TEX command 備忘録
PHYSICSMILE
Last Edited: 2015 年 1 月 31 日
i
Abstract
この文書は TEX コマンドの備忘録として個人的に作成したものである.奥村晴彦による『[改訂第 5 版]LATEX 2ε
美文書作成入門』
(技術評論社,2007)付属のインストールディスクからインストールした Windows PC および Mac
にて動作を確認している.しかし私の環境以外での動作を保証するものではない.またそれ以外の環境で動作しな
かったとしても,その原因を究明できるほどの知識はない.したがって,そういった類いの問題は TEX Wiki のよう
な TEX 玄人の集まるフォーラムでコメントすることをお勧めする.勿論その際は充分に下調べした上で利用しなけ
ればならない.間違っても TEX Wiki に既に書かれている内容を質問するようなことがあってはならない.
自分用の備忘録として使っているのでコピー&ペーストで気楽に使えることを目指している.したがって基本的な
構成としてコマンド例にその出力結果を併記する形になっている.またこの文書は常に未完成版である.ここに書か
れていないコマンドを使うことになったときに,そのコマンドの使用方法とそれを調べる過程で知り得た周辺知識を
記録している.ところが最近は新たにコマンドを使う機会が減ってきているので更新は停滞すると思われる.しかし
まとめておきたいと思っているものもあるので,これからも細々と更新予定である.
記述方法の方針を定めずに書き始めたため統一されていない部分もあると思われるがご愛嬌としてお許しいただき
たい.将来的には直すつもりである.
なお単に TEX と書いているが実際にはコンピュータ科学者 Leslie Lamport によるマクロパッケージ LATEX の
新版 LATEX 2ε を(アスキーが TEX を日本語化した) pTEX に組み込んだ pLATEX 2ε を使用している.Texinfo や
ConTEXt など LATEX 以外のマクロパッケージについては分からない.
ii
Contents
Abstract
Chapter 1
i
基本
1
1.1
文字サイズの種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
1.2
書体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
1.3
アクセント記号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2
1.4
約物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2
1.5
箇条書き . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3
1.5.1
単純に列挙する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3
1.5.2
序列を示して列挙する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4
1.5.3
見出しを付けて列挙する
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5
1.5.4
パラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5
1.6
文章や式を囲む . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
1.7
fancybox の親戚(タイトル付きの囲みや網掛けなど) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7
Chapter 2
数式関連
9
2.1
数式の自由度が上がる呪文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9
2.2
インライン数式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9
2.3
ディスプレイ数式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9
2.3.1
数式番号を付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9
2.3.2
数式に名前をつけて数式番号を参照する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10
2.4
数式モード中にテキストを使う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10
2.5
数式用書体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10
2.5.1
通常の書体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11
2.5.2
ローマン体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11
2.5.3
ボールド体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12
2.5.4
イタリック体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
14
2.5.5
サン・セリフ体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
14
2.5.6
カリグラフィー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15
2.5.7
フラクトゥール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15
2.6
行列 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16
2.7
Feynman のスラッシュ記法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
2.8
文字幅に合わせた波線符号・上線 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.9
特殊文字一覧
Chapter 3
16
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
図関連
20
3.1
図を貼る,色を付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
20
3.2
図の周りに文字を回り込ませる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
20
iii
3.3
並べた図に異なる見出しを付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Chapter 4
4.1
4.2
4.3
表関連
21
22
表の書き方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22
4.1.1
表題・表番号を付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22
4.1.2
固定列幅 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
23
4.1.3
列単位に共通文字を挿入する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
23
罫線 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
24
4.2.1
罫線の太さ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
24
4.2.2
部分的な横罫 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
25
綺麗な罫線(縦罫ご法度) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
25
4.3.1
booktabs パッケージと縦罫の相性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
4.3.2
部分的な横罫 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
26
行間の調整など . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
27
4.4.1
横罫下の空白調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
27
4.4.2
行送り量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
27
4.4.3
行高の調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
27
4.5
表のセルに斜線(対角線)を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
28
4.6
tabular 環境の拡張 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
4.4
4.6.1
固定列幅(縦方向中央揃え) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
28
4.6.2
固定列幅(下端揃え) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
29
4.6.3
固定列幅(右端揃え) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
29
4.6.4
固定列幅(左端揃え) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
30
4.6.5
列単位で数式環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
30
Chapter 5
その他
31
5.1
打ち込んだ通りに出力(顔文字,プログラムソース等に) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
31
5.2
桁揃えや微妙な文字間・行間の調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
31
5.2.1
表組の中で使う例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
31
5.2.2
数式の中で使う例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
32
Reference
33
1
Chapter 1
基本
文字サイズの種類
1.1
Command
{\tiny 文字}
{\scriptsize 文字} {\footnotesize 文字} {\small 文字} {\normalsize 文字}
{\large 文字} {\Large 文字}
Output
文字
文字 文字
文字 文字
文字 文字
{\LARGE 文字}
{\huge 文字}
{\Huge 文字}.
文字 文字 文字.
Note
\tiny から\Huge まで順に文字を基本サイズの 50%,70%,80%,90%,100%,120%,140%,170%,210%,
250% に変更する.
1.2
書体
Command & Output
表 1.1: 書体.
ファミリー(Family)
宣言型
コマンド型
出力
Mincho:明朝
\mcfamily
\textmc
TeX コマンド備忘録
Gossic:ゴシック
\gtfamily
\textgt
TeX コマンド備忘録
Roman:ローマン
\rmfamily
\textrm
TeX コマンド備忘録
Sans-serif:サン・セリフ
\sffamily
\textsf
TeX コマンド備忘録
Typewriter:タイプライタ
\ttfamily
\texttt
TeX コマンド備忘録
シリーズ(Series)
宣言型
コマンド型
出力
Medium:ミディアム
\mdseries
\textmd
TeX コマンド備忘録
Bold:ボールド
\bfseries
\textbf
TeX コマンド備忘録
シェイプ(Shape)
宣言型
コマンド型
出力
Upright:アップライト
\upshape
\textup
TeX コマンド備忘録
Italic:イタリック
\itshape
\textit
TeX コマンド備忘録
Small caps:スモールキャップス
\scshape
\textsc
TeX コマンド備忘録
Slant:スラント
\slshape
\textsl
TeX コマンド備忘録
Note
スラント体は元の書体を機械的に傾けたものでイタリック体とは異なることに注意が必要である.宣言型での
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
2
1)
記述は波括弧で範囲を指定しない限り記述箇所以降の書体を指示する.通常の書体設定 に戻す場合は宣言型
記述で\normalfont,コマンド型記述で\textnormal{...}とする.なお項目「出力」はすべて『TeXコマン
ド備忘録』に対して行った.
