gioo2/
休憩
/kyukei/
/khiu5 khe2/
3-2-3 アクセント
日本語から借用した台湾語では、音節の末尾から二番目だけ高いものと、末尾だけ高い
ものと二つのアクセントのタイプが見られる。
(1)末尾から二番目だけ高いもの
日本語
借用語
たたみ/○●●/
/tha1 tha2 mih4//○●○/
せびろ/○●●/
/se1 bi2 loh4//○●○/
りんご/○●●/
/ling3 gooh4//●○/
(2)末尾だけ高いもの
日本語
借用語
きゅうけい(休憩)/○●●●/
/khiu5 khe2//○●/
ネクタイ/●○○○/
/ne1 ku2 tai2//○○●/
いちばん(一番)/○●○○/
/i2 tsi2 bang2//○○●/
3-3 日本語で発音する借用語
本節では、日本語で発音する借用語を紹介する。単語は山口(2008)49の純粋音訳語に
収録されている単語を使い、分類する。私たちは、台湾語母語話者と日本語母語話者に単
語を読み上げて録音してもらい、3-2 節「借用語の中に見られる台湾語の特徴」を参考に
して、単語を「日本語で発音する単語」と「台湾語で発音する単語」に分類した。山口(2008)
49
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學中國文學系碩士論文 pp.48-57
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.12.14
26
に収録されている 189 個の単語中、台湾人の年長者に聞いてみたが、年長者でもわからな
い単語が 28 個あった。それらの単語は除くことにしたため、今回の分類は、全部で 161
個の単語である。単語は五十音順になっている。
日本語で発音する借用語に分類したものを、以下の表 4 に整理した。
27
表 4 日本語で発音する借用語の表
50
日本語
台湾閩南語
中国語
アウト
au3 to4
出局
いっとう
it4 too2
一等
うんちゃん
un2 tsiang1
司機
かあさん
kha2 sang2
媽媽
カラオケ50
kha7 la1 oo1 khe1
卡拉OK
クラッチ
khu1 la2 tsih4
離合器
ケチャップ
khe1 tsia2 puh4
番茄醬
コピー
kho2 phih4
影印
こんぶ
khonh3 buh4
海帶
さんそ
sang2 soo3
氧
ジュース
hiu3 suh4
果汁
シャツ
sia2 tsun4
襯衫
ショート
sio3 tooh4
短路
セーフ
se3 huh4
安全
せんせい
sen5 se2
老師
ソース
soo2 suh4
調味醬
タンゴ
thang3 gooh4
探戈
ダンス
lan3 suh4
跳舞
たんか
thang2 khah4
擔架
チャック
tsia2 khuh4
拉鍊
チョコレート
tosio1 koo2 le3 tooh4
巧克力
トラック
thoo1 la2 kuh4
卡車
ねえちゃん
ne2 tsiang2
姊姊
パスポート
pha1 su2 phoo3 tooh4
護照
バス
ba2 suh4
巴士
ハム
ha2 muh4
火腿
パン
phang2
麵包
プロ
phu2 looh4
專業
山口要(2008)では「からオケ」となっているが、本稿では修正した。
28
ペンチ
phian3 tsih4
老虎鉗
ベッド
be2 tooh4
床
ポンプ
phong3 phu3
幫浦
マラリア
ma1 la2 li2 ah4
瘧疾
マイク
mai2 khu1
麥克風
マラソン
ma1 la2 song2
馬拉松
みそしる
mi1 soo2 si2 luh4
味噌湯
リアカー
li1 a2 kah4
人力車
レコード
le1 khoo3 tooh4
唱片
ロース
loo2 suh4
裏肌肉
以上は日本語で発音する日本語借用語の単語である。日本語で発音する単語に分類した
ものは 38 個あった。これらの単語は日本語の発音に近い単語である。現在日本語を勉強し
ている人にとって、これらの単語は覚えやすいのではないだろうか。しかし、台湾語で発
音する単語の中には、あまり使われない単語や、日本語と台湾語とでは意味のずれがある
単語もある。例えば、リアカー、うんちゃん、ねえちゃん、ショートなどである。これら
の単語は、発音は近くても意味やニュアンスにずれがあるため、注意が必要である。
3-4 台湾語で発音する借用語
本節では、台湾語で発音する借用語を紹介する。
単語は山口(2008)51の単語を使っている。山口(2008)は借用語を「純粋音訳語」と
「半音半義語」と「漢字借形語」の三つに分類して整理しているが、私たちはその中から
「純粋音訳語」の単語のみを扱う。以下の表 5 に、台湾語で発音する単語を分類して整理
した。単語は五十音順になっている。
表 5 台湾語で発音する単語表
日本語
台湾閩南語
中国語
あいうえお
a1 i2 u1 e2 ooh4
日語母音
あいさつ
ai5 sa2 tsuh4
招呼
あいのこ
ai5 noo2 khoh4
混血兒
あきびん
a1 khi2 bin2
空瓶
あそび
a1 soo2 bih4
遊戲
あたま
a1 ta1 mah4
頭
51
山口要(2008)『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學中國文學系碩士論文 pp.48-57
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.&searchmode=basic
2012.12.14
29
あっさり
a1 sa2 lih4
乾脆
あぶらあげ
a1 geh4
油炸豆腐
アスピリン
a1 su2 phi2 lin2
阿斯匹林
ありがとう
a1 li2 ga2 tooh4
謝謝
アルミニウム
a1 lu1 mih4
鋁
アンモニア
a1 moo2 ni2 ah4
氨
いちばん
i1 tsi2 bang2
一級棒
うどん
u1 long2
烏龍麵
エンジン
en5 jin2
引擎
おしぼり
oo1 si2 moo2 lih4
手巾
おじさん
oo1 ji2 sang2
叔叔
おでん
oo1 len2
關東煮
おにんぎょう
oo1 nin2 gioo2
娃娃
おばさん
oo1 ba2 sang2
阿姨
オートバイ
oo1 too2 bai2
摩托車
オーバー
oo3 ba3
外套
かばん
kha1 bang2
提包
カプセル
khap4 se1 luh4
膠囊
かんじょう
khan5 jio2
結帳
かんばん
kham5 phang2
招牌
ガス
ga2 suh4
瓦斯
カタログ
kha1 ta2 loo2 kuh4
目錄
カメラ
kha1 me2 lah4
照相機
カーテン
kha5 ten2
簾子
ガーゼ
ga2 je3
紗布
きもち
khi2 moo1 tshih4
心情
きゅうけい
khiu5 khe2
休息
きりん
ki1 lin5
麒麟
クラブ
khu1 la2 puh4
俱樂部
クリーム
khu1 li3 muh4
奶油
ごぼう
ngoo7 boo1
牛蒡
30
52
ココア
kho1 kho1 ah4
可可
コップ
khop4 puh4
杯子
ゴルフ
goo7 lu2 huh4
高爾夫
コンクリート
khong2 ku1 li2
混凝土
さかりば
sa1 kha2 li2 pah4
繁華街
さけ
sa1 ke1
酒
さしみ
sa1 si2 mih4
生魚片
さんしん
san5 sin2
三振
サービス
sa1 bi2 suh4
服務
しょくパン
siok8 phang2
土司
じょうとう
jioo2 to1
上等
ジャンパー
jiam3 bah4
夾克
ジープ
ji3 phu3
吉普車
スクーター
su1 ku3 tah4
機車
ステンレス
su1 ten2 le3 suh4
不鏽鋼
ストリップ
su1 too2 li2 puh4
脫衣舞
スリッパ
su1 lip4 pah4
拖鞋
せびろ
se1 bi2 loh4
西裝
セット
se2 tooh4
女人去美容院做頭髮52
だいじょうぶ
lai5 jio3 puh4
不要緊
タイヤ
thai3 iah4
輪胎
たくあん
tha1 khu2 bang2
醃蘿蔔
タクシー
tha1 ku2 sih4
計程車
たたみ
tha1 tha2 mih4
榻榻米
ダリア
ta1 li2 a2
大麗花
タンカー
thang3 khah4
坦克
たんす
thang3 suh4
衣櫥
チップ
tsip4 puh4
小費
チーズ
tshi3 ju1
乳酪
テンプラ
then5 pu2 lah4
天婦羅
山口要(2008)では「布景」となっているが、本稿では修正した。
31
53
テープ
the3 puh4
膠帶
とうさん53
too2 sang2
爸爸
トマト
thoo1 ma2 toh4
番茄
ドライバー
loo2 lai3 bah4
螺絲
トランク
thoo1 lang3 khuh4
手提箱
ナイロン
nai5 long2
尼龍
にんじん
nin5 jin2
紅蘿蔔
ネクタイ
ne1 ku2 tai2
領帶
のり
noo2 lih4
海苔
ばいきん
bai5 kin2
細菌
ばかやろう
