地域生活へのススメから
「本人の願う暮らし」に
寄り添って
えにしを結ぶ会 2007.5.26
長野県西駒郷地域生活支援センター
山田 優
[地域生活のススメ」
普通の暮らし・・・と
声高に叫ばなくてもよい地域でありたいと、
コーディネーターになった。
障害があるだけで、生き方が制限される。
変だなと思う感性を大事にしたかった。
ご縁をいただき信州に辿り着いた。
「施設を出たい」という思いのそそのかしと、
自己実現に向かう環境整備役を頂いた。
堰を切ったように、西駒郷から地域に向か
う流れを本人たちが作った。
駒ヶ根市
宮田村
天竜川
毎日毎日
頑張り続けた
あなたに
贈る言葉
もう、そのままで
いいじゃないか
西沢美枝墨書@風の工房
一番重い人たちの寮に34年間も。
寮で会うと、いつも緊張感をにじませていた。
GHで見せてくれたこの笑顔に、あなたは全
ての意思を込めていた
「話を聞いてくれる・・・」
いま、思いがどんどん湧いてい
るようです。そんなに話好きだと
は知らなかった・・・
居宅介護事業所派遣の世話人さんも
支援に加わっている。
気付いたら、体温感じるほど近くに座る
彼女から、安心感を伝えてもらった
GH生活は5年目になった。
近くの工場に通う毎日。
「西駒郷はもういい」とわずかな言
葉から、GHの暮らしを続ける決
意は充分すぎるほど伝ってくる。
「この間、
初めてヘルパー(移動支援)さんと
買い物に行きました。」
・・・今が青春だと語る彼に、私は
待たせてしまってすみませんと謝っ
この笑顔を得るために・・・どれほどの時間
が必要だったのだろうか。
必要なのは、指導という時間ではなく住ま
いという環境ではなかったか・・・。
宮下宜續墨書@風の工房
私は…ずっと空
を見ながら努力しました。
お天とうさんは嘘付か
ないと母さんが言っていたな・・・(あ
る利用者さんのつぶやきから)
セピア色の
顔写真が、
黄ばんだ書類
と一緒に綴じ
られた、僅か
2冊のケースファイル。
36年間の・・・生きた証。
過ぎ去った時間はもう戻らない
入所施設から地域への移行 調査 から 平成12年12月集計
退所者数
1004ヶ所/1475ヶ所
63000人/93000人
3.3%
グループホーム
401
福祉ホーム
18
通勤寮
76
社員寮
19
単身生活
16
結婚
12
家庭(引き取り)
457
地域生活移行その他
25
他の知的障害施設
490
知的障害以外の施設
136
病院
127
死亡
237
その他
60
合計
2074
地域移行は
わずか0.8%
1/4
1/4
1/4
1/4
単身生活
3.0%
社員寮
3.5%
通勤寮
14.0%
結婚
2.2%
福祉ホーム
3.3%
グループホ ーム
7 4 .0 %
地域生活への移行は、
良い支援?施策?・・・があるからではなく
本人の思いを
・受け止める→聴く姿勢がある
・一緒に実現する→押し付けない
・誇りを自覚できる→主役はあなたたち
こうした環境が用意できるかだ
西駒郷から地域に出た人
・・・209名
止む無く再入所した人8名
この人たちのメッセージ
をどう生かすのか
地域生活移行支援は
移行して気がつく・・・
新たな支援の始まりに過ぎないと
西沢美枝墨書@風の工房
地域生活移行は、障害の重さ・軽さではなく
その人の意向に沿った支援を
組み立てたところから動き出せばいい
軽度
38名18%
最重度
5名2%
重度
75名36%
中度
91名44%
地域生活移行208名の障害程度
西駒郷の地域生活移行は、民間
入所施設・在宅者へも波及した
H15~H18のデータでは
西駒郷から地域移行した人たち
188名
民間施設から地域移行した人たち
203名
在宅からGHを選んだ人
261名
グループホーム入居した人の合計は 652名
事業者・支援センター・行政・家族・なによりも本人
が踏ん張り、地域社会に分け入った。
「みんなで地域生活を支える」長野方式が、県内
に広がった。
入所型施設に暮らす人たちは
全国約12万人
長野県・西駒郷の地域生活への移行の試
みが全国に広がって欲しい
まず本人が声を出そう
その声に職員は応えよう
家族はフォローの風を
国・地方自治体は施策に
そして地域社会は無条件に
受け入れる・・・
徳増さやか墨書@風の工房
ダウンロード

資料(パワーポイント)