アクセント記号
1.3
Command
\’{o},\‘{o},\={o},\u{o}, \~{o},\^{o},\.{o},\"{o},
\v{o},\H{o},\r{o},\t{oo},\c{o},\d{o},\b{o}.
Output
ó,ò,ō,ŏ, õ,ô,ȯ,ö,ǒ,ő,o̊,o o,o̧,o.,o.
¯
Note
Poincaré,Ampère,Schrödinger など.
約物
1.4
Command & Output
表 1.2: 約物(Punctuation mark).
空白類
出力
Command
補足
1/3em glue:1/3em グルー
a\␣b,a~b
a b, a b
~は改行を抑制する.
3/18em glue:3/18em グルー
Italic correction:イタリック
a\,b
{\itshape italic} shape,
ab
italic shape,
\textit では自動的に入る.
補正
{\itshape italic\/} shape
italic shape
Open box:空白記号
\textvisiblespace,\verb*| |
記述記号
,␣
出力
Command
補足
Interpunct:中黒
a\textperiodcentered b
a·b
Ellipsis:リーダー
a \textellipsis b
a ...b
Inverted question mark:逆疑
?‘,\textquestiondown,
¿,¿,¿
数式モードでは使えない.
問符
\texttt{?‘}
Inverted exclamation mark:
!‘,\textexclamdown,
¡,¡,¡
数式モードでは使えない.
逆感嘆符
\texttt{!‘}
Vertical bar:縦棒
|,\textbar,\texttt{|}
—,|,|
|はタイプライタ体,数式モー
ド以外ではエムダッシュ.
Underscore:アンダースコア
ハイフン類
\_,\textunderscore
,
アンダーライン(下線)は例え
ば\underline{}で 実 現 で き
る.
出力
Command
En dash:エンダッシュ
--,\textendash,\texttt{--}
–,–,--
Em dash:エムダッシュ
---,\textemdash,\texttt{---}
—,—,---
Hyphenation:ハイフネーショ
Schur’s lem\-ma,
Schur’s lem-
ン
\texttt{my lem\-ma}
ma,my lemma
1)
補足
ハイフネーション可能な位置
を指示する.プリアンブルに
\hyphenation{lem-ma}と 書
くことでも同様の効果が得ら
れる……はずなのだが,どうに
もうまくいかない.
デフォルトの書体を自分で設定していなければ,おそらく宣言型記述で\rmfamily\mdseries\upshape 相当だと思われる.
Chapter 1. 基本
3
括弧類
出力
Command
Opening brace:左波括弧
\{,\textbraceleft,
{,{,{
タイプライタ体では直接文字
コードを指定する.
},},}
タイプライタ体では直接文字
コードを指定する.
\texttt{\symbol{123}}
Closing brace:右波括弧
\},\textbraceright,
\texttt{\symbol{125}}
Quotation mark:引用符
補足
‘,\lq,\textquoteleft,’,\rq, ‘,‘,‘,’,’,’
シングルクォート(英語).
\textquoteright
‘‘,\lq‘,\textquotedblleft,
“,“,“,”,”,”
ダブルクォート(英語).
’’,’\rq,\textquotedblright
単位記号
Command
Percent sign:パーセント記号
\%
%
Ångström:オングストローム
\AA
Å
通貨記号
Command
出力
補足
出力
補足
Dollar sign:ドル記号
\$,\textdollar
$,$
Pound sign:ポンド記号
\pounds,\textsterling
£,£
一般的な記号
出力
Command
補足
Ampersand:アンパサンド
\&
&
Asterisk:アスタリスク
*,\textasteriskcentered
*,∗
Bullet:ビュレット
\textbullet
•
Dagger:短剣符
\dag,\textdagger
†,†
Double dagger:二重短剣符
\ddag,\textdaggerdbl
‡,‡
Number sign:番号記号
\#
#
Ordinal indicator:序数標識
1\textordmasculine
1o
男性形(ロマンス諸語).
a
女性形(ロマンス諸語).
1\textordfeminine
1
Pilcrow:段落記号
\P,\textparagraph
¶,¶
Section sign:節記号
\S,\textsection
§,§
Note
今のところ,そのままタイプすれば良いものは除いている.また和文の約物もタイプ通りに出力されるため除
いている.
箇条書き
1.5
1.5.1
単純に列挙する
Command
\begin{itemize}
\item レベル 1 \begin{itemize}
\item レベル 2 \begin{itemize}
\item レベル 3 \begin{itemize}
\item レベル 4
\end{itemize}
\end{itemize}
\end{itemize}
\item レベル 5 以降は次のエラーが出る.
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
4
階層を深くしたければ,\texttt{enumitem.sty}を利用すると良い.\\
\verb|! LaTeX Error: Too deeply nested.|
\end{itemize}
Output
• レベル 1
– レベル 2
∗ レベル 3
· レベル 4
• レベル 5 以降は次のエラーが出る.階層を深くしたければ,enumitem.sty を利用すると良い.
! LaTeX Error: Too deeply nested.
Note
箇条頭の記号を初期設定から変える場合は\renewcommand{level }{symbol }とする.変数 level で階層を
指定する.階層名は上から順に \labelitemi,\labelitemii,\labelitemiii,\labelitemiv である.変数
symbol で箇条頭の記号を指定する.各階層の初期設定は\textbullet:•,\normalfont\bfseries \textendash:
–,\textasteriskcentered:∗,\textperiodcentered:·となっている.