pa1 ka2 ia2 looh4
混帳
ぱちんこ
pha1 tsing3 khoh4
柏青哥
ハイヤー
hai3 iah4
計程車
バター
ba2 tah4
奶油
バッグ
ba2 khuh4
提包
バッテリー
ba1 te2 lih4
電池
ハンドル
hang5 too2 luh4
方向盤
バンパー
bam3 bah4
保險槓
パーセント
pha5 sen3 tooh4
百分比
バール
ba3 luh4
鐵撬
ひのき
hi1 no2 khih4
檜柏
ビタミン
bi1 ta2 min2
維他命
ヒューズ
hiu3 juh4
保險絲
ピン
Phin2
別針
ピンポン
Phim5 phong2
乒乓球
ビール
bi3 luh4
啤酒
ふろ
hu2 looh4
浴室
フィルム
hui5 lu2 muh4
軟片
ブラジャー
bu1 la2 jiah4
胸罩
プロペラ
Phu1 loo2 phe2 lah4
螺旋槳
山口要(2008)では「とおさん」となっているが、本稿では修正した。
32
ペニシリン
Phe1 ni2 si2 lin2
青黴素
ほうたい
hoo5 oo2 tai2
繃帶
ボクシング
boo1 sing3 guh4
拳擊
ホルモン
hoo1 lu2 bong2
荷爾蒙
ボート
boo3 tooh4
小船
ホームラン
hoo1 mu2 lang2
全壘打
まんが
bang3 gah4
漫畫
マスク
ma1 su2 khuh4
口罩
マッサージ
ma1 sa3 jih4
按摩
マーガリン
ma1 ga1 lin2
人造奶油
みそ
mi2 sooh4
味噌
ミシン
mi1 sin2
縫紉機
めいし
me3 sih4
名片
モーター
moh4 tah4
馬達
やし
ia2 sih4
椰子
ようかん
io1 kang3
羊羹
ようちえん
io5 tsi2 en2
幼稚園
ライター
lai3 ta3
打火機
ラジオ
la1 ji2 ooh4
收音機
ラッパ
la2 pah4
喇叭
りんご
ling3 gooh4
蘋果
れんたん
len5 than2
蜂窩煤
レモン
le1 bong2
檸檬
レントゲン
len5 too2 gen2
X光
わさび
oa1 sa2 bih8
山葵
ワイシャツ
uai1 sia2 tsuh4
襯衫
以上は台湾語で発音する日本語借用語の単語である。台湾語で発音する単語に分類した
ものは 123 個あった。これらの単語はもし台湾語の発音のままで発音すれば、日本語の発
音とは差が大きいので、日本人は聞いてもわからない。また、台湾語で発音する単語の中
にも、日本語と台湾語とでは意味のずれがある単語がある。そのため台湾の日本語学習者
は気をつける必要がある。
33
第四章 アンケート調査
4-1 アンケート調査の概要
4-1-1 調査の目的
調査の目的は、まず台湾語の中の日本語について、北部、中部、南部の違いがあるかど
うかを知ることである。例えば、北部は本当に南部より台湾語があまり使われないのか。
南部は中部より台湾語がよく使われているのか。また、北部の中国語の使用率は南部より
高いのか、などの地域差を調査したい。また、今の台湾語の現状についても調べる。若者
は台湾語をよく使っているのだろうか。
それとも、
だんだん下手になっているのだろうか。
ほかにも、どの単語はよく使われているのかなどを知りたい。われわれのイメージしてい
る現状と同じなのかを調べるため、アンケート調査を行なった。
4-1-2 調査の準備
私たちは調査する 30 個の単語を選択した。単語は陳(2004)の調査で使用された単語の
中から選んだ。30 個の単語のうち、よく使う単語を 10 個、あまり使わない単語を 10 個、
ほとんど使わない単語を 10 個選んだ。
単語の選択は私たちで決めたが、私たちは北部、中部、南部それぞれの出身のメンバー
がいるので、私たちの認識で単語を選択しても、地域差による違いは出ないだろうと考え
た。
まず、8 人全員が分かる単語は以下 10 個あり、全員が分かるのでよく使う単語にした。
よく使う単語:
トマト、ビール、ライター、オートバイ、看板、黒輪、ドライバー、トラック、
りんご、あっさり
以下の単語は 8 人の中で 2~3 人が聞いたことがないのであまり使わない単語にした。
あまり使わない単語:
ネクタイ、案内、せびろ、ラジオ、プロ、バンパー、見本、放送、カタログ、口座
最後に、8 人の中でこの単語が分かる人は 2~3 しかいないので、ほとんど使わない単語
にした。
ほとんど使わない単語:
ちゃち、仕上げ、シンナー、ノークラッチ、おしぼり、ハイカラ、オールバック、
手形、寝台、ワイシャツ
34
4-1-3 調査の方法
調査時期は 8 月 1 日から 9 月 31 日までである。メンバーは北部出身者は北部で調べ、中
部出身者は中部で調べ、南部出身者は南部で調べた。
調査対象について、調査人数は計 300 人、北部、中部、南部で各 100 人ずつに調査を行
なった。また、年齢層は 25 歳以下、26~45 歳、46~65 歳、66 歳以上の四つに分け、各地
域それぞれの年齢層で 25 人ずつ調査をした。
年齢層をこのような四分類にした理由は、このように分ければ、調査結果の差が出やす
いだろうと予測したからである。まず、25 歳以下の若い人はこのような単語に対する認知
度が低いと思うので、25 歳以下で分けた。また、26~45 歳の人は私たちより少し上の年齢
層だが、この年齢層の人の認知度と私たちの認知度が違いがあるかどうか知りたいので、
ここで分けた。さらに、46~65 歳の人はだいたい私たちの両親の年齢と同じで、台湾語を
よく使うので、ここで分けた。最後に、66 歳以上の人は日本統治時代の影響を受けている
と思うので、このように分類した。
4-1-4 調査内容
調査方法は、一対一の面接方式を採用した。具体的な調査内容は、まず一つ一つ単語を
読み上げ「この単語を聞いたことがありますか」と質問し、知っていればさらに「この単
語はもともと日本語だと知っていますか」と質問する。さらに「この単語をよく使います
か」と質問して一つの単語についての調査は終了である。これを 30 の単語について行なっ
た。
また、結果を分析するために調査表の最後に四つ質問を設けた。
「この単語をどこから知
りましたか」
、
「家族と話すとき中国語と台湾語とどちらを使いますか」
、
「おじいさんおば
あさんといっしょに住んでいたことがありますか」
、
「自分がよく使う言語は何語ですか」
の四つの質問を最後にした。
4-2 調査の結果
私たちはこのアンケートの調査結果を、単語の認識度、日本語借用語だという認知度、
単語の使用率の三点から分析する。回答者がその単語を知っているかどうかを見るのが単
語の認識度である。回答者がその単語は日本語からの借用語だということを知っているか
どうかを見るのが認知度である。そして、回答者がその単語をよく使っているか、その使
用状況を見るのが使用率の部分である。
地域によって差があるのか、また世代により使用されている単語に変化があるのかを見
るため、三地域および四つの年齢層に分けて比較する。
このアンケートでは、北部で 100 人、中部で 100 人、南部で 100 人の計 300 人を調査し
た。100 人の内訳は 25 歳以下、26~45 歳、46~65 歳、66 歳以上の四つの年齢層で各 25
人ずつである。この 300 人にそれぞれ 30 個の単語について回答してもらった。
4-2-1 単語の認識度
回答者がその単語を知っているかどうかを見るのが単語の認識度である。このアンケー
35
トでは、300 人にそれぞれ 30 個の単語について回答してもらった。
以下の表 1 は、その単語を「知っている」と答えた単語数の平均を地域別および年齢層
別でまとめたものである。
(なお、%表示は 30 個の単語あたりの認識度を表す。
)
表 1 地域別および年齢別での知っている単語の平均数(単位:個)
地区/年齢
25 歳以下
26‐45 歳
46‐65 歳
66 歳以上
平均
北部
14(47%)
19(63%)
20(68%)
22(73%)
19(63%)
中部
16(53%)
22(73%)
25(83%)
26(87%)
22(74%)
南部
15(50%)
20(68%)
24(80%)
23(77%)
20(68%)
平均
15(50%)
21(70%)
23(77%)
24(80%)
20(68%)
表 1 から地域別での知っている単語の平均数は北部 19 個、中部 22 個、南部 20 個とほぼ
同じであったが、中部が最も多かったことがわかる。また、全地域で一人が知っている単
語の平均数は 20 個であることがわかる。
以下の図 1 は、表 1 のデータをグラフにしたものである。
単
語
(
単
位
:
%
)
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
25歳以下
北部
中部
26-45歳
46-65歳
66歳以上
南部
年齢層
図 1 地域別および年齢層別での知っている単語の平均数
図 1 から、年を取れば取るほど知っている単語が多くなり、一方、若い人は知っている
単語が少ないことがわかる。
