生物学的安全対策
Biosafety: 家畜の健康を脅かすか、または、畜産物の安全性を
損なう病原体の侵入ならびに有害物質汚染のリスクを減らすための
対策
Biosecurity: 病原体や有害物質の意図的または不法な散布によ
る家畜および畜産物の汚染のリスクを減らすための対策
生物兵器禁止条約 1975年
2001年9月11日に米国で発
生した航空機による前代未聞
の規模のテロ事件は全世界
に衝撃を与えた。1995年の地
下鉄サリン事件を受けて、生
物兵器や化学兵器に対する
警戒が強まっていたが、同時
多発テロはあらゆるものが攻
撃の武器となり得ることを改
めて強調した。
化学兵器禁止条約 1997年
アメリカ同時多発テロ事件 2001年
米国は国土安全保障
省(DHS: Department of
HHS Select Agents AND TOXINS
Homeland Security)を
Variola major virus (Smallpox virus)
2003年に設置し、テロ攻
Botulinum neurotoxins
撃を防ぐ中核とした。そし
Ebola virus
て、保健社会福祉省
Marburg virus
(HHS)と農務省(USDA)
・・・・・・・・・・・・・・・
は公衆衛生と安全に対
USDA Select Agents AND TOXINS
する脅威となる病原体と
Foot-and-mouth disease virus
毒素をリストアップさせた。
Peste des petits ruminants virus
Rinderpest virus
さらに、食品医薬品局
Avian influenza virus (highly pathogenic) (FDA)と連邦捜査局
Japanese encephalitis virus
(FBI)が参加した「農業テ
・・・・・・・・・・・・・・・
ロに対する戦略的連携計
OVERLAP Select Agents AND TOXINS 画 (SPPA)」が展開され
Bacillus anthracis
ており、その共同構想の
Rift Valley fever virus
下で民間産業と国が共
Brucella melitensis
同作業を行っている。
・・・・・・・・・・・・・・・
Select agent
WHOが準拠する国際保健規則の改正 2005年
疾病に特有の制御に係る活動を各国がさらに推進することを奨励するための
WHOとその他の関連する国連組織は、以下の事項を強調する。
i. 重大な公衆衛生上の影響を与える疾病に係る取組み計画は、単独症例、状
況に関わりなく、直ちにWHOへの通知を必要とする
○ 新たな亜型によって引き起こされたヒト・インフルエンザ
○ 野生型ポリオウイルスによる小児麻痺
○ 重症急性呼吸器症候群(SARS)
○ 痘瘡
1979年に根絶宣言したが、隠し持っている?
i i. 重大な公衆衛生上の影響を引き起こし、国境を越えて迅速に広まる可能性
が証明されている疾病に係る取組み計画
○ コレラ(およびその他の流行性下痢症)
○ 肺ペスト
○ ウイルス性出血熱(エボラ、ラッサ、マールブルク、ウエストナイル熱)
○ 黄熱
i i i. 流行の可能性があるその他の疾病あるいは状態に係る取組み計画
○ 炭疽
○ 薬剤耐性
○ アルボウイルス(たとえば、リフトバレー熱、ウエストナイル熱)
・・・・・・・・
WHO テロリストの食への脅威 2002年(2008年改定)
テロ目的の悪意がある食料汚染は、責任のある政府と民間企業
が無視できない可能性としてある。この文書は、生物や化学物質ある
いは放射性物質が市民を害するために意図的に使用される可能性
に対する各国政府の増大する関心に応えるものである。このことにつ
いては、食料はそのような危害物質を広範な人々に播種する媒体と
して認識されている。・・・・・・
この文書は、食の安全と関連する事故と緊急事態を含む広範な出
来事を網羅するように拡大された改訂国際保健規則 (2005)の要件
を組み込んでいる。この文書は、WHO、国連食料農業機関(FAO)、
ならびに、テロリストの食への脅威に関連するその他の国際機関に
よって策定された指針と助言を補うものである。
1. 背景と概要
2. 予防
3. 広域調査、事前対策および対処
4. 国際的な連携と協調
附属文書1 食品産業が考慮すべき特別措置
附属文書2 役立つウエブ・サイト
米国が設定した「テロリストの食への脅威」のリスク段階
テロ攻撃のリスクは低い。次の防犯措置を適用する。
● 事前に計画された防犯措置の見直しと訓練
● HSAS、部門別、あるいは所轄官庁による防犯措置についての人員訓練を強化
● 施設の脆弱性を定期的に査定し、それを減じる措置を講じる
国家安全保障諮問システム(HSAS: Homeland Security Advisory System)