序列を示して列挙する
1.5.2
Command
\begin{enumerate}
\item レベル 1 \begin{enumerate}
\item レベル 2 \begin{enumerate}
\item レベル 3 \begin{enumerate}
\item レベル 4
\end{enumerate}
\end{enumerate}
\end{enumerate}
\item レベル 5 以降は次のエラーが出る.
階層を深くしたければ,\verb|enumitem.sty|を利用すると良い.\\
\verb|! LaTeX Error: Too deeply nested.|
\end{enumerate}
Output
1. レベル 1
(a) レベル 2
i. レベル 3
A. レベル 4
2. レベル 5 以降は次のエラーが出る.階層を深くしたければ,enumitem.sty を利用すると良い.
! LaTeX Error: Too deeply nested.
Note
箇条頭の記号の変更は itemize 環境と同様で\renewcommand{level }{symbol } とする.ただし itemize 環境と
異なり,
「番号の周りの装飾」と「番号そのものの振り方」の二種類の制御点がある.番号の装飾を変更する場合,
level(階層)は順に \labelenumi,\labelenumii,\labelenumiii,\labelenumiv である.symbol(記号)
は階層順に \theenumi,\theenumii,\theenumiii,\theenumiv である.例えば,階層レベル 1 のラベルを
[1]のようにしたければ\renewcommand{\labelenumi}{\inhibitglue[\theenumi]\inhibitglue} とす
れば良い.番号の振り方を変更する場合は上で symbol として使われたものを level とする.このとき symbol
Chapter 1. 基本
5
は階層順に\enumi,\enumii,\enumiii,\enumiv である.例えば階層レベル 2 のラベルをアラビア数字にし
たければ\renewcommand{\theenumii}{\@arabic\[email protected]}とすれば良い.[email protected]
いる場合は\makeatletter ... \makeatother で囲む必要がある.level の初期設定は,階層レベル 1 から順
に\theenumi.,\inhibitglue(\theenumii)\inhibitglue,\theenumiii.,\theenumiv. となっている.
symbol の初期設定は,階層レベル 1 から順に\@arabic\[email protected],\@alph\[email protected],\@roman\[email protected],
\@Alph\[email protected] となっている.\inhibitglue は和文フォントのメトリックから自動的に挿入するグルー
(空白)を禁止するコマンドのようである.ただし,それはこのコマンドを挿入した位置にしか作用しない.
1.5.3
見出しを付けて列挙する
Command
\begin{description}
\item[場所] 某県某市某所何某センター \\
Google マップ:\verb|http://goo.gl/maps/XXXXX|
\item[日時] \today \begin{description}
\item[集合] 17 時 00 分
\item[開始] 17 時 30 分 \begin{description}
\item[待合室] 1F 会議室.
16 時 00 分から開放しています. \begin{description}
\item[階層] レベル 5
\end{description}
\end{description}
\end{description}
\end{description}
Output
場所
某県某市某所何某センター
Google マップ:http://goo.gl/maps/XXXXX
日時
2015 年 1 月 31 日
集合
17 時 00 分
開始
17 時 30 分
待合室
階層
1F 会議室.16 時 00 分から開放しています.
レベル 5
Note
Command や Output などは description 環境を用いているので,上の例だと階層レベル 5 まで利用できて
いる.しかしレベル 6 で階層が深すぎる旨のエラーが出る.
1.5.4
パラメータ
Note
箇条書き用の各種環境は list 環境によって作成されているので,list 環境のパラメータを用いてインデント等
を変更できる.詳細は list 環境を参照のこと.
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
6
1.6
文章や式を囲む
Package
\usepackage{fancybox}
Command & Output
\doublebox{\parbox{20zw}{\centering 重線箱}} \\
\doublebox{\rule[-2zw]{0zw}{5zw}重線箱} \\
\doublebox{\parbox{20zw}{\rule[-2zw]{0zw}{5zw}重線箱}}
重線箱
重線箱
重線箱
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
箱
影付箱
重線箱
楕円箱
楕円太箱
\cornersize{2}% diameter = 2 times (the shorter of width or hight)
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \verb|\doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
箱
影付箱
重線箱
楕円箱 楕円太箱
\fboxsep=3\fboxsep% separation = 3 times (default size)
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
影付箱
箱
重線箱
楕円箱
楕円太箱
\cornersize{0.5}% default size of deameter
\fboxrule=3\fboxrule% rule size = 3 times (default size)
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
影付箱
箱
重線箱
楕円箱
楕円太箱
\fboxsep=3pt% default size of separation
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
影付箱
箱
重線箱
楕円箱
楕円太箱
\fboxrule=0.4pt% default size of rule
Chapter 1. 基本
7
\fbox{箱} \shadowbox{影付箱} \doublebox{重線箱} \ovalbox{楕円箱} \Ovalbox{楕円太箱}
箱
1.7
影付箱
重線箱
楕円箱 楕円太箱 fancybox の親戚(タイトル付きの囲みや網掛けなど)
Package
\usepackage{ascmac}
Command & Output
\begin{boxnote} ノートのような箱 \end{boxnote}
{\color{blue} \begin{boxnote} \normalcolor 色付き \end{boxnote}}
bababababababababababababababababababababab
ノートのような箱
bababababababababababababababababababababab
色付き
\begin{screen} 丸角の箱 \end{screen}
\begin{itembox}[l]{タイトルのある丸角の箱}
option: \verb|l| = left, \verb|c| = center, \verb|r| = right.
\end{itembox}
\begin{itembox}[c]{\keytop{タイトルに囲みのある丸角の箱}}
タイトルに\verb|\keytop{}|を使った例
\end{itembox}
丸角の箱
タイトルのある丸角の箱
l = left, c = center, r = right
タイトルに囲みのある丸角の箱 タイトルに\keytop{}を使った例.
\begin{center}
\begin{tabular}{|cc|cc|cc|cc|cc|cc|} \hline
A & \mask{ }{A} & B & \mask{ }{B} & C & \mask{ }{C} &
D & \mask{ }{D} & E & \mask{ }{E} & F & \mask{ }{F} \\ \hline
G & \mask{ }{G} & H & \mask{ }{H} & I & \mask{ }{I} &
J & \mask{ }{J} & K & \mask{ }{K} &
&
\\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
\maskbox{10cm}{1cm}{D}{l}{横 10cm,縦 1cm,網掛パターン D,左端揃え.}
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
8
\vskip 5pt
\Maskbox{15cm}{2cm}{I}{c}{1pt}{横 15cm,縦 2cm,網掛パターン I,中央揃え,線の太さ 1pt.}
A
G
A A
AA
G
B
H
BB BB
BBBBB
H
H HH
C
I
C C
CC
I
D
J
DD DD
DDDDD
JJ JJ
E
K
E E
EE
K
F
FF FF
FFFFF
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD
DDDDDD,左端揃え.
