ミクロ経済学Ⅰ
2014年度
北海道大学 経済学部
安部由起子
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
イントロダクション: ミクロ経済学はな
ぜ面白いのか?
• (例1)日本における女性の就業
– なぜ日本の女性の就業率は低いのか?
– なぜ女性は日本海側で他地域よりも働いている
のか?
– なぜ都市部では保育園に子どもを預けるのが困
難なのか?
• こういうことを知ることに意味はあるのか?
• ミクロ経済学はこういうことに答えを提供でき
るのか?
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
女性労働力の活用と日本経済
• 女性の労働力を活用することが、日本の経済
成長には重要である
– Goldman-Sachsのレポート(女性の就業率を上げ
れば日本のGDPは15%上昇する)
– Abenomics
• The Global Gender Gap Index 2012 rankings
(World Economic Forum)によれば、日本のラ
ンクは135か国中101位。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
日本の女性就業率と国際比較
• 年齢階級別の就業率を計算
• 就業率の定義は、
就業者数
就業率=
人口
– (労働力率とは別の概念なので注意)
• 年齢階級別に計算する(年齢によって就業率
が異なることが多いため)。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
日本については、地域別にプロット
• 都市部:東京・神奈川・千葉・埼玉・京都・大
阪・兵庫 (次ページ:青)
• 日本海側: 山形・新潟・富山・石川・福井・鳥
取・島根 (次ページ:赤)
• それ以外
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
地域の区分:地図上で
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
女性の年齢階級別就業率、2010年
データ出所:OECD, 総務省(国勢調査)
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
女性就業率の地域差の大きさ
• 日本では女性の就業率が低いと捉えられて
いるが、実は、日本海側地域においては、就
業率が高いとされる国と同程度の就業率と
なっている。
• 国際比較と同程度の、国内における地域差
が存在。
• とりわけ、都市部において就業率が低い。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
属性(学歴・配偶関係)別の状況
• 全国を6地域に分ける
– (1)東京近郊(埼玉・千葉・神奈川): Suburban Tokyo
– (2)東京: Tokyo
– (3)日本海側(山形・新潟・富山・石川・福井・鳥取・
島根): Northern Coast
– (4)中部(岐阜・愛知・三重): Chubu
– (5)関西(京都・大阪・兵庫): Kansai
– (6)上記以外 : Other
• 学歴: 高卒または短大卒(Senior high school or
Junior college)、大卒以上(University)
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
学歴別・男女別の就業率の地域差
女性
Senior High or Junior College
.9
.4
.5
.6
.7
E-P Ratio
.8
.9
.8
.7
.6
.5
.4
E-P Ratio
University
1
University
1
Senior High or Junior College
男性
20
30
40
50
20
30
40
50
20
30
Age
Suburban Tokyo
Tokyo
Kansai
Other
40
50
20
30
40
50
Age
Northern Coast
Chubu
Suburban Tokyo
Tokyo
Kansai
Other
Northern Coast
Chubu
Abe (2013) 、データは2007年就業構造基本調
査(総務省)
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
子どもをもつ有配偶女性に限ると
正規雇用就業率
就業率
Senior High or Junior College
University
.1
.2
.3
.4
Regular Employment Ratio
.5
.9
.7
.5
.3
.1
E-P Ratio
University
.6
Senior High or Junior College
30
40
50
30
40
50
30
40
Age
Suburban Tokyo
Tokyo
Kansai
Other
50
30
40
50
Age
Northern Coast
Chubu
Suburban Tokyo
Tokyo
Kansai
Other
Northern Coast
Chubu
Abe (2013) 、データは2007年就業構造基本調
査(総務省)
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
日本における女性就業の地域差
• 日本海側の就業率が高いのは、子どもをもつ
有配偶女性が正規雇用で働く割合が高いか
らである。
• (スライドには示されていないが)無配偶女性
や、有配偶女性の非正規雇用には、地域差
は小さい。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
ミクロ経済学はなぜ面白いのか?
• (例2)なぜ女性パート労働者は103万円で収
入を抑えるのか?
– パートの103万円の壁
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
パートの103万円の壁
• 左の図は、平成24年度
男女共同参画白書に掲
載のもの( 第1部、 第2章、
第13図)
• 既婚女性給与所得者の
うち300万円以下の部分
について、年間収入の分
布を、年齢階級別に示し
たもの。
• 103万円のあたりに集中
がみられる。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
なぜパート労働者は103万円で収入を
抑えるのか?
• 社会保障制度・税制?
• このように集中していることは、非効率性を生み
出しているのではないか?
• 非効率だとの前提で:
– その非効率性は具体的にどのようなものか(働ける
のに働かない、キャリア形成が阻害される、等)?ま
たそのコストは大きいのか?
– これに対して、既婚女性は、収入を抑える以外にど
のような行動をとっているだろうか(退職年齢の調整
等)?
– なぜ、非効率性は長年(少なくとも20年以上)解消さ
れていないのか?
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
パートの103万円の壁とミクロ経済学
• パートの103万円の壁の影響を分析するには、
ミクロ経済学はきわめて有効
• とりわけ、間接効用関数はこれに類した問題
(予算制約が複雑な形状をしている問題)の
解析に有益。
• また、103万円の壁と退職年齢の関連につい
て考察するには、ミクロ経済学は不可欠。
© Yukiko Abe 2014 All rights reserved
ダウンロード

ミクロ経済学Ⅰ - 北海道大学大学院経済学研究科・経済学部