18 January 2005 融合センター関連打ち合わせ
平成16年度新領域融合センター研究経費
オーロラ科学における画像解析と逆問題課
題ー1:オーロラの共役性に関する
定量的画像解析の研究
配分予算:150万円
研究代表者
佐藤夏雄
国立極地研究所・宙空圏研究グループ
18 Dec. 2004 AGU Fall
Meeting
National Institute of Polar Research (NIPR)
オーロラの共役性
本研究課題の問題設定
:南極のオーロラと北極のオーロラの定量的な比
較研究
1)画像の類似性に関する定量的数値解析
・ 形
・ 動き
・ 強度変動
National Institute of Polar Research (NIPR)
オーロラ共役点観測の概要
オーロラの共役点観測
<共役点観測の条件>
• 地磁気共役点とは
• オーロラが南北で同時観測できる条件
*場所
*暗夜
*天気
*オーロラ活動
<平均的な観測可能な日数>
・2週間の観測期間で2晩程度
過去最高の共役性が観測された26 September
2003イベントの共役点位置と全天カメラ視野
26 September 2003イベントの例
UT= ~ MLT at Syowa and Iceland
共役点オーロラの例
ビデオ記録
• 12 倍速度
• 3倍速度
12 倍の速度
QuickTimeý Dz
DV/DVCPRO - NTSC êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇ žÇ½Ç …ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
3倍の速度
QuickTimeý Dz
DV/DVCPRO - NTSC êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇ žÇ½Ç …ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
東側への発達の初段階
Every 10 second snap shot photo
Lower latitude discrete aurora shows good conjugacy, but higher
latitude auroral elements are not always good conjugacy
“Not” all elements show good conjugacy!
“Non-conjugate” curl-type aurora (Real time display)
QuickTimeý Dz
DV/DVCPRO - NTSC êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇ žÇ½Ç …ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
共役点位置移動の研究例
Longitudinal displacement of conjugate aurora
~110-120 km westward ~15 km westward ~90-100 km eastward
(Conjugate point of Syowa relative to Tjornes)
Latitudinal displacement of conjugate aurora
Quiet east-west aligned
band-type aurora
Conjugate point of Syowa is located
~ 20 km higher latitude than Tjornes
in Iceland
今までの解析手法
<解析画像>
*全天画像(オリジナル)
*平面展開画像
*平面地磁気座標展開画像
<定性的比較>
*静止画の比較
*ケオグラムの比較
<定量的比較>
*ある領域の強度変動
Pulsating aurora on the ground at Syowa
Breakup
Syowa Optical
強度比較の例
~ 3 Hz modulation
R-1, 2
R-0
R-3, 4
今後の進め方
<解析方法・目的>
*オーロラの南北対称性・非対称性を定
量的解析し「数値化」する
・形
・動き
・強度
<経費の使い方>
ダウンロード

Conjugacy of auroral breakup