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD
DDDDDDDDDD,網掛パターン
DDDDDDDDDDDD1cm
DDDDDDDDDDDD,縦
DDDDDDDD10cm
横
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
15cm
,縦
2cm
,網掛パターン
,中央揃え,線の太さ
.IIIIIIII
IIIIIIII横
II
II
II
II
IIIIIIII
IIIIIIIII1pt
II
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
\begin{shadebox} 影付箱 \end{shadebox}
影付箱
9
Chapter 2
数式関連
数式の自由度が上がる呪文
2.1
Package
\usepackage{amsmath,amssymb}
Note
以降は基本的にこのパッケージを読み込んでいるものとする.
インライン数式
2.2
Command
$abcdefghijklmnopqrstuvwxyz$.
Output
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz .
ディスプレイ数式
2.3
Command
\[
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
\]
Output
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z.
2.3.1
数式番号を付ける
Command
\begin{equation}
\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta
\eta\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\beth\daleth\gimel.
\end{equation}
Output
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
10
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzik‫ג‬.
(2.3.1)
数式に名前をつけて数式番号を参照する
2.3.2
Command
\begin{equation}
AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega.
\label{greek}
\end{equation}
式 (\ref{greek}) はギリシア文字の大文字を数式にしたもの.
Output
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ.
式 (2.3.2) は大ギリシア文字を数式にしたもの.
数式モード中にテキストを使う
2.4
Package
\usepackage{amsmath}
Command
\[
\int_{-\infty}^\infty dx
\psi^* \left( ih\frac{\partial}{\partial x} \phi \right)
= \int_{-\infty}^\infty dx
\left( ih\frac{\partial}{\partial x} \psi \right)^* \phi
+ \text{(表面項 suface term)}.
\]
Output
∫
∞
dxψ
−∞
2.5
∗
(
) ∫ ∞
(
)∗
∂
∂
i~ ϕ =
dx i~ ψ ϕ + (表面項 suface term).
∂x
∂x
−∞
数式用書体
比較のため書体を指定せずに表示しておく.
Command
\begin{align*}
& 0123456789 \\
& abcdefghijklmnopqrstuvwxyz \\
& ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ \\
& \alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta
\eta\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
(2.3.2)
Chapter 2. 数式関連
11
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel \\
& AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ.
2.5.1
通常の書体
Command
\begin{align*}
& \mathnormal{0123456789} \\
& \mathnormal{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathnormal{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} \\
& \mathnormal{\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta\eta
\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel} \\
& \mathnormal{AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega}.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT Υ Υ ΦΦXΨ Ψ ΩΩ.
Note
無指定の場合とは大きく異なる.数字は後述のフラクトゥールと同じである.またギリシア文字の大文字は通
常立体であるが斜体になっているため\X 系と\varX 系が等しくなっている.
2.5.2
ローマン体
Command
\begin{align*}
& \mathrm{0123456789} \\
& \mathrm{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathrm{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} \\
& \mathrm{\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta\eta
\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
12
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel} \\
& \mathrm{AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega}.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛMNOΞΞΠΠPΣΣTΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ.
Note
三角関数や対数関数などの複数文字からなる関数や,LHiggs の Higgs 部分のように用いる.ただし有名な関数
については既にコマンドが用意されているものもある(\sin で sin,\log で log,\det で det など).しか
し立体にしようが斜体にしようが数式書体なので,\mathrmabc と書けば a × b × c の意味の abc を立体で書
いたもののことだろう.とすると先の LHiggs の Higgs 部分は\mathrmHiggs ではなく \textHiggs とすべき
かもしれない.などと考えてみる.もっともこの場合,三角関数や対数関数などを\mathrmsin のように数式
ローマン体で書いてはいけないことになるが,これでは未登録の複数文字関数を書くときに困る.悩ましい.
2.5.3
ボールド体
ボールド体
Command
\begin{align*}
& \mathbf{0123456789} \\
& \mathbf{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathbf{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} \\
& \mathbf{\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta\eta
\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel} \\
& \mathbf{AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega}.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛMNOΞΞΠΠPΣΣTΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ.
Note
小ギリシャ文字と\varX 系の大ギリシャ文字は太字になっていないことが見て取れる.
Chapter 2. 数式関連
13
イタリック体のままボールド体
Package
\usepackage{bm}
Command (plain)
\begin{align*}
& 0123456789 \\
& abcdefghijklmnopqrstuvwxyz \\
& ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ \\
& \alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta
\eta\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel \\
& AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega
\end{align*}
Output plain:
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ,
\bm{...} (bm.sty):
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
κ λµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωz
zℵi
ik ‫ג‬
αβγδϵεζηθϑικκ
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ,
\boldmath{$...$}:
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ,
\pmb{...}:
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ
ΩΩ,
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
14
\boldsymbol{...} (amsmath.sty):
0123456789
abcdef ghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEF GHIJKLM N OP QRST U V W XY Z
κ λµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωz
zℵi
ik ‫ג‬
αβγδϵεζηθϑικκ
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛM N OΞΞΠΠP ΣΣT ΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ,
Note
\boldmath{$...$}は基本的に文章モードで使用するようで,数式内で使用する場合は\boldmath{$...$}を
\mbox{...}で囲むか,あるいは amsmath.sty の \text{...}で囲む必要がある.
ブラックボードボールド体
Package
\usepackage{amssymb}
Command
\[
\mathbb{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ}.
\]
Output
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
2.5.4
イタリック体
Command
\begin{align*}
& \mathit{0123456789} \\
& \mathit{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathit{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} \\
& \mathit{\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta\eta
\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel} \\
& \mathit{AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega}.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛMNOΞ ΞΠ ΠPΣ ΣTΥ Υ ΦΦXΨ Ψ Ω Ω.
