媽祖の祭り
媽祖について
名前は林默娘
航海中の安全を祈り。航海、漁業の守護神
福建省から伝えられてきました
親しみをこめて媽祖婆・阿媽なども呼ば
れています
台南天后宮-歴史
• 台南大天后宮は 325年歴史があります。
1694年に建てられたからです。
• 大天后宮は別名台南媽祖廟とも言われ、台
湾で最も古い媽祖廟で、1級の古跡です。
台南天后宮 前門
媽祖の祭りの由来
旧暦の3月23日
の誕生日には盛大
なお祭りが行われ
ています。 その祭
りは「媽祖の祭り」
と言われています。
• 媽祖の祭りは台南から始まります。大天后宮
は台湾で初めて政府が建てた媽祖廟で、近
づいて見ると、鮮やかな色と、見事な彫刻が
施されています
媽祖の祭り
• 全国各地にはこの媽祖を祀った廟がたくさんありま
すか、中でも、台南市にある大天后宮は総本山の
一つとされています。ここでは毎年媽祖の誕生日が
近くなると、盛大な祭りが行われます。この祭りは鎮
瀾宮に祀られている媽祖のご神体を御輿に載せ、
台南市にある大天后宮まで運び、再び戻ってくると
いうもの。この一行は途中、80箇所あまりの廟を廻
り、全行程8日間、計300キロの道のりを進みます。
特別な祭り- 12の老婆の姐
• 12の老婆の姐は全部男性を代りました、
伝統的女性は不潔と象徴されると言われ
ています
• 俗信に、12の老婆の姐は子供の守護神
特別な活動-報馬仔
• 参拝団体の一番前には、銅鑼を敲いて
皆に媽祖の神輿が来たようにお知らす
るの到来「報馬仔」がいます。「報馬仔」
は媽祖を知らせる、近代は宗教の巡
行に道の状況を報告する役員のこ
とです。
• 「報馬仔」の特別な格好はそれぞれに特
殊の意味が含められます。頭に笠をか
ぶるのは「責任を果たす」、老眼鏡をか
けるのは「是非を見分ける」、燕尾ひげ
は「言行一致」、雨着を着るのは「 苦し
みに耐える」、右の裸足は「着実」、左脛
には五彩丸紙を貼っているのは「人生は
全部完璧ではない」などの意味を表示し
ます。
• また、道具にも特別な意味があり、竹ざおに
かけるニラは「長寿」、豚肉は「満足」、錫の瓢
酒は「福を惜しむ」、タバコ管は「感謝」、煙草
袋は「世代継ぐ」などの意味があります。
•
一つだけの草履を履いて歩き難くて苦労が
感じられます。それは仕事は辛いが、真面目
に仕事を向き合うべきのこと、媽祖の信仰精
神を教えてくれるそうです。
報馬仔
12の老婆の姐
• 所在地 :台南市中西區永福路二段二二七巷
十八號
• 事務所:台南市中西區民族路二段三七五號
• 電 話:06-2211178‧2227194
• ウェブ:http://www.tainanmazu.org.tw
• メール:[email protected]
• 時間:5:00am~21:00pm
交通データ
• 鉄道の「台南駅」
下車。改札を出て
3、5、88、99番の
市バスに乗り換え、
「赤崁楼バス停」
下車。徒歩約8分。
ダウンロード

開啟檔案