農業の発達
三毛作の開始(畿内)
 水稲の品種改良
早稲・中稲・晩稲
 肥料の改善
刈敷・草木灰・下肥
 牛馬の使用
 灌漑施設などの進歩
 手工業の原料栽培
桑・楮・漆・藍・茶
→生産性の向上→農村における貨幣経
済の浸透

手工業の発達
織物業
 製紙業
加賀・丹波の絹織物
播磨(杉原紙)・美濃(美濃紙)
越前(鳥の子紙)
 製陶業
尾張・美濃
 金属業
出雲(鍬)・備前(刀剣)・能登越前
(釜)・河内(鍋)
 酒造業
京都の伏見,河内・大和・摂津
※ 製塩業
揚浜から古式入浜へ

商業の発達
三斎市 → 六斎市
連雀商人・振売,京都の
大原女,桂女
見世棚の増加
関税免除や独占販売権を
認められ広範囲で活動
(例)大山崎の油座 岩清水八
満宮を本所
市場の増加
 行商人の増加


座の増加
大山崎離宮八幡宮の油座
本
所
岩清水八幡宮
座
役
奉
仕
貢
献
保
護
仕入れの独占
販売の独占
大 山 崎 油 座
座衆ー大山崎離宮八幡の油神人
貨幣の流通
為替(割符)の使用
 従来の宋銭とともに永楽通宝・洪武通宝など
の明銭を使用
 粗悪な私鋳銭の流通 → 良質の貨幣を選
ぶ撰銭の流行
→流通の阻害
→撰銭令の発布
 酒屋・土倉の活躍

商品流通の展開
余剰生産物
の増加
商品の卸・保管
問丸→問屋
運送業の発達
馬借・車借・廻船
定期市の発達
三斎市→六斎市
貨幣流通の活発化
永楽通宝・洪武通宝
商品流通
活性化
金融業の発達
土倉・酒屋
寺院
見世棚の発達
京都・鎌倉など
行商活動活発化
近江商人・高野聖
ダウンロード

パワーポイント:140KB