以下の図 2 は、地域別の単語の認識度をグラフにしたものである。
36
北部
中部
26%
37%
知っている
知らない
74%
63%
知っている
知らない
南部
32%
68%
知っている
知らない
図 2 地域別での単語の認識度
図 2 から地域による差はあまり大きくなく、台湾でこれらの単語は大体知られているこ
とがわかる。
以下の表 2 は、
「この単語を知っている」と答えた単語別の人数を各地域別および年齢層
別でまとめたものである。
(なお、各年齢層の人数は 25 人ずつである。
)なお、単語は調査
票での順序で並んでいる。色付けしているものはよく知られているトップ 10 である。
37
表 2 「知っている」と答えた単語別の人数
地 域
年齢層
よ
く
使
う
あ
ま
り
使
わ
な
い
ほ
と
ん
ど
使
わ
な
い
北 部
中 部
南 部
25
26
46
66
25
26
46
66
25
26
46
66
合
以
|
|
以 以
|
|
以 以
|
|
以
計
単語
下
45
65
上 下
45
65
上 下
45
65
上
トマト
21
24
25
25
23
25
25
25
21
24
21
20
281
ビール
25
25
25
25
23
25
25
25
25
25
25
24
298
ライター
24
24
25
24
23
25
25
25
25
25
25
23
294
オートバイ
23
25
25
24
23
25
25
25
24
25
25
23
293
看板
18
25
25
24
23
25
25
25
25
25
25
23
289
黒輪(おでん)
22
23
22
15
25
25
24
23
18
19
22
13
251
ドライバー
19
24
24
25
23
25
25
25
25
25
24
23
287
トラック
18
24
25
24
22
25
25
25
24
25
25
23
286
りんご
21
24
25
25
22
25
24
25
21
24
25
23
285
あっさり
21
22
25
23
21
24
25
25
23
24
21
20
274
ネクタイ
19
22
25
25
23
25
25
25
19
25
25
22
281
案内
13
19
15
19
19
24
25
25
18
21
25
15
238
せびろ
8
16
24
24
2
19
22
25
9
18
21
22
210
ラジオ
11
22
20
23
19
25
25
25
14
25
23
23
255
プロ
12
17
8
10
15
19
17
17
10
15
10
9
159
バンパー
2
11
10
13
11
18
25
20
10
17
20
20
177
見本
4
13
14
13
3
16
23
25
5
17
24
23
180
放送
9
18
17
17
21
25
22
24
19
24
25
23
244
カタログ
10
16
21
18
4
16
24
22
1
13
15
13
173
口座
9
18
16
16
19
22
25
23
11
25
25
23
232
ちゃち
1
6
8
8
2
9
7
16
1
5
4
1
68
仕上げ
0
8
17
18
8
15
19
18
3
19
17
20
162
シンナー
0
8
9
9
3
9
19
19
0
6
15
4
101
ノークラッチ
3
12
16
16
1
11
19
17
3
9
14
11
132
おしぼり
5
15
20
21
11
18
25
22
3
19
19
17
195
ハイカラ
0
7
10
19
2
9
8
12
0
9
10
9
95
オールバック
3
6
8
14
3
6
9
21
0
4
17
18
109
手形
1
4
1
7
1
2
1
9
0
4
11
6
47
寝台
4
2
1
2
0
0
7
7
1
1
5
1
31
ワイシャツ
5
11
18
20
5
16
23
25
1
10
17
17
168
38
以下の表 3 は、この単語を「知っている」と答えた単語別の人数を認識度順に並べ替え
たものである。
(なお、%表示は 300 人あたりの認識度を表す。
)
表 3 単語の認識度順位(単位:人)
順位
単語
調査前の予想
認識度
1
ビール
◎
297(99.0%)
2
ライター
◎
293(97.7%)
3
オートバイ
◎
292(97.3%)
4
看板
◎
288(96.0%)
5
ドライバー
◎
287(95.7%)
6
トラック
◎
285(95.0%)
7
りんご
◎
284(94.7%)
8
ネクタイ
○
280(93.3%)
9
トマト
◎
279(93.0%)
10
あっさり
◎
274(91.3%)
11
ラジオ
○
255(85.0%)
12
黒輪(おでん)
◎
251(83.7%)
13
放送
○
244(81.3%)
14
案内
○
238(79.3%)
15
口座
○
232(77.3%)
16
せびろ
○
210(70.0%)
17
おしぼり
△
195(65.0%)
18
見本
○
180(60.0%)
19
バンパー
○
177(59.0%)
20
カタログ
○
173(57.7%)
21
ワイシャツ
△
168(56.0%)
22
仕上げ
△
162(54.0%)
23
プロ
○
159(53.0%)
24
ノークラッチ
△
132(44.0%)
25
オールバック
△
109(36.3%)
26
シンナー
△
101(33.7%)
27
ハイカラ
△
95(31.7%)
28
ちゃち
△
68(22.7%)
29
手形
△
47(15.7%)
30
寝台
△
31(10.3%)
なお、私たちが調査前に予想した単語の認識度と比較するために、調査前の予想を入れ
た。記号の意味は次のとおり。◎よく使う、○あまり使わない、△ほとんど使わない
39
表 2 と表 3 から、私たちがよく使う単語だと予想した単語は、予想とほぼ同じでよく使
われていることがわかった。しかし、私たちの予想に反して、2 個違う単語があった(ネ
クタイ、おでん)
。調査結果を見ると、66 歳以上では「黒輪(おでん)
」を知っている人数
は相対的に低いことがわかった。
また、あまり使わない単語とほとんど使わない単語でも、私たちの予想に反して、2 個
違う単語があった(おしぼり、プロ)
。調査結果を見ると、66 歳以上では「プロ」よりも
「おしぼり」の認識度が高いことがわかった。
以下の図 5 から図 7 は、表 3 のデータから単語の認識度の地域別比較をグラフにしたも
のである。
なお、
図 5 は認識度 1 位から 10 位の単語、
図 6 は認識度 11 位から 20 位の単語、
図 7 は認識度 21 位から 30 位の単語である。
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
南部
あ
っ
さ
り
マ
ト
ト
ネ
ク
タ
イ
ん
ご
り
ッ
ラ
ト
イ
バ
ラ
ク
ー
板
ド
ー
オ
中部
看
イ
タ
イ
ラ
北部
ト
バ
ー
ー
ル
0
ビ
人
数
単語
図 3 認識度 1 位から 10 位の単語の地域別比較
40
100
90
80
70
60
50
40
30
20
人
数
10
北部
中部
グ
タ
カ
パ
バ
南部
ロ
ー
本
ン
ぼ
お
し
せ
見
り
ろ
び
座
口
内
案
送
放
輪
黒
ラ
ジ
オ
0
単語
図 4 認識度 11 位から 20 位の単語の地域別比較
100
90
80
70
60
50
40
30
20
人
数
10
中部
寝
台
手
形
ち
ち
ゃ
ラ
イ
ハ
ナ
ン
シ
カ
ー
ク
ー
ル
バ
ッ
チ
ノ
北部
オ
ー
ク
ラ
ッ
プ
ロ
げ
仕
上
ワ
イ
シ
ャ
ツ
0
南部
単語
図 5 認識度 21 位から 30 位の単語の地域別比較
図 3 を見ると、認識度 1 位から 10 位の単語では、どの地域でも単語の認識度が高いこと
がわかる。しかし図 4 を見ると、認識度 11 位から 20 位の単語では、地域によって差が見
られ、北部の認識度が少し低くなっている。また、図 5 を見ると、認識度 21 位から 30 位
の単語では、どの地域でも認識度が大幅に下がっている。
41
4-2-2 日本語借用語だという認知度
回答者がその単語は日本語からの借用語だということを知っているかどうかを見るのが
認知度である。
質問 1 の「この単語を知っていますか」の問いに、
「はい」と答えた人のみに「では、日
本語からの借用語だと知っていますか」と続けて質問している。そのため、認知度のパー
セントを見る際の 100 分率の分母は全回答者数ではなく、4-2-1 単語の認識度の調査結果で
得られた回答者数である。
以下の表 4 は、
「日本語からの借用語だと知っている」と答えた単語数の平均を地域別お
よび年齢層別でまとめたものである。
(なお、%表示は 4-2-1 単語の認識度の調査で、「そ
の単語を知っている」と答えた単語の平均数54あたりの認知度を表す。
)
表 4 日本語からの借用語だと知っていると回答した単語の平均数(単位:個)
地区/年齢
25 歳以下
26‐45 歳
46‐65 歳
66 歳以上
