WagbyR6.5 Update 12
PPT版
更新情報
公開日 2010年8月16日
著作権者 株式会社ジャスミンソフト
PPT版 有限会社アプライドスペース
ご注意
• 旧版よりの移行の場合
(1)Update 7 より、Wagby に標準で添付されているアカウント
モデル (juser) の定義ファイルの格納場所が変わっていま
す。 Update 6 以前では $(DEVHOME)\env\xls-common
フォルダに含まれていましたが、Update 7 以降では
$(DEVHOME)\xls-model となります。 Update 6 以前の版
から移行される場合、古い common-juser.xls を移行しない
ようにしてください。
(2) Update 8 より、条件付き更新権限の仕様が変更になりまし
た。Update 6/7 で本機能をご利用の方は、設定の変更が発
生します。よりわかりやすい仕様へと変更されましたので、
お手数をおかけしますが、ご理解のほどをよろしくお願い致
します。
使い勝手の向上
• Enter キーをタブキー扱いする指定を行うこと
で、入力フィールドを順に移動できるようにな
りました。 (クリアボタンや項目ヘルプボタン
等をスキップして入力項目を移動できるよう
になりました。)これによって、大量入力時も
Enter キーのみで入力欄を移動(前進)でき
ます。
• Google Chrome でも「Enter キーをタブ扱い
する」機能が有効になりました。
グループモデルの定義変更
• システム内に標準で用意されている「グルー
プ」モデル (common-jgroup.xls) について、
一覧更新画面を有効としました。また、IME
制御を有効としました。
不具合修正
• Update 11 より、データベースに保存する指定を
行った自動計算項目について、一覧更新および
CSV アップロード更新では計算対象としないように
なっていましたが、この仕様を変更しました。
Update 10 以前の版と同じように計算対象となりま
す。(ただし、親子モデル関係など、式内部で別モデ
ルを参照している場合は、必要に応じて「データメン
テナンス」機能を用いて、値をリフレッシュするように
してください。
• Update 11 で用意した「データメンテナンス」機能が
一般利用者でも操作できるという件を修正しました。
• Update 11 で用意した「データメンテナンス」機能が、
必須項目を指定したモデルで動作しないという件を
修正しました。
• Update 11 より一覧表示画面内の繰り返しコンテナ
項目に隠し指定を行えるようになりましたが、このと
き画面表示がおかしくなる場合があるという件を修
正しました。
• 条件付き sum, count 演算子において、条件部に複
数のマスタモデルを参照する式を記載するとビルド
エラーになるという件を修正しました。
• 同一コンテナを集計する sum 演算子を複数回定義
すると、計算の順序が正しく行われない場合がある
という件を修正しました。
• 自動計算の対象項目に参照モデルの絞り込み項目
が設定されているとビルドエラーになるという件を修
正しました。
• 自モデル保存項目をコピー登録対象としな
かった場合、参照連動の解決が行われない
という件を修正しました。
• 参照連動項目で自モデル保存の場合に、「コ
ピー登録時に値をコピーする」を未指定にす
ると、参照先の値が表示されてしまうという件
を修正しました。
• 一括帳票出力用のチェックボックスが外部
キー親モデルの詳細画面に表示されるという
件を修正しました。
• 子モデルに「エラー行を無視して保存する」の設定
を空欄にし、親子モデルの同時更新時にユニーク
制約に該当するデータを保存すると実行時エラーに
なるという件を修正しました。
• (一覧更新画面で)ストア参照コンボボックスを未選
択以外から未選択に変更すると参照連動項目の値
がクリアされないという件を修正しました。
• (一覧更新画面で)制約付きラジオボタン、チェック
ボックスで連動元のコンボを未選択にすると無意味
な選択肢が表示されるという件を修正しました。
• (一覧更新画面で)制約付きコンボ(ラジオ・
チェックボックス)を使用すると、親コンボの変
更時に実行時エラーになるという件を修正し
ました。
• 「日付、日付と時間項目の入力制御-入力
フィールド長の設定」が検索画面で反映され
ないという件を修正しました。
• メニューのディスクキャッシュを有効にし、ログオン
中のユーザの権限を変更すると、当該ユーザが再
ログオンしてもメニューが古いままの状態で表示さ
れるという制約を改善しました。
• メニューのタブ内の文字を中央寄せとしました。(こ
れまでは、少し右寄りで表示されていました。)
• 半角空白を末尾に付与したアカウントでのログオン
処理を失敗させるようにしました。
自動生成されるコードの変更
• カスタマイズできる範囲を広げるため、
ProcessBean 系のコードに含まれる private
メソッドを protected メソッドに変更しました。
同コードをすでにカスタマイズされている場合、
バージョンアップのタイミングでカスタマイズ
コードの変更が発生する可能性があります。
ダウンロード

WagbyR6.5 UPDATE 8