IIS 4.0で開発をするコツ
Webアプリケーション構築
Agenda
•
•
•
•
•
•
IISはWebサーバーとしてどの程度か
Windows DNAを理解する
Active Server Pagesの使い方
オブジェクトを利用するコツ
IIS 5.0での新しい機能
参考資料
WindowsでのWeb Server
• Internet Information Server 4.0
– Windows NT + Option Pack + Service Pack
– 1999年9月の時点で日本で17%のシェア
• Apache
– Windowsだけでなく多くの環境で動作する
– 1999年9月の時点で日本で63%のシェア
(日立西部ソフトウェア調査結果)
http://www.hitachi-ns.co.jp/pub/w3survey/199909/
日本のIIS利用状況
•
•
•
•
•
•
TWO TOP(http://www.twotop.co.jp/)
Sofmap(http://www.store.sofmap.co.jp/)
T-Zone(http://www.t-zone.co.jp/)
インプレス(http://www.watch.impress.co.jp/)
日本エアシステム(http://www.jas.co.jp/)
Goo(http://www.goo.ne.jp)
Windows DNA
• Windows Distributed interNet Applications
Architecture
• プレゼンテーション,ビジネスロジック,データ
の3つの層からなる
• 基盤にあるのはCOMテクノロジー
• http://www.microsoft.com/japan/developer/wi
ndowsdna/default.asp
各階層で動作するプログラム
• プレゼンテーション
– Internet Explorer/Netscape Navigator等
– Visual Basic等のネイティブアプリケーション
• ビジネスロジック
– Internet Information Server
– Microsoft Transaction Server
• データ
– SQL Server等のデータベース
DEMO
• COMを作成する
• Active Server Pagesを利用したページ
アプリケーションの構築
• Web Application or Application
– 違いは見た目をどのように表現するか
– Dynamic HTMLを利用すればIEでも十分な表現
力を実現することができる
– ビジネスロジック部分を充実させることによって,
Webアプリケーションの開発を容易にする
Active Server Pagesの使い方
• スクリプトはなるべく使わない
• システムで提供するサービスをCOMを経由
して利用できるようにする
– Internet ExplorerでもVisual Basic等でも同様の
サービスを提供するために
– ネイティブのコードで記述することによる,サーバ
にかける負荷を小さくする
オブジェクトを利用するコツ
• Requestオブジェクト
– ブラウザから情報を得る場合に利用する
• Responseオブジェクト
– ブラウザに情報を与える場合に利用する
• Applicationオブジェクト
– Webアプリケーションで共有する情報を扱う
Sessionオブジェクト
• 使うと便利な機能
– ユーザーを認識した情報をもつことができる
– サーバー側でデータを保持する
• 問題点
– サーバー側でメモリを多く消費してしまう
• 回避方法
– 独自のセッション管理の仕組みを組み込む
その他に
• Windowsから提供されているオブジェクト
(ADO,CDO)を利用してプログラミング
• 自ら作成しているシステムのコンポーネント
を利用する
IIS 5.0での新しい機能
• 新規オブジェクトの実装
– ASPErrorオブジェクトなど.
• 各オブジェクトの拡張
– Server.Execute (別ファイルの実行)の実装
• XMLの実装
– Microsoft XML Parserが標準で実装される
参考資料
• Microsoft 開発関連情報
http://www.microsoft.com/japan/developer/
• USERS GROUP
http://www.users.gr.jp/
• MSDN Onlinehttp://msdn.microsoft.com/
USERS GROUP
ダウンロード

IIS 4.0で開発をするコツ