平均
北部
10(72%)
15(78%)
18(90%)
19(86%)
15(80%)
中部
13(81%)
16(72%)
21(85%)
23(89%)
18(81%)
南部
10(68%)
17(83%)
18(76%)
12(53%)
14(69%)
平均
11(74%)
16(78%)
19(83%)
18(77%)
16(78%)
表 4 から、地域別での日本語からの借用語だと知っている単語の平均数は北部 15 個、中
部 18 個、南部 14 個とあまり大きな差はないが、中部が最も多かったことがわかる。全地
域で一人が日本語からの借用語だと知っている単語の平均数は 16 個であった。
次の図 6 は、表 4 のデータをグラフにしたものである。
単
語
(
単
位
:
%
)
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
北部
25歳以下
中部
26-45歳
南部
46-65歳
66歳以上
年齢層
図 6 日本語からの借用語だと知っていると回答した単語の平均数
図 6 から、北部と中部では、年を取れば取るほど借用語であると知っている単語が多く
54
4-2-1 単語の認識度の 34 ページを参照。
42
なり、一方、若い人は借用語であると知っている単語が少ないことがわかる。しかし、南
部では 66 歳以上の人の認知度が低くなっている。南部の 66 歳以上の人たちは、これらの
単語を台湾語だと思っていると考えられる。
下の図 7 は、地域別での日本語からの借用語だとの認知度をグラフにしたものである。
北部
中部
50%
40%
50%
知っている
60%
知っている
知らない
知らない
南部
53%
47%
知っている
知らない
図 7 地域別の日本語からの借用語だとの認知度
図 7 から、各地区とも日本語からの借用語だということを知っている割合は、ほぼ半数
だということがわかる。中部のみ知っている割合が 60%で少し高くなっている。
以下の表 5 は、
「日本語からの借用語だと知っている」と答えた単語別の人数を各地域別
および年齢層別でまとめたものである。なお、単語は調査票での順序で並んでいる。色付
けしているものはよく知られているトップ 10 である。
43
表 5 「日本語からの借用語だと知っている」と答えた単語別の人数
地 域
年齢層
あ
ま
り
使
わ
な
い
ほ
と
ん
ど
使
わ
な
い
中 部
南 部
25
26
46
66 25
26
46
66
25
26
46
66
合
以
|
|
以 以
|
|
以
以
|
|
以
計
下
45
65
上 下
45
65
上
下
45
65
上
トマト
18
20
25
21
22
21
25
24
18
22
20
6
242
ビール
21
24
22
22
19
19
22
24
19
21
20
10
243
ライター
18
21
24
20
16
21
23
23
16
22
19
9
232
オートバイ
15
22
24
20
18
18
23
23
16
20
20
10
229
看板
12
17
25
20
21
18
20
20
13
19
19
9
213
黒輪(おでん)
15
21
19
20
14
12
22
16
8
14
16
5
182
ドライバー
13
22
20
22
22
22
23
22
20
25
18
11
240
トラック
13
20
22
19
21
20
21
23
17
21
17
9
223
りんご
18
21
23
24
21
19
22
24
17
21
23
13
246
あっさり
16
19
23
21
21
20
22
20
16
17
20
10
225
ネクタイ
15
19
23
22
21
23
22
24
15
23
17
11
235
案内
8
10
14
15
10
11
21
15
10
12
16
7
149
せびろ
5
13
22
22
3
18
21
21
4
15
14
11
169
ラジオ
8
18
17
18
17
21
24
23
10
23
21
12
212
プロ
12
11
7
9
11
11
11
16
7
10
10
4
119
バンパー
1
10
10
11
7
15
24
19
5
13
16
9
140
見本
3
7
10
7
2
10
15
14
3
13
16
8
108
放送
4
11
11
12
9
8
12
20
9
14
18
6
134
カタログ
7
14
19
20
4
13
23
22
1
10
13
10
156
口座
3
9
12
8
12
9
16
14
5
14
19
6
127
ちゃち
0
6
7
7
1
8
4
16
0
3
2
1
55
仕上げ
0
6
15
15
6
11
15
17
1
13
15
13
127
シンナー
0
4
4
8
2
9
17
19
0
6
12
2
83
ノークラッチ
2
11
12
15
0
9
17
16
1
8
11
6
108
おしぼり
5
12
18
18
9
18
24
21
3
13
17
11
169
ハイカラ
0
6
9
17
2
9
5
12
2
9
8
6
85
オールバック
3
4
8
14
3
5
8
21
0
4
11
11
92
手形
1
3
0
5
1
1
2
7
0
4
7
2
33
寝台
4
1
1
2
0
0
0
6
0
1
4
1
20
ワイシャツ
5
11
18
18
5
15
22
23
1
9
15
9
151
単語
よ
く
使
う
北 部
44
以下の表 6 は、この単語を「日本語からの借用語だと知っている」と答えた単語別の人
数を認知度順に並べ替えたものである。
(なお、%表示は 4-2-1 単語の認識度の調査で、
「そ
の単語を知っている」と答えた単語の平均数55あたりの認知度を表す。
)
表 6 単語の認知度順位(単位:人)
55
順位
単語
認知度
1
りんご
246(82.0%)
2
ビール
243(81.0%)
3
トマト
242(80.7%)
4
ドライバー
240(80.0%)
5
ネクタイ
235(78.3%)
6
ライター
232(77.3%)
7
オートバイ
229(76.3%)
8
あっさり
225(75.0%)
9
トラック
223(74.3%)
10
看板
213(71.0%)
11
ラジオ
212(70.7%)
12
黒輪(おでん)
182(60.7%)
13
せびろ
169(56.3%)
14
おしぼり
169(56.3%)
15
カタログ
156(52.0%)
16
ワイシャツ
151(50.3%)
17
案内
149(49.7%)
18
バンパー
140(46.7%)
19
放送
134(44.7%)
20
口座
127(42.3%)
21
仕上げ
127(42.3%)
22
プロ
119(39.7%)
23
見本
108(36.0%)
24
ノークラッチ
108(36.0%)
25
オールバック
92(30.7%)
26
ハイカラ
85(28.3%)
27
シンナー
83(27.7%)
28
ちゃち
55(18.3%)
29
手形
33(11.0%)
30
寝台
20(6.7%)
4-2-1 単語の認識度の 43 ページを参照。
45
表 5 と表 6 から、その単語を知っていても、日本語からの借用語だと知らずに使ってい
る人たちがいることがわかる。表 6 を見ると、例えば、りんごは全部で 82.0%の人が日本
語からの借用語であると知っているが、残りの 18.0%の人はこの単語を台湾語だと思って
いるということがわかる。
以下の図 8 から図 10 は、
表 6 のデータから単語の認知度の地域別比較をグラフにしたも
のである。
なお、
図 8 は認知度 1 位から 10 位の単語、
図 9 は認知度 11 位から 20 位の単語、
図 10 は認知度 21 位から 30 位の単語である。
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
中部
板
看
ク
ッ
ラ
ト
オ
あ
っ
さ
り
バ
イ
ー
ト
ー
タ
ラ
イ
タ
ク
ネ
ラ
イ
ド
北部
イ
バ
ー
ト
マ
ト
ー
ビ
ん
り
ル
0
ご
人
数
南部
単語
図 8 認知度 1 位から 10 位の単語の地域別比較
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
中部
送
座
口
パ
ン
放
ー
内
バ
シ
イ
ワ
案
ツ
ャ
グ
タ
カ
ぼ
し
せ
お
北部
ロ
り
ろ
び
輪
黒
ジ
オ
0
ラ
人
数
南部
単語
図 9 認知度 11 位から 20 位の単語の地域別比較
46
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
中部
台
寝
手
形
ち
ち
ゃ
ー
ン
シ
カ
イ
ハ
ナ
ラ
ク
バ
オ
ー
ル
ラ
ク
ー
ノ
北部
ッ
チ
ッ
本
見
ロ
プ
上
げ
0
仕
人
数
南部
単語
図 10 認知度 21 位から 30 位の単語の地域別比較
図 8 から図 10 までを見ると、日本語からの借用語だとの認知度は、全体的に北部と中部
