よりおいしく食べていただける
ミキサー食の提供
調理 小橋美由紀
あすなろ園で提供している食事形態
5種類
主食:並(米飯)
副食:並
並又は粥
5分刻み
並又は粥
3分刻み
並又は粥
極刻み
粥ミキサー
ミキサー
副食のミキサー食の課題
繊維が残る食材(魚・キュウリ・ワカメなど)が
食べにくく、咽せやすい
食べられない
代替としてムースや既製のソフト食を提供
種類が限られる
代替食品(ソフト食)の課題
ソフト食でも、「滑らかさ」、「軟らかさ」が
不十分で、あんかけにする手間がかかる
高コスト!!
調理で工夫できることはないか!?
取り組み1:高性能ミキサー導入
前
大きな繊維が残り
ぱさつきがある
後
滑らかで、味も良い
取り組み1:高性能ミキサー導入
摂取量変化
・H24年5月~9月/H25年5月~9月で比較
・この間に在所し、入退院等なく状態が安定されていた
10名のデータ検証
摂取量 増
5人 (50%)
変化なし 1人
減
4人→5月~7月変化なく
8月~9月で減少
取り組み2:栄養士
調理員の意識の変化
これ以上細かくできない 「仕方ない」
「食べる人が、より食べやすいように」
を求める気持ちになった
新しい献立意欲が向上した
取り組み3:食材の研究
繊維の少ない魚へ変更
サゴシ・鯖 → カレイ・鱈
魚は付け合わせの野菜の煮物(人参・南瓜
等)を一緒にミキサーにする
ソフト食は中止
今後の取り組み
水気の多い食材(茹でキャベツ、トマトなど)
変わりご飯
麺
デザート
新しいメニュー、ミキサー食でも並食
と同じ献立を楽しんでもらう!!
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

よりおいしく食べていただける ミキサー食の提供 調理 小橋