コミュニティ・スクールとは
コミュニティ・スクールに指定された学校には「学校
運営協議会」が設置され、教育委員会から任命され
た保護者や地域住民などが、一定の権限と責任を
もって、学校運営の基本方針を承認したり、教育活
動について意見を述べたりします。
これを通じて
地域とともにある学校の実現
コミュニティ・スクールのイメージ
都道府県
教育委員会
市町村
教育委員会
学校の指定
学 校
校長
学校運営協議会
推進委員の
みなさん
承認
教職員
人事の
決定
委員の任命
意見
学校運営
の
基本方針
学校運営
意見
教育活動
指定協議
説
明
意
見
保護者、地域のみなさん
学校運営協議会の主な役割
○校長の作成する学校運営の基本方針を承
認します。
○学校運営に関する意見を教育委員会又は
校長に述べられます。
○教職員の任用に関して教育委員会に意見
が述べられます。
コミュニティスクールの取り組み
成果例
課題例
○地域全体で子どもを守り育てようとする意識が高まり、多
くの保護者や地域住民が先生役や見守り役として学校に協力。
○保護者の「学校への苦情」が「意見や提案、相談、協力」
へと変化。
○学校の課題に対して、自治会等による主体的な支援が拡大。
○地域のお祭りづくりなどに参加する子どもが増え、地域が
活性化。
▼協議会の協議が形式的なものにとどまり、委員の意見
が十分反映されていない。
▼地域住民の参画に偏りがある。
▼継続的な取り組みを進めるための、人材や経費が足り
ない。
コミュニティ・スクール
取り組みについて
実施時期
協議事項
5月下旬
○コミュニティ・スクールの概要説明
○コミュニティ・スクール本年度の取り組みについて
○学校経営方針について
6月下旬
○本年度の具体的な取り組みの審議
○コミュニティ・スクール構想案について
8月下旬
○学校教育の課題や改善策について
○1学期の子どもたちの学習状況の説明と、2学期の
取り組みについて
10月下旬
○推進協議会鹿児島大会に参加した報告
○先進校視察をふまえた先進事例の検証
12月上旬
○2学期の行事の見直しと、3学期の取り組みについて
2月中旬
○1年次の取り組みの総括、来年度に向けての取り組み
コミュニティ・スクールの取り
組みで 1学期行なったこと
○学習サポーターとして、地域の方に
昨年以上にかかわってもらった。
○コミュニティ通信の発行
○学習サポーターとの学習の様子を「コミ
ュニティコーナーの掲示板に写真付きで
掲示する。
○2回のコミュニティ・スクール推進委員
会の開催(8月に3回目実施予定)
ダウンロード

コミュニティスクールとは? - 大分県教育委員会 学校ホームページ