2.5.5
サン・セリフ体
Command
Chapter 2. 数式関連
15
\begin{align*}
& \mathsf{0123456789} \\
& \mathsf{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathsf{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} \\
& \mathsf{\alpha\beta\gamma\delta\epsilon\varepsilon\zeta\eta
\theta\vartheta\iota\kappa\varkappa\lambda\mu\nu o\xi
\pi\varpi\rho\varrho\sigma\varsigma\tau\upsilon\phi\varphi
\chi\psi\omega\digamma\aleph\beth\daleth\gimel} \\
& \mathsf{AB\Gamma\Delta\varDelta EZH\Theta\varTheta IK
\Lambda\varLambda MNO\Xi\varXi\Pi\varPi P\Sigma\varSigma T
\Upsilon\varUpsilon\Phi\varPhi X\Psi\varPsi\Omega\varOmega}.
\end{align*}
Output
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
αβγδϵεζηθϑικκλµνoξπϖρϱσςτ υϕφχψωzℵik‫ג‬
ABΓ∆∆EZHΘΘIKΛΛMNOΞΞΠΠPΣΣTΥΥ ΦΦXΨΨ ΩΩ.
カリグラフィー
2.5.6
Command
\begin{align*}
\cal{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ}.\\
\mathcal{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ}.
\end{align*}
Output
ABCDEFGHIJ KLMN OPQRST UVWX YZ.
ABCDEFGHIJ KLMN OPQRST UVWX YZ.
Note
いわゆる花文字.読み込むパッケージによってフォントが変わりうる(amssymb,pxfonts,txfonts パッケー
ジで異なる).
フラクトゥール
2.5.7
Package
\usepackage{amssymb}
Command
\begin{align*}
& \mathfrak{0123456789} \\
& \mathfrak{abcdefghijklmnopqrstuvwxyz} \\
& \mathfrak{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ}.
\end{align*}
Output
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
16
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
Note
pxfonts,txfonts パッケージでもフラクトゥールを入力できるが,フォントが異なる.
行列
2.6
Command
\[
\begin{matrix}
a & b \\ c & d \end{matrix}\ , \quad
\begin{pmatrix} a & b \\ c & d \end{pmatrix},
\quad
\begin{bmatrix} a & b \\ c & d \end{bmatrix},
\quad
\begin{Bmatrix} a & b \\ c & d \end{Bmatrix},
\quad
\begin{vmatrix} a & b \\ c & d \end{vmatrix},
\quad
\begin{Vmatrix} a & b \\ c & d \end{Vmatrix}
\]
Output
a b
,
c d
(
)
a b
,
c d
[
]
a b
,
c d
{
}
a b
,
c d
a b c d ,
Feynman のスラッシュ記法
2.7
Definition
\newcommand{\Slash}[1]{{\ooalign{\hfil/\hfil\crcr$#1$}}}
Command
\[
\Slash{k}, \quad \Slash{l}, \quad \Slash{p}, \quad
\Slash{\partial}, \quad \Slash{W}^+, \quad \Slash{W^+}
\]
Output
k/,
2.8
/l ,
p
/,
∂/ ,
+
W
/ ,
W/+
文字幅に合わせた波線符号・上線
Packadge
\usepackage{accents}
Definition
\makeatletter
\def\widebar{\accentset{{\[email protected]\underline{\mskip10mu}}}}
\def\Widebar{\accentset{{\[email protected]\underline{\mskip8mu}}}}
\makeatother
Command
\[
a b c d
Chapter 2. 数式関連
17
\tilde q, \quad \widetilde q, \quad \tilde W, \quad \widetilde W, \quad
\bar q, \quad \widebar q, \quad \bar W, \quad \widebar W, \quad
\bar q, \quad \Widebar q, \quad \bar W, \quad \Widebar W
\]
Output
q̃,
2.9
qe,
f,
W
W̃,
q̄,
q,
W̄,
W,
q̄,
q,
W̄,
W
特殊文字一覧
Note
表 2.1 にギリシア文字,表 2.2 にアクセント記号を示す.表 2.3 に二項演算子などを,表 2.4 に関係演算子を
表す.これらの否定演算子は \not を直前に入力することで実現できる.例えば,\not\in で ̸∈ といった具合
である.表 2.5 に矢印記号を,表 2.6 にその他の記号を示す.
Command & Output
表 2.1
ギリシア文字 +α (初期ギリシア文字,ヘブライ語アルファベット)
.
出力
Command
出力
Command
出力
Command
α
\beta
β
\gamma
\Gamma, \varGamma
Γ, Γ
\delta
δ
\Delta, \varDelta
\epsilon,\varepsilon
ϵ, ε
\zeta
ζ
\eta
η
\theta,\vartheta
θ, ϑ
\Theta,\varTheta
Θ, Θ
\iota
ι
\kappa,\varkappa
κ, κ
\lambda
λ
\Lambda,\varLambda
\nu
ν
\xi
\alpha
µ
\mu
γ
∆, ∆
Λ, Λ
ξ
\Xi,\varXi
Ξ, Ξ
\pi,\varpi
π, ϖ
\Pi,\varPi
Π, Π
\rho,\varrho
ρ, ϱ
\sigma,\varsigma
σ, ς
\Sigma,\varSigma
Σ, Σ
\Upsilon,\varUpsilon
Υ, Υ
τ
\tau
\phi,\varphi
\psi
\Omega,\varOmega
\beth
υ
\upsilon
ϕ, φ
\Phi,\varPhi
Φ, Φ
\chi
χ
ψ
\Psi,\varPsi
Ψ, Ψ
\omega
ω
Ω, Ω
\digamma
z
\aleph
ℵ
i
\daleth
k
\gimel
‫ג‬
表 2.2
アクセント記号.
出力
Command
出力
\hat{a}
â
\check{a}
ǎ
\tilde{a}
ã
\acute{a}
á
\grave{a}
à
\dot{a}
ȧ
\ddot{a}
ä
\breve{a}
ă
\bar{a}
ā
\vec{a}
⃗a
\widehat{a}
b
a
\widetilde{a}
e
a
Command
Command
出力
Command
出力
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
18
表 2.3
Command
出力
二項演算子など.
