悪性腫瘍の病態と治療
主要死因別死亡率(人口10万対)の年次推移
1945~2010年
250
悪性新生物
結核
200
脳血管疾患
心疾患
150
100
肺炎
50
0
昭和20年
1945
25
1950
30
1955
35
1960
40
1965
45
1970
50
1975
55
1980
60
1985
平成2
1990
7
1995
12
2000
人口動態統計 厚生労働省大臣官房統計情報部
注: 1995年の心疾患の低下および脳血管疾患の上昇は、ICD-10の適用と死亡診断書の改正による影響が考えられる。
17
2005
23
2010
悪性腫瘍の病態
悪性腫瘍
腫瘍・・・組織,細胞が過剰増殖することによってできる組織塊
悪性:浸潤,転移などによって宿主の生命に危機を及ぼす
固形がん
癌腫・・・上皮性細胞から生じた悪性腫瘍
胃がん,肺がん,乳がん
肉腫・・・上皮性細胞以外の組織から生じた悪性腫瘍
骨肉腫,繊維肉腫
血液がん(造血器腫瘍)
白血病,リンパ腫
部位別がん死亡数(2005年)
胆嚢・胆管
食
道
男性
結 直
腸 腸
胃
リンパ
膵
臓
肝
臓
肺
前
立
腺
そ
の
他
白血病
食道
女性
胃
胆嚢・胆管
結
腸
肝
臓
膵 肺 乳
臓
そ
の
他
卵巣 白血病
直腸
0
子宮 リンパ
50,000
100,000
150,000
200,000
250,000 人
がんの5年生存率(1993~96年診断例)
%
100
乳
80
結腸
60
胃
子宮
(大腸)
前立腺
直腸
全がん
卵巣
40
食道
20
白血病
胆嚢
肝臓 胆管
肺
膵臓
0
悪性
リンパ腫
がんの組織型分類
扁平上皮がん・・・扁平上皮細胞を起源とする
皮膚がん,食道がん,子宮頸がん
腺がん・・・分泌組織を起源とする
胃がん,乳がん,子宮体がん
未分化がん・・・由来組織が明確でない。進行が早く,転移しやすい
小細胞肺がん
肺がん
非小細胞肺がん
扁平上皮がん
腺がん
大細胞がん
小細胞肺がん
未分化がん
悪性腫瘍の病態生理
臓器機能障害
がんの増殖や浸潤による各種臓器の破壊や機械的圧迫
栄養障害
消化管機能障害,がんによる栄養消費
悪液質・・・体重減少,全身衰弱
栄養障害,がん,炎症細胞からのサイトカインの過剰分泌
免疫力低下・・・日和見感染
生体防御系のひずみ,化学療法や放射線療法の副作用
悪性腫瘍の発生機序
がん関連遺伝子の多段階変異
正常大腸粘膜
↓ APC遺伝子(がん抑制遺伝子)変異
ポリープ
↓ K-ras遺伝子(がん遺伝子)変異
ポリープ肥大
↓ DCC遺伝子(ネトリン受容体)欠失
初期がん
↓ p53遺伝子(がん抑制遺伝子)変異
大腸がん
代表的な悪性腫瘍
食道がん
大部分が扁平上皮がん
男性に多く,発生率は増加傾向
周囲に浸潤しやすく,リンパ節転移多い
悪性度が高く,予後は極めて悪い
症状:食道がしみる感じ,嚥下障害,声のかすれ
危険因子:喫煙,飲酒
腫瘍マーカー:SCC抗原
治療:手術療法,放射線療法+化学療法
5年生存率は20~25%
胃がん
胃粘膜細胞由来
発生は減少傾向
胃部レントゲン撮影,内視鏡検査により早期発見可能
症状:胃痛,胃部不快感 → 食欲不振,吐血,下血
危険因子:ピロリ菌感染 → ピロリ菌除菌療法による予防
治療:手術療法・・・治癒切除の予後は比較的良好
化学療法の感受性は低い
大腸がん(結腸がん,直腸がん)
S字結腸,直腸にできるがんが多い
発生は増加傾向
他の悪性腫瘍と比べて進行は遅い
便潜血反応,内視鏡検査により早期発見可能
症状:血便,便秘・下痢を繰り返す,排便障害
危険因子:家族性大腸ポリポーシス
遺伝性非ポリポーシス性大腸がん
高脂肪・高タンパク食
腫瘍マーカー:CEA
治療:手術療法・・・治癒切除の予後は良好
化学療法:FOLFOX6などによる延命
肝臓がん
大部分は肝細胞がん
発生は増加傾向
自覚症状はほとんどなく,早期発見は困難
危険因子:C型慢性肝炎,B型慢性肝炎
腫瘍マーカー:AFP,PIVKA-Ⅱ
治療:手術療法
エタノール注入療法,肝動脈塞栓術
5年生存率は15%程度
膵臓がん
大部分は膵管がん
極めて予後が悪い
自覚症状はほとんどなく,早期発見は困難
症状:腹痛,黄疸,血糖値上昇
腫瘍マーカー:CA19-9
治療:手術療法
化学療法による延命
5年生存率は10%以下
肺がん
日本におけるがん死因の第1位,近年増加傾向
早期発見は困難で予後は悪い
非小細胞肺がん
扁平上皮がん
腺がん
大細胞がん
小細胞肺がん・・・進行早く,高転移性,抗がん剤感受性
危険因子:喫煙
症状:咳,胸痛,血痰
腫瘍マーカー:SCC抗原,CYFRA21-1(扁平上皮がん)
治療:手術療法
放射線療法,化学療法による延命
5年生存率は約20%
乳がん
大部分は乳管由来
発生は増加傾向
触診,マンモグラフィーにより早期発見可能
予後は比較的良好
リンパ節転移,骨転移,肺転移,肝転移
腫瘍マーカー:CA15-3
治療:手術療法・・・乳房温存手術が主流
術後放射線療法
ホルモン療法(抗エストロゲン)
