ニューロマーケティング
H22.09.18
経営学科3年 李 ミヌ
1
ニューロマーケティングとは
 脳科学の立場から消費者の脳の反応を計測するこ
とで消費者心理や行動の仕組みを解明し、マーケ
ティングに応用しようとする試みです。神経マーケ
ティングとも呼ばれており、関連する分野としては、
実験経済学の延長として予測や報酬について研究
する神経経済学が挙げられます。
2
ニューロマーケティングとは
 通常、消費者の意思決定プロセスはアンケート調査
のように認識可能で、言葉で表現できる情報でしか
捉えられていません。一方、感情の動きなどの無意
識下の決定プロセスについて人は正確に語ること
が出来ません。そこでこうした無意識のプロセスに
迫るべく、ニューロマーケティングが注目を浴びてい
ます。
3
研究と成果
 このような研究が進んだ背景にはfMRI(核磁気共鳴
計測)・NIRS(近赤外線分光法)・MEG(脳磁図)など
被験者に損傷を与えない脳の活動計測技術、診断
装置の発展があります。
具体的な成果としては、2004年の米国・ベイラー
医科大学の神経科学者リード・モンタギューのグ
ループによるコカ・コーラとペプシコーラの選好に関
する実験があります。
4
研究と成果
 コカ・コーラが好きな被験者に対して、ブランド名を
伏せた場合と伏せなかった場合について飲用中の
脳の活動を計測した結果、後者の場合にだけ前頭
葉が活発に働いたことが観測されました。同様に、
ペプシ派の人に実験を行ってみたところ、ブランド名
を出した場合も出さなかった場合も、前頭葉におけ
る活動の違いが顕著にはみられませんでした。この
実験の結論として、コカ・コーラの場合の方がよりブ
ランド名の影響を受けているということが言えます。
5
適用と事例
 アップルー製品価値を、より最大化させている手法
(脳はなじみのブランドが好き)
 ホンダー人顔に似ているバイク開発(脳映像実験で
相手車が認識する可能性43%高い)
 セール商品には赤い値札(赤色が興奮を起こす)
 デパートや大型スパ=静かな音楽(主婦)
 ファーストフード店=早い音楽(顧客回転率)
6
適用と事例
 選挙ポスターや印刷広告はモデルの左側顔を強調
する場合が多い。これは、左側顔筋肉が右脳の支
配を受けて感情表現がよく現れるという研究結果を
応用したのである。それで、左側には広告モデル、
右側にはテキストを配置する。
 (右脳=視覚、左脳=言語)
 脳は利益より損に敏感するため、この商品をつかわ
なかったら損をするということを刺激させるCMが多
い
7
適用と事例
http://article.joins.com/article/article.as
p?Total_ID=3887328
8
今後の動向
 ニューロマーケティングは企業が莫大なマーケティ
ング費用を投資する前に製品デザインや広告が消
費者にどんな影響を及ぼすのかが定量的に測定す
ることができるので応用範囲がもっと増えると見込
んだ
 今後はBMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)と
いった脳の反応と機械をつなげる技術も発展してい
くことから、脳科学はより身近になり、マーケティン
グへの応用も広がっていくと考えられます。その結
果、消費者の意思決定プロセスについてより深い知
見が得られることが期待されます。
9
参考文献
「脳、欲望の秘密を解く」Hans Geork、フル
ム出版、2008年
10
「おわり」
」
11
ダウンロード

ニューロマーケティング