出力
Command
出力
Command
Command
出力
+
+
-
−
\pm
±
\mp
∓
\times
×
\cdot
·
\circ
◦
\bigcirc
⃝
\div
÷
\diamond
∗
\star
∪
\bigcup
⋄
∪
\ast
\cup
\cap
∩
\bigcap
⋆
∩
\sqcup
⊔
\sqbigcup
\sqcap
⊓
\wedge,\land
∧, ∧
\bigwedge
\triangleleft
▹
\triangleright
\oplus
⊕
\bigoplus
\otimes
⊗
\bigotimes
\oslash
⊘
\bullet
•
\dagger
\wr
≀
⨿
\amalg
\coprod
⊔
∧
△
\ominus
⊖
\odot
⊙
\bigodot
\uplus
⊎
\biguplus
†
\ddagger
\setminus
⨿
\sum
‡
∑
⊗
出力
\bigvee
\bigtriangleup
◃
⊕
表 2.4
Command
∨, ∨
\vee,\lor
\bigtriangledown
\prod
関係演算子.
Command
出力
Command
出力
<
<
>
>
=
=
\leq or \le
≤
\geq or \ge
≥
\equiv
≡
\leqq
5
\geqq
=
\ll
≪
\gg
≫
\doteq
.
=
\prec
≺
\succ
≻
\sim
∼
\preceq
≼
\succeq
≽
\simeq
≃
\subset
⊂
\supset
⊃
\approx
\subseteq
⊆
\supseteq
⊇
\cong
≈
∼
=
\sqsubseteq
⊑
\sqsupseteq
⊒
\bowtie
◃▹
\in
∈
\ni or \owns
∋
\propto
∝
\vdash
⊢
\dashv
⊣
\models
|=
\mid
|
\parallel
∥
\perp
⊥
⌣
\frown
⌢
\asymp
≍
:
\notin
∈
/
\neq or \ne
̸=
\smile
:
∨
▽
⊙
⊎
\
∏
Chapter 2. 数式関連
19
表 2.5 矢印記号.
Command
出力
Command
出力
\leftarrow or \gets
←
\longleftarrow
←−
\uparrow
↑
\rightarrow or \to
→
\longrightarrow
−→
\downarrow
↓
\leftrightarrow
↔
\longleftrightarrow
←→
\updownarrow
↕
\Leftarrow
⇐
\Longleftarrow
⇐=
\Uparrow
⇑
\Rightarrow
⇒
\Longrightarrow
=⇒
\Downarrow
⇓
\Leftrightarrow
⇔
\Longleftrightarrow
⇐⇒
\Updownarrow
⇕
\mapsto
7→
\longmapsto
7−→
\nearrow
↗
\hookleftarrow
←-
\hookrightarrow
,→
\searrow
↘
\leftharpoonup
↼
\rightharpoonup
⇀
\swarrow
↙
\leftharpoondown
↽
\rightharpoondown
⇁
\nwarrow
↖
\leftrightharpoons
\rightleftharpoons
\iff
⇐⇒
Command
出力
表 2.6 その他の記号.∗ 前後の内容から,. . . と · · · の適切な方を表示する.例)i = 1, 2, . . . , n,Sn = 1 + 2 + · · · + n.
Command
出力
Command
出力
Command
出力
Command
出力
\hbar
~
\ell
ℓ
\imath
ı
\jmath
ȷ
\Re
ℜ
\Im
ℑ
\partial
∂
\infty
\emptyset
∅
\backslash
\forall
∀
\triangle
△
\surd
\
√
\Vert
\P
¶
\S
§
\natural
♮
\sharp
\heartsuit
\ldots
\iint
♡
...
∫∫
\spadesuit
\vdots
\iiint
Command
出力
\wp
℘
∞
\prime
′
\exists
∃
\smallint
∫
∥
\top
⊤
\bot
⊥
\dag
†
\ddag
‡
\flat
♭
♯
\angle
∠
\clubsuit
♣
\diamondsuit
♢
♠
..
.
∫∫∫
\neg
\ddots
¬
..
.
∫∫∫∫
\nabla
\dots∗
∇
...
H
\cdots
\int
···
∫
\iiiint
\oint
20
Chapter 3
図関連
図を貼る,色を付ける
3.1
Package
\usepackage[dviout]{graphicx,color}
Command
\begin{figure}[h]
\begin{center}
\includegraphics[width=2cm]{tiger.eps}
\end{center}
\end{figure}
Output
3.2
図の周りに文字を回り込ませる
Package
\usepackage{wrapfig}
Note
4 パラメータ:[<# of narrow lines>]{<placement>}[<overhang>]{<width>}.
<placement> = r:テキスト右側,l:テキスト左側,i:2 段組み内側,o:2 段組み
外側.行数と overhang は無指定でも自動的に処理する.通常,箇条書きの直前に置
いても箇条書きの後に出力される.この例ではそれを避けるために,垂直方向マイナスに空白を設けている.
Command
\begin{wrapfigure}{r}{3cm}
\begin{center}
\includegraphics[width=2cm]{tiger.eps}
\end{center}
\end{wrapfigure}
% 箇条書きで回り込みをするための垂直方向空白 ここから
\mbox{}% これがないと図の位置ではなく箇条書きの位置がずれる
Chapter 3. 図関連
21
% 空行の必要性は謎
\vspace{-\baselineskip}
\vspace{-\topsep}
\vspace{-\itemsep}
% ここまで
並べた図に異なる見出しを付ける
3.3
Package
\usepackage{subfigure}
Command
\begin{figure}[htb]
\begin{minipage}{0.45\textwidth}
\centering
\subfigure[トラ]{\includegraphics[width=2cm]{tiger.eps}\label{fig:fig1}} \\
\subfigure[とら]{\includegraphics[width=3cm]{tiger.eps}\label{fig:fig2}}
\end{minipage}\hfill
\begin{minipage}{0.45\textwidth}
\centering
\subfigure[虎]{\includegraphics[width=6cm,height=6cm]{tiger.eps}\label{fig:fig3}}
\end{minipage}
\caption[]{結果: \subref{fig:fig1}トラ \subref{fig:fig2}とら \subref{fig:fig3}虎}
\label{fig:fig00}
\end{figure}
参照例)図\ref{fig:fig1},図\ref{fig:fig2},図\ref{fig:fig3},図\ref{fig;fig00}.