のほうが高く、南部が低いことがわかる。
4-2-3 単語の使用率
回答者がその単語をよく使っているか、その使用状況を見るのが使用率の部分である。
以下の表 7 は、その単語を「よく使う」と答えた単語数の平均を地域別および年齢層別
でまとめたものである。
(なお、%表示は 30 個の単語あたりの使用率を表す。
)
表 7 地域別および年齢別での「よく使う」と答えた単語の平均数
地区/年齢
25 歳以下
26‐45 歳
46‐65 歳
66 歳以上
平均
北部
7(23%)
11(38%)
12(40%)
19(62%)
12(41%)
中部
11(36%)
15(50%)
22(72%)
19(64%)
17(56%)
南部
9(29%)
15(51%)
16(55%)
15(49%)
14(46%)
平均
9(29%)
14(46%)
17(56%)
17(56%)
14(46%)
表 7 から地域別でのよく使う単語の平均数は、北部 12 個、中部 17 個、南部 14 個で、中
部が最も多かったことがわかる。全地域で一人がよく使う単語の平均数は 14 個であった。
以下の図 11 は、表 7 のデータをグラフにしたものである。
47
単
語
(
単
位
:
%
)
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
25歳以下
北部
中部
26-45歳
46-65歳
66歳以上
南部
年齢層
図 11 地域別および年齢層別でのよく使う単語の平均数
図 11 から、地域別および年齢層別でのよく使う単語の平均数はほぼ差が見られない。し
かし、中部の 46~65 歳の人が他の地域より使用率は高いことがわかる。
以下の図 12 は、地域別の単語の使用率をグラフにしたものである。
北部
中部
60%
43%
40%
57%
よく使う
使わない
よく使う
使わない
南部
53%
47%
よく使う
使わない
図 12 地域別での単語の使用率
図 12 から、今、台湾でこれらの単語を使う割合は半分程度であることがわかる。表 7
48
を見ると、25 歳以下の人はあまり使わないが、46~65 歳と 66 歳以上の人はよく使ってい
る。
以下の表 8 は、30 個の単語に対して各年齢層および地域別の 25 人のうち「よく使用す
る」と答えた単語別の人数をまとめたものである。色付けしているものは、よく知られて
いるトップ 10 である。
49
表 8 単語をよく使うと答えた人数
地 域
年齢層
よ
く
使
う
あ
ま
り
使
わ
な
い
ほ
と
ん
ど
使
わ
な
い
北 部
中 部
南 部
25
26
46
66 25
26
46
66
25
26
46
66
合
以
|
|
以 以
|
|
以
以
|
|
以
計
単語
下
45
65
上 下
45
65
上
下
45
65
上
トマト
10
21
17
24
19
20
25
24
10
16
15
13
214
ビール
14
22
16
26
22
21
24
23
21
25
25
20
259
ライター
18
17
17
23
22
23
25
25
23
25
23
23
264
オートバイ
19
18
23
23
23
24
24
24
22
25
25
23
273
看板
10
13
16
20
19
21
23
22
19
25
22
22
232
黒輪(おでん)
13
15
14
22
19
22
21
19
14
16
18
13
206
ドライバー
11
14
18
22
17
20
25
23
21
25
23
23
242
トラック
12
14
16
22
20
19
21
20
10
23
20
22
219
りんご
8
16
15
24
20
21
23
24
5
9
15
9
189
あっさり
12
13
13
18
17
21
25
21
12
15
13
12
192
ネクタイ
5
14
14
23
8
16
21
20
6
12
15
14
168
案内
7
9
8
15
9
16
23
19
8
9
16
14
153
せびろ
1
6
11
17
2
8
17
12
1
4
7
11
97
ラジオ
3
11
13
18
11
20
22
19
7
14
19
21
178
プロ
7
7
3
3
6
8
11
10
9
11
6
5
86
バンパー
0
4
5
8
5
12
21
15
1
10
14
8
103
見本
1
8
7
11
0
8
19
14
2
6
14
19
109
放送
5
5
3
13
15
14
19
15
13
17
17
18
154
カタログ
5
11
9
16
3
11
22
10
1
8
14
10
120
口座
6
11
9
13
9
15
25
21
11
19
23
23
185
ちゃち
0
2
2
4
0
0
5
9
0
1
3
1
27
仕上げ
0
4
8
15
1
10
16
11
1
12
10
10
98
シンナー
0
2
4
5
0
5
13
10
0
5
9
2
55
ノークラッチ
0
7
11
14
1
5
12
12
1
8
9
2
82
おしぼり
3
9
13
16
2
8
22
18
2
16
11
10
130
ハイカラ
0
3
4
13
0
3
8
7
0
8
5
7
58
オールバック
0
1
3
11
0
2
7
9
0
3
5
5
46
手形
0
1
0
5
0
0
0
3
0
3
3
1
16
寝台
4
1
1
1
0
0
0
1
0
1
1
0
10
ワイシャツ
2
3
7
18
0
4
22
18
1
8
10
8
101
50
以下の表 9 は、この単語を「よく使う」と答えた単語別の人数を使用率順に並べ替えた
ものである。
(なお、%表示は 300 人あたりの使用度を表す。
)
表 9 単語の使用率順位(単位:人)
順位
単語
使用率
1
オートバイ
273(91.0%)
2
ライター
264(88.0%)
3
ビール
259(86.3%)
4
ドライバー
242(80.7%)
5
看板
232(77.3%)
6
トラック
219(73.0%)
7
トマト
214(71.3%)
8
黒輪(おでん)
206(68.7%)
9
あっさり
192(64.0%)
10
りんご
189(63.0%)
11
口座
185(61.7%)
12
ラジオ
178(59.3%)
13
ネクタイ
168(56.0%)
14
放送
154(51.3%)
15
案内
153(51.0%)
16
おしぼり
130(43.3%)
17
カタログ
120(40.0%)
18
見本
109(36.3%)
19
バンパー
103(34.3%)
20
ワイシャツ
101(33.7%)
21
仕上げ
98(32.7%)
22
せびろ
97(32.3%)
23
プロ
86(28.7%)
24
ノークラッチ
82(27.3%)
25
ハイカラ
58(19.3%)
26
シンナー
55(18.3%)
27
オールバック
46(15.3%)
28
ちゃち
27(9.0%)
29
手形
16(5.3%)
30
寝台
10(3.3%)
表 8 と表 9 から、使用率が高い単語は普段よく耳にする生活用語だが、使用率が低い単
語は一部の職業の人が使うような専門的な単語が多く、生活用語ではないことがわかる。
51
以下の図 13 から図 15 までは、表 9 のデータから単語の使用率の地域別比較をグラフに
したものである。なお、図 13 は使用率 1 位から 10 位の単語、図 14 は使用率 11 位から 20
位の単語、図 15 は使用率 21 位から 30 位の単語である。
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
北部
中部
ご
ん
あ
ト
っ
り
さ
黒
り
輪
ト
ト
ッ
ラ
マ
ク
板
看
ー
イ
ド
オ
ラ
ラ
イ
ビ
バ
ー
ー
タ
バ
ト
ー
ル
0
イ
人
数
南部
単語
図 13 使用率 1 位から 10 位の単語
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
中部
南部
ツ
シ
イ
ワ
バ
ン
パ
ャ
ー
本
見
グ
カ
タ
ロ
り
ぼ
お
し
送
内
案
タ
ク
ネ
北部
放
イ
オ
ジ
ラ
座
0
口
人
数
単語
図 14 使用率 11 位から 20 位の単語
52
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
北部
中部
台
寝
形
ち
ゃ
手
バ
ー
ル
ち
ク
ッ
ー
オ
シ
ン
カ
ハ
イ
ラ
ク
ノ
ー
ナ
ラ
チ
ッ
ロ
プ
び
せ
上
仕
ろ
0
げ
人
数
南部
単語
図 15 使用率 21 位から 30 位の単語
図 13 から図 15 までを見ると、北部や中部に比べて、南部は日本語からの借用語だとい
う認知度は低かったが、使用率は高い。逆に、北部や中部は日本語からの借用語だという
認知度が高いからといって、使用率が高いとは限らない。つまり、この単語を知っていて
も、よく使うというわけではないことがわかる。
4-2-4 回答者の言語背景
結果の分析に役立つかもしれないと考え、アンケートの最後に四つ質問を設けた。
1.
