都市域で起こる水害の防止対策
C07047 村上彰一
C07049 矢口善嵩
C07051 山河亮太
C07048 森田紘矢
C07050 矢田陽佑
C07052 山下優人
目的
 都市域で起こる水害の防止対策を考えてみ
たかったから。
 水害について調べてみたかったから。
What`s 水害
 気象事象による河川池沼の洪水や高潮など
による外水氾濫、
 排水が出来ずに起こる内水氾濫による都市
水害がある。
水害の防止策
1. 豪雨対策の目標
 長期見通し(概ね30年後)として、都内全域において、
概ね時間60ミリの降雨までは浸水発生を解消すること、
概ね時間75ミリの降雨までは床上浸水や地下浸水被害
を可能な限り防止すること。
 既往最大降雨などが発生した場合でも、生命の安全を
確保することをイメージし、 10年後までに、対策促進エ
リアにおいて、概ね55ミリの降雨までは床上浸水や地下
浸水被害を可能な限り防止すること。
 既往最大降雨などが発生した場合でも、生命の安全を
確保することを目指す。


2. 豪雨対策の主な内容

【河川整備による大規模水害の防止策の推進】
流下施設(河道)や貯留施設(調節池)などの整備により、河川施設
全体で時間50ミリ相当の降雨に対応する

【下水道整備による氾濫防止策の推進】
時間50ミリ相当の降雨に対応できる下水道管やポンプ所の重点的
な整備
大規模地下街周辺における時間70ミリ降雨への対応。

【雨水の流出を抑える流域対策の強化】
降雨をできるだけ河川や下水道に流さないために、流域全体にお
ける公共雨水の浸透対策の促進

【浸水被害を軽減する家づくり・まちづくり対策の実施】
高床建築や止水板の設置等への既存助成制度の拡充、要綱や条
例等による対策実施の促進
ハザードマップとは・・・


ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、
その被害範囲を地図化したものである。予測される
災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、
さらには避難経路、避難場所などの情報が地図上に
図示されている。
ハザードマップの作成は防災面で重要であるが、そ
の一方で様々な問題点もある。
<例>
1. 作成費用がかさむ
2. ハザードマップ公表に伴う不動産価値の低下
3. 地域住民への浸透度が低いなど
ハザードマップ(岐阜県大垣市)
ハザードマップ(名古屋市南区)
過去の水害

浸水等による住家被害は、全壊4棟、半壊98棟、一部破損
18棟、床上浸水9,818棟、床下浸水21,852棟に及び、市内
の約37%が浸水し広範囲で内水・外水被害が発生するなど、
伊勢湾台風に次ぐ浸水被害となりました。
合計で51名の死傷者(死者4名、重傷者13名、軽傷者34名)
が発生しました。
まとめ・今後の予定
 ここまで私たちは先の最終報告を見据え、水
害対策の現状を学び、水害発生時の被害状
況を知るための材料を手に入れてきました。
 今後は近代的な対策が執られている地域を
複数探し、分析し、他地域の適応や、対策の
複合について考察し、理解を深め、発表した
いと思います。
おわり
ダウンロード

都市域で起こる水害対策