テロ攻撃のリスクは普通。上記の防犯措置に加えて、下記事項を適用。
● 指定された緊急時対処または指揮配置についての情報交換を点検
● 緊急時対処手順の見直しと更新
● 必要な情報を国民に提供
米国は現在この段階にあるとしている
テロ攻撃のリスクは有意。上記の防犯措置に加えて、下記事項を適用。
●
●
●
●
重要箇所の監視を強化
近くの管轄署と共同で緊急時計画を策定
現在の脅威情報に沿って防犯措置を査定し、さらに改善する
適切な場合には、不測の事態と緊急事態に対処する計画を実行する
テロ攻撃のリスクは高度。上記の防犯措置に加えて、下記事項を適用。
● 軍または法執行機関と共同で必要な防犯努力を行う
● 一般的出来事に対してさらに注意を払う
● 別の場所であるいは作業員の分散による作業を準備する:不可欠の人員のみに出入りを制限
テロ攻撃のリスクは深刻。上記の防犯措置に加えて、下記事項を適用。
● 緊急時対処の人員と特別訓練チームを指定する:定期検査、輸送の仕向け先変更や制限
● 公共施設や行政施設の閉鎖
● 重大な緊急事態に対処する人員の増員または再配置
食料部門の脆弱性査定のためのCARVER+Shock法
CARVER+Shock法は、食料部門における使用に適した目標を絞る積極的な
優先順位付け手法である。この手法は、システムや設備基盤の攻撃に対する脆弱
性を評価するために使用できる。攻撃のため最も魅力的な目標を特定することに
よって、あなたは攻撃者のように考えることができる。そして、そのような脆弱性査
定を行い、あなたの設備基盤で最も脆弱な箇所を決定することによって、あなたの
最も脆弱な箇所を防護するために資源を集中することができる。
CARVERは攻撃目標の魅力を評価するために使用される以下の6つの特性の
頭文字語である。
● 重大性(Criticality): 公衆衛生と経済に対する攻撃の影響の物指し。
● 接近可能性(Accessibility): 目標に接近し逃走する上での容易さ。
● 回復力(Recuperability): 攻撃から回復するためのシステムの能力
● 脆弱性(Vulnerability): 攻撃を達成する容易さ。
● 効果(Effect): 生産の損失を物指しとした攻撃による直接損失量。
● 識別性(Recognizability): 目標を特定する容易さ。
これらに加えて、修正CARVER手法は7番目の特性、健康、経済および心理学
的な影響を総合した攻撃の衝撃、すなわち衝撃(Shock)を追加した。
重大性(Criticality): この場所での脅威となる危害物質の食料への混入が大き
な健康上または経済上の衝撃を与える場合、その目標は重大性をもつ。下表に判
定基準の例を示す
重大性の基準
1万名以上の死亡または1000億ドル以上の損失(註:
会社としては、あなたが関与している総経済価値の90%
以上の損失)
1,000 ~ 1 万 名 の 死 亡 ま た は 100 ~ 1000 億 ド ル の 損 失
(註: 会社としては、あなたが関与している総経済価
値の61~90%の損失)
100~1000名の死亡または10~100億ドルの損失(註:
会社としては、あなたが関与している総経済価値の31~
60%の損失)
100名未満の死亡または1~10億ドルの損失(註: 会社
としては、あなたが関与している総経済価値の10~30%
の損失)
死亡例がないまたは1億ドル未満の損失(註: 会社と
しては、あなたが関与している総経済価値の10%未満の
損失)
階級
9~10
7~8
5~6
3~4
1~2
危害物質を混入するために接近する可能性をなくするため、特定
要員以外は立ち入れない構造(施錠)にする。多数の作業員が働く
調理場では、特別の作業着を着用させ、部外者を一目で分かるよう
にする。作業員が調理場に入る際に、私物を持ち込ませない。
攻撃目標の識別を容易にする建物の配置図や内部構造図を公
開してはならない。衝撃は、目標に対する攻撃が成功した場合の、
健康、心理および経済への影響に係る総合的物指しである。多数の
死亡、あるいは、攻撃目標が歴史、文化、宗教、または、その他の象
徴的な意義を持っていた場合、衝撃は増幅されるだろう。
全工程のCARVER+Shock特性の合計評点を求める計算表
食料名:
工程
(攻撃目標)
貯水タンク
原料保管庫
調理場
箱詰め
重大
性
接近可
能性
回復 脆弱 効 識別
力
性 果 性
衝
撃
合
計
テロ攻撃の手段として
何故、バイオなのか?
ヒトの健康を障害し、生命を奪う様々な危害物質の中で、入手が簡
単(自然界にある)、高度技術や大規模設備を必要としない、安価であ
ることから、資金力に限りがあるテロ組織には魅力的。
病原体は増殖することから、散布した地点に留まらず、広域に広が
る。ボツリヌス菌が産生する毒は、人工化学物質が及ばない地上最強
の経口毒である。
何故、食料なのか?