Output
参照例)図 3.1(a),図 3.1(b),図 3.1(c),図 3.1.
(a) トラ
(c) 虎
(b) とら
図 3.1
結果: (a) トラ (b) とら (c) 虎
22
Chapter 4
表関連
表組に於ける各種所作.
表の書き方
4.1
Note
\begin{tabular}[位置指定]{列指定}表本体\end{tabular}.位置指定は t で表の上端を,c で表の中央を,
b で表の下端を文章のベースラインに合わせる.列指定は l:左寄せ(left),c:中央寄せ(center),r:右寄
せ(right).列区切は&,行区切りは\\.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{crl}
パングラム & 文字数 & 例 \\
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
4.1.1
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
表題・表番号を付ける
Note
通常表題は表上部に付すので,表を書く命令の前で宣言する.
Command
\begin{table}[h]
\caption{パングラム 日本語/英語}
\begin{center}
\begin{tabular}{crp{15zw}}
パングラム & 文字数 & 例 \\
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\
\end{tabular}
\end{center}
Chapter 4. 表関連
23
\end{table}
Output
表 4.1 パングラム 日本語/英語
パングラム
文字数
英語
26
例
A quick brown fox jumps over
the lazy dog.
日本語
4.1.2
46
いろは歌
固定列幅
Note
列幅を固定(p{<width>}).通常の余白も入る.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{crp{15zw}}
パングラム & 文字数 & 例 \\
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
英語
文字数
26
例
A quick brown fox jumps over
the lazy dog.
日本語
4.1.3
46
いろは歌
列単位に共通文字を挿入する
Note
一列に共通な文字等を挿入する(@{<character>}).挿入した列の左右に余白は適用されない.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{cr@{\hspace{20pt}}l}
パングラム & 文字数 & 例 \\
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
24
罫線
4.2
Note
横罫は入れたい行間の上の行を改行してすぐに\hline,縦罫は列指定の文字列の中に縦棒(|)を入れる.罫
線を引くコマンドを続けて書くと多重線になる.
Command1
\begin{center}
\begin{tabular}{crl} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output1
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
Command2
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output2
パングラム
4.2.1
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
罫線の太さ
Note
罫線の太さは変えられる(\arrayrulewidth)が,tablar 環境ごとにしか変えられない.
Command
{\arrayrulewidth=2pt
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
}
Chapter 4. 表関連
25
Output
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
部分的な横罫
4.2.2
Note
横罫は部分的に引くこともできる(\cline{*-*}).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \cline{1-1} \cline{3-3}
パングラム & 文字数 & 例 \\ \cline{2-2}
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \cline{1-2}
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
4.3
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
綺麗な罫線(縦罫ご法度)
Package
\usepackage{booktabs}
Note
横罫が 3 種類用意されている.\toprule:最初の横罫,\midrule:中央の横罫,\bottomrule:最後の横罫.
最初と最後の横罫の太さは\heavyrulewidth,中央の横罫の太さは\lightrulewidth.横罫ごとに太さを指
定することも可能.\toprule[2pt],\midrule[\heavyrulewidth] など.
Command1
\begin{center}
\begin{tabular}{crl} \toprule
パングラム & 文字数 & 例 \\ \midrule
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \bottomrule
\end{tabular}
\end{center}
Output1
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
Command2
\begin{center}
\begin{tabular}{crl} \toprule
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
26
パングラム & 文字数 & 例 \\ \midrule[\heavyrulewidth]
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \bottomrule
\end{tabular}
\end{center}
Output2
パングラム
4.3.1
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
booktabs パッケージと縦罫の相性
Note
横罫の上下に若干のスペースが空くため視認性が良い.しかし,それが原因で縦罫を引くと見栄えが悪い.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{c|r|l} \toprule
パングラム & 文字数 & 例 \\ \midrule
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \bottomrule
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
4.3.2
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
部分的な横罫
Note
部 分 的 に 横 罫 を 引 く こ と が で き る(\cmidrule{2-3}).横 罫 の 左 右 ど ち ら か 或 い は 両 方 を 短 く す る こ
とができる(\cmidrule(lr){2-3}).左だけなら (l),右だけなら (r),短くする長さを指定するなら
\cmidrule(l{5mm}r{3mm}){2-3}.勿論,線幅も指定できる(\cmidrule[2mm](lr){2-3}).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{crl} \toprule
パングラム & 文字数 & 例 \\ \cmidrule[\heavyrulewidth](lr){2-2}
\cmidrule(l{5mm}r){1-1} \cmidrule(lr{13mm}){3-3}
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \bottomrule
\end{tabular}
\end{center}
Output
Chapter 4. 表関連
27
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
行間の調整など
4.4
4.4.1
横罫下の空白調整
Note
横罫の下に余分の空白を加えられる(\addlinespace[2pt],\\[2pt]).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \addlinespace[2pt]
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
4.4.2
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
行送り量
Note
行送りの量を増やせる(\\[2pt]).負の長さを指定することで行送りを減らせる.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\[5pt] \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
4.4.3
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
行高の調整
Note
特定の行だけ上下のアキを調節する(\rule[d]{w}{h}).これは黒い箱を描くコマンドで,ベースラインか
ら箱の下端までの距離 d.箱の幅 w,箱の下端からの高さ h を指定する.\rule[0pt]{5pt}{10pt} ⇒ .幅
0 の見えない箱を作って上下の罫線を支える寸法.
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
28
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \rule[-1zw]{0zw}{3zw} \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
文字数
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
表のセルに斜線(対角線)を入れる
4.5
Package
\usepackage{slashbox}
Note
パラメータ:[<width>]{<left>}{<right>}.<width>は無指定で自動計算.