「この単語はどこから知ったか(日本語を習ったことがある、人から聞いた、生活用語)
」
2.
「家族と話す時どの言語を使うか」
3.
「祖父祖母といっしょに住んでいたことがあるか」
4.
「自分がよく使う言語」
以上四つの質問である。なお、質問 2「自分がよく使う言語」と質問 4「この単語をどこ
から知ったか」の回答は複数回答可になっている。
以下の表 10 から表 12 は北部、中部、南部の回答者の言語背景をまとめたものである。
53
表 10 北部での回答者の言語背景
北部
25 歳以下 26‐45 歳 46‐65 歳 66 歳以上
日本語を習った
14
6
4
9
人に聞いた
16
17
21
13
生活中の用語
18
22
18
21
中国語
20
15
14
0
台湾語
5
5
2
14
その他:客家語
0
5
9
11
祖父祖母といっしょ
ある
7
10
5
5
に住んでいた
ない
18
15
20
20
中国語
22
15
13
3
台湾語
3
15
3
12
その他:客家語
0
5
9
10
どこから知ったか
家族と話す時使う言
語
自分がよく使う言語
表 11 中部での回答者の言語背景
中部
25 歳以下 26‐45 歳 46‐65 歳 66 歳以上
日本語を習った
5
5
3
10
人に聞いた
22
24
22
23
生活中の用語
21
24
24
21
家族と話す時使う言
中国語
13
10
12
6
語
台湾語
12
15
13
19
祖父祖母といっしょ
ある
10
2
2
3
に住んでいた
ない
15
23
23
22
中国語
13
13
12
5
台湾語
12
12
13
20
どこから知ったか
自分がよく使う言語
表 12 南部での回答者の言語背景
南部
25 歳以下 26‐45 歳 46‐65 歳 66 歳以上
日本語を習った
9
3
5
7
人に聞いた
21
23
22
24
生活中の用語
22
23
23
25
家族と話す時使う言
中国語
13
3
0
0
語
台湾語
12
22
25
25
祖父祖母といっしょ
ある
15
7
11
3
に住んでいた
ない
10
18
14
22
中国語
20
9
4
0
台湾語
5
14
21
25
どこから知ったか
自分がよく使う言語
54
以下の図 16 は、表 10 から表 12 でどこから知ったか(日本語を習ったことがある、人か
ら聞いた、生活用語)のデータをグラフにしたものである。
100
80
60
40
20
人
数
北部
0
日本語を習った
中部
人に聞いた
生活用語
南部
どこから知ったか
図 16 地域別年齢層でこの単語がどこから知ったか
図 16 から、人から聞いたり、生活用語としてこの単語を知ったという人が多いことがわ
かる。日本語を習ったことが原因と言う人は少なかったが、北部が最も多くなっている。
以下の図 17 は、表 10 から表 12 の家族と話す言語のデータをグラフにしたものである。
北部
中部
25
25
20
20
15
15
10
10
5
人 5
数 0
人
数0
25歲以下
中国語
台湾語
26-45歲
46-65歲
その他:客家語
25歲以下 26-45歲
66歲以上
年齢層
中国語
台湾語
南部
25
20
15
10
人 5
数 0
25歲以下 26-45歲
中国語
46-65歲 66歲以上
年齢層
台湾語
図 17 地域別年齢層で家族と話す言語
55
46-65歲 66歲以上
年齢層
図 17 から、家族と話す際に使用する言語は、北部でよく使用するのは中国語、中部では
中国語と台湾語が同程度使用されており、南部では台湾語がよく使用されていることがわ
かる。特に、南部の 46 歳以上は台湾語のみである。
以下の図 18 は、
表 10 から表 12 で祖父祖母といっしょに住んでいたかのデータをグラフ
にしたものである。
北部
中部
22%
27%
73%
ある
ない
ある
ない
78%
南部
36%
64%
ある
ない
図 18 地域別年齢層で祖父祖母といっしょに住んでいたか
図 18 から、祖父祖母と一緒に住んでいたかについては、南部がほかの地域よりは一緒に
住んでいた割合が少し高いものの、あまり大きな差は見られなかった。祖父祖母と一緒に
住んでいたかどうかは今回の調査結果にはあまり相関は見られず、一緒に住んだことがな
くても、これらの単語を知っている人が多かった。
以下の図 19 は、
表 10 から表 12 で自分がよく使う言語のデータをグラフにしたものであ
る。
56
北部
中部
25
25
20
20
15
15
10
10
5
人 5
数 0
人
数0
25歲以下
中国語
台湾語
26-45歲
46-65歲
25歲以下 26-45歲
66歲以上
年齢層
その他:客家語
中国語
台湾語
46-65歲 66歲以上
年齢層
南部
25
20
15
10
人 5
数 0
25歲以下 26-45歲
中国語
46-65歲 66歲以上
年齢層
台湾語
図 19 地域別年齢層で自分がよく使う言語
図 19 から、北部では中国語がよく使われていることがわかる。特に 25 歳以下では圧倒
的に中国語が多い。また北部では客家語という回答も見られた。中部では台湾語も中国語
もどちらも使われているが、66 歳以上では台湾語が圧倒的に多くなっている。南部では台
湾語が主要言語である。しかし、25 歳以下では中国語のほうがずっと多くなっている。こ
れは私たちが調査前に予想していたものと同じであった。
4-3 調査の結果の分析
4-3-1 総合比較
これまで見てきた認識度、認知度および使用率の調査結果を総合比較する。以下の図 20
は地域別の総合比較である。
57
100
北
部 90
80
70
60
単
語 50
(
40
単
位 30
:
20
%
) 10
0
25以下
認識度
認知度
中 100
部 90
80
70
60
単
50
語
( 40
単 30
位
: 20
% 10
)
0
25以下
認識度
認知度
南 100
部 90
80
70
単 60
語
( 50
単 40
位
30
:
% 20
) 10
0
25以下
認識度
認知度
26-45
46-65
使用率
66以上
年齢層
26-45
46-65
66以上
年齢層
使用率
26-45
46-65
66以上
年齢層
使用率
図 20 地域別年齢層で総合比較
図 20 は、各地域の統合比較である。地域別の特徴として、北部はどの年代も単語の認識
度が高くて、使用率が低い。中部は 25 歳以下以外では、単語の認識度と認知度と使用率の
差があまり大きくない。南部では、45 歳以下と 46 歳以上とで結果に差が見られた。特に
南部の 66 歳以上では、認知度と使用率でほぼ差がない。これは、南部の 66 歳以上でしか
58
見られなかったものである。
まず、単語の認識度から見ると、全体に年齢が高いほど知っている単語が多くなり、若
い人は知っている単語が少ないことがわかった。
どの地域でも認識度は半数を超えており、これらの単語は大体知られている。地域によ
る大きな差は見られないが、中部の認識度は他より高くなっている。
次に、日本語借用語という認知度を見ると、どの地域も認知度は高く、これらの単語を
日本語だと知っていると言える。しかし、南部は他の地域と比べ 46 歳以上の高年齢層の認
知度が低い。特に南部の 66 歳以上は際立って認知度が低くなっている。南部の 66 歳以上
では、これらの単語を日本語だと思わず、台湾語だと思っていると考えられる。だが、北
部と中部の 66 歳以上では、日本語だと知っていて使用していると言える。
私たちは調査を始める前、日本語借用語という認知度は、お年寄りのほうが若い人たち
より高いと予想していた。しかし、調査の結果を見ると、お年寄りと若い人たちの認知度
はほとんど差がなく、若い人たちもこれらの単語が日本語だとよく知っていた。
単語の認識度では、お年寄りのほうが若い人より高くなっている。つまり、お年寄りの
ほうが知っている単語が多い。しかし、認知度ではあまり差が見られなかったのはなぜだ
ろうか。お年寄りの中には、日本語を習ったことがある人とない人がいる。日本語を習っ
た人たちの日本語借用語という認知度は高いが、習っていない人たちはこれらの単語を生
活の中で覚えたため、日本語からの借用語だと気づかず、認知度が低くなったのではない
かと考えられる。