世界流通している食料は広範囲の被害を作り出す手段として最
適である。発展途上国で混入すれば、多数の輸入国を攻撃できる。
食は生命の基本であり、それを破壊することは、たとえ小規模で
あっても、心理的影響は絶大である。
米国議会 水道事業部門が直面しているテロと防犯問題
テロ攻撃または天災による国の給水と水質に係る基盤設備の
破損や破壊は、その国の不可欠な福祉業務の遂行を中断させ、
公衆衛生と環境の脅威となり、死亡を引起す可能性がある。こ
のような問題への関心は、2001年9月11日の米国におけるテロ
攻撃以降、非常に高まっている。
最近の議会の関心は、次の二つの法的問題に向けられてい
る: (1) 廃水設備の防犯、(2) DHSによって執行される化学物
質防犯規則に水施設を含めるか否か。第109議会では、上院の
環境・公共事業委員会が廃水処理事業に脆弱性査定の実施およ
び施設防犯計画の策定を督励する法律を承認した。
・・・・・・
マンホールや排出口からガソリンなどの可燃性が高い物質を
注入することによって、下水管を兵器に仕立て上げることが可
能である。下水道の爆発は、道路、歩道および隣接建築物を崩
壊させ、近くの人々を傷つけ、殺すことが可能である。
9.11同時多発テロは、このような想定までせざるを得ない状況にした
Wikipediaの Biosecurity
に記載されているテロ攻撃の事例に
はオウム真理教による地下鉄サリン事件が含まれている。また、長文
Aum Shinrikyo
の説明が
にある。
オウム真理教
1990s Aum Shinrikyo attempts in Tokyo, Japan
● Objective: Fulfill apocalyptic prophecy
● Organisms: Bacillus anthracis (Vaccine strain), Clostridium
botulinum (Environmental isolate, Avirulent strain) Aum
Shinrikyo ordered Clostridium botulinum from a
pharmaceutical company, and Ebola virus (Attempted to
acquire from Zaire outbreak under guise of an
“Humanitarian mission”)
● Dissemination: Aerosolization in Tokyo (B. anthracis and
Botulinum toxin)
● Leader Asahara was convicted of criminal activity
また、戦前の731部隊が生物兵器としてペストノミ爆弾を作ったこと
がCDCによって紹介されている。 History of Bioterrorism: Plague
テロは別世界の出来事ではなく、日本人として忘れてはいけないこ
とである。
テロリズム: 731部隊とオウムの日本
危害とリスク: 管理されている危害は怖くない!
「切れない刃物は刃物じゃない」
刃物販売店 「こわや」
私共のお店へおこしいただくお客様で、お店の包丁ケースを見て「ワー恐い、手
が震えちゃう」とか、「あまり切れなくてもいいです」とかおっしゃるお客さまが時々い
らっしゃいます。
しかし私どもでは切れない包丁をお売りする訳にもいきませんので、次のように
お客様に申し上げることにしています。
「切れない包丁はかえって危険です。包丁が切れないと、希望通りのところが
切れずに滑ったりして、思わぬ大怪我のもとになることもあります。」
「よく切れる包丁は、よく気をつけていただきますので、あまり大怪我がないもの
です。」
「お料理の出来上がりにも包丁の切れ味がとても影響します。」
こんなことを申し上げますと、殆どのお客様は納得していただけます。
安全でなければならない食品だが・・・
食の安全(Food Safety)
善良な一般国民が、生産、加工、流通、消費のフード
チェーンの中で犯すウッカリ・ミスによって、健康障害を引
起すことがないこと。
食の防犯(Food Security)
怨恨犯、私欲犯、愉快犯などの個人による単純犯罪、
ならびに、政治目的や国家権力奪取を狙った組織的犯罪
(テロ)によって、意図的に混入された有害物質が原因と
なって健康障害を引起すことがないこと。
日本では善良な生産者を攻撃するのに懸命であり、犯罪者や
テロリストに構っている暇はない! 「消費者の安心(?)庁」
食の安全に関わる獣医師の責務
食料生産
Food Production
食の安全
Food Safety
食文化
食の防犯
Food Security
食料の品質
Food Quality
生産者、処理・加工業者、流通業者、飲食業者、ならびに、
一般消費者に対して、正確な情報を提供し、食に対する健全な
考え方を広め、食の安全と防犯の向上を図り、過失、犯罪、な
らびに、テロによる社会的混乱を最小限に食い止める。
ダウンロード

生物学的安全対策(Biosecurity)