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||c|c||c|} \hline
\backslashbox[10zw]{時間}{曜日} &
\makebox[3em]{月} & \makebox[3em]{火} &
\slashbox{曜日}{時間} \\ \hline \hline
1 限目 & 体操 & 遊技 & 1 \\ \hline
2 限目 & 算数 & 国語 & 2 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
PP
PP
曜日
PP
P
PP
時間
P
月
火
1 限目
体操
遊技
時間
1
2 限目
算数
国語
2
tabular 環境の拡張
4.6
4.6.1
固定列幅(縦方向中央揃え)
Package
\usepackage{array}
Note
横幅を固定して縦方向中央揃え(m{width}).
Command
\begin{center}
曜日
Chapter 4. 表関連
29
\begin{tabular}{|m{3zw}||r|l|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パング
文字数
ラム
4.6.2
例
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
固定列幅(下端揃え)
Note
横幅を固定して下端揃え(b{width}).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|b{15zw}|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
文字数
例
A quick brown fox jumps over
4.6.3
英語
26
the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
固定列幅(右端揃え)
Note
横幅を固定して右端揃え(>{\raggedleft}p{<width>}).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|>{\raggedleft}p{3zw}||r|c|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
30
パング
文字数
例
ラム
4.6.4
英語
26
A quick brown fox jumps over the lazy dog.
日本語
46
いろは歌
固定列幅(左端揃え)
Note
横幅を固定して左端揃え(>{\raggedright}p{<width>}).\raggedright は改行コマンド\\を書き換える
らしく,例えば\arraybackslash コマンドを使って改行コマンド\\を本来の定義に戻すなどの対策が必要で
ある(http://www.tug.org/TUGboat/tb28-3/tb90hoeppner.pdf).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|>{\raggedright\arraybackslash}p{15zw}|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
文字数
英語
26
例
A quick brown fox jumps over
the lazy dog.
日本語
4.6.5
46
いろは歌
列単位で数式環境
Note
一列を数式モードに固定(>{$}...<{$}).
Command
\begin{center}
\begin{tabular}{|c||r|>{$}l<{$}|} \hline
パングラム & 文字数 & 例 \\ \hline \hline
英語 & 26 & A quick brown fox jumps over the lazy dog. \\ \hline
日本語 & 46 & いろは歌 \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
Output
パングラム
文字数
例
英語
26
Aquickbrownf oxjumpsoverthelazydog.
日本語
46
いろは歌
31
Chapter 5
その他
打ち込んだ通りに出力(顔文字,プログラムソース等に)
5.1
Package
\usepackage{verbatim}
Note
わざわざ呼び出さなくても,デフォルトで組み込まれている? 呼び出すのと呼び出さないのとで結果が違う様
子.呼び出した状態では,quote 環境内で verbatim 環境が使えなかった(Windows 7 64-bit,
『
[改訂第 5 版]
LATEX 2ε 美文書作成入門』付属インストール DVD を使ってインストール).
Command & Output
数文字なら\verb|...|,半角空白を␣と表したければ \verb*|...|.出力部分に含まれない文字で挟めば,
何で挟んでもよい:\verb!...!,\verb"...",\verb$...$.但し\verb{...},\verb*...*は不可.数行
に及ぶ長いものであれば\begin{verbatim}...\end{verbatim},半角空白を␣と表したければ先と同様に
\begin{verbatim*}...\end{verbatim*}.
桁揃えや微妙な文字間・行間の調整
5.2
Command & Note
\phantom{hogehoge}:「hogehoge」と同じ縦横幅の空白が出力される.
\vphantom{hogehoge}:「hogehoge」と同じ高さの空白が出力される.横幅は 0.
\rlap{hogehoge}:右に向かって「hogehoge」と出力してから,その幅だけ左に戻る.
\llap{hogehoge}:左に向かって「hogehoge」と出力してから,その幅だけ右に戻る.
5.2.1
表組の中で使う例
Note
桁揃えや小数点揃え等に使える.但し,それらは tabular 環境の基本機能で代用できるものもある.
Command
\begin{center}
\catcode‘?=\active \def?{\phantom{0}}% ?:=\phantom{0}
\begin{tabular}{rlr} \toprule
\multicolumn{1}{c}{$x$} &
\multicolumn{1}{c}{$y$} &
\multicolumn{1}{c}{$z$} \\ \midrule
$
10^{2?} $ & ?0.123 & 9.87
\\[-5pt]
TEX command 備忘録/PHYSICSMILE
32
$
2 \times 10^{16} $ & ?4.567 & 6.54\rlap{*} \\[-5pt]
$ 4.5 \times 10^{19} $ & 89.012 & 3.21
\\ \bottomrule
\end{tabular}
\end{center}
Output
5.2.2
x
y
z
102
2 × 1016
4.5 × 1019
0.123
4.567
89.012
9.87
6.54*
3.21
数式の中で使う例
Note
数式内で改行するとき,中身に合わせてサイズを変える\left,\right の類は一端閉じなければならない.そ
のため下の行では上の行の縦幅の情報は持っていないので,上下で高さを合わせたければ,上の列と同じ縦幅
のあるものを\phantom 或いは\vphantom を使って挿入すれば良い.
Command
\begin{align*}
x [ \exp (x) + \log x + \sin x + \cos x + \tan x ]
= x \left[
\left( 1 + x + \frac{1}{2} x^2 + \frac{1}{3!} x^3
+ \cdots + \frac{1}{n!} x^n + \cdots
\right) \right. \\
\left. \phantom{\frac{1}{2}}
+ \log x + \sin x + \cos x + \tan x
\right]
\end{align*}
Output
x[exp(x) + log x + sin x + cos x + tan x] = x
[(
)
1
1
1
1 + x + x2 + x3 + · · · + xn + · · ·
2
3!
n!
]
+ log x + sin x + cos x + tan x
... 汗
数式の例が残念なのは内緒.きちんとテーマに目が行くけれども,数式として意味のある例があれば教えてほ
しい.
33
Reference
[1] 奥村晴彦,『[改訂第4版]LATEX 2ε 美文書作成入門』,技術評論社,2007
[2] 熊澤吉起,「TEX」,[email protected] Yoshiki」,(http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/
tex.html),2013 年 1 月 26 日アクセス
ダウンロード

固定列幅(左端揃え)