単語の使用率では、全体に各地域での 25 歳以下の使用率が低い。北部では、全体に認知
度が高いが、使用率は低い。これらの単語を知っているが、あまり使わないということで
ある。ただし、北部の 66 歳以上では使用率が高くなっている。中部では、他の地域より使
用率が高い。しかし、25 歳以下の認知度が非常に高いのに比べ、使用率はかなり低い。つ
まり、中部の 25 歳以下では、日本語からの借用語だと知っているが、あまり使わないとい
える。南部の 66 歳以上では、認識度と認知度は高いが、使用率は比較的低い。
私たちはお年寄りのほうが若い人より単語の使用率が高いと予想していたが、調査調査
の結果を見ると明白な差は見られなかった。
次に、地域にかかわらず年齢層での総合比較を見ていく。以下の図 21 は年齢層での総合
比較のグラフである。
59
100
80
60
40
20
人
数
0
認識度
25歳以下
認知度
26-45歳
46-65歳
使用率
66歳以上
年齢層
図 21 年齢層での総合比較
図 21 を見ると、どの年齢層でも、認識度が最も高く、次に認知度となり、使用率が一番
低くなっている。25 歳以下は他に比べ、認識度も認知度も使用率も低くなっているが、そ
の他の三つの年齢層では大きな差は見られない。しかし、年を取れば取るほど知っている
単語が多くなっているといえる。
4-3-2 反省とまとめ
アンケート調査を行なった後で、いくつか問題を発見した。まず、調査方法の問題であ
る。私たちは一対一の面接方式でメンバーが単語を読み上げて調査をした。そのため、メ
ンバーの台湾語の発音が違っていて、そのせいで回答者が分からなかったということも考
えられる。
もしレコーダーで録音したものを使用して、
すべて同じ発音で調査していたら、
もっと正確なデータが得られたはずである。
次に、メンバーが調査目的をしっかり理解していなかった点が挙げられる。台湾語の中
の日本語を調査するのが目的なので、
本来は単語を台湾語の発音で言わなければならない。
しかし、日本語と台湾語の両方の発音で言ったメンバーがいて、回答者が日本語の発音で
言われた単語の意味がわからない、ということがあった。本来は台湾語の発音だけでよか
ったのだが、回答者を混乱させてしまった可能性がある。
また、使用率の調査に関して、回答者が質問内容を勘違いしていた可能性がある。本来
はこの単語を使うかどうかを質問したかったのだが、回答者がこの単語の物自体を使うか
どうかを聞かれていると勘違いしていた場合があった。もしかすると、南部の結果が予想
と反していたのは、こういう原因があるのかもしれないと考えられる。
筆者は南部出身だが、日本語を習う前は日本語ではなく台湾語だと思っていた単語があ
る。例えば、看板、放送、口座などの単語である。これらの単語は聞けば意味が分かるが、
漢字でどう書くのか分からなかった。日本語を習って初めて「これらの単語は元々は日本
語で、こう書くのか」と納得した。
60
4-4 台湾化した日本語を使う現状
本節では、日本統治時代から現在まで、台湾語がどのような状況にあったのかを紹介す
る。
台湾語は中国福建省南部の漳州人と泉州人が 17 世紀に台湾に移った後、
台湾の原住民語、
漳州語、泉州語の言葉が混じり合って台湾語になった。
また、1895 年に中日戦争の結果、下関条約によって、台湾が中国から日本に分け与えら
れ、1895 年から 1945 年まで台湾は日本に統治されることになった。日本統治時代の 1937
年には、2-2「皇民化運動の影響」で述べたように皇民化運動が推し進められ、台湾人は日
本語を話さなければならなかった。
さらに、1945 年に第二次世界大戦が終わり、日本の統治も終わった。1945 年には中華民
国政府が台湾に来た。そして、中華民国政府により 1949 年から戒厳令56が布告された。そ
れにより、国語政策が行われ、政府は中国語の使用を強制した。日本語と台湾語を話さな
いように、体罰、罰金、
「犬」と書いた札を掛けるなど、侮辱的な罰で日本語と台湾語を話
す人を処罰した。このようにして、台湾語がだんだんなくなってしまった。57
1987 年に戒厳令が解除された後、今までなかった言語の自由が復活した。今まで禁止さ
れていた台湾語を話してもよくなった。
民主化が進むにつれて、社会の思想や文化も開放されていった。それにともない、各民
族は自分の郷土文化に関して、
各地域でさまざまな郷土活動を行うようになった。
そして、
中華民国政府も各民族の郷土文化復興の活動を始めた。
1990 年から、国民小学課程に「郷土教学活動」が加えられた。台湾の本土文化を教える
という内容で、台湾語の教学も含まれている。こうして、小学校で台湾語や客家語の授業
が行われるようになった。
また、許(2005)58は、以下のように説明している。
2001 年、教育部は「九年一貫(九年間の義務教育)
」を開始し、国民中学、小学課程
の言語分野に本国言語と外国言語を設置した。本国言語は国語文と本土言語に分かれ、
本土言語には閩南語、客家語、原住民語が含まれる。
(筆者訳)
以上のように、1990 年以降、台湾語はだんだん重視されてきている。しかし、今の子供
たちは、基本的な台湾語しか知らない。例えば、トマト、りんご、ライターなどの基本的
な台湾語の単語は知っているが、例えば、口座、おしぼりなどの難しい台湾語はあまり知
らない。
私たちの調査結果からも、台湾語の現状がわかる。4-2-3 単語の使用率で述べたように、
全体に各地域での 25 歳以下の使用率が低い。北部では、全体に認知度が高いが、使用率は
56
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「戒厳」「戒厳(かいげん、英語:martial law)と
は、戦時において兵力をもって一地域あるいは全国を警備する場合において、国民の権利を保障した法律の一部
の効力を停止し、行政権・司法権の一部ないし全部を軍隊の権力下に移行することをいう。また、戒厳について
規定した法令を戒厳令という。しばしば、非常事態宣言と共に、軍部によるクーデターで活用される。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%92%E5%8E%B3 2012.12.26
57
洪惟仁編(2010)『第一講 台語閩南語源流與演變』http://www.uijin.idv.tw/doc/線上教學與學生作品/閩南語概
論/2 講義教材/01 第一講 台灣閩南語源流與演變.pdf 2013.01.12
58
許嘉文(2005)『網路社會學通訊期刊』「台灣鄉土教育發展史」 http://mail.nhu.edu.tw/~society/e-j/45/45-16.htm
2012.12.11
61
低い。これらの単語を知っているが、あまり使わないということである。ただし、北部の
66 歳以上では使用率が高くなっている。中部では、他の地域より使用率が高い。しかし、
25 歳以下の認知度が非常に高いのに比べ、使用率はかなり低い。南部の 66 歳以上では、
認識度と認知度は高いが、使用率は比較的に低い。
この調査の結果を見ると、若者は台湾語をあまり話さないこと、年を取れば取るほど知
っている単語が多いことがわかった。台湾語の文化を守るように、教育部は郷土教学活動
を推し進めている。
62
結論
このレポートを通じて分かったことを以下にまとめて結論としたい。
第一章では、先に紹介した先行研究を比べて、各先行研究のどの部分を具体的に参考す
るかについて述べた。
陳(2010)の分類を見ると、台湾語の中には様々な日本語からの借用語があることがわ
かった。また、日本語からの借用語の中で、台湾が借用してから、意味が変わった単語が
あることがわかった。
第二章では、台湾の言語社会形成の背景について述べた。
台湾はこのような歴史背景なので、今の台湾では、中国語、台湾語、客家語、原住民語
が話されている。また、台湾語と閩南語の違いを紹介した。
第三章では、台湾化した日本語について述べた。
台湾語の表記方法、借用語の中に見られる台湾語の特徴、日本語で発音する借用語、台
湾語で発音する借用語を紹介した。日本語で発音する借用語は、日本語を勉強している人
にとって、発音が似ているので、覚えやすいと思われる。しかし、台湾語で発音する借用