化学療法・・・治癒が期待できる
子宮がん
子宮頸がん(約80%)・・・30代後半が罹患者数のピーク
子宮体がん
発生は減少傾向(20~30歳代は増加傾向),比較的予後は良好
頸がんは細胞診により早期発見可能
症状:月経時以外の出血
危険因子:子宮頸がんはヒトパピローマウイルス感染
腫瘍マーカー:SCC抗原(頸がん)
治療:手術療法
放射線療法
ホルモン療法(体がん)
化学療法・・・感受性低い
予防:ヒトパピローマウイルスワクチン(頸がん)
卵巣がん
組織型は多様
発生は増加傾向
自覚症状はなく,早期発見は困難
腹膜播種,リンパ節転移をおこす
治療:手術療法
化学療法・・・比較的感受性が高い
前立腺がん
発生は増加傾向
進行は遅い
症状:排尿困難,頻尿,残尿感
診断:前立腺特異抗原(PSA)検査
腫瘍マーカー:PSA,PAP
治療:手術療法
放射線療法
ホルモン療法(抗アンドロゲン)
悪性リンパ腫
症状:リンパ節腫大,発熱,体重減少,盗汗(寝汗)
→ 白血化
治療:化学療法,放射線療法・・・効果は高い
ホジキンリンパ腫(ホジキン病)・・・全体の約1割
放射線療法,化学療法・・・80~90%が長期生存
非ホジキンリンパ腫・・・約7割がB細胞性
化学療法,(放射線療法)
長期生存は小児で約90%,成人で約40%
白血病
症状:発熱,貧血,易出血性 → 免疫力低下による日和見感染
化学療法による寛解導入率は80%以上
完全寛解(CR):血液中に白血病細胞を認めない状態
急性リンパ性白血病(ALL)小児
化学療法に高感受性・・・70~80%が長期生存
急性骨髄性白血病(AML)小児
化学療法に高感受性・・・約50%が長期生存
成人急性リンパ性白血病
化学療法・・・長期生存約30%
成人急性骨髄性白血病・・・成人白血病の約8割
化学療法・・・長期生存30~40%
慢性骨髄性白血病(CML)
イマチニブ投与により80~90%が長期生存
多発性骨髄腫
形質細胞の腫瘍化 → 異常グロブリン(Mタンパク)の生産
症状:
骨髄での造血障害 → 倦怠感,感染症,出血傾向
骨髄腫細胞による骨破壊 → 骨の痛み,骨折
Mタンパク → 腎機能障害
治療:化学療法・・・効果は低い
悪性腫瘍の治療
悪性腫瘍の治療法
がんの三大治療法
手術療法
放射線療法
化学療法
その他のがん治療法
ホルモン療法(内分泌療法)
エタノール注入療法・・・肝臓がん
温熱療法
免疫療法
遺伝子治療
悪性腫瘍の手術療法
開腹や内視鏡などによるがん病変の外科的切除
対象疾患:固形がん
唯一の根治療法であることが多い
リンパ節郭清による転移防止を同時に行う場合もある
拡大切除 → 病理診断による局所切除
末期がん患者の痛みや呼吸困難などの緩和
悪性腫瘍の放射線療法
γ線,X線,電子線による局部照射
対象疾患:悪性リンパ腫,卵巣がん,頭頸部がん,乳がんなど
適応
・切除しないで機能や形態を温存させたいとき
・手術よりも放射線療法のほうが効果を得られる場合(悪性リンパ腫)
・脳幹部の脳腫瘍のように手術の不可能な部位にある場合
・手術後の再発防止や転移抑制
・末期がん患者の痛みや呼吸困難などの緩和
放射線障害による副作用
悪性腫瘍の化学療法
抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)による多剤併用療法
Total Cell Kill
血液がんの根治治療
末期固形がんの延命療法
副作用は大きい
がん化学療法の評価法
RECIST (Response Evaluation Criteria in Solid Tumor) ガイドライン
最長径の和で評価
CR(complete response) 完全奏効
すべての標的病変の消失
PR(partial response)
ベースライン最長径和と比較して標的病変の
最長径の和が30%以上減少
部分奏効
PD(progressive disease) 進行
治療開始以降に記録された最小の最長径の
和と比較して標的病変の最長径の和が20%
以上増加
SD(stable disease)
PRとするには縮小が不十分,かつPDとする
には増大が不十分
安定
がん化学療法の実際
CR(%)
CR+PR(%)
主として化学療法により治療されるもの
白血病(AML)
80
−
悪性リンパ腫(NHL)
75
−
小細胞肺がん
35
75
化学療法を含む集学的治療法により治療されるもの
睾丸腫瘍
65
95
卵巣がん
35
65
頭頚部がん
20
60
進行がんにのみ化学療法が施行されるもの
乳がん
15
60
肝がん
−
40
非小細胞肺がん
10
40
胃がん
5
35
大腸がん
−
50
平均生存期間
生存率
延命効果
ー
−
12ヵ月
5年 30%
5年 40%
2年 10%
++
++
++
−
−
−
5年 70%
5年 50%
2年 40%
++
++
++
20ヵ月
12ヵ月
10ヵ月
7ヵ月
20ヵ月
−
−
−
−
−
++
++
+
±
++
ダウンロード

悪性腫瘍