語は、もし台湾語の発音のままで発音すれば、日本語の発音とは差が大きいので、日本人
は聞いてもわからない。したがって、台湾の日本語学習者は気をつける必要がある。
第四章では、アンケート調査について述べた。
調査方法は、一対一の面接方式を採用した。調査対象について、調査人数は計 300 人、
北部、中部、南部で各 100 人ずつに調査を行なった。また、年齢層は 25 歳以下、26~45
歳、46~65 歳、66 歳以上の四つに分け、各地域それぞれの年齢層で 25 人ずつ調査をした。
調査の結果については、単語の認識度でいちばん高いのは中部 66 歳以上の在住者で、い
ちばん低いのは北部 25 歳以下の在住者であることがわかった。また、ビール、ライター、
オートバイがいちばんよく知られていることがわかった。
次に、
日本語からの借用語だという認知度でいちばん高いのは中部 66 歳以上の在住者で、
いちばん低いのは南部 25 歳以下の在住者であることがわかった。また、りんご、ビール、
トマトがいちばんよく知られていることがわかった。
さらに、単語の使用率でいちばん高いのは中部 46~65 歳の在住者で、いちばん低いのは
北部 25 歳以下の在住者であることがわかった。また、トマト、ビール、ライターがいちば
んよく使われていることがわかった。
最後に、アンケートの結果から、年を取れば取るほど知っている台湾語の単語が多くな
る。一方、若い者は知っている台湾語の単語が少ないことがわかった。
最後に、調査の借用語はだんだん私たちが話す台湾語になっている。また、近年台湾も
本土言語の教学を推し進めている。このプロジェクトの内容が借用語について知り、興味
を持ってもらえるきっかけになれば幸いである。
63
参考文献
書籍・論文(著作年順)
1.
河部利夫(1969)
『世界の歴史 18 東南アジア』河出書房
2.
姚榮松(1994)
『臺灣語典』金楓出版社
3.
楊蓮福編(2002)
『圖說臺灣歷史』
「皇民化運動」博揚文化事業有限公司
4.
陳麗君(2004)
『台湾閩南語における日本語からの借用語』南台應用日語學報 第 4 號
5.
S・コルキュフ(2008)
『台湾外省人の現在』風響社
6.
湯璧綺(2008)
『台湾語の中の日本語-日本語学習者を中心に-』國立高雄第一科技
大應用日語系碩士論文
http://ethesys.nkfust.edu.tw/ETD-db/ETD-search-c/view_etd?URN=etd-0627108-115237
7.
山口要(2008)
『台灣閩南語的日語借詞研究』國立中山大學中國文學系碩士論文
http://ndltd.ncl.edu.tw/cgi-bin/gs32/gsweb.cgi?o=dnclcdr&s=id=%22096NSYS5045019%22.
&searchmode=basic
8.
村上嘉英(2009)
『ニューエクスプレス 台湾語』白水社
9.
王惠君(2010)
『台湾都市物語』
「台湾小史」河出書房新社
10. 陳麗君(2010)
『台灣語言的日語「借詞」
』台南成功大學 文化研究學會 2010 年會
http://hermes.hrc.ntu.edu.tw/paper/D4-3_%E9%99%B3%E9%BA%97%E5%90%9B_%E5%
85%A8%E6%96%87.pdf
11. 洪惟仁編(2010)
『第一講 台語閩南語源流與演變』 http://www.uijin.idv.tw/doc/線上教
學與學生作品/閩南語概論/2 講義教材/01 第一講 台灣閩南語源流與演變.pdf/
ウェブサイト(日本語)
(五十音順)
1.
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』
「台湾語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E8%AA%9E
2.
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』
「ビン語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%AA%9E
3.
日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
』
「ビン南語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E5%8D%97%E8%AA%9E
ウェブサイト(中国語)
(画数順)
1.
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)
』
「閩語」
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%97%BD%E8%AF%AD
2.
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)
』
「閩南語」
http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E9%97%BD%E5%8D%97%E8%AF%AD
3.
中文版自由的百科全書『維基百科(Wikipedia)
』
「臺灣語」
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E7%81%A3%E8%AA%9E
4.
世新大學數位影音暨網路教學中心『認識台灣-故事館』
「日本統治後期-五、皇民化運動」
http://tw-history.educities.edu.tw/c0605.htm
5.
『志明ㄉ天空』
「皇民化運動響起」http://tw.myblog.yahoo.com/ming-sky/article?mid=8517
6.
教育部臺灣閩南語常用詞辭典 http://twblg.dict.edu.tw/holodict_new/compile1_3_9_3.jsp
64
7.
許嘉文『網路社會學通訊期刊』
「台灣鄉土教育發展史」
http://mail.nhu.edu.tw/~society/e-j/45/45-16.htm
8.
臺灣閩南語羅馬拼音及其發音學習網『參考資料』
「台羅拼音方案的優點」
http://www.ntcu.edu.tw/tailo/consultation.htm
65
付録
アンケート調査用紙
問題
1.請問你知道這個單字嗎(知道畫知)
2.請問你知道這個單字原本是日文嗎(知道是來自日本畫日)
3.請問你常使用這個單字嗎(常用畫○ 聽過不用畫△)
年齡:□25以下 □26-45 □46-65 □66以上
縣
市
地區:
知 台 ○
否 日 △
りんご
あっさり
知 台 ○
否 日 △
ネクタイ
案内
知 台 ○
否 日 △
トマト
知 台 ○
否 日 △
せびろ
ビール
知 台 ○
否 日 △
バンパー
ライター
知 台 ○
否 日 △
オートバイ
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
オールバック
放送
知 台 ○
否 日 △
手形
知 台 ○
否 日 △
ノークラッチ
黒輪
知 台 ○
否 日 △
ラジオ
知 台 ○
否 日 △
仕上げ
知 台 ○
否 日 △
シンナー
口座
トラック
知 台 ○
否 日 △
ハイカラ
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
ちゃち
見本
看板
ドライバー
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
カタログ
プロ
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
寝台
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
知 台 ○
否 日 △
おしぼり
知 台 ○
否 日 △
ワイシャツ
知 台 ○
否 日 △
您從哪兒得知(可複選):□曾經學過日文 □聽人說過 □ 生活用語 □其他
和家人說話的時候,常用哪種語言?
有和爺爺、奶奶住一起嗎? 有/無
自己比較常說哪種語言呢?
66
ダウンロード

PDFファイル - 應用外語系日文組